Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CMDBuild overview (Japanese) V2.4 update

5,999 views

Published on

Open Source Project of CMDB developed by Tecnoteca

Published in: Software
  • Be the first to comment

CMDBuild overview (Japanese) V2.4 update

  1. 1. ITILV3準拠構成管理システム CMDBuildのご紹介 V.2.4 Update 2016/4/1 Open Programmable Infrastructure Environment http://www.ossl.co.jp TWITTER: http://twitter.com/satoruf LINKEDIN: http://jp.linkedin.com/in/satorufunai/ja SLIDESHARE: http://www.slideshare.net/sfunai FACEBOOK: http://www.facebook.com/satoru.funai
  2. 2. CMDB? 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 2 保守契約切れ機器をリ ストアップしたい 特定のラックに⼊って いる機器は? ソフト バージョンアップ対象 機器は? プロジェクトで使⽤し ている機器の設置場所 は? 障害対応窓⼝は? 顧客連絡先は? 障害対応⼿順は? 契約条件は?
  3. 3. 構成管理に必要な情報 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 3 機器情報 • HW構成 • SW構成 • NW構成 • OS設定情報 • 設置場所 • 論理構成/依存関係 • アプリケーション • Etc. • 監査ログ • 作業履歴 • チケット履歴 • Etc. 属性情報 履歴情報 • 保守契約内容 • サービス内容 • 設計書・仕様書 • 対象範囲 • ユーザ連絡先 • 保守連絡先 • 社内連絡先 • 対応⼿順 • Etc.
  4. 4. クラウドで求められる構成管理 情報量の爆発 ガバナンス低下 クラウドで重要になる構成管理と可視化 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 4 仮想化による、論理構成 と物理構成の複雑化 運⽤⾃動化による、 変更の⾼速⾼頻度化 動的構成管理と関係マッピング 監視や変更管理との連携 運⽤管理の負担軽減 ⾃動情報収集とワークフロー 外部システムとの柔軟な連携 管理内容の可視化 広がるパブリッククラウド プライベートクラウドの活⽤
  5. 5. CMDBuild構成管理システム l 2005年プロジェクト開始 l 伊Tecnoteca 社が開発、AGPLライセンス l http://www.cmdbuild.org/ 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 5 CMDB インベントリ収集 ワークフロー 文書管理 地理情報 レポーティング API JSON/SOAP APACHE TOMCAT アセット コンピュータ ライセンス サーバ デスクトップ ユーザ サプライヤ ドキュメント 場所 保守契約 監視システム ポータル
  6. 6. CMDBuildの特徴 l ⾃由なデータモデル l クラスとリレーションの設定で ⾃由に設計可能 l 組み込まれたワークフローエンジン l Together Workflow (Shark)を使⽤し、ワークフローを設計/実⾏ l 他システムの連携 l SOAP API, Mail, SQL, LDAP/AD, CSV, etc. l ITIL V3準拠 l 組み込まれた⽂書管理機能 l 多⾔語対応 l ⽇本語/英語/ドイツ語 スペイン/フランス/イタリア ロシア/ポルトガル/セルビア ブラジル 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 6 サービス戦略 サービス設計 サービス移⾏ サービス運⽤ 継続的改善 財務管理 サービスカタログ 管理 変更管理 イベント管理 7ステップ改善 需要管理 サービスレベル管 理 資産構成管理 インシデント管理 サービス測定 ポートフォリオ管 理 キャパシティ管理 ナレッジ管理 リクエスト対応 サービスレポート 可⽤性管理 移⾏計画/⽀援 アクセス管理 サービス継続性管 理 リリースデプロイ 管理 問題管理 セキュリティ管理 サービスバリデー ション/テスト サービスデスク サプライヤ管理 評価 技術管理 アプリケーション 管理 オペレーション管 理 アセット コンピュータ ライセンス サーバ デスクトップ ユーザ サプライヤ ドキュメント 場所 保守契約ロケーション 顧客 サービス ネットワーク 保守契約 モデル
  7. 7. CMDBuild画⾯例 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 7
  8. 8. データベース CMDBuildモデル カード ⾃由に定義可能なデータモデル 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 8 コンピュータ ・ホスト名 ・資産番号 ・IPアドレス ・管理者 ・ ・ ・ 従業員 ・姓 ・名 ・社員番号 ・メールアドレス ・所属部⾨ ・ ・ ・ コンピュータ ・ホスト名 ・資産番号 ・IPアドレス ・管理者 ・ ・ ・ 従業員 ・姓 ・名 ・社員番号 ・メールアドレス ・所属部⾨ ・ ・ ・ コンピュータ ・ホスト名 ・資産番号 ・IPアドレス ・管理者 ・ ・ ・ 従業員 ・姓 ・名 ・社員番号 ・メールアドレス ・所属部⾨ ・ ・ ・ クラス ・属性1 ・属性2 ・属性3 ・ ・ ・ クラス ・属性1 ・属性2 ・属性3 ・ ・ ・ ドメイン N:N クラステーブル ヒストリ テーブル クラステーブル ヒストリ テーブル マップテーブル 全ての変更履歴 を⾃動保存 リレーション⾃動⽣成 関係 ヒストリ テーブル
  9. 9. きめ細かい権限管理 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 9 ロール毎クラス毎に権限設定可能 ロール毎に表⽰メニューの設定可能
