NewSFA 201204

980 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
980
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
49
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

NewSFA 201204

  1. 1. 平成 24 年 4 月 7 日発行 シアトルフライトアカデミー新聞 二 ニ 合格・卒業・入学の春 受験シーズンを終えて 〇 一 二生 試 3 勝 4 込 や か の 達 今 コ 年 合 年 スは通 験 の 名 で ち 名 み 取 で 受 S 1 た 名 航 空 の 様 シ よ ス り た 2 0 今 春 フ常 推 あ あ 講 F こ は 大 々 ズ の も 1 シ 発 ラの 定 り た の A と 適 学 な ン 受 1 全 2約 受 3 た 受 へ が 性 校 ド S 験 日 年 行 イ4 験 純 名 け の 影 検 3 ラ F 2 空 冬 ズ倍 者 粋 は 入 入 昨 れ 学 響 査 次 マ A 航 カ 自 ン トの合 数 か な 最 1 年 を 基 し 不 た 合 試 験 受 よ 空 月 り 無 遅 社 養 シ ア も 第 ア格 ら 終 次 は 取 準 模 格 を 験 1 線 れ 成 ト ま 七 カを 割 合 試 3 り 厳 様 受 結 8 通 た パ ル た 号出し り 出 格 率 験 次 や 格 前 試 め 化 1 今 次 験 し 果 名 信 た の 士 め イ ロ フ ラ 多 デた さ は か 験 た の 年 試 た は 合 試 だ イ 数 ミ計 れ 8 ら に た た は 験 S 次 格 験 ト ト の算 る 分 S 1 め め 航 に F の 者 他 採 ア 合 www.sfa.ac 0120(961)747 __________________________と 合 の F 2 2 大 て A 通 A に 用 カな 格 3 A 名 関 0 受 実 の り パ 制 も 試 デ 格る 率 に が 連 1 験 施 学 で イ 度 験 ミ 者 は 3 て 受 1 者 さ 生 あ ロ 採 東 と が 1 8 受 験 下 年 数 れ 4 る 用 海 航 は 0 % 講 し 秋 そ る 名 ト 試 大 空 今 誕 % と し 全 S よ の 総 中 験 大 冬 生 な な て 員 F り も 合 3 が な 桜 学 の る い 合 A の 適 名 誕 ど 美 校 例 で た 格 で 試 が 性 が 生 試 林 3 年下 平 8 の 験 少 等 合 し 験 大 次 にに S 成 名 最 受 直 な の 格 た が パ 試 増続 F 2 の 終 講 前 か 点 イ 験 しく A 4 う 合 者 の 数 不 受 相 ロ が て の 年 ち 格 数 飛 た が 合 験 次 混 SFA大阪校’再会’!久保教官・乙訓教官講演会 SFA東京高円寺校にて (2012/3/20 撮影) 学 度 の を が び 事 低 格 生 ぎ ト 例 みて ロ 試 ン 下 た 一 S 4 に な ベ し し か 大 試 A 年 で 大 S 合 も 合 名 ん た た < < < <い 験 維 が が 従 発 F た 名 掲 て A 1 ら ト 昨 で で O 桜 ま 合 学 F 格 合 東 格 が 航 だ も 1 A 八 七 六 四 S ★る ト 直 持 る 来 S 合 A 時 が 載 た ク い 制 名 女 年 も も 入 美 で 格 内 A し 格 海 1 全 空 の 名 N 予 月 月 月 月 F > > > に 前 の 為 飛 受 F 格 学 か 合 ス た 度 合 性 採 末 合 1 試 林 で に 慶 大 名 科 無 受 の が A 定 航 ・ A 東 な の て な の た び 験 A し 生 ら 格 ま 2 と 2 採 格 パ 用 に 格 名 に 大 海 お 転 武 應 う 学 は 目 線 験 2 は 詳 ・ ・ 空 航 航 航 航 気 五 今 る 学 め S 込 直 た 1 S た 名 ス 名 用 イ 試 実 し 合 て 学 に ち 航 法 合 通 者 3 次 細 全 無 無 大 大 大 大 象 月 入 大 S 専 者 後 > 志 生 に F み 前 名 F ま 東 と カ が 試 ロ 験 施 同 格 受 フ 進 1 空 規 格 信 数 次 試 S は 6 線 線 1 模 1 模 の の も A 受 の 学 が A た 海 も イ 験 で さ 大 と 験 ラ の F 攻 修 学 名 操 の 士 が 試 験 F の 合 A を 行 電 日 工 通 次 試 次 試 講 高 受 学 講 飛 試 に 3 大 桜 マ S で ト は れ 学 な 者 イ 格 が 受 を し は 縦 み う 試 低 験 A 話 間 学 信 試 座 予 い 入 ビ 生 で び A 在 年 か 美 F は が た 進 1 ト た 慶 は 再 ち 験 い の 適 に に 中 士 験 第 総 第 学 厳 ジ 全 は 込 験 N 籍 前 ら 林 ク A 誕 昨 海 学 た 名 オ 率 ス 験 行 應 受 試 2 は 理 個 性 て て 計 心 直 二 合 一 全 定 生 格 タ 体 合 み 厳 A し に も 大 に に 桜 生 年 上 を 合 ペ は タ し ま 大 験 験 名 受 由 人 検 直 4 1 