Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Pythonコミュニティ-紹介 @ LOCAL 2015

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 15 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Viewers also liked (20)

Advertisement

Similar to Pythonコミュニティ-紹介 @ LOCAL 2015 (20)

More from Takayuki Shimizukawa (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

Pythonコミュニティ-紹介 @ LOCAL 2015

  1. 1. 清水川貴之
  2. 2. おまえ誰よ @shimizukawa (清水川)  Sphinx-users.jp 会計  Sphinxコミッター  一般社団法人PyConJP理事  Python mini hack-a-thon運営 株式会社BeProud所属
  3. 3. 某 はこだて未来大学 で、以前講師しました
  4. 4. 日本国内のコミュニティー python.jp python-ml-jp (ML) PythonJP (Facebook) PyLadies Tokyo
  5. 5. プロダクト系 Sphinx-users.jp Plone User's Group Japan djangoproject.jp Pylons Project JP PyData Tokyo Ansibleユーザー会 Pypyja TokyoMercurial
  6. 6. 地域系コミュニティ 旭川Python勉強会 Python札幌 shizuoka.py Python東海 大阪Pythonユーザーの集ま り 岡山Python勉強会
  7. 7. ハッカソン系 Python mini hack-a-thon Pythonもくもく会 タネマキGAE
  8. 8. http://pycon.jp/
  9. 9. Python mini hack-a-thon 毎月のハッカソンイベント テーブル16席に20数名 夏と冬は菅平で合宿 pyhack.connpass.com
  10. 10. 自己紹介と、やることメモ pyhack.connpass.com
  11. 11. 成果発表タイム pyhack.connpass.com
  12. 12. Sphinx-users.jp sphinxjp.connpass.com <- 月イチのhack-a-thon 年一のSphinxCon -> (月イチのTeaNightはデニーズ)
  13. 13. PyData.Tokyo pydatatokyo.connpass.com 毎月開催される勉強会

Editor's Notes

  • はこだて未来大学の頭出し
  • 一般社団法人PyCon JPは日本でのPyCon開催を毎年行う、ということを目的とした組織です。

    PyConは世界各地で行われてるカンファレンスで、今年は、4月にUS、6月に台湾、シンガポール、韓国、7月にユーロ・・と開催されます。

    日本では、今年は10月に開催されます。
    Possibilities of Python、ということで、宇宙までとびだしてますね。
    PyConJPイベント自体は一般社団法人の運営ではなく、毎年スタッフを集めてスタッフが作っています。
    座長はそのへんにいる鈴木たかのりさんです。
    スピーカー募集 Call for Proposal は6月末までです。

    また、一般社団法人PyCon JPは、地域PyConの開催サポートも行っています。
    といってもまだ実現していないんですが、今年は北海道と広島のかたからそれぞれ、開催したいという話がでていて、検討が進められています。
  • Python mini hack-a-thon は毎月開催しているPythonのハッカソンです。
    会場はいまは新宿のビープラウド社の会議室で行っています。
    次回が55回目。
    このイベントの前身はZope Plone 開発勉強会といって、PythonのWebアプリケーションサーバー・フレームワークについての勉強会でした。
    最初は、私と、一般社団法人PyConJP代表の寺田さん、PyConJP座長のたかのりさんの3人で、「無理矢理でも開発する時間作りたいよねー」といって3人で始めたイベントでした。3人でもやろうかーと言って始めました。
    18回までやったあたりで、やってることがだんだんPython寄りになってきたので、名前を変えた感じです。
  • PyCon JP 2014ではデータ分析関連・機械学習関連の発表に非常に大きな関心が寄せられました。一方で、もっと「機械学習」「ディープラーニング」「自然言語処理」「画像処理」などのトピックについて深く議論できるコミュニティー・カンファレンスがあればいいのに、という声も聞かれました。

    PyData.Tokyoは「Python+Dataを通じて、世界のPyDataエクスパートと繋がれるコミュニティーを作る」ことを目的として設立され、これまでに勉強会3回およびチュートリアル1回が開催されました

    会によって、チュートリアル、プレゼン発表、ビアバッシュ+LTなどのが異なっているようです。

×