Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JAWS DAYS 2017スタッフ体験記

35 views

Published on

2017年4月のJAWS-UG福岡での発表資料です

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

JAWS DAYS 2017スタッフ体験記

  1. 1. JAWS DAYS 2017スタッフ体験記 2017年4月22日 木村健一郎
  2. 2. 名前:木村健一郎 所属:株式会社コム・アンド・コム JAWS-UG福岡 さくらクラブIoT福岡 ソラコムUG九州 ☚🆕 好きな言語:perl 好きなDB:PostgreSQL 好きなAWSサービス:Lambda
  3. 3. IF-UP2017とSORACOM-UGに 行ってきました
  4. 4. ちょっと告知
  5. 5. SORACOM-UG九州 開催決定 • 旧SORACOM Study Group(SSG)九州が装いも新 たにUGとしてスタート • 2017年5月27日(土)@QTNetさん • エバンジェリスト松下さんをお迎えして、 SORACOMの最新動向の講演や話題のLoRaWAN のハンズオンを予定 • QTNetさんに設置されるLoRaゲートの開通式も あるかも?
  6. 6. IF-UP2017とナイトイベントのSORACOM UGに参加してきました
  7. 7. では本題。
  8. 8. JAWS DAYSってなによ? •JAWS-UG各支部が一堂に会してのお祭り •UG主催なのに1000人以上の来場がある •毎年3月中旬ごろ開催 •翌日、AWSJ本社でJAWS-UGの総会が行われる •準備は前年のJAWS Festaのあとくらいから(11月 ~) 今年もスタッフで参加したので、準備期間のこと とか色々ざっくばらんにお話しできれば。
  9. 9. 11月ごろ •日程と場所の告知がSlackやFacebookなどで行わ れた。 •2017年は3/11(土)、会場はTOC五反田メッセ •来場者が増えたので、昨年までのベルサール 新宿グランドから変更に •スタッフ募集も併せて開始
  10. 10. スタッフへの参加方法 1. Slackに参加 Facebookのグループ「JAWS-UG全国」などに 書いてあります 2. #generalなどで名乗りを上げるか、すでにス タッフ用チャンネルがあるならそちらにjoin するだけ 3. あとはslackに流れてくる指示を眺めて、自分 がやれそうなお仕事があれば手をあげましょ う
  11. 11. その頃の私 •とりあえずSlackでスタッフ参加表明 •去年は参加したものの、実働は当日だけで準 備にはあまりかかわらなかった •今年もとりあえず「当日スタッフくらいはで きるかなー」程度の軽いノリだった •が、3.11開催であることに気が付いた
  12. 12. 3.11といえば・・
  13. 13. そう、東日本大震災 • 3.11といえば東日本大震災 • 2016年は熊本震災もあった(ちょうどそのこ ろ鳥取も大きな地震があった)
  14. 14. 災害情報配信や安否確認のお仕 事をしている弊社としては、こ れはもっと積極的に絡むべきで はないだろうか?
  15. 15. そして • Facebookで「当日のセッションにアイデア あり」と宣言 山崎さん(AWS侍)に捕捉され、深夜までメッ セージのやり取りをしてアイデアの説明 • 企業スポンサーになることと僕がスタッフ として参加することのメリットを会社に説 明し、了承を取り付けた
  16. 16. 12月~1月上旬ごろ •12月ごろセッション案のアイデアだし開始 •今年はトラックオーナー制が廃止された •Googleスプレッドシートにみんながどんど ん書いていく •1月上旬にはいったん締め切られ、Slackの セッション担当チャンネルで投票 •後日、時間や公募セッションなど見ながら 調整 •公募セッションの公募開始
  17. 17. 1月下旬~2月ごろ 登壇者情報の収集 •震災関連のセッションについては積極的に 活動 •連絡は直接メールやFacebookメッセンジャ ーなど •分からないことや進捗はガンガンSlackに投 げると代表の立花さんがやさしく教えてく れた •進捗や収集結果はBacklogやGoogleスプレッ ドシートに記載していく
  18. 18. • メールの文面等はだいたいテンプレやFAQ がBacklogに準備される • 基本的にそれに沿ってコピペでOK • 適宜催促をするのは忘れないように • 分からないことはどんどん聞く • 積極的に仕事を取りに行く姿勢を • 進捗は責任をもって! 具体的にどう動けば?
  19. 19. • セッション固まって、プロフィール収集も 終わったらひと段落 • 当日に向けて細かい仕事がでてくるので、 できそうなところに声をかけていきましょ う • 当日スタッフの募集と、当日の仕事の割り 当てがあります • 2~3コマ程度は名前を書きましょう 2月~3月
  20. 20. 8時に集合して、いろいろ準備します いよいよ当日
  21. 21. • 準備:JAWS-UGブースの設営 • 10時~11時:JAWS-UGブース • 13時~14時:夏目君の雄姿の確認 • 14時~15時:東日本大震災セッション • 16時~17時:震災復興セッション 当日の私のうけもち
  22. 22. ・・・ほとんどセッション 聞く時間ない (´・ω・`) (*)こうならないよう注意しましょう
  23. 23. 無事終了! ・・・と思ったら、会場に忘れ物がありました。
  24. 24. はーい、先生怒らないからAzureの本忘れて いった人、正直に手をあげてー(`・ω・´)
  25. 25. 翌日
  26. 26. • 代表の交代 次は東京の中山さん(CLI支部) • 各支部の現状、今後の活動について 休眠中の支部をどうするかなど • 今年のFestaや来年のDaysの話 Festaは四国 翌日はJAWS-UG総会
  27. 27. 代表
  28. 28. • 皆さん1度はぜひスタッフで参加しましょう • 楽しい • リモートワークの練習になる • つながりがいっぱいできる • 頑張りすぎないように • 当日の楽しみがが • 本業がが まとめ

×