お の 前 7 回 適 回 学 8 の 化 の 格 も 格 ウ 大 学 合 て 美 し に 保 選 こ 格 レ た 0 ト ト 学 た 者 は 験 は 面 査 前 問 時 内 集 月 性 生 み を 受 モ 率 受 イ 訓 阪 ソ ホ 格 訓 林 た 続 安 択 の 昨 総 2 一 者 航 接 対 合 容 中 末 7 対 5 対 を 実 入 チ が け 化 ン 練 梅 ラ 練 大 き 庁 し 1 ま シ 0 し 生 年 合 名 発 4 大 に ま 策 せ 間 講 を 月 策 月 象 受 施 中 ベ 圧 入 へ グ し 田 シ ム 即 後 学 1 た 名 た % て プ が 4 政 中 合 名 と て で を 下 座 想 1 5 59850-富 け 止 倒 れ ス て 校 ド ペ 入 に 名 S パ は 一 ン で か の 月 策 2 格 中 同 涙 通 受 さ 定 日 全 日村 入 パ と シ 的 て に い が 等 社 ア 在 受 F イ 東 般 は あ ら 成 東 か 名 様 を 過 講 い 4 れ イ に き た あ に ジ と イ 籍 験 A ロ 海 入 る 今 績 海 ら も と 不 3 の し し 回 Reading… A High-Growth of Writing Class in Seattle Flight Academy Seattle Flight Academy to change myself. At year. Furthermore, ANA supportsTop contribution to there, I met some instructors who were ex-captain. Then I learned from them that Tokai University financially providing about 5 million yen for students who are placed top 8 among allall over the world pilots are required lots of responsibility and draws a path to my students. These are my strong motivationRen Takahashi----------------------------------------------------- skills to save passengers. In addition, they said “Being a pilot is much harder than you dream company to go to Tokai University. It seems to me that I have a better chance to work at ANA I have progressed a lot to this day and expect.” So I realized my effort was not Keiichi Takano than other choices. Also, I like airplanesalso I have experienced many difficulties enough neither entering to Tokai University ----------------------------------------------------- which ANA owns, such as 747, 777, 787,since I have started aiming to become a nor becoming a professional pilot. I studied I want to become a professional pilot and so on. In addition, I feel a strongpilot. For instance, I had difficult time to English really hard because it was one of my since I have watched a drama called “Good attraction to the blue color on an airplanepass some exams such as TOEIC, TOEFL, weak points, but now I can communicate Luck.” And I want to fly like Takuya since I have watched the drama. I haveand a license for Aeronautical Radio with confidence by the grace of Seattle Kimura, who is the leading actor of this dreamt of controlling these jet airplanesOperator. In addition, I had to focus on not Flight Academy. On the other hand, they drama, working for ANA. While looking for