Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
株式会社
清水川貴之
BPStudy #93
おまえ誰よ
@shimizukawa
 BePROUD co, ltd.
 Sphinx 共同メンテナ
 Sphinx-users.jp 運営
 一般社団法人 PyCon JP 理事
2/26
http://pycon.jp/
3/26
チケット販売(早期割り引き): 210枚まで
スピーカー応募(CfP): 7月15日まで
4/26
http://pycon.jp/
アジェンダ
 なぜPythonプロフェッショナルプログラミング
の第2版を書いたのか
 PyPro1以降の開発環境の変化
 PyPro2の読みどころ
 Python2とPython3 どっちを使うべきか
 Pythonの今後はどうなる...
6/26
全ての始まり
 Pythonの環境でどう開発し
ていくかについて書かれた
本
 英語版が2008年刊行
 日本語版が2010年刊行
 2011年頃には「環境」につい
て扱っている部分の内容が
古くなりつつあった
 Trac, Buil...
第1版 2012年刊行
 新入社員に読んでもらいた
い本として社内のノウハウ
を集めた本
 社内で聞かれたら、それ
PyProに書いてあるヨ、と言
える
 Pythonそのものより、
Pythonで開発するために必
要なノウハウ(環境系)...
第2版 2015年刊行
 2014年頃にはPyPro1に
ついて、「その部分はもう
古いので・・」という説明
をする事が社内で多くなっ
ていた
 書き直すときのテーマ
 新しい内容への更新
 変わりにくい情報への置き換
え
 理想より...
電子書籍版、出ました(2015/5/22)
電子書籍版は以下の電子書籍ストアで購入できます。
 Amazon.co.jp (Kindle)
 楽天ブックス (kobo)
 BookLive! (BookLive!Reader)
 hon...
11/26
PyPro1以降の開発環境の変化
 pipがだいぶ良いツールになってきた(py279同梱)
 setuptoolsを意識する世界は終わりつつある
 wheelが登場、eggは徐々にフェードアウト
 Djangoが標準でmigrateを装...
13/26
3章. Pythonプロジェクトの構成とパッケージ作成
 03-01 Pythonプロジェクト
 03-02 環境とツール (pip, virtualenv)
 03-03 ファイル構成とパッケージリリース
 03-03-01 setu...
9章. Pythonパッケージングと運用への活用
 09-01 パッケージを使う
 09-01-01 パッケージのバージョン指定
 09-01-02 PyPI以外のサーバーからのインストール
 09-01-03 パッケージの配布形式
...
11章. 環境構築とデプロイの自動化
 11-01 環境構築内容の検討
 11-01-01 ネットワーク構成
 11-01-02 サーバー構築内容の構造化
 11-01-03 ユーザーの設定
 11-01-04 パッケージの選定
 ...
その他更新多数
全体的に現在のバージョン、一般的な作法に合わせて書き直しました。
また、BPの社内標準の現状にあわせて更新しています。
 Ubuntu 14.04, Python 2.7.6 をベースに更新しました
 distributeと...
18/26
Python2とPython3 どっちを使うべきか
 仕事において既存のコードがあるならそのバージョ
ンで。
 新しく始めるなら3.xで。
 2020年にはPy2は終了
 これから開発したコードが何年使われるかから考え
よう
 Py3...
20/26
Pythonの今後はどうなる?
 みなさん、どうなると思いますか?
21/26
22/26
今回の執筆関係者
以下のメンバーにて制作しました。
 11人の執筆者
 12名の社外レビューアー
 7名の社内レビューアー
 編集さんと組版担当者さん
総勢32名!
23/26
32名を支えたPyPro2執筆システム構成
Sphinx原稿
SCM
(Mercurial)
reST
make html
執筆
確認
レビュー
Spreadsheetでレビュー指摘
通知
make shuwa 校正
差分をもらう予定
通知
2...
25/26
26/26
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

