Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ALMがもたらす新しいソフトウェア開発へのフェーズの変化とは?                                        株式会社 NTTデータ                                        ...
自己紹介 柴山 洋徳 (Twitter:shibao800) 株式会社NTTデータ 認定プロジェクトマネージャ 仕事      CCPM/TOC コンサルティング(=TOC厨)      組織変革コンサルティング(=プロセス厨)   ...
Continuous  Questionshttp://www.flickr.com/photos/valeriebb/3006348550    Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
Q1. Scrumを使っていますか? 使っている人は席から立ってみてください 完全にScrumができていなくてもOK Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
Scrumテスト(1/3)あなたのScrumには,以下の要素はありますか?もしなければ,座ってください Product Owner, Dev Team, Scrum Master 順序付けされたProduct Backlog 残作業が記入...
Scrumテスト(2/3)あなたのScrumには,以下の要素はありますか?もしなければ,座ってください DoD ( Definition of Done ) Acceptance Criteria Sprint Planning Meet...
Scrumテスト(3/3)あなたのScrumには,以下の要素はありますか?もしなければ,座ってください Sprint毎の振り返り Sprint毎のスプリントレビュー 自己組織化されたチーム Copyright © 2011 NTT DAT...
すでに欧米では,Agileは主流 約40%はAgile手法を採用Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
本当に?Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
本当に?Not Scrum                               Scrum      High                                                Performance    ...
日本ではどうだろう?                                        ?Not Scrum                               Scrum      High                ...
Change is Hard                                        http://www.flickr.com/photos/mariachily/5250487136Copyright © 2011 N...
Scrumの組織文化への影響 計画主義マネジメント vs 経験主義マネジメント ごまかしのできない透明性 組織からの権限移譲 サーバントリーダーシップ Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
組織文化を変えるのは困難 様々な局面でリーダーシップが必要 組織文化を変えることに成功するのは30%程度Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
ScrumBut Scrumのメリット享受できなくなるような「理由」 ScrumButは既存の組織文化の影響を強くうける (ScrumBut)(Reason)(Workaround) (We use Scrum, but)(our ma...
フェーズの変化:Adoption to Implementation                                        http://www.flickr.com/photos/compujeramey/450601...
Scrumの「習得」は難しい 「軽量」で「わかりやすい」 Scrumの「学習」は半年から1年くらいで可能 Scrumの「習得」は3-5年かかる Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
Scrum実装のステップ1. 関係者とのコミニケーションと期待の醸成2. スクラム基本のトレーニング3. スクラムマスターの指名とトレーニング4. 疑問や問題への解決に向けたサポートの提供5. プロダクトの特定6. プロダクトオーナーの指名とト...
どうやって変化の困難を緩和するか Continuous Communication & Education Scrum Centerの設立 Scrum界のドラッカーのサポートを受ける                            ...
Scrum Center PMOからScrum Centerへ 組織全員がScrumを理解できるように 全プロジェクトに渡ってScrumが使われるように 透明性を維持するデータを取得するツールの提供 チームのベロシティモニタリングのサ...
Tuckmans Group Development Modelパフォーマンス                                                                         関係性       ...
チームを安易に変更しないパフォーマンス                                                           チーム                                         ...
フェーズの変化:Doing Agile to +Being Agile                                        http://www.flickr.com/photos/spidermandragon5/2...
Doing Agile                                          Quality     Speed to Value                                         En...
Being Agile                                          Adapting        Exploring                                         Fac...
Adapting 変化に対してオープンになる 変化のプロセスを理解する やり方を変化に合わせて適応させる Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
Exploring Scientific Method 失敗から学ぶ                                         “Only mathematicians and                     ...
Facilitating マイクロマネジメントからの脱却 自己組織化を促す 優秀な人材を集め,チームへ資源を提供する 権限や意思決定を放棄することではない Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
Riding Paradox リーダーシップのパラドックス 計画的なリリース vs 製品の適応と柔軟性 置かれたコンテキストにより使い分ける 今日上手くいっても明日上手くいくとは限らない ルールから外れることも必要 Copyright...
Continuous  Questionshttp://www.flickr.com/photos/valeriebb/3006348550    Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
Q2. Deliveryにかかる期間は? コード一行変更した場合,リリースにかかる期間 半日 or 1日? 1週間? 1カ月? 数カ月? Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
長すぎるDelivery期間           コード1行変更した場合にリリースまでにかかる期間は?                     1日              1週間              1ヶ月           数ヶ月...
