SMF を用いた vyatta 構成管理システムの開発Twitter: @kaishuu0123, @rev4t                                All Rights reserved Copyright (C) ...
自己紹介• 大谷津 昂季 ( @kaishuu0123 )• 株式会社インターネットイニシアティブ• お仕事 (keyword) SEIL, SMF, NetBSD, IPv6, BGP, SEIL/x86,  KVM, NTP,      ...
vyatta の集中管理どうやって実現していますか?         All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
vyatta の管理方法1. Vyatta Remote Access API を使う SE Edition( 有料 ) Only2. システム管理ツールを使う Capistrano, Chef etc …3. SMF を使う 今日のお話   ...
SMF って何をするものなの       ?        All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
SMF について機器の自動接続と一元管理の仕組みを提供するフレームワーク                                                                    1 )起動すると、機器は必ず LS ...
SMF について機器にライブラリ (libarms) を組み込むことで集中管理を 実現                                                                           X   ...
SACM     Service Adaptor Control Manager• SMF の仕組みを使ったマネージメントサービス• できること – CPU/ メモリ使用率 , トラフィックグラフ – 設定管理   • 設定一括反映   • テ...
running SMF on vyattaやっと本題• vyatta に SMF を組み込んでみました – libarms + armsd※ 1• 嬉しいこと – vyatta の複数台管理が楽 – vyatta 側のアドレス変更があっても R...
コンポーネント               ここで機器依存の実装をするarmsd script   - 各機種の設定の変更 for vyatta    - 値の取得 etc…               イベントに応じてスクリプトを実行  ar...
Demonstration 構成   DC                                                   会場                                         X      ...
Demonstration          All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
お知らせ• SMF 開発者向けサイト  http://dev.smf.jp/• libarms, armsd  http://dev.smf.jp/libarms  RPM, deb パッケージ提供予定• SEIL ステッカー配布します ...
資料• SACM スクリーンショット – http://www.smf.jp/product-service/sacm.html                             All Rights reserved Copyright...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

SMFを用いたVyatta構成管理システムの開発

1,985 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,985
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
35
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

SMFを用いたVyatta構成管理システムの開発

  1. 1. SMF を用いた vyatta 構成管理システムの開発Twitter: @kaishuu0123, @rev4t All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  2. 2. 自己紹介• 大谷津 昂季 ( @kaishuu0123 )• 株式会社インターネットイニシアティブ• お仕事 (keyword) SEIL, SMF, NetBSD, IPv6, BGP, SEIL/x86, KVM, NTP, All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  3. 3. vyatta の集中管理どうやって実現していますか? All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  4. 4. vyatta の管理方法1. Vyatta Remote Access API を使う SE Edition( 有料 ) Only2. システム管理ツールを使う Capistrano, Chef etc …3. SMF を使う 今日のお話 All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  5. 5. SMF って何をするものなの ? All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  6. 6. SMF について機器の自動接続と一元管理の仕組みを提供するフレームワーク 1 )起動すると、機器は必ず LS に接続す X User Interface る 2 ) LS から RS を紹介してもらう Location Server Resource Server 3 )機器は RS へ接続する 2 4 5 4 )機器は RS に置いてある設定を取得す Operator The Internet or る End User 3 1 5 ) RS から機器の管理ができるようになService Adaptor Non Non Non る All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  7. 7. SMF について機器にライブラリ (libarms) を組み込むことで集中管理を 実現 X Distribution-ID LS-SA Key User Certification Interface ARMS プロトコル Distribution-ID Pull Push HB RS-SA Key Certification Heartbeat Libarms Initial-config Distribution-ID LS-SA Key,RS-SA Key SA Service-config Certification All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  8. 8. SACM Service Adaptor Control Manager• SMF の仕組みを使ったマネージメントサービス• できること – CPU/ メモリ使用率 , トラフィックグラフ – 設定管理 • 設定一括反映 • テンプレートコンフィグ機能 – 機器監視 • 機器の Up, Down を指定したメールへ通知などなど… All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  9. 9. running SMF on vyattaやっと本題• vyatta に SMF を組み込んでみました – libarms + armsd※ 1• 嬉しいこと – vyatta の複数台管理が楽 – vyatta 側のアドレス変更があっても RS に自 動接続される – 複数台のグラフが見られて楽しい ※1 libarms を利用するデーモン All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  10. 10. コンポーネント ここで機器依存の実装をするarmsd script - 各機種の設定の変更 for vyatta - 値の取得 etc… イベントに応じてスクリプトを実行 armsd - イベントは libarms から通知 - 初期接続のセットアップ LS, RS とのネゴシエーション libarms SSL トンネルの管理 Vyatta core 6.2 All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  11. 11. Demonstration 構成 DC 会場 X User Interface Operator Location Server Resource Server 2 4 5 The Internet 3 1コンテナ DC Non All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  12. 12. Demonstration All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  13. 13. お知らせ• SMF 開発者向けサイト http://dev.smf.jp/• libarms, armsd http://dev.smf.jp/libarms RPM, deb パッケージ提供予定• SEIL ステッカー配布します All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ
  14. 14. 資料• SACM スクリーンショット – http://www.smf.jp/product-service/sacm.html All Rights reserved Copyright (C) 2012, IIJ

×