PyPro2の読みどころ紹介:Python開発の過去と現在 - BPStudy93

1,439 views

Published on

Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版が2月末に発売されました。

第1版は、ビープラウドに新しく参加するメンバーにPython開発について共有する目的で書きました。

これは第2版でも変わりません。しかし、第1版の出版から3年がたち、Pythonでの開発にもさまざまな変化がありました。

第1版から第2版までの間に、どのような変化があったのか。なぜ今回の改訂が必要だったのか。 PyPro2の読みどころ紹介を通して、Pythonの新しいツールの登場、外部環境の変化、トレンドの変化などの観点で紹介します。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

PyPro2の読みどころ紹介:Python開発の過去と現在 - BPStudy93

  1. 1. 株式会社 清水川貴之 BPStudy #93
  2. 2. おまえ誰よ @shimizukawa  BePROUD co, ltd.  Sphinx 共同メンテナ  Sphinx-users.jp 運営  一般社団法人 PyCon JP 理事 2/26
  3. 3. http://pycon.jp/ 3/26
  4. 4. チケット販売(早期割り引き): 210枚まで スピーカー応募(CfP): 7月15日まで 4/26 http://pycon.jp/
  5. 5. アジェンダ  なぜPythonプロフェッショナルプログラミング の第2版を書いたのか  PyPro1以降の開発環境の変化  PyPro2の読みどころ  Python2とPython3 どっちを使うべきか  Pythonの今後はどうなる? 5/26
  6. 6. 6/26
  7. 7. 全ての始まり  Pythonの環境でどう開発し ていくかについて書かれた 本  英語版が2008年刊行  日本語版が2010年刊行  2011年頃には「環境」につい て扱っている部分の内容が 古くなりつつあった  Trac, Buildbot, buildout, … エキスパートPythonプログラミング 2010, アスキー・メディアワークス刊 7/26
  8. 8. 第1版 2012年刊行  新入社員に読んでもらいた い本として社内のノウハウ を集めた本  社内で聞かれたら、それ PyProに書いてあるヨ、と言 える  Pythonそのものより、 Pythonで開発するために必 要なノウハウ(環境系)が 多い  生まれた瞬間から情報が古く なっていく運命 Pythonプロフェッショナルプログラミング 2012, 秀和システム刊 8/26
  9. 9. 第2版 2015年刊行  2014年頃にはPyPro1に ついて、「その部分はもう 古いので・・」という説明 をする事が社内で多くなっ ていた  書き直すときのテーマ  新しい内容への更新  変わりにくい情報への置き換 え  理想よりも実際にやっている ことを書く Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版 2015, 秀和システム刊 9/26
  10. 10. 電子書籍版、出ました(2015/5/22) 電子書籍版は以下の電子書籍ストアで購入できます。  Amazon.co.jp (Kindle)  楽天ブックス (kobo)  BookLive! (BookLive!Reader)  honto電子書籍ストア (EPUB)  BOOK☆WALKER (BOOK☆WALKERアプリ)  紀伊國屋書店 (Kinoppy)  セブンネットショッピング (EPUB3.0) 10/26
  11. 11. 11/26
  12. 12. PyPro1以降の開発環境の変化  pipがだいぶ良いツールになってきた(py279同梱)  setuptoolsを意識する世界は終わりつつある  wheelが登場、eggは徐々にフェードアウト  Djangoが標準でmigrateを装備、southは終了へ  SkypeがSlackに置き換わった  チケットテンプレートを活用 本書で扱っています! 12/26
  13. 13. 13/26
