Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
【ミクロ分析レポート】
初級から上級への転換率を実現するためのユーザー分析
2016年5月1日
一般社団法人 ウェブ解析士協会 御中
もくじ
・・・ 1
・・・ 2
・・・ 5
・・・ 10
・・・ 16
・・・ 18
・・・ 26
・・・ 37
・・・ 40
・・・ 43
・・・ 44
・・・ 49
もくじ
エグゼクティブサマリー
分析対象ユーザーの選定
分析対象者の企業分...
エグゼクティブサマリー
2
【施策3】P.53 優先度:中 更新情報のメール案内機能を用意、
チェックのストレスを軽減かつ定期的なりマインドが可能に。
機会損失を防ぐ。
施策一覧
課題・施策・コスト
課題 施策
課題1:動画を見なくてもわ
かりやすく初級・上級の違い
を説...
分析対象ユーザーの選定
「ミクロ分析」対象ユーザーの3つの選定方針と対象ユーザーの決定
4
選定方針 その2:「上級講座に対する興味関心がある人」
定義1:「初級認定申請フォームを入力している」
【定義設定理由】
・サイトに訪れて「初級認定申請フォーム」にしっかり登録している人は意識が高い。
・また解析ツール側で「初級に合格した人」で...
3つの条件とそれを満たすユーザー
初級合格後、上級を申し込んでいない人。
上級講座に対する興味関心がある人。
企業研修で初級ウェブ解析士を受講していない人。
3つの条件
初級ウェブ解析士に合格した後に、上級ウェ
ブ解析士に申し込んでいない人を分...
分析対象者の企業分析
分析対象者が所属する「株式会社 」の基本分析結果
7
とは?
ウェブサイト基本ステータス
調査日:2016年4月29日
利用ツール:SimilarWeb / Ghostery
サイト導入タグ
広告出稿はせず流入は同業種サイトやブランド・商品名が大半。基本的な解析ツールを導入。
8
分析対象者の経路分析
分析対象者の経路分析をアクセス解析ツール「Sibulla」を利用して実現
9
経路データ
訪問タイミングと主要イベント発生日
訪問
日数
訪問日(曜日) 滞在時間
合計滞在時間
(分)
前回からの
訪問日数
閲覧主要コンテンツ
1 2015/12/25(金) 16:26:07 – 17:12:42 (47min) 47m...
4つのステージに分類
分析対象者の行動により4つのステージに行動を分類
訪問
日数
訪問日(曜日) 滞在時間
合計滞在時間
(分)
前回からの
訪問日数
閲覧主要コンテンツ
1 2015/12/25(金) 16:26:07 – 17:12:42...
ステージ1:初級受講(訪問日数1~7日目)
訪問日数:1日目(続き)
味はかなり高い
⑤
【1日目まとめ】リリース経由で解析の資格があることを知り、テキストをしっかり吟味。
動画や模擬試験も行い、受講の温度感も高まる。
1日目の気付き(続き)
...
ステージ1:初級受講(訪問日数1~7日目)
訪問日数:4日目(続き)
④5ページ目までしっかり閲覧
⇒なんとしても良い講師を見つけようと
考えている
⑤大岡講師のことが気になり126sec滞在
の上、受講者アンケートや関連記事など
も確認してい...
ステージ4:スケジュールだけ確認⇒温度感低(訪問日数19~24日目)
訪問日数:24日目
黒字=行われたアクション
緑字=対象者の気持ちや行動からの気付き
赤字=その日の訪問のまとめ
①いつものようにスケジュール確認。田
中講師及び田中講師の受...
ペルソナの設定
分析対象者のペルソナを設定し、コミュニケーションデザインと
コンセプトダイアグラムの形に落とし込む
15
企業分析とミクロ分析から見えてくる人物像
行動とそこから見える人物像
事実 人物像
16
分析対象ユーザーのペルソナ
ション課 ウェブディレクター
ゆうすけ)29歳 未婚 182cm 68kg
居住地: 東京都杉並区の1DKに在住 (会社から徒歩30分の距離)
略歴:
スキル: ウェブサイト作成(HTML / CSS / Wordp...
分析対象ユーザーのコミュニケーションデザイン
人間関係 メディア 行動
【新聞・雑誌】
日刊スポーツ
卓球王国・Number
Web Designing
【ネットメディア】
Web担当者フォーラム・naverまとめ
卓球王国Web・フモフモコラ...
