Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座テキスト見本

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 21 Ad
Advertisement

More Related Content

Recently uploaded (20)

Advertisement

ホリスティックケア・カウンセラー養成講座テキスト見本

  1. 1. ホ リ ス テ ィ ッ ク ケ ア ・ カ ウ ン セ ラ ー 養 成 講 座     テ キ ス ト   VOL.1 01H1712-14 序章~第8章 ・ホリスティックケア総論 ・ホリスティックケアと食事 ・犬と猫の基礎栄養学 ・ペットフード ・犬と猫の手作り食 ・サプリメント ・ハーブ ・中医学養生 ・テリントン・Tタッチ・メソッド
  2. 2. 【本テキスト掲載の商品について】 テキスト内に掲載されているサプリメント、ハーブ、バッチフラワーレメディ™などの商品は 下記販売店にお問合せください。 GREEN DOG http://www.green-dog.com/  TEL:0120-73-1238 ホリスティックケア・カウンセラー養成講座 TEXT BOOK Vol.1 2005 年 12 月 5 日 初版発行 2017 年 12 月 1 日 第 14 版発行 企   画:株式会社カラーズ・エデュケーション 編集・発行:株式会社カラーズ・エデュケーション       〒657-0036 兵庫県神戸市灘区桜口町4-1-1       ウェルブ六甲道4番街1番館402号室       TEL 0120-06-1270 / FAX 078-858-1283 印 刷 所:株式会社フワノ・プロセス 本書の無断複製(コピー)は、特定の場合を除き、著作権・出版権の侵害になります。
  3. 3. 目  次 ホリスティックケア・カウンセラーを目指すみなさまへ……………1 森井 啓二先生 [獣医師/一般社団法人日本アニマルウェルネス協会 会長]   序章 ホリスティックケア総論…………………………………………3 羽尾 健一先生 [獣医師/プレマ動物ナチュラルクリニック院長] 越久田 活子先生 [獣医師/おくだ動物病院]   動物の 5 つの権利………………………………………………………………………………………… 3 1 ホリスティックとは……………………………………………………………………………… 4 2 ホリスティックケアとは………………………………………………………………………… 5 3 ホリスティックケアと自然治癒力……………………………………………………………… 5 4 ホリスティックケア・カウンセラーの役割…………………………………………………… 6 5 ホリスティックケアの提案……………………………………………………………………… 6 第 1 章 ホリスティックケアと食事… …………………………………7 羽尾 健一先生 [獣医師/プレマ動物ナチュラルクリニック院長]   §1 食事の重要性… …………………………………………………………………………………… 7 §2 適切な食事のために… …………………………………………………………………………… 9 §3 犬と猫の食性… ………………………………………………………………………………… 10 §4 食事の種類と選び方… ………………………………………………………………………… 12 §5 消化と胃腸の健康… …………………………………………………………………………… 14
  4. 4. 第 2 章 犬と猫の基礎栄養学… ……………………………………… 17 奈良 なぎさ先生  [ペット栄養管理士/ホリスティック・ニュートリション・コンサルタント]   §1 栄養素… ………………………………………………………………………………………… 17 1 水 【身体の 60 ~ 70%程度を構成する、生命維持に最も大切な栄養素】… ………… 17 2 タンパク質 【身体を作る、エネルギー源】………………………………………………… 18 3 脂質 【身体を守る、エネルギー源】………………………………………………………… 22 4 炭水化物 【エネルギー源、腸管の健康】…………………………………………………… 25 5 ビタミン 【身体を調整する】………………………………………………………………… 28 6 ミネラル 【身体を調整する】………………………………………………………………… 33 §2 消化と吸収… …………………………………………………………………………………… 37 §3 エネルギー… …………………………………………………………………………………… 39 1 食物中のエネルギー…………………………………………………………………………… 39 2 エネルギーの分類……………………………………………………………………………… 39 3 エネルギー要求量……………………………………………………………………………… 40 §4 ライフステージと栄養管理… ………………………………………………………………… 43 1 繁殖期の栄養管理……………………………………………………………………………… 43 2 授乳期/哺乳期の栄養管理…………………………………………………………………… 44 3 離乳期の栄養管理……………………………………………………………………………… 45 4 哺乳期、離乳期後の成長期の栄養管理……………………………………………………… 45 5 維持期の栄養管理……………………………………………………………………………… 46 6 高齢期の栄養管理……………………………………………………………………………… 47 第 3 章 ペットフードに関する基礎知識… ………………………… 