Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
お前なんか
ハッカーじゃない
╭( ・ㅂ・)‫و‬ ̑̑
timakin/@timadayon
よろ :)
名前:高橋誠二
学歴:慶應経済4年
twitter: @timadayon
github: timakin
はてなブログ: timakin.log
居場所:Translimit, Inc.
のおっさんのせいで
@timakinが取れないため
@timadayonに
落ち着いている。
本垢はだいたい
timakinです。よろ:D
Twitter
のおっさんのせいで
@timakinが取れないため
@timadayonに
落ち着いている。
本垢はだいたい
timakinです。よろ:D
Twitter
経歴
小学3年生
ロックマンにはまったり、
初めてオフ会に参加したりして、
インターネットの可能性を実感する
小学5年生
ビルダーで作ったポケモンの
HPにお絵描き掲示板置いたら
何枚か絵が投稿されて、
インターネットの可能性を実感する
中学生
メイプルストーリーに青春を奪われる。
ジョブはプリースト。可能性を実感。
高校生
なんもしてない
同人ゲーム(うみねこ)
の考察スレに張り付いて
人生無駄にした。
大学生
1年の終わり∼
プログラミングを始めて、
右往左往しながら7社くらいで
インターン(させていただく)。
社会人(来月4月∼)
でなで働く :)
今日のテーマ
すっごいエモそう
僕もエモいテーマで
いきます╭( ・ㅂ・)‫و‬ ̑̑
お前なんか
ハッカー
じゃない
最近エンジニア
教育サービス
がやったら盛んだし
自分のエンジニアとしての
あり方を意識する。
つらい思い出
の蓋を
開けてみよう
プログラミングを
はじめたきっかけ
事始めは3年前
割と意識高い(笑)
サークルにいた。
ロジカルシンキング()
な議論って、実際何かを
世のなかに提供してる?
もう(机上で)
あらそうのは
やめよう…
意識の高さとかじゃなく
ものを作るという
結果で示そうや
という意識が芽生える。
ちょうどこの時期
友達 said
ん∼∼Haskellいい感じ
ブラッディマンディ
おもろい
プログラミングやったら
文系理系制覇っぽくて
いい感じや。
ものも作れるしな。
まずは
わからない
*ポインタ
による洗礼
え?猫でもわかるのに
お前わからないの?
と言わんばかりの空気
その後右往左往
PHPをちょっとやる。
ドットインストールも
HTMLとCSSだけ
始まった時期なので
試しにやってみた。
3ヶ月後
運良く初めてのインターン
PHP, Objective-C
わからない
質問しても
わからない
事例1
初心者ぼく
「あの…なぜかこの処理が動かないです…」
Boss
「それはクラスのインスタンスを作ってないからかな」
初心者ぼく
「なんかよくわからないけど調べてやってみます!」
3時間後ぼく
「わからない」
事例2
初心者ぼく
「iOSのカメラ機能のサンプルコードが動きません!」
Boss
「あープロパティのメモリをallocしてないからだね」
初心者ぼく
「なんかよくわからないけど調べてやってみます!」
5時間後ぼく
「わからない」
わからない
普通に働いている
エンジニアからしたら
当たり前のことが
わからない場面に
現場で遭遇
その度に、エンジニアの世界全体から
「お前なんかハッカーじゃない」
と、そう言われている気がした。
「エンジニア辛すぎ、絶対職にしないわ」
と、心から思った。
でも途中で諦めるのも
もったいないので、惰性で続けた。
Rubyがなんかいい言語だなと思った。
なぜなら、使ってる人が
優しそうだったから。
そんなこんなで
あるとき
Breakthrough
ちょうどこの時期
統計の授業を取ってた。
各計算式を統計クラスにまとめた
すごく簡単なコードを書いた。
その時初めてオブジェクト指向
なんたるかを意識して
プログラミングできた。
家への帰路で
跳ねながら帰るほど
嬉かった
でもやっぱり
うまい話は長く続かず
事例3
フレームワークを触りだして、
チュートリアルを終えたはいいものの、
その後全く手がつけられない。
ツイッターアプリから
先への道が全くわからない。
でも周りではすごいアプリが
バンバン登場している。
わからない
頭をよぎる
「お前なんかハッカーじゃない」
その後、職場でもあまり
