Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

大塚 清尊_インシデント対応の Dx化、デジタルトランスフォーメーションとは?

pagerduty

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

大塚 清尊_インシデント対応の Dx化、デジタルトランスフォーメーションとは?

  1. 1. Proprietary & Confidential インシデント対応の DX化、デジタルトランス フォーメーションとは? PagerDuty 2021年7月
  2. 2. Proprietary & Confidential 自己紹介 大塚 清尊 PagerDuty ソリューションズコンサルタント
  3. 3. Proprietary & Confidential 79% DevOpsやITのエンジニアはDX 化が2021年の企業のトッププライ オリティでありべきと感じている。 74% 日本国内企業がデジタルビジネ スのニーズに対するプレッシャー を感じている 62% DevOpsやITのエンジニアはイン シデント対応のために平均で週 10時間以上オーバーワークをし ている デジタル化需要の急増について PagerDutyが実施したアンケート (2020年及び2021年):企業のデジタルサービスに対するプレッシャーに ついて https://www.pagerduty.com/newsroom/pagerduty-survey-pressure-digital-services-2020/
  4. 4. Proprietary & Confidential 44% プロセスの自動化に対する投資 にフォーカス 60% 日本のCIOがクラウドサービスや ソリューションに対して投資に フォーカス 59% コアシステムの改善やトランス フォーメーションについての投資 にフォーカス 日本でのDX化トレンドについて 日本のCIOが2021年にフォーカスしているテクノロジー Source: Gartner (March 2021)
  5. 5. Proprietary & Confidential そもそもなぜクラウド化なのか Proprietary & Confidential CapexからOpexへの移行 イノベーションの加速化 スケーラビリティ・信頼性 ビジネスの敏捷性 各チームとの連携
  6. 6. Proprietary & Confidential DX化への道のり テクノロジー チーム要員 運用プロセス クラウドマイグレーションのチャレンジ
  7. 7. クラウドはダイナミックな環境 常に変化する マイクロサービ ス ハイブリッドな 環境の複雑 性 モニタリング・ 可視化ツール が多数必要 フェールオー バープロセス が一新 開発者の期 待値が高騰 セキュリ ティーに対す る懸念 テクノロジー ⸳ 変化する要素が多数 ⸳ インシデントが増加 ビジネス インパクト ⸳ インパクトに対する可視化不十分 ⸳ ダウンタイムが発生する頻度が増加
  8. 8. ハイブリッド環境のチーム構成 Network ⸳ コンプライアンス ⸳ コントロール ⸳ セキュリティ ⸳ カルチャーシフト ⸳ メンバーからの抵抗 ⸳ SLAs ⸳ アップスキル Security Apps & Services Database Servers シングル・チーム マルチ・チーム Cloud Security Apps & Services Database Servers Network Microservices Containers Social チーム要員 オンプレ ハイブリッド ビジネス インパクト
  9. 9. 一元化されたインシデントプロセスのリスク コンテキスト無しでトラ ブル通知 L1 トリアージ 15 mins 1 hour 10 mins 25 mins インシデントコマンダー SME ビジネスインパクトの把握 引継ぎ対応の情報まとめと依頼 解決ワークフローの実行 会議ブリッジの作成及びメンバー召集 30 mins 1 hour 2 hours 2 days ポストモーテム の作成 サイロ化された ステップ式プロセス ビジネスオーナーやステークホルダーへの 連絡や状況把握が素早く行えていない インシデント対 応 コンテキストが必要 追加で必要な要員 インシデント発生前の 変更情報 Social Containers Microservices Network Security Apps & Services Database Servers Cloud CI/CD Overwhelmed by new tech 運用 プロセス Business Impact
  10. 10. トリアージ オンコール担当 Service Service オンコール担当 Service オンコール担当 Service オンコール担当 Service オンコール担当 サービスオーナーシップのインシデントプロセス ~ 1 min ~ 1 min ~ 5 min P1 or P2 Social Containers Microservices Network Security Apps & Services Database Servers Cloud CI/CD ノイズ削減によりアクションが 必要なものを抽出 Incident Response Executives クリティカル インシデント Customer Service 2 hours ポストモーテム 作成 影響があるサービスに応じて対応 するチームへエスカレーション クリティカルな場合のチームメン バー召集を自動化
  11. 11. Proprietary & Confidential PagerDutyによるトランスフォーメーションの加速化 オーナーシップの 明確化 責任感の推進 状況の可視化 DevOps/Cloudへのプロセスシ フトをアシスト 稼働や対応状況をデー タとして定量化

pagerduty

Views

Total views

11

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

0

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×