Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

先駆的研究テーマ mruby/c

4,692 views

Published on

しまねソフト研究開発センター(ITOC)が取り組む先駆的研究テーマ「mruby/c」について、平成27年10月23日に開催した開設記念式典で発表したスライドです。

Published in: Software
  • Be the first to comment

先駆的研究テーマ mruby/c

  1. 1. 先駆的研究テーマ:mruby/c 2015年10月23日 (共同研究者) 国立大学法人 九州工業大学 情報工学研究院 機械情報工学系 准教授 田中和明 しまねソフト研究開発センター (公益財団法人しまね産業振興財団) 専門研究員 東 裕人 © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  2. 2. 自己紹介 しまねソフト研究開発センター 専門研究員 東 裕人  1992年、県内大手製造業に就職。2004年、IT企業に転職。  組込み系のハード、ネットワーク、ソフトウェア開発についての経験が豊富。  過去、「Rubyを利用した、組込機器向けWebインターフェースフレームワークの研究開 発」に取り組む。その改良版が評価され、第7回フクオカRuby大賞(2015年3月)では優秀 賞を受賞。 国立大学法人 九州工業大学 情報工学研究院 機械情報工学系 准教授 田中和明  ロボット制御やセンサデータの処理に関する研究から、現在は組込みソフトウェアとセンサ ネットワークの研究に従事。  Rubyを軽量化、組込み向けとして開発された「mruby(軽量Ruby)」の中心開発者。  Ruby/mrubyに係る教育・研究から、mrubyの実利用を目指して活動している。  一般財団法人Rubyアソシエーション理事、NPO軽量Rubyフォーラム理事。 © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  3. 3. 本日のレジュメ  飛躍的に拡がるIoT市場  島根県で期待される実践例  必要とされる要素技術  mruby/cの特徴  今後のスケジュール © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  4. 4. © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center 飛躍的に拡がるIoT市場 〜楽天技術研究所 森代表の講演より〜 confidential
  5. 5. 島根県で期待される実践例 分野 効果 交通分野 適切な交通渋滞対策と効果予測を実現可能 農業分野 農作物の生産技術の補完と品質向上 農業分野 生産性向上や適切な原価管理などの実現 観光分野 施設内サービスの改善による顧客満足の向上 観光分野 よりリアルな観光情報のインプットによるサービス向上 製造業分野 ハンズフリーの実現による作業効率の向上や、遠隔地作 業支援を実現 © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  6. 6. 必要とされる要素技術  限られた電力供給環境下で作動  長時間の作動保証 省電力  スピーディーな試作開発、実用化開発  機能変更、拡張対応 生産性 分野 効果 交通分野 適切な交通渋滞対策と効果予測を実現可能 農業分野 農作物の生産技術の補完と品質向上 農業分野 生産性向上や適切な原価管理などの実現 観光分野 施設内サービスの改善による顧客満足の向上 観光分野 よりリアルな観光情報のインプットによるサービス向上 製造業分野 ハンズフリーの実現による作業効率の向上や、遠隔地作業支援を実現 © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  7. 7. 必要とされる要素技術 「mruby」を  さらに小さく、省電力化  Ruby言語の応用範囲を拡大し、 要求に応える(生産性) → mruby/c © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  8. 8. 必要とされる要素技術 小さく (イメージ) 32bitマイコン → mruby(OSS版) 16bitマイコン → mruby/c © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  9. 9. 必要とされる要素技術 省電力  本来の機能以外の動作(ガベージコレ クト等)を可能な限り無くす  マルチコアプロセッサの積極的なサ ポート  電池駆動  エナジーハーベスティング © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  10. 10. 必要とされる要素技術 生産性 Rubyが持っている生産性の高さ コンカレント動作  別な動作は別なプログラムによって  プログラマに余計な負担を強いない  複数のプログラマが独立してコーディ ング © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  11. 11. mrubyプログラムの特徴 mrubyプログラム パソコン マイコンボードA マイコンボードB mrubyプログラム mrubyプログラム mrubyプログラム 異なる環境であっても, 同じプログラムを コピーするだけで動作する  パソコンで動作検証できる  新機種への対応も容易 © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  12. 12. mruby/cの特徴  mrubyを小型化する Ruby (CRuby) mruby (OSS版) mruby/c 消費メモリのイメージ 数百KB(400KB程度) 数MB 数十KB(50KB未満) © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  13. 13. 小型化によるメリット  省コスト  省電力  高速に起動する  ソフトウェアの検証コストが 小さい © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  14. 14. 製品に組込みやすい C言語で書かれた ドライバを持っている (Cインターフェース) プログラムは Rubyで書きたい (mruby) 開発コストを 抑えたい (開発しやすい) © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center
  15. 15.  本日:mruby/cの紹介  11月:アルファ版公開(横浜 組込み総合技術展 ET2015)  12月:ライブラリ等関連情報の公開(当センター)  来年2月:評価版ボードの提供、全国で普及イベント  来年度:フィールド実証(島根県内) 今後のスケジュール © Kazuaki Tanaka & Shimane IT Open-innovation Center

×