Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Bot Framework 最新情報 2018

1,144 views

Published on

Build 2018 での Bot Framework 関連のアップデート情報

Cogbot勉強会!#14 (2018年5月30日(水) 開催) セッション資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Bot Framework 最新情報 2018

  1. 1. Cogbot勉強会!#14 2018年5月30日 瀬尾佳隆 (@seosoft) Microsoft MVP for Windows Dev Bot Framework 最新情報 2018
  2. 2. 自己紹介 ◼瀬尾佳隆 (せおよしたか) • MVP for Windows Development • https://yseosoft.wordpress.com/ • 乃木坂46 / 欅坂46 と、仏像 / 屏風絵が好き ◼最近のお仕事は “AI” っぽいもの だったり、そうじゃなかったり・・・ 2
  3. 3. Cognitive Services と Bot Service で作る業務アプリケーション 自習書を書きました http://download.microsoft.com/download/9/7/8/ 978ED1D1-A670-47A7-B478- 5C0FEC542204/Hands-on-12- CognitiveServices_and_BotService_for_InternalA pp.pdf v3 の内容なんですが・・・ 3
  4. 4. Conversational AI tools https://blog.botframework.com/2018/05/07/microsoft- conversational-ai-tools-enable-developers-to-build-connect-and- manage-intelligent-bots/ 4
  5. 5. Conversational AI tools ◼Bot Builder SDK (v4 preview) ◼Bot Framework Emulator v4 (v4 preview) ◼Bot Builder tools ◼Bot Builder Dispatch ◼OAuth 対応 (Bot Service) ◼Language Understanding ◼QnAMaker ◼Project Conversation Learner 5
  6. 6. 今日のポイント ◼Bot Builder SDK (v4 preview) ◼Bot Framework Emulator v4 (v4 preview) ◼Bot Builder tools ◼Bot Builder Dispatch ◼OAuth 対応 (Bot Service) ◼Language Understanding ◼QnAMaker ◼Project Conversation Learner 6
  7. 7. Bot Builder SDK v4 ◼.NET Core ベースに変更 ◼API が v3 とは全く別物 • Bot の考え方は変わらないので、 これまでの知識が 無駄になるわけではない • 製品開発には、もうしばらく v3 をどうぞ 7
  8. 8. Project Template あります https://marketplace.visualstudio.com/items? itemName=BotBuilder.botbuilderv4 8
  9. 9. 期間限定の注意点 AspNetCore.All は v2.0.8 を指定 V2.1.0 はダメ! (更新日 5月30日・・・) 9
  10. 10. .bot ファイル ◼あとで使います・・・ 10
  11. 11. Startup.cs ◼ConfigureServices メソッドがポイント • Bot クラスと State クラスを指定するのが、ここ 11
  12. 12. Conversation State ◼v3 の UserData • 型付きのプロパティを持てるようになった • Dictionary<string, object> を継承することをお勧め 12
  13. 13. IBot 13 ◼メッセージ処理が IDialog ではなくなった • OnTurn メソッドで処理を受ける • UserDataは、型付きの ConversationState に • SendActivity メソッドでメッセージ送信
  14. 14. DialogSet ◼v3 の Form の代替 14
  15. 15. .bot ファイルの正体 ◼Emulator の設定ファイル • ダブルクリックで Emulator が開く 15
  16. 16. Bot Framework Emulator v4 ◼単なるテスト用クライアントではなくなった 16
  17. 17. 少し脱線)会話の設計 ◼v4 では会話の設計をテキストファイルで行えます • 従来は Excel とか使ってましたよね? 17
  18. 18. Chatdown ツール ◼テキストの会話ファイルを変換 • npm i -g chatdown でインストール • chatdown [会話ファイル] >[.transcript ファイル] 18
  19. 19. transcript ファイル ◼ダブルクリックすると Emulator 起動 • 設計の意図を、実装に正確に伝えやすい 19
  20. 20. Bot のテストで バグ発見! ◼[Save Transcript As] で会話履歴を保存 • バグの証跡としてチームで共有 20
  21. 21. 他にいくつかザックリと紹介 ◼Bot Builder tools ◼Bot Builder Dispatch ◼Bot Service で OAuth 対応 ◼Project Conversation Learner 21
  22. 22. Bot Builder tools https://github.com/Microsoft/botbuilder-tools 22
  23. 23. Bot Builder Dispatch ◼複数の機能を持つ Bot が開発しやすくなる • 各コンポーネントにユーザーメッセージをまとめて送信 • もっともスコアが高い結果をユーザーに返す • 今までは Chain を使ってゴリゴリやっていたはず https://github.com/Microsoft/botbuilder- tools/tree/master/Dispatch 23
  24. 24. OAuth 対応 ◼認証機能が SDK に 取り込まれた ◼業務アプリとして 使いやすくなった 24
  25. 25. Project Conversation Learner ◼チャットクライアントで 会話しながら LUIS を賢くしていける • 現時点では、招待メールを 待つしかない • 私はまだ 招待されていません・・・ 25
  26. 26. まとめ・・・そろそろ Bot をやってみていい頃 ◼Bot Builder SDK は v3 とは全く別物 ◼Emulator の機能強化 がうれしい ◼“サンプルレベルを超える Bot” が作りやすくなった • Chain から Dispatch へ • 認証機能が取り込まれた 26

×