myself and the latest airplane 787 dreamonly studying but also staying healthy. The also taught me that pilot is challenging job ways to become a pilot, I came to know that liner is the one I really want to control.biggest frustration for me was when I and pilot can contribute to all over the Tokai University has a professional pilot Thus, going to Tokai University is the bestfailed in an entrance exam for Tokai world. These experiences made me realize course. In addition, Tokai University choice for me to achieve my dream.University. At that time, I was mentally that the most important things to become a cooperates with my dream airline company In conclusion, I have a dreamdepressed deeply. However, every time pilot are to have a proper attitude and be “ANA”. I have only one reason why I want that going to Tokai University and workingwhen I ran into a brick wall, I overcame modest. to enter Tokai University. for ANA. I know it is not easy but I believeand these difficulties gave me Thirdly, I have been supported by many I decided to go to Tokai University to it really depends on how much I can makeopportunities to realize how much I want to people such as parents, friends, teachers, become a professional pilot because Tokai an effort. I will become a pilot like Takuyabe a pilot. Then, I aimed to become a pilot instructors and so on. For instance, some University cooperates with ANA. For Kimura and I would like to fly all over thewho can contribute to all over the world teachers made me realize that basic is the example, students from Tokai University world with 787 dreamliner.afresh. most important to improve English, and my have entered ANA around 8 people every Masashi Nakamura First of all, I had many opportunities to parents always care my health. In addition, Second Officertake an airplane when I was a child. It was a lot of friends helped me when I was in Writing Instructorenjoyable and an airplane was immediate depression. They supported me without ---------------------------------- hesitation anytime. I can not thank enough These two essays wereenvironment for me. From that time, I felt written by them. It goesI want to operate an airplane by myself and really. Through my success to enter Tokai without saying that theyI also decided to become a pilot. Several University and to become