Lack of Responsiveness                                        http://www.flickr.com/photos/wwarby/4782861914Copyright © 20...
Water-Scrum-Fall よく見かける現実解 プロダクト制約,会社ルール,コンプライアンス Requirements                                                          ...
リリースの悪夢 レガシーシステム リリーストレインアプローチ リリースオーバーヘッド 組織文化の変化への抵抗                           http://www.flickr.com/photos/wimox/52...
技術的負債                       Cost of Change (CoC)    Delivery Speed                                                Respons...
フェーズの変化:Development to Delivery                                        http://www.flickr.com/photos/dvids/5160867187Copyri...
ITによってビジネスをドライブ                                        公開用資料のため省略Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
http://www.flickr.com/photos/evelynishere/3451469791Continuous DeliveryCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
ビジネスニーズ駆動のリリース                                        http://www.flickr.com/photos/teegardin/5912231439 開発の制約ではなく,ビジネスニーズ...
ユーザと開発の強いフィードバックループ                                        http://www.flickr.com/photos/usnationalarchives/6124109059Copyr...
リスクの低減Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION                                        http://www.flickr.com/photos/epsos/4376...
Continuous Deliveryのステップ                                         出典:Adaptive Leadership, Cyndi Mitchell (ALM Summit2011) C...
Continuous Deliveryの例                                         出典: http://code.flickr.com/ Copyright © 2011 NTT DATA CORPOR...
Continuous  Questionshttp://www.flickr.com/photos/valeriebb/3006348550    Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
Q3.Agileに関するホットな話題は? 日本でよく話題になるキーワード プラクティス ツール テクニック etc Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
ALM Summitにおけるホットキーワード                                        Lean Startup                                             htt...
Concept FirstCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION                                        http://www.flickr.com/photos/282...
Lean - マネジメントフレームワーク プロセスと情報の流れを改善する 継続的カイゼンの文化を形成する 顧客のニーズを満足させる方法を学ぶ ムダをなくす                   出典:http://theleanstart...
DevOps 開発と運用のビジネスゴールの共有 一つのサイクルと一つのプロセス 統合されたシームレスな環境 Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
フェーズの変化:Points to Flow                                        http://www.flickr.com/photos/yogendra174/5980718184Copyright...
ITによってビジネスをドライブ                                        公開用資料のため省略Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
ITとビジネスの関係の変化                                        出典:ビジネスと IT の関係。そして ALM の必要性から DevOps 。,長沢 智治Copyright © 2011 NTT DAT...
Continuous Feedback                                         出典:Continuous Feedback, Justin Marks (ALM Summit2011) Copyrigh...
まとめ今,欧米で起こっているソフトウェア開発のフェーズの変化とは, Adoption から Implementationへ Doing Agile から +Being Agileへ Development から Deliveryへ Po...
これからの時代に向けて今我々が準備すべきことを一緒に議論しましょう!                                 Thank you   Visual Studio は、米国 Microsoft CORPORATIONの米国...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「ALMがもたらす新しいソフトウェア開発へのフェーズの変化とは?」TFSユーザーズ勉強会

4,452 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

「ALMがもたらす新しいソフトウェア開発へのフェーズの変化とは?」TFSユーザーズ勉強会

  1. 1. ALMがもたらす新しいソフトウェア開発へのフェーズの変化とは? 株式会社 NTTデータ 柴山 洋徳 2011/12/10Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  2. 2. 自己紹介 柴山 洋徳 (Twitter:shibao800) 株式会社NTTデータ 認定プロジェクトマネージャ 仕事  CCPM/TOC コンサルティング(=TOC厨)  組織変革コンサルティング(=プロセス厨)  社内システム開発のスクラムマスター  社内システム開発のプロダクトオーナー  社内アジャイルコーチCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  3. 3. Continuous Questionshttp://www.flickr.com/photos/valeriebb/3006348550 Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  4. 4. Q1. Scrumを使っていますか? 使っている人は席から立ってみてください 完全にScrumができていなくてもOK Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  5. 5. Scrumテスト(1/3)あなたのScrumには,以下の要素はありますか?