51 伊東 希先生 [獣医師/ホリスティックケア・カウンセラー]   §1 ペットフード… ………………………………………………………………………………… 51 1 ペットフードの形態の種類…………………………………………………………………… 51 2 ペットフードの名称…………………………………………………………………………… 54 3 ペットフードの選び方………………………………………………………………………… 55 §2 ペットフード安全法:「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」………………… 60 1 法律の概要……………………………………………………………………………………… 60 2 規格・基準の設定……………………………………………………………………………… 61 3 製造方法の基準………………………………………………………………………………… 62 4 表示の基準……………………………………………………………………………………… 62 §3 AAFCO の栄養基準… ………………………………………………………………………… 64
  5. 5. 第 4 章 犬と猫の手作り食… ………………………………………… 69 山本 由能先生 [ペット栄養管理士/アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラー] 寺井 理恵先生 [ペット栄養管理士/ IAC 認定動物看護士/          アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラー](猫レシピ担当)   §1 犬と猫の手作り食とは… ……………………………………………………………………… 69 1 手作り食とは…………………………………………………………………………………… 69 2 ペットフードとの違い………………………………………………………………………… 69 3 手作り食のメリット、デメリット…………………………………………………………… 69 4 手作り食の大切なポイント…………………………………………………………………… 70 §2 手作り食の基礎知識… ………………………………………………………………………… 71 1 栄養バランス…………………………………………………………………………………… 71 2 手作り食の食材選び…………………………………………………………………………… 72 3 調理方法:生食と加熱食……………………………………………………………………… 77 4 レシピの作り方………………………………………………………………………………… 78 §3 手作り食 Q & A………………………………………………………………………………… 86 §4 レシピ例… ……………………………………………………………………………………… 91 1 犬 手作り食レシピ…………………………………………………………………………… 91 2 猫 手作り食レシピ…………………………………………………………………………… 96 §5 食材表… …………………………………………………………………………………………101 第 5 章 サプリメント… …………………………………………… 107 金田 俊介先生 [医学博士/薬剤師/株式会社ノラ・コーポレーション代表取締役]   1 サプリメントとは………………………………………………………………………………107 2 サプリメントの使い方…………………………………………………………………………107 3 サプリメントの形状と特徴……………………………………………………………………109 4 サプリメントの意義……………………………………………………………………………111 第 6 章 ハーブ… …………………………………………………… 113 金田 俊介先生 [医学博士/薬剤師/株式会社ノラ・コーポレーション代表取締役]   §1 ハーブの基礎知識… ……………………………………………………………………………113 1 はじめに…………………………………………………………………………………………113 2 ハーブの役割と食事との関係…………………………………………………………………114 3 ハーブの形態……………………………………………………………………………………117 4 ハーブ使用の注意点……………………………………………………………………………119 §2 初心者におすすめのハーブケア… ……………………………………………………………121 1 市販のハーブサプリメントを使ってみましょう……………………………………………121 2 ハーブブレンドを手作りしてみましょう……………………………………………………121 3 家庭菜園にある身近なハーブを利用してみましょう………………………………………122
  6. 6. §3 犬猫に使える主なハーブ… ……………………………………………………………………124 §4 目的別ハーブケア… ……………………………………………………………………………145 §5 シニア期に役立つハーブケア… ………………………………………………………………148 第 7 章 中医学養生… ……………………………………………… 151 石野 孝先生  [獣医師/かまくらげんき動物病院院長/一般社団法人 日本ペットマッサージ協会理事長] 相澤 まな先生  [獣医師/かまくらげんき動物病院副院長/国際中獣医学院日本校 認定講師]   §1 中医学基礎知識… ………………………………………………………………………………151 1 中医学とは………………………………………………………………………………………151 2 陰 いんようごぎょうせつ 