分析対象ユーザーのコンセプトダイアグラム
受
講
意
欲
スキルアップ意欲
リニューアルプロジェクトに
向けてウェブ分析の
知識を身に着けたい
ウェブ解析士という
資格があるらしい
いろいろ資格や講座が
あってちょっとわかりにくい
けど、初級よ...
施策の提案
ミクロ分析 及び ペルソナの分析に基づく施策の提案
20
【施策3】優先度:中 更新情報のメール案内機能を用意、
チェックのストレスを軽減かつ定期的なりマインドが可能に。
機会損失を防ぐ。
施策一覧
課題・施策・コスト
課題 対策方針
課題1:動画を見なくてもわ
かりやすく初級・上級の違い
を説明出来...
施策4:初級受講希望者への紹介システム
施策イメージ
課題 根拠となる行動 対策方針
課題5:初級合格者が他の人
に対して気軽にオススメでき
るような方法は作れないか?
初級合格後に初級のスケジュール・コンテンツ・書籍
などを見る機会があるが、...
施策5:希望日登録掲示板+マスター立候補制度
施策イメージ
課題 根拠となる行動 対策方針
課題6:企業研修は会社で複
数名の参加が必要だが、担当
が少ない会社では実現しにく
い。
今回の対象者はウェブサイトの担当が少なく、受講者
も1名である...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Micro Report

786 views

Published on

Micro Report Sample

Published in: Internet
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Micro Report

  1. 1. 【ミクロ分析レポート】 初級から上級への転換率を実現するためのユーザー分析 2016年5月1日 一般社団法人 ウェブ解析士協会 御中
  2. 2. もくじ ・・・ 1 ・・・ 2 ・・・ 5 ・・・ 10 ・・・ 16 ・・・ 18 ・・・ 26 ・・・ 37 ・・・ 40 ・・・ 43 ・・・ 44 ・・・ 49 もくじ エグゼクティブサマリー 分析対象ユーザーの選定 分析対象者の企業分析 分析対象者の経路分析 経路データ ステージ1 ステージ2 ステージ3 ステージ4 経路分析サマリー ペルソナの設定 施策の提案 1
  3. 3. エグゼクティブサマリー 2
  4. 4. 【施策3】P.53 優先度:中 更新情報のメール案内機能を用意、 チェックのストレスを軽減かつ定期的なりマインドが可能に。 機会損失を防ぐ。 施策一覧 課題・施策・コスト 課題 施策 課題1:動画を見なくてもわ かりやすく初級・上級の違い を説明出来ないか。 課題2:講座の種類が多く、 改定も発生しており、混乱し やすい。整理が出来ないか。 課題3:よりわかりやすい認 定者の探し方が出来ないだろ うか? 課題4:毎回サイトに来てス ケジュールをチェックする手 間を減らせないだろうか? 課題5:初級合格者が他の人 に対して気軽にオススメでき るような方法は作れないか? 課題6:企業研修は会社で複 数名の参加が必要だが、担当 が少ない会社では実現しにく い。 課題7:情報収集だけで終 わってしまい、興味があった 時のアクションに繋がりにく いのでは。 【施策1】P.51 優先度:高 それぞれの講座の違いや、改定 がすぐにわかるようなページを1つ作成する。わかりやすい比 較表やインフォグラフィックなどを用意し、理解の促進+社内 での説得が行いやすいようなアウトプットを提供。 【施策2】P.52 優先度:中 認定者一覧の検索機能を充実させ て、探す手間を削減し、ストレスを軽減する。より的確でス ピーディーなマッチングを実現させる。 【施策4】P.54 優先度:中 初級合格者は、他の初級受講者希 望者を紹介できる制度を用意する(紹介キャンペーンの実施)。 【施策5】P.55 優先度:高 上級受講希望者が、希望日を登録 できる掲示板を用意。ある程度人数集まったら、マスター講師 の立候補が出来るマッチングシステムを用意。 【施策6】P.56 優先度:低 ニュース関連の記事は、必ず該当 する講座や今後の講座スケジュールページへのリンクや誘導を 行い、申し込みを図り上級誘導に繋げる。 コスト ※ 課題の根拠はP43を参照 ※ 詳細はP51~56を参照 3
  5. 5. 分析対象ユーザーの選定 「ミクロ分析」対象ユーザーの3つの選定方針と対象ユーザーの決定 4