技術的な貢献ができず、
悪い意味で右往左往。
就活では金融メイン。
エンジニアにはならない
絶対になれない
なぜなら
「お前なんかハッカーじゃない」
そう言われてる
気がするから
そんな中
9ヶ月ほどある会社で
お世話になる。
研修後いきなりの本番環境
(大規模)アサイン
全くわからないため、
周りに聞かざるを得ない。
JS2行しか
かいてない初コミット。
でもメンターは
嫌な顔せず既存のロジック
を説明してくれる。
定義元を見直すという
コードリーディングの習慣がつく。
それにより新しい資源や
技術への抵抗が消え去る。
初日ぼく
「読むの時間かかって
 JS2行しかかいてないや…」
Boss
「ええんやで」
6ヶ月後Boss
「社員が二人死んだリファクタやってね」
6ヶ月後ぼく
「よめる:D」
「このわけのわからん構造を
 銀河系デザインパターンと呼ぼう:D」
抽象クラスに具体的な処理が書いてある。
一つの機能を実装するのに
クラスが14個絡んでる。
Decoratorとしてクラスが6個ほど絡む。
さらにそれらのクラスが互いに継承しあって
使われてないクラスもあって
あああああああああああああああああ...
わからなかったら
周りに聞いていいんだ
聞いた方が早く進むんだ
ここまで考えたらググらずに
聞くべきなんだ、という
エモい収穫がいっぱい得られた
その結果
指が動く
かけるでー:D
CLIツール
GunosyライクにQiitaの記事の
パーソナライズドレコメンドの
結果を出力する
・機械学習プロダクト開発
・卒論用にgem作成
・個人でアプリ運用できたー
・最近はReact + Node
・ポインタに対するなるほど感
・やっぱエンジニアになる決断
大変なことはあるけど
なんとか地に足ついて
できるようになった。
「お前なんかハッカーじゃない」
やればできる感
はどこから来たのか?
ブレイクスルーの積み重ね
アホいこと聞いても
なんでも答えてくれる感
のある職場と、
もはやググるより早く聞く勇気
個人で幾つか運用してみて
0から1の開発方法を学ぶ
個人じゃ触れない
大規模開発で、全体の
ロジックを意識しながら
開発する経験
コードを「読む」
重要性を体感して、
それを習慣化する
きっとハッカーに
なれるんじゃないか精神
最後に
若者へ。
コードを読んで行って、
フレームワークの欠点に
気づくまで深掘りするのを
避けず、低レイヤーの
パフォーマンスを意識した
開発とか、設計面が堅牢かとか、
そういう他人に気を払った話をしよう
特にWeb畑で育つと、
どうしてもC++とかそこらへんの
言語を触らずに生きていける
ケースもあるので、積極的に
サイドプロジェクトや理論の勉強で
使ってみよう。(反省)
おじさん(予定)へ。
メモリリークとかインスタンスの
初期化の必要性とか、
型による具体的な不具合とか
関数の副作用の話とか、
レイテンシの改善方法とか、
実際に壁にぶつかるまで
若手(弱小)はわからない。
そもそもポインタによる
メモリ節約の話とか、
実感持てず逃げる人すら
多い。ちょっとだけ多めにみて
丁寧に説明してほしい。
エンジニアの世界は、
(不要な)壁がでかすぎる。
なぜ壁がでかい?
どういう壁?
理解しやすいように
全部ブラックボックス化して、
レールに載せるのも良くないと思う。
そこを逃げずに理解するのは
大事だと思う。
原因は説明の仕方にあるんじゃ?
何かを説明するとき、
∼∼は、
∼∼という流れだから、
∼∼なエラーがでる。
という感じで説明するのが
普通なのですが…
∼∼は、
∼∼というロジックだから、
∼∼なエラーがでる。
ここを省略すると急にわからなくなる
なぜエラーが出るのかという背景を
素直に調べる習慣を、若輩者に
つけさせるにはどうしたらいいのか、
教育の一環で考えてほしい。
まとめ
若手 => 勉強 :D
おじさん => 若い気持ちを忘れず寄り添おう :D
俺はきっとハッカーに
なれると信じて。
timakin
╭( ・ㅂ・)‫و‬ ̑̑
お前なんかハッカーじゃない╭( ・ㅂ・)و ̑̑
お前なんかハッカーじゃない╭( ・ㅂ・)و ̑̑
お前なんかハッカーじゃない╭( ・ㅂ・)و ̑̑
お前なんかハッカーじゃない╭( ・ㅂ・)و ̑̑
お前なんかハッカーじゃない╭( ・ㅂ・)و ̑̑
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