もしなければ,座ってください Product Owner, Dev Team, Scrum Master 順序付けされたProduct Backlog 残作業が記入されているSprint Backlog 一ヶ月,または,一ヶ月以内のSprint Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  6. 6. Scrumテスト(2/3)あなたのScrumには,以下の要素はありますか?もしなければ,座ってください DoD ( Definition of Done ) Acceptance Criteria Sprint Planning Meeting Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  7. 7. Scrumテスト(3/3)あなたのScrumには,以下の要素はありますか?もしなければ,座ってください Sprint毎の振り返り Sprint毎のスプリントレビュー 自己組織化されたチーム Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  8. 8. すでに欧米では,Agileは主流 約40%はAgile手法を採用Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  9. 9. 本当に?Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  10. 10. 本当に?Not Scrum Scrum High Performance ScrumCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  11. 11. 日本ではどうだろう? ?Not Scrum Scrum High Performance ScrumCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  12. 12. Change is Hard http://www.flickr.com/photos/mariachily/5250487136Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  13. 13. Scrumの組織文化への影響 計画主義マネジメント vs 経験主義マネジメント ごまかしのできない透明性 組織からの権限移譲 サーバントリーダーシップ Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  14. 14. 組織文化を変えるのは困難 様々な局面でリーダーシップが必要 組織文化を変えることに成功するのは30%程度Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  15. 15. ScrumBut Scrumのメリット享受できなくなるような「理由」 ScrumButは既存の組織文化の影響を強くうける (ScrumBut)(Reason)(Workaround) (We use Scrum, but)(our managers give us special tasks,)(so we don’t always have time to meet our DoD) Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  16. 16. フェーズの変化:Adoption to Implementation http://www.flickr.com/photos/compujeramey/4506013626Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  17. 17. Scrumの「習得」は難しい 「軽量」で「わかりやすい」 Scrumの「学習」は半年から1年くらいで可能 Scrumの「習得」は3-5年かかる Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  18. 18. Scrum実装のステップ1. 関係者とのコミニケーションと期待の醸成2. スクラム基本のトレーニング3. スクラムマスターの指名とトレーニング4. 疑問や問題への解決に向けたサポートの提供5. プロダクトの特定6. プロダクトオーナーの指名とトレーニング7. バックログの作成8. プロダクトのインクリメンタルな開発9. 検査と適応 Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  19. 19. どうやって変化の困難を緩和するか Continuous Communication & Education Scrum Centerの設立 Scrum界のドラッカーのサポートを受ける http://www.ryuzee.com/ Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  20. 20. Scrum Center PMOからScrum Centerへ 組織全員がScrumを理解できるように 全プロジェクトに渡ってScrumが使われるように 透明性を維持するデータを取得するツールの提供 チームのベロシティモニタリングのサポート Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  21. 21. Tuckmans Group Development Modelパフォーマンス 関係性 Forming Storming Norming Performing Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  22. 22. チームを安易に変更しないパフォーマンス チーム の変化 関係性 Forming Storming Norming PerformingCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  23. 23. フェーズの変化:Doing Agile to +Being Agile http://www.flickr.com/photos/spidermandragon5/2922128673Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  24. 24. Doing Agile Quality Speed to Value Engage and Do Less Inspire Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  25. 25. Being Agile Adapting Exploring Facilitating Riding Paradox Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  26. 26. Adapting 変化に対してオープンになる 変化のプロセスを理解する やり方を変化に合わせて適応させる Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  27. 27. Exploring Scientific Method 失敗から学ぶ “Only mathematicians and physicists prefer to learn by concept. All others prefer to learn by example.” Bill Lister Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  28. 28. Facilitating マイクロマネジメントからの脱却 自己組織化を促す 優秀な人材を集め,チームへ資源を提供する 権限や意思決定を放棄することではない Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  29. 29. Riding Paradox リーダーシップのパラドックス 計画的なリリース vs 製品の適応と柔軟性 置かれたコンテキストにより使い分ける 今日上手くいっても明日上手くいくとは限らない ルールから外れることも必要 Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  30. 30. Continuous Questionshttp://www.flickr.com/photos/valeriebb/3006348550 Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  31. 31. Q2. Deliveryにかかる期間は? コード一行変更した場合,リリースにかかる期間 半日 or 1日? 1週間? 1カ月? 数カ月? Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  32. 32. 長すぎるDelivery期間 コード1行変更した場合にリリースまでにかかる期間は? 1日 1週間 1ヶ月 数ヶ月 0% 10% 20% 30% 40% 50% 出典:第二回TFSユーザーズ勉強会参加者アンケートCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  33. 33. Lack of Responsiveness http://www.flickr.com/photos/wwarby/4782861914Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  34. 34. Water-Scrum-Fall よく見かける現実解 プロダクト制約,会社ルール,コンプライアンス Requirements Release and planning Sprints http://www.flickr.com/photos/wimox/5208779639/ Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  35. 35. リリースの悪夢 レガシーシステム リリーストレインアプローチ リリースオーバーヘッド 組織文化の変化への抵抗 http://www.flickr.com/photos/wimox/5208779639/ Sprints ReleaseCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  36. 36. 技術的負債 Cost of Change (CoC) Delivery Speed  Responsiveness  Actual CoC Product Technical Debt Release Optimal CoC 1 2 3 4 5 6 7 8 YearsCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION 出典:Adaptive Leadership, Cyndi Mitchell (ALM Summit2011)
  37. 37. フェーズの変化:Development to Delivery http://www.flickr.com/photos/dvids/5160867187Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  38. 38. ITによってビジネスをドライブ 公開用資料のため省略Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  39. 39. http://www.flickr.com/photos/evelynishere/3451469791Continuous DeliveryCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  40. 40. ビジネスニーズ駆動のリリース http://www.flickr.com/photos/teegardin/5912231439 開発の制約ではなく,ビジネスニーズと連動 常にソフトウェアはリリース可能な状態Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  41. 41. ユーザと開発の強いフィードバックループ http://www.flickr.com/photos/usnationalarchives/6124109059Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION 新しいアイディアをすぐに実現できるようにする ユーザからの早期のフィードバックを得る ユーザをソフトウェアライフサイクルに巻き込む
  42. 42. リスクの低減Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION http://www.flickr.com/photos/epsos/4376727123 ムダなソフトウェアを作るリスクの低減 ビックバンリリースのリスクの低減 リリースプロセス自体のリスクの低減
  43. 43. Continuous Deliveryのステップ 出典:Adaptive Leadership, Cyndi Mitchell (ALM Summit2011) Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  44. 44. Continuous Deliveryの例 出典: http://code.flickr.com/ Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  45. 45. Continuous Questionshttp://www.flickr.com/photos/valeriebb/3006348550 Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  46. 46. Q3.Agileに関するホットな話題は? 日本でよく話題になるキーワード プラクティス ツール テクニック etc Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  47. 47. ALM Summitにおけるホットキーワード Lean Startup http://www.flickr.com/photos/mako_side_b/2337300578/Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  48. 48. Concept FirstCopyright © 2011 NTT DATA CORPORATION http://www.flickr.com/photos/28288573@N07/5601013552
  49. 49. Lean - マネジメントフレームワーク プロセスと情報の流れを改善する 継続的カイゼンの文化を形成する 顧客のニーズを満足させる方法を学ぶ ムダをなくす 出典:http://theleanstartup.com/ Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  50. 50. DevOps 開発と運用のビジネスゴールの共有 一つのサイクルと一つのプロセス 統合されたシームレスな環境 Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  51. 51. フェーズの変化:Points to Flow http://www.flickr.com/photos/yogendra174/5980718184Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  52. 52. ITによってビジネスをドライブ 公開用資料のため省略Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  53. 53. ITとビジネスの関係の変化 出典:ビジネスと IT の関係。そして ALM の必要性から DevOps 。,長沢 智治Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION (http://blogs.itmedia.co.jp/nagap/2011/12/20itpublickey-79e3.html)
  54. 54. Continuous Feedback 出典:Continuous Feedback, Justin Marks (ALM Summit2011) Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  55. 55. まとめ今,欧米で起こっているソフトウェア開発のフェーズの変化とは, Adoption から Implementationへ Doing Agile から +Being Agileへ Development から Deliveryへ Points から Flowへ Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION
  56. 56. これからの時代に向けて今我々が準備すべきことを一緒に議論しましょう! Thank you Visual Studio は、米国 Microsoft CORPORATIONの米国およびその他の国における登録商標または商標です。 その他、記載されている会社名、商品名、サービス名等は、各社の商標または登録商標です。

×