陽五行説とは…………………………………………………………………………………151 3 気 き ・血 けつ ・津 しんえき 液とは………………………………………………………………………………154 §2 中医学的 8 つの体質分類… ……………………………………………………………………155 1 気 ききょ 虚体質…………………………………………………………………………………………155 2 血 けっきょ 虚体質…………………………………………………………………………………………155 3 瘀 おけつ 血体質…………………………………………………………………………………………156 4 気 きたい 滞体質…………………………………………………………………………………………157 5 陰 いんきょ 虚体質…………………………………………………………………………………………157 6 陽 ようきょ 虚体質…………………………………………………………………………………………158 7 痰 たんしつ 湿体質…………………………………………………………………………………………158 8 実 じつねつ 熱体質…………………………………………………………………………………………159 §3 体質チェック表… ………………………………………………………………………………160 第 8 章 テリントン T タッチ・メソッド… …………………… 165 Debby Potts 先生 [テリントン T タッチ・インストラクター] 監修:Linda Tellington-Jones 先生 [テリントン T タッチ・メソッド 考案者]   §1 T タッチについて… ……………………………………………………………………………165 1 T タッチの歴史…………………………………………………………………………………165 2 T タッチによってもたらされるもの…………………………………………………………166 3 なぜ T タッチなのか?…………………………………………………………………………166 4 犬や猫への T タッチ 〜ゴールデン・ルール〜……………………………………………167 5 T タッチを行うために必要なこと……………………………………………………………167 §2 T タッチ・セッション… ………………………………………………………………………170 1 T タッチを始める前に…………………………………………………………………………170 2 T タッチ・セッション実践……………………………………………………………………171 3 このような場合はどうするか…………………………………………………………………184 4 問題行動を軽減・解決するために……………………………………………………………185 5 パートナーとの T タッチ・トレーニング・プラン…………………………………………187 DVD Vol.1
  7. 7. §3 犬と猫の食性 10 第 1章 ホ リ ス テ ィ ッ ク ケ ア と 食 事 第 1 章 ホリスティックケアと食事 犬や猫にとって自然な食事とは何でしょうか?それは彼らの食性を理解することからはじ まります。犬や猫は基本的に肉食で、それに適した歯や消化管の構造を有しています。まず は犬猫の消化に関わる身体の特徴を把握しましょう。 【1】歯の構造 犬や猫の歯は、獲物を仕留めたり、引き裂いたりするためのつくりをしています。とくに 犬歯が発達しており、肉を噛みちぎるのに適した構造になっています。逆に臼歯(奥歯)は あまり発達しておらず、食べ物をよく噛んで食べる習慣はありません。そのため食べ物が喉 を通る大きさになれば、丸のみする場合が多いです。 【2】代謝と消化酵素 人の唾液には食物中のデンプンを麦芽糖に分解する消化酵素「アミラーゼ」が含まれてお り、よく噛んで食べるほどアミラーゼの分泌が多くなりデンプンをよりよく消化することが できます。一方、犬の唾液中にはほんのわずかしか、また猫の唾液中にはまったくアミラー ゼが含まれておらず、食べ物を咀嚼する習慣もありません。そのため、唾液によって食物中 のデンプンを麦芽糖に分解することができません。これは肉を主食とする肉食動物特有のも ので、野生時代の彼らはデンプンを摂取する機会が少なく、消化する必要性が低かったこと を示しています。そんな彼らの唾液の主な役割は、食べ物を飲み込みやすくしたり、食べ物 をスムーズに胃へ運んだりすることです。食物中に含まれるデンプンは小腸で、膵臓から分 泌されるアミラーゼによって麦芽糖に分解されます。 【3】消化管 犬猫の場合、消化に必要な働きは胃からはじまります。彼らが食した食べ物は人より長い 時間胃酸に浸かったのち、腸へ移動します。犬猫は本来、狩りで仕留めた獲物を食していま した。当然のことながら、自然界の獲物に数多く存在するバクテリアも口にしていたことに なります。しかし食べたものは長時間胃酸に浸かることで殺菌されていたので、基本的にそ のことで問題がおこることはありませんでした。現代の犬猫が生肉を食べても多くの個体で 肉食動物の歯 草食動物の歯 §3 犬と猫の食性
  8. 8. 51 §1 ペットフード 第 3章 ペ ッ ト フ ー ド に 関 す る 基 礎 知 識 第 3 章 ペットフードに関する基礎知識 【ウェットフード製造工程】 【4】冷凍フード 一般的な冷凍フードは、生の素材がそのまま冷凍されているものをさし、大きく 2 種類に わけられます。ひとつは肉や野菜など素材がそのまま冷凍されているもの、もうひとつは肉 や内臓、野菜などがあらかじめハンバーグのように混ぜ合わされていて、それ自体が総合栄 養食になっているものです。 前者は手作り食やトッピング素材として手軽に生の素材を与えられるという利点がありま す。後者は、生食を与えたいけれども、栄養バランスの調整に不安があったり、食事の用意 に手間がかけられなかったりする場合に使いやすい製品です。 いずれも雑菌の繁殖を最低限に抑え衛生的に管理するために、解凍は冷蔵庫内もしくは流 水で行い、食べ残しは速やかに処理する必要があります。 本来、犬猫は捕らえた獲物を生で食していたため、生食は食性に合っていると考えられま す。しかし、生食をうまく消化できなかったり、免疫力が低下していることにより雑菌に打 ち勝てなかったりする個体もいます。はじめて与える際には少しずつ、かつ慎重に様子を見 る必要があります。