お前なんかハッカーじゃない╭( ・ㅂ・)و ̑̑

37,405 views

Published on

第9回若手webの発表資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

お前なんかハッカーじゃない╭( ・ㅂ・)و ̑̑

  1. 1. お前なんか ハッカーじゃない ╭( ・ㅂ・)‫و‬ ̑̑ timakin/@timadayon
  2. 2. よろ :)
  3. 3. 名前:高橋誠二 学歴:慶應経済4年 twitter: @timadayon github: timakin はてなブログ: timakin.log 居場所:Translimit, Inc.
  4. 4. のおっさんのせいで @timakinが取れないため @timadayonに 落ち着いている。 本垢はだいたい timakinです。よろ:D Twitter
  5. 5. のおっさんのせいで @timakinが取れないため @timadayonに 落ち着いている。 本垢はだいたい timakinです。よろ:D Twitter
  6. 6. 経歴
  7. 7. 小学3年生 ロックマンにはまったり、 初めてオフ会に参加したりして、 インターネットの可能性を実感する
  8. 8. 小学5年生 ビルダーで作ったポケモンの HPにお絵描き掲示板置いたら 何枚か絵が投稿されて、 インターネットの可能性を実感する
  9. 9. 中学生 メイプルストーリーに青春を奪われる。 ジョブはプリースト。可能性を実感。
  10. 10. 高校生 なんもしてない 同人ゲーム(うみねこ) の考察スレに張り付いて 人生無駄にした。
  11. 11. 大学生 1年の終わり∼ プログラミングを始めて、 右往左往しながら7社くらいで インターン(させていただく)。
  12. 12. 社会人(来月4月∼) でなで働く :)
  13. 13. 今日のテーマ
  14. 14. すっごいエモそう
  15. 15. 僕もエモいテーマで いきます╭( ・ㅂ・)‫و‬ ̑̑
  16. 16. お前なんか ハッカー じゃない
  17. 17. 最近エンジニア 教育サービス がやったら盛んだし
  18. 18. 自分のエンジニアとしての あり方を意識する。
  19. 19. つらい思い出 の蓋を 開けてみよう
  20. 20. プログラミングを はじめたきっかけ
  21. 21. 事始めは3年前
  22. 22. 割と意識高い(笑) サークルにいた。
  23. 23. ロジカルシンキング() な議論って、実際何かを 世のなかに提供してる?
  24. 24. もう(机上で) あらそうのは やめよう…
  25. 25. 意識の高さとかじゃなく ものを作るという 結果で示そうや という意識が芽生える。
  26. 26. ちょうどこの時期
  27. 27. 友達 said ん∼∼Haskellいい感じ
  28. 28. ブラッディマンディ おもろい
  29. 29. プログラミングやったら 文系理系制覇っぽくて いい感じや。 ものも作れるしな。
  30. 30. まずは
  31. 31. わからない
  32. 32. *ポインタ による洗礼
  33. 33. え?猫でもわかるのに お前わからないの? と言わんばかりの空気
  34. 34. その後右往左往 PHPをちょっとやる。 ドットインストールも HTMLとCSSだけ 始まった時期なので 試しにやってみた。
  35. 35. 3ヶ月後
  36. 36. 運良く初めてのインターン
  37. 37. PHP, Objective-C
  38. 38. わからない
  39. 39. 質問しても
  40. 40. わからない
  41. 41. 事例1
  42. 42. 初心者ぼく 「あの…なぜかこの処理が動かないです…」 Boss 「それはクラスのインスタンスを作ってないからかな」 初心者ぼく 「なんかよくわからないけど調べてやってみます!」 3時間後ぼく 「わからない」
  43. 43. 事例2
  44. 44. 初心者ぼく 「iOSのカメラ機能のサンプルコードが動きません!」 Boss 「あープロパティのメモリをallocしてないからだね」 初心者ぼく 「なんかよくわからないけど調べてやってみます!」 5時間後ぼく 「わからない」
  45. 45. わからない
  46. 46. 普通に働いている エンジニアからしたら 当たり前のことが わからない場面に 現場で遭遇
  47. 47. その度に、エンジニアの世界全体から 「お前なんかハッカーじゃない」 と、そう言われている気がした。
  48. 48. 「エンジニア辛すぎ、絶対職にしないわ」 と、心から思った。
  49. 49. でも途中で諦めるのも もったいないので、惰性で続けた。 Rubyがなんかいい言語だなと思った。 なぜなら、使ってる人が 優しそうだったから。
  50. 50. そんなこんなで
  51. 51. あるとき Breakthrough
  52. 52. ちょうどこの時期 統計の授業を取ってた。 各計算式を統計クラスにまとめた すごく簡単なコードを書いた。 その時初めてオブジェクト指向 なんたるかを意識して プログラミングできた。
  53. 53. 家への帰路で 跳ねながら帰るほど 嬉かった
  54. 54. でもやっぱり うまい話は長く続かず