  6. 6. 選定方針 その2:「上級講座に対する興味関心がある人」 定義1:「初級認定申請フォームを入力している」 【定義設定理由】 ・サイトに訪れて「初級認定申請フォーム」にしっかり登録している人は意識が高い。 ・また解析ツール側で「初級に合格した人」である事を証明可能。 定義2:「上級ウェブ解析士のコンテンツを複数回別日で見ている」 【定義選定理由】 ・合格後に上級ウェブ解析士のコンテンツを見ているという事は興味関心があること。 ・また1回の訪問での閲覧では「たまたま見た可能性(誤操作含む)」があるため、 それを排除するために複数回別日で、上級コンテンツを見ている人を選定する。 上級講座に対する興味関心がある人の定義 初級認定フォーム 入力人数 定義1及び定義2のベン図 上級ウェブ解析士のコンテンツ 複数回別日で見ている人数 両方の条件を 見たしている人数 集計期間:2016年1月~3月 利用ツール:Google Analytics 5
  7. 7. 3つの条件とそれを満たすユーザー 初級合格後、上級を申し込んでいない人。 上級講座に対する興味関心がある人。 企業研修で初級ウェブ解析士を受講していない人。 3つの条件 初級ウェブ解析士に合格した後に、上級ウェ ブ解析士に申し込んでいない人を分析すること で、上級ウェブ解析士への転換率Upを図る。 目的 3つの条件を満たす中から選定した人 6
  8. 8. 分析対象者の企業分析 分析対象者が所属する「株式会社 」の基本分析結果 7
  9. 9. とは? ウェブサイト基本ステータス 調査日:2016年4月29日 利用ツール:SimilarWeb / Ghostery サイト導入タグ 広告出稿はせず流入は同業種サイトやブランド・商品名が大半。基本的な解析ツールを導入。 8
  10. 10. 分析対象者の経路分析 分析対象者の経路分析をアクセス解析ツール「Sibulla」を利用して実現 9
  11. 11. 経路データ 訪問タイミングと主要イベント発生日 訪問 日数 訪問日(曜日) 滞在時間 合計滞在時間 (分) 前回からの 訪問日数 閲覧主要コンテンツ 1 2015/12/25(金) 16:26:07 – 17:12:42 (47min) 47min - ■ ※ 2 2016/02/09(火) 18:16:15 – 18:17:49 (2min) 2min 46day ■ 3 2016/02/15(月) 18:42:56 – 18:59:15 (16min) 20:46:21 – 20:46:25 (0min) 16min 6day ■ 4 2016/02/16(火) 10:19:53 – 10:20:45 (1min) 14:00:43 – 14:11:38 (11min) 17:39:44- 17:39:57 (0min) 12min 1day ■ 5 2016/02/18(木) 11:17:47 – 11:21:55 (4min) 4min 2day ■ 6 2016/02/19(金) 10:26:28(直帰) - 1day ■ 7 2016/02/24(水) 16:55:22 – 16:55:31(0min) - 5day ■ 8 2016/02/26(金) 09:56:45(直帰) 10:42:30 – 10:57:19 (15min) 12:59:01 – 13:41:08 (42min) 57min 2day ■ 9 2016/02/29(月) 13:50:47 – 13:58:59 (8min) 15:09:45 – 15:35:16 (26min) 17:14:01(直帰) 34min 3day ■ 10 2016/03/01(火) 11:00:59(直帰) 12:45:08(直帰) - 1day ■ ※ 11 2016/03/03(木) 10:21:21 – 10:24:34 (3min) 3min 2day ■ 12 2016/03/04(金) 16:37:31 – 17:15:26(38min) 38min 1day ■ ポ 13 2016/03/07(月) 10:23:59 – 10:30:17 (6min) 18:31:39 – 18:40:53 (9min) 15min 3day ■ 14 2016/03/09(水) 15:41:27(直帰) 17:37:09 – 17:39:07 (2min) 2min 2day ■ 15 2016/03/11(金) 13:13:21 – 13:14:40 (1min) 16:15:44 – 16:15:50 (0min) 1min 2day ■ 講 16 2016/03/15(火) 16:35:23 – 16:35:38 (0min) 0min 4day ■S 17 2016/03/18(金) 16:07:18 – 16:07:28 (0min) 0min 3day ■ 18 2016/03/22(火) 12:09:13(直帰) 16:21:14 – 16:22:25 (1min) 1min 4day ■ 19 2016/03/25(金) 18:02:36 – 18:03:01 (1min) 1min 3day ■ 20 2016/03/30(水) 10:52:10 – 10:52:18 (0min) 0min 5day ■ 21 2016/03/31(木) 10:16:28 – 10:33:46 (8min) 8min 1day ■ 22 2016/04/05(火) 09:14:43 – 09:15:31 (1min) 1min 6day ■ 23 2016/04/12(木) 10:19:43 – 10:20:50 (1min) 1min 7day ■ 24 2016/04/20(金) 20:18:22 – 20:19:30 (1min) 1min 8day ■ 該当ユーザーのログデータ 10
