Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

関西匠塾20170906

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
BPStudy#101発表資料
BPStudy#101発表資料
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 19 Ad
Advertisement

More Related Content

Recently uploaded (20)

Advertisement

関西匠塾20170906

  1. 1. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 価値分析モデルを分析する 株式会社匠BusinessPlace 田中豊久 1
  2. 2. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 自己紹介 田中 豊久(取締役・BSI事業部長) 1999年 ソフトウェア開発会社に入社(勤務地は千代田区の市ヶ谷駅そば) 2000年 オブジェクト指向の勉強開始。独自フレームワークをいくつか開発 2003年 某化粧品会社のコールセンターシステムをJavaスクラッチで構築 2009年 Salesforceとの出会い 2010年 自社でSalesforce事業を行うチーム(といっても2名)を作って新規 事業開始 2011年 匠Methodとの出会い(社内研修) 2012年 要求開発アライアンスに初参加 2013年 匠道場第1期生として参加 2014年 匠道場師範代に就く 2015年 匠BusinessPlaceに入社 匠Method for Salesforceを作成 2017年 取締役に就任 今に至る 2
  3. 3. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 3 なぜ「価値」を 求めますか?
  4. 4. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 4 価値の高いシステムを実現したい
  5. 5. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 5 人が考えていることはバラバラ 他人とも、自分とも。 自動的に金額を計算して くれたらいいのに 私はみんなが入れたデータ を活用して新しいビジネスを 作りたい 残業したくないな 社員はわがまま ばかりだな 表出する要求 暗黙的 な要求 暗黙的 な要求
  6. 6. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 6 ビジネスで合意形成をするためには ゴールははっきりと持つ 途中のプロセスを 共有する (迷子にならない)
  7. 7. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 7 やってみよう 価値分析モデル
  8. 8. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 8 テーマ 関西匠塾の運営について
  9. 9. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 9 (時間がないので)できました
  10. 10. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 10 価値分析モデル を分析する
  11. 11. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 11 ステークホルダーの出し方について分析する 利害関係者を挙げること 利 害 レベルアップする (プラスからプラス) 課題を想定する 何かが改善される (マイナスからプラス) 問題と解決策を想定する ある程度 絞り込む (=狙う)
  12. 12. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 12 価値記述について分析する 文法 〇〇によって~ 〇〇なので~ 〇〇に~ 〇〇が~ 〇〇なってうれしい 手段 結果 場面
  13. 13. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 13 価値記述について分析する ワークショップで、教える 立場になることで、過去 の自分の経験が活かせ てうれしい ワーク ショップを やろう 教えあえる ようにしよ う 経験を話す ようにしよ う
  14. 14. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 14 価値記述について分析する 初心者が分かる内容で 教えてくれるので理解で きてうれしい ※場面が省略されている(「関西匠塾に参加すると」というのを入れても良い) 慣れてきたら 初心者コースを作ろ う
  15. 15. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 15 価値記述について分析する 手段 場面 結果 提供するモノ、サービスの 具体的な効果を描く 価値を具体化し、心で感じるために 利用方法、場面を描く 実現するための方法を描く 絵に描いた餅にならないように
  16. 16. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 16 目的について分析する 作り方は2種類 トップダウン ボトムアップ 目的 ミッションや企画意図 価値記述からの気づき 検証する 創発する
  17. 17. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 17 価値分析モデルについて分析する ①なぜ作るのか? プロジェクトの初期段階において、その目的を価値で検証し、 実現するゴールを絵に描いた餅にしないようにする。また、 モデリングの中で新たなニーズに気づくことにより、 チームメンバーのモチベーションを高める。 ②その効果は? 考えていなかった目的や手段の発見、逆に、無駄な目的の 発見はプロジェクトに大きな影響を与える。 また、価値記述の中での「楽しさ」を演出することにより、 クリエイティブな思考をし、アウトプットすることにためらい なくなる。結果、無駄なく価値の高いものを作ることができる
  18. 18. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 18 価値分析モデルは 楽しくやりましょう
  19. 19. Copyright (C) 2017 Takumi Business Place Corporation All Rights Reserved (無断複製/転載を禁じます). 匠には誰もがなれるわけではない 匠を目指そうとするものだけに、その権利は与えられる tanaka@takumi-businessplace.co.jp www.takumi-businessplace.co.jp というわけで実践です!

×