a pilot, I hope I made a lot of progress inyears later, my older brother has left to can pay back even a tiny part of their the last half year.USA to become a pilot. He made me realize kindness. Practice makes perfect. In conclusion, I understood that my Neither of us is perfectthat anybody has a chance to become a yet, but at least theypilot. These were my first motivation. effort was not enough to enter Tokai made lots of effort to Secondly, I took exam for Tokai University, and I did not have proper improve their English.University two years ago, but I could not attitude to become a pilot. Then I have been Spending time withpass. I was almost like becoming desperate making a more effort after I knew what my them and seeing their week points were. So now I strongly feel I improvement were theat a failure and tried to give up but I didn’t. greatest and joyfulJust because becoming a pilot was got more confidence. That is why, I will do moments. I do hope thateverything for me. So I decided to become a my very best to achieve my dream. I this class was a goodpilot again and I went to promise that I am going to fly into the blue opportunity for them to sky. Good luck. start loving English.
  2. 2. 平成 23 年 10 月 21 日発行 シアトルフライトアカデミー新聞 二 ニ 夏期特訓に耐え航大試験突破88% 〇 一 一 が の ト あ 高 だ A 最 コ 航 神 年 ス大変 言 試 験 八 り の 二 午 月 チ 〇 だ の 学 ト 低 ン 像 限 ピ 大 に 教 育 シ ア 厳 秋 フ厳 た 準 前 に 七 一 か 生 必 合 を ト し 発 ラし ほ 備 午 入 月 ン 一 ら は そ 要 格 実 ル かい ど で 後 後 ス 年 S 皆 れ な タ す 施 フ 行 イ だ あ の て 半 で 夏 F は こ な る し ラ夏 る 英 す か あ A 入 誰 と ど 事 て イ た ト期講 勉 会 ぐ ら る 普 の 学 か が 技 や い ト 夏 第 ア 強 こ 話 あ 九 段 学 の ら 欠 術 自 る ア習 だ ん 実 月 今 か 生 時 も 如 の 社 カ 期 六 カの け な 習 た に 年 ら は 点 愛 し 著 養 S デ 講 号スタ で 厳 な し や の か は 忙 人 会 が け 航 し の で 事 さ て し れ き い 成 パ F ミ A 習 デ く い 社 夏 て 大 い 何 の 安 て 発 イ の で を ミト 合 見 合 1 学 倍 重 全 い 展 ロ 学 は 終に 集 宿 学 宿 ほ 次 生 も 大 運 と 生 え www.sfa.ac 0120(961)747 __________________________相 団 に が ぼ 試 に の さ 航 る ト に 入応 行 参 あ 毎 験 と 努 に が 時 モ で と 学 てし 早 日 が 出 代 ラ ・ 動 加 り 力 朝 勉 九 て を 気 入 時い し 付 来 だ ル 社 て よ ・企 夕 に 強 月 る か や パ た し き す 今 り ・画 イ 事 方 起 漬 十 パ パ ら 道 る 勉と ロ が か 床 け 一 イ 精 高 イ こ 徳 こ 強 徹な な ら し と 日 ロ 神 い ロ そ と と す 底 ト い 夜 て な に 的 目 求 い が る した 精 と 遅 十 行 ト に 標 ト め 目 と た 神 く 分 た わ と 強 を で ら た 的 い パ下 を 多 ま 後 れ 向 い 設 あ れ 人 で う イに 学 く で に た き の 定 る る 間 は こ ロ 小 こ 合 だ パ と続 べ の す な とく た 学 翌 テ と う る S イ し い は ト SFA 夏合宿&JAL会社見学会での1コマ 航空科学博物館にて (2011/8/2 撮影) 生 朝 ス も 最 の F ロ て 精 ト が る の が 一 し と を り 常 し 暗 Readingの 期 一 な が イ 学 ら 本 念 た 1 に 空 学 語 F 問 識 性 集 た 日 の 旬 も い 年 え 持 か ク 数で ト 講 次 ど 芽 ロ 生 夜 番 そ で 名 徹 無 3 と 無 に 一 出 次 S て り 受 の 識 か い + A 中 航 も だ 同 た 前 航 て ち ら ル 字は 人 習 試 を 勉 生 ら 9 が の は 今 を 底 線 泊 し 事 違 名 て 試 F よ わ 験 出 ニ 物 時 で そ 時 の で 大 の S 航 じ 空 話 寝 で 航 前? 