Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第33回オウンドメディア勉強会_LT_翻訳会社での校正作業

118 views

Published on

第33回オウンドメディア勉強会「ミスがなくてアタリマエ!校正・校閲のツボ」でご紹介した内容です。

ダウンロードは自由にしていただいて問題ございませんが、再配布はご遠慮いただけると幸いです。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

第33回オウンドメディア勉強会_LT_翻訳会社での校正作業

  1. 1. 翻訳会社での校正作業 (株)シーブレイン ひらまあい
  2. 2. はじめに • 自己紹介 – ひらま あい • 2010~2013: IT企業/防衛系のシステムエンジニア • 2013~ : 株式会社シーブレイン IT翻訳事業部/プロジェクトマネージャー • 普段していること – 翻訳プロジェクトの進行 • お客様対応、翻訳者やレビューアの作業準備/発注、フィードバック反映... – 成果物の校正 • Webサイト、データシート、マニュアル、eラーニング、字幕... – 翻訳、翻訳チェック – オウンドメディア関連はおやすみ中
  3. 3. お話しする主な範囲 アミケン編集塾 第9回の資料から抜粋
  4. 4. 校正では すべて○○
  5. 5. 校正では すべて疑う 自分も信じない
  6. 6. 校正の対象と校正方法 • 校正の対象 – 表記揺れ • 送り仮名、全角/半角、略称、文字間のスペース、中黒(・)、用語... – 日本語の正確性 – 内容の正確性 – その他の見栄えの調整 対象 方法 ①ツール ②目視 表記揺れ ○ △ 日本語の正確性 △ ○ 内容の正確性 △ ○ その他の見栄えの調整 × ○
  7. 7. 校正の手順 ツールチェック 目視チェック ツール(機械)で検出できるものをまず確認してつぶし、 ヒトがノイズの少ない状態で確認できるようにする
  8. 8. ①ツールチェック • 市販のツール、Webツール、自作ツール • すべて仕組みは同じ:あらかじめ登録されたNG表現を機械で検出する – 表記揺れや誤字脱字に有効 – 基本的に検出のみ行う。置換はしないことが多い • 登録されているNG表現の数が検出数(≒品質)に直結する – 市販のツールはひととおり網羅されているので、それをメインとして使うことが多い – 自作ツールのみで対応するならがんばって蓄積する必要がある
  9. 9. ①ツールチェック 1. 市販のツール – Just Right!の例
  10. 10. ①ツールチェック 2. 自作ツール – 市販のツールの補助としても – 秀丸マクロ、VBA、Pythonなどの言語でプログラムを組んでNG表現を検出する – 正規表現の知識があると便利 • ex) ×「サーバ」○「サーバー」のときに「サーバ」のみを検出 • ex) 全角の数字をすべて検出 – Webで公開されているものも • 秀丸エディタ – マクロライブラリ – 「変換リストによる連続置換マクロ」は有名 • 翻訳支援環境 SimplyTerms – 用語集による一括置換 – PDFファイルから抽出したテキストの文字化け修正 – Webページの特殊文字→Shift JIS変換など • Wildlight – 辞書に従ってWordに蛍光ペンを引く
  11. 11. ①ツールチェック • ツールを探す/作る/活用するコツ – 何をどうしたいのかを具体的に整理してから行動する • ×品質を良くしたい • ○「水上」→「みなかみ」がほとんどなので「水上」を検出したい • ○全角文字を半角文字に置換したい • 目視で見つけたエラーをツールにNGとして組み込むとどんどん効率が上がる • スタイルを決めるとツールを活用しやすい – IT翻訳では企業ごとに「スタイルガイド」を作成している • スタイルガイドの例(Microsoft/日本翻訳連盟/弊社でたまに使う簡易版)
  12. 12. ②目視でのチェック 印刷してチェックすることを推奨 誤字脱字? 能動態?受動態? その他の文法ルール? 内容の正確性? 固有名詞? 見出しの統一? 用語/略称の統一? フォントの統一? 項番号? インデント?
  13. 13. ②目視でのチェック • 誤字脱字 – 平行/並行、確立/確率、用意/容易、効果/高価、仕様/使用、回答/解答、お話し/お話... – 熟語のあと • 迷いの痕跡が残りやすい。 – ex) 「使用を確認を」「AをBとで」 – てにをは – 同じ文字の連続★ • 特に改行で見落としやすい • 秀丸マクロでの検出例 – よく似た文字★ • べとベ • ダッシュと長音 ★:ツールで検出しやすい/したほうが効率が良い項目
  14. 14. ②目視でのチェック • 絶対に照合するもの – 固有名詞←公式情報 • 英字の場合は大文字小文字にも注意する – 数字←図との突き合わせ、再計算 – 他国語←辞書など – 略語
  15. 15. ②目視でのチェック • 慣用的なルール – ex) 呼応表現「なぜなら」~理由 • ×なぜなら、私は鴨です。 • ○なぜなら、私は鴨だからです。 – ex) 並記 • △林檎を投げたり、料理しました。 • ○林檎を投げたり、料理したりしました。 • わかりにくい表現 – こそあど言葉の多用 – 唐突な情報/情報不足 – 読点が多い/足りない – 「の」の連続 – 係り受け – 漢字を開く
  16. 16. ②目視でのチェック 言葉に違和感を覚えたら – 辞書を引く(Web) • 単語単位の場合は「○○ 国語」で辞書を検索できる • 「■■知恵袋」「教えて!■■」個人ブログは参考程度に、Wikipediaも△ – 同じような分野の既存の記事や情報に目を通す – コーパス(文脈を検索できるツール)を確認する • 「少納言」 – 特に言葉遣いについてはグレーなものも多いので訂正は慎重に • 「向上する」「向上させる」など
  17. 17. その他 • 校正力・校閲力を鍛えるために外せないポイント • 文章を書くときに気をつけるポイント – 新聞やちゃんとした本を読む – 書き方について • 作文の基本:「日本語の作文技術」 • ライティング:「ザ・コピーライティング」 – 新聞社や出版社からの発信情報をチェックする • twitter、facebook – 「日本語に関するコラムなどが掲載されているサイトのまとめ」 • 毎日メディアカフェ:不定期で記者報告会を開催(参加費無料) • 翻訳界隈でのセミナーも – 日本語ブラッシュアップセミナー(ベーシック編、表現重視編)

×