  55. 55. 事例3
  56. 56. フレームワークを触りだして、 チュートリアルを終えたはいいものの、 その後全く手がつけられない。 ツイッターアプリから 先への道が全くわからない。 でも周りではすごいアプリが バンバン登場している。
  57. 57. わからない
  58. 58. 頭をよぎる
  59. 59. 「お前なんかハッカーじゃない」
  60. 60. その後、職場でもあまり 技術的な貢献ができず、 悪い意味で右往左往。 就活では金融メイン。
  61. 61. エンジニアにはならない 絶対になれない なぜなら
  62. 62. 「お前なんかハッカーじゃない」
  63. 63. そう言われてる 気がするから
  64. 64. そんな中 9ヶ月ほどある会社で お世話になる。
  65. 65. 研修後いきなりの本番環境 (大規模)アサイン 全くわからないため、 周りに聞かざるを得ない。
  66. 66. JS2行しか かいてない初コミット。
  67. 67. でもメンターは 嫌な顔せず既存のロジック を説明してくれる。
  68. 68. 定義元を見直すという コードリーディングの習慣がつく。 それにより新しい資源や 技術への抵抗が消え去る。
  69. 69. 初日ぼく 「読むの時間かかって  JS2行しかかいてないや…」 Boss 「ええんやで」
  70. 70. 6ヶ月後Boss 「社員が二人死んだリファクタやってね」 6ヶ月後ぼく 「よめる:D」 「このわけのわからん構造を  銀河系デザインパターンと呼ぼう:D」
  71. 71. 抽象クラスに具体的な処理が書いてある。 一つの機能を実装するのに クラスが14個絡んでる。 Decoratorとしてクラスが6個ほど絡む。 さらにそれらのクラスが互いに継承しあって 使われてないクラスもあって ああああああああああああああああああああ 銀河のごとくクラスが絡み合う ギャラクティカデザインパターン。 よめる:D
  72. 72. わからなかったら 周りに聞いていいんだ 聞いた方が早く進むんだ ここまで考えたらググらずに 聞くべきなんだ、という エモい収穫がいっぱい得られた
  73. 73. その結果
  74. 74. 指が動く かけるでー:D
  75. 75. CLIツール GunosyライクにQiitaの記事の パーソナライズドレコメンドの 結果を出力する
  76. 76. ・機械学習プロダクト開発 ・卒論用にgem作成 ・個人でアプリ運用できたー ・最近はReact + Node ・ポインタに対するなるほど感 ・やっぱエンジニアになる決断
  77. 77. 大変なことはあるけど なんとか地に足ついて できるようになった。
  78. 78. 「お前なんかハッカーじゃない」
  79. 79. やればできる感 はどこから来たのか?
  80. 80. ブレイクスルーの積み重ね
  81. 81. アホいこと聞いても なんでも答えてくれる感 のある職場と、 もはやググるより早く聞く勇気
  82. 82. 個人で幾つか運用してみて 0から1の開発方法を学ぶ
  83. 83. 個人じゃ触れない 大規模開発で、全体の ロジックを意識しながら 開発する経験
  84. 84. コードを「読む」 重要性を体感して、 それを習慣化する
  85. 85. きっとハッカーに なれるんじゃないか精神
  86. 86. 最後に
  87. 87. 若者へ。
  88. 88. コードを読んで行って、 フレームワークの欠点に 気づくまで深掘りするのを 避けず、低レイヤーの パフォーマンスを意識した 開発とか、設計面が堅牢かとか、 そういう他人に気を払った話をしよう
  89. 89. 特にWeb畑で育つと、 どうしてもC++とかそこらへんの 言語を触らずに生きていける ケースもあるので、積極的に サイドプロジェクトや理論の勉強で 使ってみよう。(反省)
  90. 90. おじさん(予定)へ。
  91. 91. メモリリークとかインスタンスの 初期化の必要性とか、 型による具体的な不具合とか 関数の副作用の話とか、 レイテンシの改善方法とか、 実際に壁にぶつかるまで 若手(弱小)はわからない。
  92. 92. そもそもポインタによる メモリ節約の話とか、 実感持てず逃げる人すら 多い。ちょっとだけ多めにみて 丁寧に説明してほしい。 エンジニアの世界は、 (不要な)壁がでかすぎる。
  93. 93. なぜ壁がでかい? どういう壁?
  94. 94. 理解しやすいように 全部ブラックボックス化して、 レールに載せるのも良くないと思う。 そこを逃げずに理解するのは 大事だと思う。
  95. 95. 原因は説明の仕方にあるんじゃ?
  96. 96. 何かを説明するとき、 ∼∼は、 ∼∼という流れだから、 ∼∼なエラーがでる。 という感じで説明するのが 普通なのですが…
  97. 97. ∼∼は、 ∼∼というロジックだから、 ∼∼なエラーがでる。 ここを省略すると急にわからなくなる なぜエラーが出るのかという背景を 素直に調べる習慣を、若輩者に つけさせるにはどうしたらいいのか、 教育の一環で考えてほしい。
  98. 98. まとめ
  99. 99. 若手 => 勉強 :D おじさん => 若い気持ちを忘れず寄り添おう :D
  100. 100. 俺はきっとハッカーに なれると信じて。 timakin ╭( ・ㅂ・)‫و‬ ̑̑

×