生 を 験 経 強 え ト は 時 ス 後 あ ま 除 す 通 4 て 3 い も し 験 A か け し 題 気 た 理 事 の し 事 3 き 一 の F 試 大 だ そ 誰 大 す そ る は こ 大 代と 全 乗 の て た を 学 ま タ 2 る で き る 信 日 巣 次 な き ま を か 総 て と 象 が に 問 実 て 問 科 る 次 A 験 一 れ も 学 の 間 な れ 1 航未大 般 り 好 よ が 立 試 い 突 ら た 合 い な 一 ス 関 気 題 施 数 題 目 よ 試 夏 の 実 次 た は が 校 結 を い は 次き 精 う 目 生 で 日 合 ほ い 士 の つ 験 と と た 破 8 と 適 た 物 文 が し 象 + 科 学 う 験 休 学 施 試 学 今 仙 果 惜 決 試 大聞 に 越 成 大 指 寮 ト 間 格 ぼ つ 直 夏く 神 だ の ど 合 事 を 期 こ の し 名 の 性 学 た 理 は 多 て 理 目 が が 総 に は み 生 日 験 状 生 年 台 だ し 受 し 験 1の 少 え 績 き 強 す で 必 し 率 全 も 前期 し た に く 化 者 集 死 た 休 の 1 員 通 集 宿 を 突 待 の は て が 声 に 生 の 予 か は 総 科 は 1 5 合 体 の の は の 況 だ の 分 と ん 験 て 突 次好待 ず こ 限 成 同 団 の み 学 0 り 中 を 祈 破 し 試 大 い 受 が 関 は で 数 想 合 + 0 問 英 制 日 多 夏 日 が け 航 校 S で 生 S 破し つ と ら 長 士 生 努 早 が 生 0 が の 講 終 し て 練 変 る 験 多 し と 学 通 た 地 適 社 時 問 は 語 を 程 く 休 程 変 で 大 が F 机 の F 8 成て 結 が ず し 厳 の 活 力 い あ も % 無 短 座 え て い を 残 く て て S に り 今 震 性 会 事 と 気 2 整 を が み が わ は 入 津 A に 努 A 8 8績い 果 た し 仲 を を 時 り 満 だ 線 期 て い 立 る 乗 念 1 そ 聞 は も F つ で 年 で を 英 な 象 5 え 調 明 突 な 学 波 教 向 力 が % 8る と 彼 こ 学 い 間 実 し は 足 工 決 無 翌 る 派 り に 名 の こ S 喜 A い あ は 原 あ 同 語 1 問 総 た 整 当 け 如 た く 試 で 官 か の 起 と し ら の 生 集 意 施 た 朝 夏 し た 学 戦 線 日 な そ 越 思 の う え F ん で て 発 る 時 て 問 中 合 し 初 の 発 の S 験 被 は 賜 こ い %富 て の 厳 達 団 識 7 期 て だ に だ 工 か パ し え う 不 ち た A で 航 は た 予 問 学 英 い こ 九 表 が F を 災 口 た 物 し う 突村 表 パ し 生 や 同 遠 時 講 い け 合 学 ら イ て て が 合 7 で い 大 想 想 題 英 習 語 る 物 一 総 勉 そ 月 さ 7 A 諦 し を そ た 驚 破 た 富 れ イ い 航 活 友 じ 方 半 習 に 格 た の は 村 ロ 7 く 格 名 受 た 模 定 一 が な 語 + 理 般 合 強 慌 十 れ 月 教 め た そ の 普 ミ 異 る ロ 夏 大 情 パ の か の 残 し が み 航 名 れ そ 者 が 講 試 通 般 難 ど の 数 国 S 9 常 適 に て 一 た 上 官 て 半 ろ 気 段 ラ の 今 の 至 る 目 と ん る か な 具 一 意 つ ま で す 現 整 ズ か を コ し 元 見 を ら 書 人 英 の 禁 生 行 物 の 目 < < 十 一 S 後 お ら と 指 し 十 中 ★ な と し い 体 人 こ 欲 か し あ る 役 備 セ 四 目 た 学 三 作 情 館 一 語 最 止 達 う 館 習 標 八 予 一 月 F と 役 な い す て 月 村 最 い か 的 一 の に は た り 機 キ 工 ン 日 た に ク 工 日 り 報 に 人 プ 大 で と に 得 は 月 2 も に い う 人 働 七 将 定 適 航 月 航 二 A よ 日 志 高 う そ と 且 人 四 か こ 会 場 タ 目 と 焼 ピ 特 場 整 目 上 を あ 自 レ の 英 又 い て で 英 二 0 詳 空 ・ ・ 空 十 立 点 事 間 く の 思 れ 思 つ が 日 ら こ ま 素 を プ を は 思 き に 内 備 は げ 探 る 分 ゼ イ 語 教 う 見 し 語 日 セ1 性 今 ろ て 多 で と こ 付 S た 晴 設 テ 細 検 