  12. 12. 4つのステージに分類 分析対象者の行動により4つのステージに行動を分類 訪問 日数 訪問日(曜日) 滞在時間 合計滞在時間 (分) 前回からの 訪問日数 閲覧主要コンテンツ 1 2015/12/25(金) 16:26:07 – 17:12:42 (47min) 47min - ■ ※ 2 2016/02/09(火) 18:16:15 – 18:17:49 (2min) 2min 46day ■ 3 2016/02/15(月) 18:42:56 – 18:59:15 (16min) 20:46:21 – 20:46:25 (0min) 16min 6day ■ 4 2016/02/16(火) 10:19:53 – 10:20:45 (1min) 14:00:43 – 14:11:38 (11min) 17:39:44- 17:39:57 (0min) 12min 1day ■ 5 2016/02/18(木) 11:17:47 – 11:21:55 (4min) 4min 2day ■ 6 2016/02/19(金) 10:26:28(直帰) - 1day ■ 7 2016/02/24(水) 16:55:22 – 16:55:31(0min) - 5day ■ 8 2016/02/26(金) 09:56:45(直帰) 10:42:30 – 10:57:19 (15min) 12:59:01 – 13:41:08 (42min) 57min 2day ■ 9 2016/02/29(月) 13:50:47 – 13:58:59 (8min) 15:09:45 – 15:35:16 (26min) 17:14:01(直帰) 34min 3day ■ 10 2016/03/0 (火) 11:00:59(直帰) 12:45:08(直帰) - 1day ■ ※ 11 2016/03/03(木) 10:21:21 – 10:24:34 (3min) 3min 2day ■ 12 2016/03/04(金) 16:37:31 – 17:15:26(38min) 38min 1day ■ ポ 13 2016/03/07(月) 10:23:59 – 10:30:17 (6min) 18:31:39 – 18:40:53 (9min) 15min 3day ■ 14 2016/03/09(水) 15:41:27(直帰) 17:37:09 – 17:39:07 (2min) 2min 2day ■ 15 2016/03/11(金) 13:13:21 – 13:14:40 (1min) 16:15:44 – 16:15:50 (0min) 1min 2day ■ 講 16 2016/03/15(火) 16 35 23 – 16:35:38 (0min) 0min 4day ■ 17 2016/03/18(金) 16:07:18 – 16:07:28 (0min) 0min 3day ■ 18 2016/03/22(火) 12:09:13(直帰) 16:21:14 – 16:22:25 (1min) 1min 4day ■ 19 2016/03/25(金) 18:02:36 – 18:03:01 (1min) 1min 3day ■ 20 2016/03/30(水) 10:52:10 – 10:52:18 (0min) 0min 5day ■ 21 2016/03/31(木) 10:16:28 – 10 33:46 (8m n) 8min 1day ■ 22 2016/04/05(火) 09:14:43 – 09:15:31 (1min) 1min 6day ■ 23 2016/04/12(木) 10:19:43 – 10:20:50 (1min) 1min 7day ■ 24 2016/04/20(金) 20:18:22 – 20:19:30 (1min) 1min 8day ■ ①初級受講して合格するまで ②初級合格 ⇒ 温度感高 ④スケジュールだけ確認 ⇒ 温度感低(来 ③情報や記事閲覧 ⇒ 温度感中(閲覧時間 該当ユーザーのログデータ 11
