Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
LITTLE STORY OF THE AUCTION
競りの小話
0.
競りとは
0. 競りとは
① 買い手が複数人
0. 競りとは
② 最も高値を付けた
人が落札
0. 競りとは
『髑髏と薔薇』だって
競りゲー!
1.
競りの歴史
1. 競りの歴史
紀元前500年頃の
バビロニアが
競りの発祥
1. 競りの歴史
バビロニアで何を
競っていたのか?
競り対象は
「嫁」!
1. 競りの歴史
時はすぎて
16世紀前半
1. 競りの歴史
現在のような
オークションが
イギリスで開催
1. 競りの歴史
そこから
世界各地へ展開
1. 競りの歴史
日本では1995年に
古物営業法が緩和
1. 競りの歴史
1999年にヤフオクが
日本でサービス開始
1. 競りの歴史
競りがぐっと身近に!
1. 競りの歴史
そして現代
1. 競りの歴史
男性が値付けされる側に…
ルックス、年収、学歴!
2.
競りの種類
2. 競りの種類
「入札額を上げる?」
or
「落札額を下げる?」
2. 競りの種類
•イングリッシュ
オークション
•ダッチ
オークション
2. 競りの種類
「入札額を公開?」
or
「入札額を非公開?」
2. 競りの種類
・公開入札方式
・封印入札方式
2. 競りの種類
「落札額= 1位の入札額」
or
「落札額=2位の入札額」
2. 競りの種類
•ファーストプライス
オークション
•セカンドプライス
オークション
余談
「セカンドプライス
オークションって
なに?」
2位の入札額=落札額になる
「セカンドプライス
オークション」
って馴染が薄い?
NO!
めっちゃ身近!!
ヤフオク
最高入札額1万円を設定
↓
他人が5,000円で入札
↓
自分は5,100円で自動入札
自分の評価額(1万円)
ではなく、
他人の評価額(5千円強)
で落札できる!
無駄な
値上げを抑止!
こんな仕組み、
驚きませんか!?
…ねぇ、うぃりあむさん?
セカンドプライス
オークションの
考案者は…
ウィリアム
ヴィックリー
(William Vickrey)
※アメリカの経済学者
うぃりあむ
びっくりー!
閑話休題
ここから、まじめな話!
3.
競りの楽しさ
3. 競りの楽しさ
オークションで熱くなり
お金を出しすぎたこと
ありませんか?
3. 競りの楽しさ
私はしょっちゅう
あります!
3. 競りの楽しさ
競りで勝ったのに、
負けた気分・・・
3. 競りの楽しさ
競り業界用語
「勝者の呪い」
3. 競りの楽しさ
競りとは
この呪いとの戦い
3. 競りの楽しさ
(負けた気分ではなく)
勝った気分に
なるには?
3. 競りの楽しさ
競りに勝ったら、
「得した」と思う!
3. 競りの楽しさ
競りに負けたら、
「自分は損しなかった」
と思う
3. 競りの楽しさ
どちらも
良い気分!
3. 競りの楽しさ
競りで
「得した」と思うには?
3. 競りの楽しさ
自分の評価額以下
で入札すること
(例えば、値段が1万円だと思うものに
1万1円以上は出さない!)
【注意】
入札額=評価額
ではなーす!
3. 競りの楽しさ
自分が1万円の価値
があると思ってても
最初は1円スタート!
3. 競りの楽しさ
9,999円以下で
落札できたら
お得な気分に!
3. 競りの楽しさ
10,001円以上で
相手が落札したら
自分は損しなかった
気分に!
3. 競りの楽しさ
そんなわけで
3. 競りの楽しさ
相手にいかに
自分の評価額を
悟らせないか?
3. 競りの楽しさ
いかに
相手の評価額を
推理するか?
「競り」という
駆け引きを
楽しもう!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