  10. 10. ワークフロー機能 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 10 l Together Workflow Editorで作成したワークフローを、インポート http://www.together.at/prod/workflow/twe Redmine'>) Cmdbuild) ) ) or Redmine Redmine XRFC X X X ) )X Redmine) ) ) X X X RFC01 RFC02 RFC03 RFC04 RFC05 RFC00 RFC06 RFC07 RFC08 RFC09 RFC10 RFC11 RFC12 RFC13 RFC14 )
  11. 11. 外部システム連携機能 l ウイザードコネクタ l 外部RDBMSまたはLDAPのデータと、CMDBuildのデータを同期 l タスクマネージャのスケジューリング機能で⾃動起動 l ベーシックコネクタ l 外部RDBMSまたはLDAPのデータと、CMDBuildのデータを同期 l XML形式の定義により、データの計算や加⼯を伴ったマッピングが可能 l ワークフローとの連携が可能 l アドバンスドコネクタ l 有償ライセンス l SOAP APIを使⽤した Groovyライブラリ l 無制限なカスタマイズが可能 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 11
  12. 12. Zabbix-CMDBuild連携ポートレット 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 12 最新イベント情報の表⽰ Zabbixイベント情報のホスト をクリックすると、該当ホス トの構成管理DBの内容を表⽰
  13. 13. タスクマネージャ機能 l スケジュール、またはイベントによって、タスクを起動する機能 l イベントは、メール受信、特定のクラスの変更等を指定可能 l タスクは、メール送信、またはワークフローの起動を指定可能 l ウイザードコネクタの指定も可能 l 使⽤例 l 指定⽇時でのライセンス期限切れを⾃動検索し、メール送信 l 毎⽇定時に、レポート送信 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 13
  14. 14. V2.4新機能:リレーショングラフ強化 l 3Dグラフ表⽰ l フーバー表⽰ グラフ畳み込み カード表⽰ l ドリルダウン 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 14
  15. 15. V2.4新機能:⽂書管理連携機能強化 l CMIS 1.1に対応 l CMISは2008年にIBM、EMC、MicrosoftといったECMに 主要ベンダがOASISに提出した仕様、Content Management Interoperability Service (コンテンツ管理相互 運⽤サービス)の略。つまり、異なるECM製品同⼠でも共 通のAPIで操作できる。 l Alfrescoの最新版だけでなく、CMIS 1.1に対応し たECM製品と連携が可能になった。 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 15
  16. 16. V2.4新機能:その他の改善 l Oracle JDK 1.8以上が必須 l Tomcat 7/8対応 l アクセス履歴表⽰の追加 l ワークフローの読み取り権限を拡張 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 16
  17. 17. ⾃動インベントリ収集 l エージェントレス型 l nmap, snmp, ssh, WMIによる、Linux/Windows/NW機器の情報収集 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 17
  18. 18. Open-Auditのアーキテクチャ l Open-Auditは、データベース、WEBサーバ、オーディットホストで構成 され、⼀つのシステムに全てインストールしても、別々にインストール することも可能。 l データベースは、MySQL l WEBサーバは、Apache/PHP l オーディットホストは、対象機器と同⼀サブネットにあるサーバ 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 18 WEBコンソール 対象機器 WEBサーバ オーディット ホスト
  19. 19. インベントリ収集フロー 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 19 Webから実⾏ Network Group がなければ作成 Nmapスクリプト 実⾏ ログ画⾯にリダイ レクト Nmap実⾏結果 確認 Snmp? Snmpスキャン 実⾏ デバイス 登録済? デバイス追加 デバイス更新 WMI? VBSスクリプト 転送・実⾏ ssh? shellスクリプト 転送・実⾏ スクリプト実⾏ 結果を、Open- Auditサーバに http put 終了 対象デバイス
  20. 20. 設定済テンプレート l エンタープライズITサービス管理に必要なデータモデル、ワークフロー、 レポート、ダッシュボードが、設定済みのテンプレート l 有償オプション l セルフサービスポータル(Liferay) l Microsoft Active Directoryコネクタ(ユーザデータの同期) l インベントリ収集コネクタ(インベントリ⾃動収集と同期) l vSphere vCenterコネクタ(VM情報の同期) l モバイル対応(iOS>=6, Android>=4.0.3) 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 20 サービス戦略 サービス設計 サービス移⾏ サービス運⽤ 継続的改善 財務管理 サービスカタログ管理 変更管理 イベント管理 7ステップ改善 需要管理 サービスレベル管理 資産構成管理 インシデント管理 サービス測定 ポートフォリオ管理 キャパシティ管理 ナレッジ管理 リクエスト対応 サービスレポート 可⽤性管理 移⾏計画/⽀援 アクセス管理 サービス継続性管理 リリースデプロイ管理 問題管理 セキュリティ管理 サービスバリデーショ ン/テスト サービスデスク サプライヤ管理 評価 技術管理 アプリケーション管理 オペレーション管理