大 二 全 無 無 一 S い ぞ い 現 パ 間 れ で 見 羽 い 付 ト 皆 を 士 成 ま す 本 の ン ベ の 官 も 学 た 力 か カ 後 ン1 し る 々 身 し と で F 稼 ら け ン は 査 学 月 6 線 線 日 く 正 A F を れ ま 実 イ で ま 訓 学 テ 田 ま け を が く で 田 し な や 興 テ ン み 方 の を の ら 電 対 校 頃 日 工 通 の よ あ も て に A 再 が す 的 ロ 得 し 練 働 し て で す ク に す 前 一 ま あ に た ど パ 味 ト で と し 初 向 五 ド年 お う る 心 最 な 社 セ し い 頂 あ > > 話 策 間 学 信 予 願 員 カ 夏 認 努 に た た を る ニ 移 決 に 様 な る あ し ソ の シ は 会 合 成 日 上 日 オ夏 東 士 日 と も 高 り 合 様 て 時 い る フ に ・ 中 識 力 こ 持 ト す 事 カ り 意 し に く 大 る て コ あ 二 話 流 田 使 と そ ま て 面 海 計 心 直 定 い 々 思 引 の ま ン セ ド 宿 す を こ つ に 々 る い 間 た 河 が ル を た 興 見 森 J 一 ン る ン 日 を し 空 用 二 し で 4 し 努 い き 環 し る を 事 原 英 お 接 桜 の 前 ま カ オ で る し で 事 な な ん 出 セ J 新 時 奮 学 さ A 人 飛 目 し た 港 言 日 て 行 サ 8 力 ま 締 境 た F 過 は 木 問 試 美 時 内 集 す し す ま で ン フ し 事 て の が る 経 だ F 来 ン A た で し す ん L 一 ま 行 そ に ま 後 の 語 目 エ わ 語 合 験 林 容 中 た 必 経 出 と 験 せ 対 間 講 て が る 働 パ ド が S ご と さ ま タ L に す た る に の 人 た 機 の あ し は ロ は は ア れ 中漬 自 オ サ 出 ず 験 来 い を と を す て ん し ア し の 事 よ 整 真 携 を 準 る た 日 ビ 英 航 マ た 下 策 座 参 思 か イ 村け 59850- 社 フ 来 夢 を た う 通 い 見 事 も と た た そ は が る 備 剣 帯 選 備 英 本 語 空 ン 合 さ り み い せ ロ を 先 の 目 い 養 ま な で て 就 た し う て が 有 お そ カ 人 の 本 出 引 工 に 電 び の 語 こ 語 に の 科 シ 宿 将 成 サ 任 叶 に で 標 て 強 出 意 話 特 し イ も 風 物 来 率 場 文 話 為 で こ 一 て み 学 で す さ す 頂 ト そ え 活 は を い い 来 義 を に て ブ 多 景 の ま の を 章 か 図 一 の で 切 学 で 博 プ の 志 ん け を み う 空 か め 山 き す を の に 走 道 る ろ 落 動 い た き が 窯 肌 さ た 黄 小 焼 地 に の て く 所 で か 春 に け 一 け 五 キ な の --- 見 に か 感 脇 駆 傾 る は す 社 ち く な 再 目 だ を 遠 に 絵 色 さ き 信 た よ 騒 足 美 参 里 以 離 な ・ 励 出 人 は 十 な が ” 下 上 汗 降 な じ き け き ミ 行 西 と の 葉 も い 半 び に ろ 這 く 紅 の は な 物 楽 青 い ぐ を し 道 山 で さ 四 秋 む し 前 そ の ん 信 ら 今 で 一 げ ば り と 花 さ を 降 か ニ き は 裏 の 社 ば た 登 浮 う う に 葉 具 街 の 楽プ --- 春 風 葉 休 い を の も な 季 の う の こ 声 と は 今 直 る む 注 良 の せ 通 り け チ 交 京 山 手 風 と の 朽 と り か よ 目 の の 針 だ 里 の に 擦 め 染 麓 あ い の 恒 ち 心 そ を か テ 少 も い こ 便ン あ 線 空 肌 い 天 香 る り る た う へ の に と い 境 ち ろ 坂 ぶ 追 う を 盛 よ 葉 ’ 記 吹 れ て 陽 め か る 移 例 1 境 と こ 聴 の し う の に に に で 気 り よ 過 陽 ア 車 と 端 せ 遊 え 内 か に い に 向 り う 樹 真 と 昔 憶 か の 耳 だ 抜 ら 私 ろ 行 5 で 言 長 い 手 りリ だ 秋 で 人 東 飛 ひ 紅 に が う ぎ 二 光 カ も 続 を り ぶ ば に け 歩 炊 一 け を の 紅 し は レ --- 社 が れ 音 を ま く 山 の い 事 年 あ わ い た 習 プ け は へ 行 ん 葉 緑 に て ’ 遠 ” な た に る 次 を の く 縫 出 小 歩 た が を き 条 れ 迎 よ れ 澄 り 紅 頂 足 は と る れ 頃 い ロ 何 と 機 や に る だ 線 と 大 背 の ん 信 う し 鳥 風 を 鳥 進 に の ば え そ の 燃 親 忍 み ば 小 ま に 葉 の 主 が な 信 る 世 で ロ 連 回 懐 を 延 雲 り さ よ 香 戦 に よ び 楽 よ た た に 進 居 視 め 汗 煙 て う キ え し の が 鳥 せ な が 社 席 自 訪 楽 作 が の あ で 載 --- り か 想 び と ら の 弔 戦 浴 う り 道 う 