競りの小話

5,490 views

Published on

2017.01.07(土)に開催した「競りボードゲーム会」にて使用したスライドです

Published in: Internet
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

競りの小話

  1. 1. LITTLE STORY OF THE AUCTION 競りの小話
  2. 2. 0. 競りとは
  3. 3. 0. 競りとは ① 買い手が複数人
  4. 4. 0. 競りとは ② 最も高値を付けた 人が落札
  5. 5. 0. 競りとは 『髑髏と薔薇』だって 競りゲー!
  6. 6. 1. 競りの歴史
  7. 7. 1. 競りの歴史 紀元前500年頃の バビロニアが 競りの発祥
  8. 8. 1. 競りの歴史 バビロニアで何を 競っていたのか?
  9. 9. 競り対象は 「嫁」!
  10. 10. 1. 競りの歴史 時はすぎて 16世紀前半
  11. 11. 1. 競りの歴史 現在のような オークションが イギリスで開催
  12. 12. 1. 競りの歴史 そこから 世界各地へ展開
  13. 13. 1. 競りの歴史 日本では1995年に 古物営業法が緩和
  14. 14. 1. 競りの歴史 1999年にヤフオクが 日本でサービス開始
  15. 15. 1. 競りの歴史 競りがぐっと身近に!
  16. 16. 1. 競りの歴史 そして現代
  17. 17. 1. 競りの歴史 男性が値付けされる側に… ルックス、年収、学歴!
  18. 18. 2. 競りの種類
  19. 19. 2. 競りの種類 「入札額を上げる?」 or 「落札額を下げる?」
  20. 20. 2. 競りの種類 •イングリッシュ オークション •ダッチ オークション
  21. 21. 2. 競りの種類 「入札額を公開?」 or 「入札額を非公開?」
  22. 22. 2. 競りの種類 ・公開入札方式 ・封印入札方式
  23. 23. 2. 競りの種類 「落札額= 1位の入札額」 or 「落札額=2位の入札額」
  24. 24. 2. 競りの種類 •ファーストプライス オークション •セカンドプライス オークション
  25. 25. 余談 「セカンドプライス オークションって なに?」
  26. 26. 2位の入札額=落札額になる 「セカンドプライス オークション」 って馴染が薄い?
  27. 27. NO! めっちゃ身近!!
  28. 28. ヤフオク
  29. 29. 最高入札額1万円を設定 ↓ 他人が5,000円で入札 ↓ 自分は5,100円で自動入札
  30. 30. 自分の評価額(1万円) ではなく、 他人の評価額(5千円強) で落札できる!
  31. 31. 無駄な 値上げを抑止!
  32. 32. こんな仕組み、 驚きませんか!? …ねぇ、うぃりあむさん?
  33. 33. セカンドプライス オークションの 考案者は…
  34. 34. ウィリアム ヴィックリー (William Vickrey) ※アメリカの経済学者
  35. 35. うぃりあむ びっくりー!
  36. 36. 閑話休題 ここから、まじめな話!
  37. 37. 3. 競りの楽しさ
  38. 38. 3. 競りの楽しさ オークションで熱くなり お金を出しすぎたこと ありませんか?
  39. 39. 3. 競りの楽しさ 私はしょっちゅう あります!
  40. 40. 3. 競りの楽しさ 競りで勝ったのに、 負けた気分・・・
  41. 41. 3. 競りの楽しさ 競り業界用語 「勝者の呪い」
  42. 42. 3. 競りの楽しさ 競りとは この呪いとの戦い
  43. 43. 3. 競りの楽しさ (負けた気分ではなく) 勝った気分に なるには?
  44. 44. 3. 競りの楽しさ 競りに勝ったら、 「得した」と思う!
  45. 45. 3. 競りの楽しさ 競りに負けたら、 「自分は損しなかった」 と思う
  46. 46. 3. 競りの楽しさ どちらも 良い気分!
  47. 47. 3. 競りの楽しさ 競りで 「得した」と思うには?
  48. 48. 3. 競りの楽しさ 自分の評価額以下 で入札すること (例えば、値段が1万円だと思うものに 1万1円以上は出さない!)
  49. 49. 【注意】 入札額=評価額 ではなーす!
  50. 50. 3. 競りの楽しさ 自分が1万円の価値 があると思ってても 最初は1円スタート!
  51. 51. 3. 競りの楽しさ 9,999円以下で 落札できたら お得な気分に!
  52. 52. 3. 競りの楽しさ 10,001円以上で 相手が落札したら 自分は損しなかった 気分に!
  53. 53. 3. 競りの楽しさ そんなわけで
  54. 54. 3. 競りの楽しさ 相手にいかに 自分の評価額を 悟らせないか?
  55. 55. 3. 競りの楽しさ いかに 相手の評価額を 推理するか?
  56. 56. 「競り」という 駆け引きを 楽しもう!

×