  9. 9. 91 §4 レシピ例 第 4章 犬 と 猫 の 手 作 り 食 第 4 章 犬と猫の手作り食 1 犬 手作り食レシピ すべての犬用レシピ・写真(サプリメント・オイル除く)は、5kg の成犬の 1 日分の目安です。 〈注意〉生肉は生食用として販売されているなど、安全で新鮮なものを選んでください。 【関節ケア用/成犬/生食】 約 215kcal <材料> ・鶏ムネ肉 40g ・手羽先 1 本 60g ・鶏レバー(茹で処理済) 5g ・オクラ 20g ・ヤマイモ 20g ・もずく 10g ・ニンジン 10g ・スプラウト 3g ・クリルオイル 適量  ※ 1 ・カルシウムサプリメント 適量  ※ 2(手羽先の骨を与えない場合に必要) <作り方> ① 鶏ムネ肉、手羽先、鶏レバーをそれぞれ食べやすい大きさに切る。 ② オクラ、ヤマイモ、もずくを細かく切る。 ③ ニンジンをすりおろす スプラウトをトッピング用に切る。 ④ ①~③すべてを器に盛り、オイルとカルシウムサプリメントを加えたら完成。 ※ 1:代用オイル:サーモンオイル、亜麻仁油、エゴマ油など n-3 系脂肪酸を多く含むもの。 ※ 2:カルシウムサプリメントの量については、メーカー給与量をご参照ください。 §4 レシピ例
  10. 10. 131 §3 犬猫に使える主なハーブ 第 6章 ハ ー ブ 第 6 章 ハーブ  ジャーマン カモミール Chamomile, German  Matricaria chamomilla キク科 花 抗不安作用、鎮静作用、抗けいれん作用、駆風 作用、抗炎症作用、鎮痛作用、抗菌作用、消化 促進作用(健胃作用)、傷の修復作用、駆虫作用 消化器系、神経系、筋系、感覚器系(皮膚) 不安や不眠に使用されます。穏やかな鎮痛作用や抗けいれん作用、胆汁分 泌促進作用や、抗炎症作用、消化促進作用などがあり、腸の炎症性疾患、 慢性や急性の胃の疾患、消化不良、ガスの滞留、吐き気などの消化器症状 にもよく使われます。外用では創傷治癒に使用されます。回虫や鞭虫、歯 肉炎の治療にも効果的です。通常は妊娠初期には使いません。 アレルギー反応を起こすことがあります。与える前にパッチテストをして、 反応を見ておきましょう。近縁種のローマンカモミールは妊娠中に使って はいけません。  シベリア人参 Siberian Ginseng  Eleutherococcus senticosus ウコギ科 根 アダプトゲン作用* 、抗ストレス作用、血管拡張作用、強壮作用 疲労衰弱時のストレス過多やうつに対処できる身体にします。多頭飼いを はじめるとき、先住犬にかかるストレスを減らしたいときにも使います。 運動能力を向上させたいときにも使用します。 シベリア人参は安全ですが、高血圧症の動物へは使用できません。  スカルキャップ Skullcap  Scutellaria lateriflora シソ科 葉、茎、花 学  名 : 科  名 : 使用する部位: 主な薬効 : 主な作用部位: 利 用 法 : 注  意 : 学  名 : 科  名 : 使用する部位: 主な薬効 : 利 用 法 : 注  意 : 学  名 : 科  名 : 使用する部位:
  11. 11. ホ リ ス テ ィ ッ ク ケ ア ・ カ ウ ン セ ラ ー 養 成 講 座     テ キ ス ト   VOL.2 01H1712-14 第9章~第16章 ・動物のためのバッチフラワーレメディ™ ・アロマテラピー ・マッサージ ・犬と猫に負担のないグルーミング ・犬と猫との関わり方 ・犬と猫のストレスケア ・犬と猫の生理学・解剖学 ・カウンセリング基礎
  12. 12. 【本テキスト掲載の商品について】 テキスト内に掲載されているサプリメント、ハーブ、バッチフラワーレメディ™などの商品は 下記販売店にお問合せください。 GREEN DOG http://www.green-dog.com/  TEL:0120-73-1238 ホリスティックケア・カウンセラー養成講座 TEXT BOOK Vol.2 企   画:株式会社カラーズ・エデュケーション 編集・発行:株式会社カラーズ・エデュケーション       〒657-0036 兵庫県神戸市灘区桜口町4-1-1       ウェルブ六甲道4番街1番館402号室       TEL 0120-06-1270 / FAX 078-858-1283 印 刷 所:株式会社フワノ・プロセス 本書の無断複製(コピー)は、特定の場合を除き、著作権・出版権の侵害になります。 2005 年 12 月 05 日 初版発行 2017 年 12 月 01 日 第 14 版発行