  14. 14. 3章. Pythonプロジェクトの構成とパッケージ作成  03-01 Pythonプロジェクト  03-02 環境とツール (pip, virtualenv)  03-03 ファイル構成とパッケージリリース  03-03-01 setup.pyを書く  03-03-02 ゲストブックのプロジェクト構成  03-03-03 setup.pyとMANIFEST.in: パッケージ情報と同梱するファ イルの設定  03-03-04 setup.py: 実行コマンドの作成  03-03-05 python setup.py sdist: ソース配布パッケージを作る  03-03-06 リポジトリにコミットする  03-03-07 README.rst: 開発環境セットアップ手順  03-03-08 依存パッケージを変更する  03-03-09 requirements.txtで開発バージョンを固定する  03-03-10 python setup.py bdist_wheel: wheel配布パッケージを作 る  03-03-11 PyPIにアップロードして公開する 14/26
  15. 15. 9章. Pythonパッケージングと運用への活用  09-01 パッケージを使う  09-01-01 パッケージのバージョン指定  09-01-02 PyPI以外のサーバーからのインストール  09-01-03 パッケージの配布形式  09-01-04 wheelhouseの作り方  09-01-05 wheelhouseからインストール  09-02 パッケージを活用する  09-02-01 プライベートリリース  09-02-02 requirements.txtを活用する  09-02-03 requirements.txt の階層化  09-02-04 デプロイや CI + tox のためのrequirements  09-02-05 requirements.txt でライブラリのバージョンを指定する 15/26
  16. 16. 11章. 環境構築とデプロイの自動化  11-01 環境構築内容の検討  11-01-01 ネットワーク構成  11-01-02 サーバー構築内容の構造化  11-01-03 ユーザーの設定  11-01-04 パッケージの選定  11-01-05 ミドルウェアの設定  11-01-06 デプロイ  11-02 Ansibleで作業を自動化する  11-02-01 Ansibleとは  11-02-02 ファイル構成  11-02-03 Ansibleの実行  11-02-04 最初に検討した構成との対応づけ  11-02-05 各手順をAnsible化する  11-02-06 Ansible実行環境の整備 16/26
  17. 17. その他更新多数 全体的に現在のバージョン、一般的な作法に合わせて書き直しました。 また、BPの社内標準の現状にあわせて更新しています。  Ubuntu 14.04, Python 2.7.6 をベースに更新しました  distributeとsetuptoolsは紹介から消してpipだけにしました  エディタの比較紹介を追加しました: Vim, Emacs, PyCharm  HTMLが出てくるところはHTML5で書き直しました  Tracの説明はなくなってRedmineだけになりました  Skypeの説明はなくなってSlackになりました  チケットテンプレートで運用している話を追記しました  testfixturesの紹介を追加し、noseからpytestに変更しました  Sphinxは1.3に更新しました  Djangoは1.7を扱っていて、southからDjango migrationに書き直され ました  chardet, feedparserの紹介を削除し、requestsの紹介を追加しました 17/26
  18. 18. 18/26
  19. 19. Python2とPython3 どっちを使うべきか  仕事において既存のコードがあるならそのバージョ ンで。  新しく始めるなら3.xで。  2020年にはPy2は終了  これから開発したコードが何年使われるかから考え よう  Py3対応していないコードは少なくなりつつある  それでもPy3対応してないコードは自力で修正しよう  だいぶ少なくなってきている  いまPy3対応してないコードはそもそもメンテナンス されていない可能性がたかい -> 安心して使えないか も? 19/26
  20. 20. 20/26
  21. 21. Pythonの今後はどうなる?  みなさん、どうなると思いますか? 21/26
  22. 22. 22/26
  23. 23. 今回の執筆関係者 以下のメンバーにて制作しました。  11人の執筆者  12名の社外レビューアー  7名の社内レビューアー  編集さんと組版担当者さん 総勢32名! 23/26
  24. 24. 32名を支えたPyPro2執筆システム構成 Sphinx原稿 SCM (Mercurial) reST make html 執筆 確認 レビュー Spreadsheetでレビュー指摘 通知 make shuwa 校正 差分をもらう予定 通知 24/26
  25. 25. 25/26
  26. 26. 26/26

×