Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

後進の育成のためにディレクターがすべきこと

10,658 views

Published on

Web屋向けシチュエーショナルリーダーシップです。D4の意味合いと扱いが本家SLIIと違います。シチュエーショナルリーダーシップを実務的に行なってきた経験上、このほうが運用に適していると考えております。

Published in: Education
  • Be the first to comment

後進の育成のためにディレクターがすべきこと

  1. 1. 後進の育成のために ディレクターがすべきこと Yu Morita, Turucameltd. 2014/10/25 Re:Creator’sKansai#20
  2. 2. 自己紹介 • 株式会社ツルカメ代表取締役社長 • 株式会社ネコメシ代表取締役CEO • 株式会社KDDIウェブコミュニケーション ズ顧問 • IA/UXデザイナーの森田雄です。 • Web担当者Forumで「UX侍」連載中。 2 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25
  3. 3. 本日の概要 • いわゆる「Webディレクター」は、実務的にはプロ ジェクトリーダーであったり、部下を束ねるマネ ジャー職へのキャリアパスが求められるポジションと なる傾向にあるでしょう。 • 多種多様な雑用的タスクを含め、自身のもつスキルの 大部分を自らのモチベと経験年数によって築き上げて きたであろう熟練の「Webディレクター」の多くは、 まともな人材教育を受けたことが無いのでは? • さて、そんな「Webディレクター」が、いざ後進の育 成を担うことになったらどうすればよいのか。本日は そこへのヒントというか何というかをご提供します。 3 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25
  4. 4. 人生いろいろ。上司もいろいろ。 4 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25
  5. 5. 手取り足取りタイプ 5 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25 まずこれやって 次にこれやって そしたらこれやって あ、最初のやつ確認するから ちょっと待ってて
  6. 6. 引っ張りタイプ 6 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25 俺についてこい! 一緒に壁を超えるんだ!
  7. 7. 見守りタイプ 7 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25 好きなようにやりたまえ。 問題があれば私が対応しよう。
  8. 8. 放置タイプ 8 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25 OJT で十分。勝手に成長するもんでしょ~
  9. 9. どんな上司がいい上司? 9 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25 手取り足取りタイプ 引っ張りタイプ 放置タイプ 見守りタイプ
  10. 10. 答え:ぜんぶダメな上司 10 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25
  11. 11. シチュエーショナルリーダーシップ • 部下のフェーズに合わせて、指導のスタ イルを変えるリーダーシップの方法論。 • の、改版。 • フェーズごとに適切なコーチングでなけ れば育成はうまくいきません。 11 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25
  12. 12. 部下のフェーズ 12 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25 D1 D2 D3 D4 上昇する意欲 低い技能レベル 低下していく意欲 高い技能レベル 高い意欲 中程度の技能レベル 高い意欲 高い技能レベル
  13. 13. 上司のフェーズ 13 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25 S1 S2 S3 S4 指示型 高指示、低支援 委任型 低指示、低支援 コーチ型 高指示、高支援 支援型 低指示、高支援
  14. 14. 重要なポイント • 部下がD4フェーズへ到達したら、すみやかに次 のステージへ引き上げること。 • 新しいステージでは、部下はまたD1フェーズに 戻る。 • フェーズを確認するために、こまめな面談を実施 する。(毎日でもいい) • 上司にも、さらに上の上司をつける。人はすべか らく、SとDのフェーズを持っている。 14 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25
  15. 15. まとめ • 細かい部分は各社でいい按配にしてくだ さい。 15 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT2014/10/25
  16. 16. Presented by Yu Morita Director, User Experience Turucameltd. http://necomesi.jp/blog/securecat/ https://twitter.com/securecat https://www.facebook.com/securecat Re:Creator’sKansai http://www.re-creators.jp/ Made with Comipo! http://www.comipo.com/ 2014/10/25 Re:Creator’s Kansai, #20 seminar LT16

×