Open stackceilometer

1,428 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,428
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
31
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Open stackceilometer

  1. 1. OpenStack Ceilometerを インストールしてみる 2012/12/10 日本OpenStackユーザグループ 志田 隆弘 <shida.takahiro@gmail.com>
  2. 2. Ceilometer OpenStack Ceilometer 課金のためにOpenStackコアコンポーネントの各情報を 測定するためのツールキットCeilometer は 雲高計 の意味APIで各情報を取得できるGrizzryリリースがターゲット12/2 現在、0.1が最新 http://ceilometer.readthedocs.org/en/latest/index.html
  3. 3. Meteringこんな情報が測定できるらしいです ネットワークのパ ケット流量 インスタンスの生 イメージの利用 存期間 サイズ インスタンスのCPU Images Instances 使用率/ディスク使 Volumes 用率FloatingIpの生存 期間 ボリュームの生存 期間 Compute Nodes Frontend “課金のため” なので、Cloud上のリソースが測定対象 http://ceilometer.readthedocs.org/en/latest/measurements.html
  4. 4. Install Windows 7 withとりあえずインストールしてみる VMware環境 1 Ubuntu 12.04 LTSをインストール vmxファイル中のvcpu.hotaddをFALSEにすることを忘れずに 2 Gitをインストール sudo apt-get install 3 devstackを入手 git git clone git://github.com/openstack-dev/devstack.git 4 localrcを記述 # unnessesary service disable_service n-obj # using quantum disable_service n-net enable_service q-svc,q-agt,q-dhcp,q-l3,quantum # using ceilometer enable_service ceilometer-acompute,ceilometer-acentral,ceilometer-collector,ceilometer-api OK! あとは ./stack.sh で30分待機 http://ceilometer.readthedocs.org/en/latest/install.html
  5. 5. Confirm Installインストールに成功したかを確認 各プロセスのログを 見て、エラーがない ことを確認 エラーログが出てい るが、多分swiftが Ceilometerのスク 無いから。大丈夫 リーンが増えている ことを確認
  6. 6. Run APIAPIを叩いてみる デフォルトは8777番$ curl http://localhost:8777/v1/resources 認証エラー。Keystone連携か。Tokenを指定していないからですねTokenを取得する$ keystone token-get 表示が!? こんな感じ
  7. 7. Keystone SettingsCeilometer関係無いですが、devstackで入れたKeystoneは、TokenバックエンドがKVS、Token形式がPKIになります。PKIは非常に扱いづらいので、UUID形式にします。 [token] Tokenのdriverとtoken_formatを driver = keystone.token.backends.sql.Token 変更 … [signing] token_format = UUID #token_format = PKI … openstack@ubuntu:~/devstack$ keystone token-get keystone token-get がまともに +-----------+----------------------------------+ なります | Property | Value | +-----------+----------------------------------+ | expires | 2012-12-03T06:18:25Z | | id | 60271f271abf48068cdf5384200beb1b | | tenant_id | b062f126e38f4b70a3ce50f3c3658033 | | user_id | 4e71ab0c00e946ef810329361f6e6ca7 | +-----------+----------------------------------+
  8. 8. Resources/Meter ImagesAPIの使い方 vcpu Instances GET /v1/resources disk memory OpenStack上にどんなリソー Networks スがあり、どんな測定ポイン トがあるかを一覧で表示 GET /v1/resources/(resource)/meters/(meter)$ curl -H "X-Auth-Token:c3e8e4e7e62c4d2a9e3f64ee097671a2"http://localhost:8777/v1/resources/442dc520-d1d7-42ab-827a-9ddd072d5922/meters/cpu$ { "events": [ { "counter_name": "cpu", "counter_volume": 9250000000, http://ceilometer.readthedocs.org/en/latest/api.html
  9. 9. Problems現時点の困ったちゃん• Cinderのリソースがモニターできない?• Quantumのリソースがモニターできない?• KeystoneへTokenの認証掛けに行くときのユーザ名、ドキュメント上は glance. 実際はceilometerだから安心• ceilometer-apiのログが終わってる。情報ゼロ• あれ?paste.iniがない。こいつだけflaskなのか• extension_managerにstevedore…だと? Grizzryリリースには色々解決するかも
  10. 10. Conclusion動かすまでは非常に簡単。devstackパワー 手動インストールも、設定をいくつか書き 換えるだけなのであまり難しくないやり取りするデータが全部Pure JSONなので、ちゃんと使うには別途クライアントツールが必要 HorizonにFuture Pluginで導入される模様課金のためだけでなく、運用のためにもっと下のレイヤーの監視もできると使いどころが広がりそうです ・物理マシンのリソース監視とか ・APIリクエストの発行やトラッキングとか

×