  21. 21. Ready2Useデータモデル l 組織 l 内部/外部スタッフ、会社/部⾨ l 場所 l ビル/フロア/部屋 l 購買管理 l 購買元/購買元担当者/発注/検収 l サービス管理 l サービス種別/契約/KPI/サービス要求 l 構成アイテム l クライアント:デスクトップPC/ノートPC/プリンタ/モニタ/クライアントソフト/ライセンス l インフラ:サーバ/クラスタ/ストレージ/ラック/NW機器 l 電話:交換機/電話機/携帯機器/SIM l ネットワーク:VLAN/VPN/NWインターフェース l ソフトウェア:基盤SW/データベース/アプリケーション/その他 l サポート l ナレッジベース/プロセス定義/システム定義 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 21
  22. 22. サービスカタログ管理 l IT部⾨が提供しているITサービスの情報を⼀元化し、 ユーザに標準化されたサービスを届けます。 l ITサービス定義 l ビジネス・サービス ユーザ視点のサービスメニュー l テクニカル・サービス IT部⾨視点のサービスメニュー l 各サービスメニューのSLAとKPI l サービス要求と作業依頼のワークフローに連携 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 22 ユーザ サービス提供 サービス要求 サービス カタログ 確認 承認 管理者
  23. 23. インシデント管理 l IT障害回復要求に対するワークフロー l メール、セルフサービスポータルからの受付から、分類と記録、優先度 管理、SLA管理 l サービス要求/変更管理への連携 l メール及びポータル⼊⼒の記録と追跡 l ナレッジベースと添付書類の管理. 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 23 作業実施 作業担当者 エスカレーション ヘルプデスク ユーザ インシデント 解決
  24. 24. サービス要求管理 l ITサービスの障害ではない、ユーザからのサポート、調達、情報、ドキュメント の依頼に対するワークフロー l メール、セルフサービスポータルからの受付から、分類と記録、優先度管理、 SLA管理 l サービスカタログからの標準サービスと、カタログにない⾮標準サービスの受付 l 標準サービスは、作業依頼ワークフロー、⾮標準サービスは変更管理への連携 l メール及びポータル⼊⼒の記録と追跡 l ナレッジベースと添付書類の管理 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 24 ユーザ 回答 サービス要求 ヘルプデスク 確認 承認者 承認 作業実施 作業担当者
  25. 25. 変更管理 l インシデント管理やサービス要求などの構成変更依頼に対するワークフロー l メール、セルフサービスポータルからの受付から、分類と記録、優先度管理、 SLA管理 l 変更依頼は、変更管理者によって承認され、実施とレビューを経てクローズされ ます。 l メール及びポータル⼊⼒の記録と追跡 l ナレッジベースと添付書類の管理 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 25 変更 管理者 承認 作業担当者 作業実施 作業担当者 分析 不受理
  26. 26. 資産管理 l 構成アイテムの発注から、受領/検収/配置/移設/廃棄等の ライフサイクル管理ワークフロー l 資産のステータスと場所を追跡、記録 l ネットワーク結線とIPアドレス配布を管理 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 26 納品 発注 購買申請 受領 検収 倉庫 試験 廃却 使⽤中 修理中 使⽤可能 廃棄済 在庫状態 変更 割当 移設 取替 返却 移管 廃棄 倉庫移動
  27. 27. レポーティング l 定義済レポート l 場所別構成アイテム⼀覧 l 資産管理リスト l 場所別資産 l 在庫履歴 l ラックレイアウト l インシデント管理・平均完了時間 l インシデント管理・オープン l インシデント管理・タイムテーブル l MTBF(平均故障間隔) l サービス要求・平均完了時間 l サービス要求・オープン l サービス要求・タイムテーブル l VMwareコネクタサマリ l ADコネクタサマリ l OCSコネクタサマリ l 出⼒フォーマット l PDF l ODT l RTF l CSV 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 27
  28. 28. セルフサービスポータル l 有償オプション 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 28
  29. 29. セルフサービスポータル 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 29
  30. 30. バージョン管理 チケット管理 Open Programmable Infrastructure Environment 30 運⽤ ポータル ヒヤリン グシート 設定シート ミドルウェア/ アプリ 構成管理 実⾏管理 構築情報 変更依 頼 アラート /イベント API連携 インベントリ /コンフィグ /ステータス ユーザ オペレータ SE 状態監視 vmware 構築/検証 Fabric 物理サーバ 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved インベントリ収集
  31. 31. サーバ構築⾃動化例 サーバ構築依頼 受付 変更依頼 チケット発⾏ 影響調査 変更承認 作業指⽰ サーバ構築 Fabric 構築検証 監視設定作業結果承認 CMDB登録 インベントリ収集 チケット クローズ ヒヤリン グシート 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 31
  32. 32. インシデント対応⾃動化例 アラート発報 受付 チケット発⾏ 影響調査 変更承認 作業指⽰ バージョンアップ Fabric 構築検証作業結果承認 ⼀次切り分け 変更依頼 CMDB登録 インベントリ収集 チケット クローズ 2016/4/8 Copyright 2016(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 32

×