岩 ち 舞 め を 界 最 を が 幾 い 信 る ま 里 え 遥 の ば 澄 へ 教 然 れ た 詣 家 中 始 グ し し て 東 風 な 残 て 煙 う 没 び に ン も れ ’ か さ た め る る 官 で の --- と に に う る く 後 流 み 重 楽 た ん と に る 私 第 て い ゆ て く 京 が る 照 い に 人 者 て ま 昼 道 登 色 ぐ 飛 の す え に の の バ み て そ 遠 え 木 草 だ 信 人 そ も は 何 か た 四下 帰 歌 い 行 心 色 が た 混 の の 下 る 下 が り と 視 び 石 陶 る も だ 里 ス じ い し く ず 立 叢 青 く 浜 楽 の こ は と い 事 ら 陶に ろ を る そ き 地 を 優 じ ぬ 記 り で が 光 麓 り 界 て 込 段 芸 重 山 に や る て に り を に 空 ね 本 へ 心 に い で ま も 芸 弾 う 口 だ 十 経 で ! ---続 の の だ よ 添 し 明 く 念 は 箱 り を ど の 人 ん を 家 ど な は 散 銀 山 今 過 渡 に 真 と を あ つ 修く か ず だ 先 ろ い え く 日 て も 墓 一 庭 の て 見 り 中 一 で 登 の こ る 今 ら 杏 間 は ぎ る 登 映 て 行 向 掴 る し 行 に 年 験 あ な さ ろ の う 始 里 も か り 地 気 を 古 走 下 の に 人 り 姿 の 山 ま し の の ’ 去 心 風 り え 続 く ん 静 か 駆 で だ る き く も え か 教 年 め 六 ン ア る を 礎 B727 DC-8 静 と 季 ぞ 不 も は く 時 南 さ 瞬 れ 者 将 い を れ と ら る 緩 だ 温 て ト ら 官 シ を 十 操 ン 経 訓 航 か 時 折 ろ 動 か 代 に わ 時 は が 来 る 見 る そ 二 い 信 さ か い の 学 と ア 迎 多 歳 縦 カ 一 て 練 空 浜 な は 々 歩 の 紫 焼 ら に 山 信 し が ま 一 の 里 せ 陶 の 手 東 カ 楽 る く る 真 生 し ト え 数 定 教 レ 時 所 大 本 街 流 に き も 香 き 良 発 を 楽 い 止 わ 心 作 山 る 芸 先 に は を DC-8 B747 B747-400 の 見 髄 の て ル る の 年 官 期 学 2 で れ 異 を の 楽 物 質 祥 1 風 ま り に 家 の が 市 は 分 鈴 ブ 貫 で 守 一 と 相 フ 後 嘱 な ジ は 当 校 真 0 も な す に 焼 が の し つ 甲 情 の 轆 麓 は 京 か 鹿 を く 副 て 賀 を 学 り 人 も 談 訓 ラ 総 輩 託 ど 経 米 時 操 を 行 1 あ い る れ し 大 粘 た 越 で た 景 轤 目 に 普 各 都 れ か 繰 街 生 一 言 ま 練 イ 飛 を に 由 国 は 卒 1 る 表 ば つ の 陸 土 忍 え の あ 色 引 散 段 地 へ 一 ら り 道 エ 縦 る 里 よ 指 か 時 人 え で ・ ト 行 育 て 機 便 ア 仙 士 業 は 情 誰 つ 名 か を 者 た る に き 在 は か と 方 伊 返 は ピ --- と う し ら に の る 担 学 ア 時 て 長 を ン 台 を 後 ま 秋 を で 今 で ら 産 の 伊 見 に す の ら 向 は 勢 左 ロ な て の 厳 個 エ 当 科 カ 間 た 特 養 運 カ 空 経 も 信 見 も 日 知 伝 出 故 賀 も 事 取 る ん 集 か 奈 へ し 右 --- 呼 い 人 し 性 ア す カ デ 後 別 成 航 レ 港 験 日 と 信 楽 せ 詩 に ら 来 し 郷 の に り 工 び ま う 良 抜 な を グ 22,642 運 ば る 気 く を マ る リ ミ し し 本 楽 は な 人 至 れ し て で 里 静 と 組 の 房 り る け が 里 も 大 ン ほ キ 六 航 に て ジ フ 航 ま に そ が に た き も と れ か け ん の と 人 年 右 ら 山 も る だ 絶 的 切 シ か で 時 十 乗 い に 機 ラ 運 空 さ て ん ら な て そ 時 た あ と な 込 で ろ ひ 時 々 に 手 西 東 に 大 確 に ラ は 間 三 務 携 た 駐 長 イ 航 に ゆ な ゆ れ い の 代 こ も こ 秋 ん い と が で 数 に は 西 囲 わ の う ! に プ パ ム 歳 員 在 を ト 乗 入 き 美 る る 地 に の た に に で た つ 流 賑 回 折 途 に ま --- 指 い を イ 監 主 で を ラ し 勤 教 員 社 し た 位 早 地 戦 地 は で れ わ 開 れ 中 延 れ 導 つ 教 ロ 修 席 定 勤 た イ は め 官 基 い り 四 そ を く 方 古 国 ふ 一 そ 若 て い か る か び て
  3. 3. 平成 23 年 10 月 21 日発行 シアトルフライトアカデミー新聞 二 ニ 特集! 写真で見る SFA夏合宿 2011 〇 一 一 年 ス 秋 フ 発 ラ 行 イ ト 第 ア 六 カ 号 デ 別 ミ 紙 www.sfa.ac 0120(961)747 __________________________From 集合写真 JAL 成田整備工場にて By Ren.T ^^;

×