  13. 13. 目  次 第9章 動物のためのバッチフラワーレメディ™… ……………………1 越久田 活子先生 [獣医師/おくだ動物病院副院長]   §1 バッチフラワーレメディ™の歴史… …………………………………………………………… 1 §2 バッチフラワーレメディ™の指標… …………………………………………………………… 4 §3 バッチフラワーレメディ™とは… ……………………………………………………………… 8 1 バッチフラワーレメディ™の作り方… …………………………………………………………… 9 2 バッチフラワーレメディ™の使い方… …………………………………………………………… 9 §4 バッチフラワーレメディ™を選ぶポイント… ……………………………………………… 10 §5 動物に適切なレメディを選択するには… …………………………………………………… 12 1 動物に正しく、効果的なバッチフラワーレメディ™を選択するために必要な基本的知識… …………12 2 効果の現れ……………………………………………………………………………………… 13 3 バッチフラワーレメディ™の使用例…………………………………………………………… 14 §6 動物におけるバッチフラワーレメディ™使用の事例… …………………………………… 15 §7 おわりに… ……………………………………………………………………………………… 17 第10章 アロマテラピー… …………………………………………… 19 姫野 純子先生  [日本アロマ環境協会認定アロマインストラクター/   日本アロマ環境協会アロマセラピスト/ペットアロマセラピスト]   §1 アロマテラピーとペットアロマテラピー… ………………………………………………… 19 1 アロマテラピーとは?… ……………………………………………………………………… 19 2 ペットアロマテラピーとは?…………………………………………………………………… 19 §2 香りのメカニズム(ルート)と嗅覚について… …………………………………………… 21 1 どのように香りを感じるのでしょうか?……………………………………………………… 21 2 犬の嗅覚について……………………………………………………………………………… 22 3 猫の嗅覚について……………………………………………………………………………… 22 §3 精油を安全に使用するために… ……………………………………………………………… 24 1 精油(エッセンシャルオイル)とはなんでしょうか?… ……………………………………… 24 2 品質のよい精油を選ぶには?… ……………………………………………………………… 25 3 精油の製造方法(抽出法)… ………………………………………………………………… 25 4 精油の化学……………………………………………………………………………………… 25 5 精油の取り扱い方〜安全に使用するための大切な注意点〜… …………………………… 31 6 猫に関するアロマテラピーの注意事項… …………………………………………………… 33 §4 パートナーのためのお勧め精油のプロフィール… ………………………………………… 35
  14. 14. §5 パートナーと楽しむアロマテラピー… ……………………………………………………… 45 1 好きな香りを見つけましょう!………………………………………………………………… 45 2 香りのブレンドのテクニック…………………………………………………………………… 45 3 こんなときにはこんな精油で… ……………………………………………………………… 46 4 どんな活用法があるでしょうか?……………………………………………………………… 47 §6 アロマテラピー基材に関する基礎知識… …………………………………………………… 56 1 植物油(別名;キャリアオイル、ベースオイル)……………………………………………… 56 2 芳香蒸留水(別名;ハーブウォーター、フローラルウォーター)……………………………… 57 3 クレイ… ………………………………………………………………………………………… 60 4 無水エタノール… ……………………………………………………………………………… 62 5 ビーワックス(蜜蝋)…………………………………………………………………………… 62 6 グリセリン… …………………………………………………………………………………… 62 7 キサンタンガム(ジェル基材)………………………………………………………………… 63 8 精製水…………………………………………………………………………………………… 63 §7 シニア期にお勧めのアロマテラピーとそのほかのケア… ………………………………… 64 1 芳香浴を行う…………………………………………………………………………………… 64 2 芳香蒸留水を活用する………………………………………………………………………… 65 3 クレイテラピー… ……………………………………………………………………………… 66 §8 アロマテラピーに関連した法律について… ………………………………………………… 67 1 精油、植物油、アロマテラピー関連グッズに関する法律(人向けのアロマテラピーを行う場合も同じ)… …… 67 2 ペットアロマテラピー行為に関する法律……………………………………………………… 67 §9 おわりに… ……………………………………………………………………………………… 69 参考 お勧めの精油メーカー・アロマグッズ販売店……………………………………………… 70 第11章 マッサージ… ………………………………………………… 73 石野 孝先生  [獣医師/かまくらげんき動物病院院長/一般社団法人 日本ペットマッサージ協会理事長] 相澤 まな先生  [獣医師/かまくらげんき動物病院副院長/国際中獣医学院日本校 認定講師]   §1 マッサージ総論… ……………………………………………………………………………… 73 §2 経絡ツボマッサージ基礎理論… ……………………………………………………………… 74 1 経絡と気・血・津液…………………………………………………………………………… 74 2 平の思想………………………………………………………………………………………… 75 3 マッサージに必要な動物解剖学… …………………………………………………………… 75 §3 リンパマッサージ基礎理論… ………………………………………………………………… 81 §4 マッサージ基本手技… ………………………………………………………………………… 82 1 マッサージをはじめる前に… ………………………………………………………………… 82 2 ツボマッサージの基本手技… ………………………………………………………………… 82 3 ツボの探し方… ………………………………………………………………………………… 83 4 リンパマッサージ基本手技… ………………………………………………………………… 84 DVD Vol.2
