Aristeaのコード補完

565 views

Published on

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
565
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
18
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Aristeaのコード補完

  1. 1. Aristeaのコード補完 tmyt めとべや 東京#4 LT 2014/05/31
  2. 2. タイトルを入力
  3. 3. Intellisense風の何かを 実装してみよう!
  4. 4. こういうの
  5. 5. やっていること • キー入力があったら • 先頭からキャレット位置までの文字列に対してトークンに分割 • 切り出されたトークンを後ろからチェック • メンバ名を検索し、プロパティを列挙 • リストを表示 • 確定されたら文字列を挿入
  6. 6. {text, user.screen_name} =@ “od_10z” || user.n トークンに分割 Symbol Operator OpenBracket CloseBracket ArrayDelimiter String Symbol
  7. 7. {text, user.screen_name} =@ “od_10z” || user.n 後ろからトークンをチェック Symbol Operator OpenBracket CloseBracket ArrayDelimiter String Symbol 後ろから連続したSymbolを取り出し
  8. 8. メンバ名を検索して表示 user.n • text • user • favorited • retweeted_status • created_at status • name • created_at • profile_user_image • notifications • description user 検索 検索
  9. 9. 確定したとき • string text; • textBox.Document.GetText(TextGetOptions.None, out text); • text = text.Substring(0, text.Length - 1); • var n = state.Pos - state.Str.Length; • var a = text.Substring(0, n); • var c = text.Substring(state.Pos); • textBox.Document.SetText(TextSetOptions.None, a + s + c);
  10. 10. こういうかんじでした。

×