  15. 15. §5 症状別マッサージ… …………………………………………………………………………… 86 1 プレマッサージ… ……………………………………………………………………………… 86 2 症状別マッサージ… …………………………………………………………………………… 86 §6 マッサージによるマウスケア… ………………………………………………………………109 1 マウスケアの重要性… …………………………………………………………………………109 2 唾液の働き………………………………………………………………………………………109 3 唾液腺マッサージ… …………………………………………………………………………… 110 4 歯肉のマッサージ… …………………………………………………………………………… 112 第12章 犬と猫に負担のないグルーミング… …………………… 117 仲田 謙一先生 [グルーミングサロン ラルフランド代表] 渡辺 和明先生 [Grooming space simple オーナーグルーマー]   §1 グルーミングの目的… …………………………………………………………………………117 1 グルーミングとは… …………………………………………………………………………… 117 2 ブラッシングの重要性… ……………………………………………………………………… 117 §2 負担のないグル―ミングを行うことの大切さ… ……………………………………………119 1 グルーミングの第一歩は、愛情深く接すること……………………………………………… 119 2 小さな安心感の積み重ねで信頼関係を築く………………………………………………… 119 §3 負担のないグルーミング実践 …………………………………………………………………121 1 ブラッシング… ………………………………………………………………………………… 121 2 シャンプー&ドライ……………………………………………………………………………… 124 3 肛門腺絞り……………………………………………………………………………………… 129 4 歯のお手入れ… ………………………………………………………………………………… 130 5 爪切り…………………………………………………………………………………………… 131 6 目の周りのお手入れ… ………………………………………………………………………… 133 7 耳のお手入れ… ………………………………………………………………………………… 133 第13章 犬と猫との関わり方… …………………………………… 135 藤井 仁美先生  [獣医師 獣医行動診療科認定医 ペット行動カウンセラー/代官山動物病院/   自由が丘動物医療センター 行動診療科] 遠藤 和義先生 [ドッグトレーナー/ホリスティックケア・カウンセラー]   §1 人と動物との関わり… …………………………………………………………………………135 1 動物との関わり… ……………………………………………………………………………… 135 2 動物との関わりについて考えるときに必要なこと…………………………………………… 138 DVD Vol.1
  16. 16. §2 犬や猫との暮らし方… …………………………………………………………………………139 1 犬が犬であること、猫が猫であることを尊重する…………………………………………… 139 2 本来の習性を知る……………………………………………………………………………… 140 3 犬猫のコミュニケーション方法………………………………………………………………… 142 4 犬猫の行動・学習・しつけ方…………………………………………………………………… 145 §3 おわりに~コンパニオンアニマルから受ける恩恵とは… …………………………………149 第14章 犬と猫のストレスケア… ………………………………… 153 藤井 仁美先生  [獣医師 獣医行動診療科認定医 ペット行動カウンセラー/代官山動物病院/   自由が丘動物医療センター 行動診療科] 遠藤 和義先生 [ドッグトレーナー/ホリスティックケア・カウンセラー]   §1 ストレスについて… ……………………………………………………………………………153 1 ストレスとは… ………………………………………………………………………………… 153 2 ストレッサーに対する身体の反応… ………………………………………………………… 153 §2 犬や猫のストレスケア… ………………………………………………………………………156 1 犬や猫のストレスの原因… …………………………………………………………………… 156 2 犬や猫のストレスサイン………………………………………………………………………… 157 3 犬のカーミングシグナル(転位行動)………………………………………………………… 158 4 猫のストレスに関連したシグナル……………………………………………………………… 163 第15章 犬と猫の生理学・解剖学… ……………………………… 173 羽尾 健一先生 [獣医師/プレマ動物ナチュラルクリニック院長]   §1 バイタルサイン(生命徴候)… ………………………………………………………………173 1 体温(T)………………………………………………………………………………………… 173 2 脈拍数及びその状態(P)……………………………………………………………………… 173 3 呼吸数及びその状態(R)……………………………………………………………………… 174 4 血圧(BP)……………………………………………………………………………………… 174 §2 血液… ……………………………………………………………………………………………175 1 血漿……………………………………………………………………………………………… 175 2 細胞成分………………………………………………………………………………………… 175 §3 呼吸器系… ………………………………………………………………………………………177 1 気道……………………………………………………………………………………………… 177 2 肺………………………………………………………………………………………………… 177 §4 循環器系… ………………………………………………………………………………………178 1 血管……………………………………………………………………………………………… 178 2 心臓……………………………………………………………………………………………… 178
  17. 17. §5 消化器系… ………………………………………………………………………………………180 1 口腔………………………………………………………………………………………………180 2 食道………………………………………………………………………………………………180 3 胃…………………………………………………………………………………………………180 4 小腸………………………………………………………………………………………………180 5 大腸……………………………………………………………………………………………… 181 6 肝臓……………………………………………………………………………………………… 181 7 胆嚢……………………………………………………………………………………………… 182 8 膵臓……………………………………………………………………………………………… 182 §6 泌尿器系… ………………………………………………………………………………………183 1 腎臓……………………………………………………………………………………………… 183 2 尿管………………………………………………………………………………………………184 3 膀胱………………………………………………………………………………………………184 4 尿道………………………………………………………………………………………………184 §7 生殖器系… ………………………………………………………………………………………185 1 雄の生殖器……………………………………………………………………………………… 185 2 雌の生殖器……………………………………………………………………………………… 185 §8 内分泌系… ………………………………………………………………………………………186 1 松果体……………………………………………………………………………………………186 2 脳下垂体… ………………………………………………………………………………………186 3 甲状腺……………………………………………………………………………………………186 4 上皮小体(副甲状腺)… ……………………………………………………………………… 187 5 副腎……………………………………………………………………………………………… 187 6 膵臓のランゲルハンス島… …………………………………………………………………… 187 7 生殖腺(精巣・卵巣)… ……………………………………………………………………… 187 §9 リンパ系… ………………………………………………………………………………………188 1 リンパ液… ……………………………………………………………………………………… 188 2 リンパ管… ……………………………………………………………………………………… 188 3 リンパ節… ……………………………………………………………………………………… 188 4 脾臓……………………………………………………………………………………………… 188 5 胸腺……………………………………………………………………………………………… 188 §10 神経系……………………………………………………………………………………………189 1 中枢神経系……………………………………………………………………………………… 189 2 末梢神経系……………………………………………………………………………………… 189 §11 骨格系……………………………………………………………………………………………190 1 骨芽細胞…………………………………………………………………………………………190 2 骨細胞……………………………………………………………………………………………190 3 破骨細胞…………………………………………………………………………………………190 4 骨基質……………………………………………………………………………………………190
  18. 18. §12 筋系………………………………………………………………………………………………191 1 横紋筋…………………………………………………………………………………………… 191 2 平滑筋…………………………………………………………………………………………… 191 §13 感覚器系…………………………………………………………………………………………192 1 視覚器…………………………………………………………………………………………… 192 2 聴覚器…………………………………………………………………………………………… 192 3 嗅覚器…………………………………………………………………………………………… 192 4 味覚器…………………………………………………………………………………………… 192 5 そのほかの感覚系……………………………………………………………………………… 193 第16章 カウンセリング基礎… …………………………………… 195 青根 未佳先生 [アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラー]   §1 ホリスティックケア・カウンセラーの役割… ………………………………………………195 §2 ホリスティックケア・カウンセラーの倫理… ………………………………………………196 §3 カウンセラーのパーソナリティ… ……………………………………………………………197 §4 カウンセリング技法… …………………………………………………………………………199 §5 カウンセリングのトレーニング… ……………………………………………………………204
  19. 19. §6 マッサージによるマウスケア 114 第 11章 マ ッ サ ー ジ 第 11 章 マッサージ 血 けっかい 海:膝の内側でやや上方のくぼみ 印 いんどう 堂:眉毛と眉毛の間 山 さんこん 根:鼻の頭の真ん中で、毛のある所とないところの境目 【ツボ・リンパ節・唾液腺】 参考文献 ・西田利穂著:「動物の基礎生理学セミナー」 インターズー 1998 年 ・石野孝、相澤まな ほか著:「ペットのための鍼灸マッサージマニュアル」 医道の日本社発行所 2012 年 ・石野孝、相澤まな著:「犬の肉球診断 Book」 医道の日本社発行所 2013 年 ・石野孝、相澤まな著:「猫の肉球診断 Book」 医道の日本社発行所 2014 年
  20. 20. 19 §1 アロマテラピーとペットアロマテラピー 第 10章 ア ロ マ テ ラ ピ ー 1 アロマテラピーとは? 最近になって、メディアでアロマテラピーがいろいろな形で取り上げられるようになって きました。精油(エッセンシャルオイル)がアロマやハーブのお店に並び、次々にいらっしゃ るお客様を出迎えています。 アロマは「芳香」、テラピーは「療法」のことで、合わせてアロマテラピーは芳香療法と いう意味です。アロマテラピーの精油は、心身の健康に役立ち、よい香りで生活を楽しくし てくれるものですが、すでに私たちは子どもの頃から、生活の中で知らない間に親しんでき たものもあります。 例えば、五月の節句に入る「菖蒲湯」、冬至の日に入 る「ゆず湯」も、その香りで心をリフレッシュし、含 まれた香りの成分が、その季節に応じて身体を整える よう作用しています。また、仏教の伝来とともにやっ て来たお香。私たちは今もお香の香りの中で、古 いにしえ の都 に懐かしさを感じるように心が落ち着きます。また、 ハーブティーを楽しまれている方も多いですが、香り を楽しみ、穏やかな薬効成分を身体に取り入れること も、広い意味でのアロマテラピーになります。 このように、私たちは生活の中で植物の恩恵を受けながらアロマテラピーを経験し、受け 継いできたわけです。そして今、「精油」という「香りの恵み」を、「私らしくあるために」、「私 たちが自然の一部であることを思い出すために」、「人とパートナーがいきいきと暮らしてい くために」役立てていくことが、この時代に必要とされている本当の意味での「癒し」につ ながっていくのではないかと思います。 香りのあるナチュラルな暮らしを一人でも多くの方が楽しまれることを心から願いつつ、 アロマテラピーのお話を始めていきましょう。 2 ペットアロマテラピーとは? それでは、コンパニオンアニマルのためのアロマテラピーはどのようなものか、人との関 係から見ていきましょう。現代はストレス社会といわれ、ストレスが原因で心や身体の病気 になる人が増えています。過度のストレスは、「ホメオスタシス(恒常性)」という人も動物 も生まれながらに持っている身体を正常に維持する仕組みを滞らせてしまい、心身に何らか §1 アロマテラピーとペットアロマテラピー 第10章 アロマテラピー
  21. 21. 159 §2 犬や猫のストレスケア 第 14章 犬 と 猫 の ス ト レ ス ケ ア 第 14 章 犬と猫のストレスケア 【1】カーミングシグナルのパターン  カーミングシグナル 1 【顔を背ける】  この動作は一瞬だけのときもありますし、もしくは背けた状態が少しの間続けられる こともあります。 ほかの犬と出会ったとき、 ◆敵意がないことを相手に示す場合 ◆ほかの犬と出会ったとき、相手が自分に敵意がない ことを示すシグナルを送っている場合 もしかしたら、相手の犬への近づき方が早すぎたり、 真正面から近づきすぎたりしたのかもしれません。あ なたが近づいたとき、相手の犬が目をそらす、顔を背 ける、または腰が引けるなど怖がったり不安そうにしたりしている場合、あなた の顔を犬から背けてあげましょう。  カーミングシグナル 2 【目を背ける】  顔を背けるのではなく、目だけを背けるカーミングシグナル。 ◆相手が真正面からいきなり近づいてきたとき ◆相手に真正面からじっと目を見られたとき 初対面の犬に対するダイレクトなアイコンタクトは避けましょう。 自分より高い目線、もしくは同じ高さの位置からじっと見つめられることは、犬 にとっては恐怖心を感じるものです。犬が少しでも怖がっている場合には、アイ コンタクトははずしてあげましょう。 どんなときに 私たちができること どんなときに 私たちができること

×