  13. 13. ステージ1:初級受講(訪問日数1~7日目) 訪問日数:1日目(続き) 味はかなり高い ⑤ 【1日目まとめ】リリース経由で解析の資格があることを知り、テキストをしっかり吟味。 動画や模擬試験も行い、受講の温度感も高まる。 1日目の気付き(続き) 黒字=行われたアクション 緑字=対象者の気持ちや行動からの気付き 赤字=その日の訪問のまとめ 12
  14. 14. ステージ1:初級受講(訪問日数1~7日目) 訪問日数:4日目(続き) ④5ページ目までしっかり閲覧 ⇒なんとしても良い講師を見つけようと 考えている ⑤大岡講師のことが気になり126sec滞在 の上、受講者アンケートや関連記事など も確認している ⇒大岡講師が良いのではという結論に至 り、Web担当者フォーラムの記事を確認 のため離脱 (Google アナリティクスで計測確認) ⑥引き続きスケジュールを確認 4日目の気付き(続き) 【4日目まとめ】上級講座を受けたいとい う意思を感じる。スケジュールを決める前 には、まずはどの講師から受けるべきかを しっかりチェックしている。最後に見た大 岡講師が候補になっている可能性が高い。 黒字=行われたアクション 緑字=対象者の気持ちや行動からの気付き 赤字=その日の訪問のまとめ 13
  15. 15. ステージ4:スケジュールだけ確認⇒温度感低(訪問日数19~24日目) 訪問日数:24日目 黒字=行われたアクション 緑字=対象者の気持ちや行動からの気付き 赤字=その日の訪問のまとめ ①いつものようにスケジュール確認。田 中講師及び田中講師の受講者アンケート をチェック。 ⇒いくつかの講師の中から、タイミング さえあえば受けても良い講師の幅を広げ たり、ニーズを探ったりしている。 24日目の気付き 【21日~24日目まとめ】訪問間隔も長くな り、だんだん熱が下がっていることがわか る。情報収集やニュース閲覧などはしなく なり、スケジュールだけ確認している。 この後、4月29日まで訪問が無いため、 ゴールデンウィーク明けで来なくなってし まう可能性もはらんでいる。 14
  16. 16. ペルソナの設定 分析対象者のペルソナを設定し、コミュニケーションデザインと コンセプトダイアグラムの形に落とし込む 15
  17. 17. 企業分析とミクロ分析から見えてくる人物像 行動とそこから見える人物像 事実 人物像 16
  18. 18. 分析対象ユーザーのペルソナ ション課 ウェブディレクター ゆうすけ)29歳 未婚 182cm 68kg 居住地: 東京都杉並区の1DKに在住 (会社から徒歩30分の距離) 略歴: スキル: ウェブサイト作成(HTML / CSS / Wordpress などを活用) サイトに「Google アナリティクス」「なかのひと」を導入したが使い こなすことが出来ていない。 性格: 上昇志向が強いが、コミュニケーション能力はそれほど高くなく、人に相談 をするのが苦手。卓球時代はストイックに練習していたため、自分のスキル アップを実現するために努力は惜しまない。ソーシャルメディアなども 使いこなし、スポーツ全般に関しての情報収集を行っている。また入社と 共にランニングを再開。会社には毎日ジョギングしながら通勤している。 現状の不満: 年功序列かつウェブを理解している人がほとんどいないため、相談相手が おらず孤独な戦いを強いられている。スキルアップをしながらも、解析の 知識を得たら、キャリアアップのため入社して1年近くだが転職も検討中。 17
  19. 19. 分析対象ユーザーのコミュニケーションデザイン 人間関係 メディア 行動 【新聞・雑誌】 日刊スポーツ 卓球王国・Number Web Designing 【ネットメディア】 Web担当者フォーラム・naverまとめ 卓球王国Web・フモフモコラム 【ソーシャルメディア】 Facebook・Twitter・LINE 【株式会社タマス内】 【利用アプリ】 SmartNews・Gunosy・YouTube DropBox・Evernote・パズドラ 【直属の上司】 プローモーション課 課長 マーケティング部 部長 社長 同期 ウェブサイト 制作会社 気になる 経理の女性 社外の 卓球仲間 記事から流入 解析士アカウ ントの投稿か ら流入 セミナーに 興味&参加 社内での人間関係はそれほど濃密ではないが、同じ時期に中途入社した同期とは情報交換を定期的に二人飲みで行っている。同期と同じ 部署にいる経理の女性が最近気になっている。ウェブサイト制作会社とは良い関係を気づけており、時々社内の愚痴も言ってしまう。卓 球仲間とは月2回ラケットを握って試合を楽しんでいる。情報収集は専門誌とマーケティング媒体を中心に活用しており、ウェブ解析士 を知ったのもネットメディアに掲載された記事がきっかけ。Twitterでは卓球に関する情報を発信しており、フォロワーは2,000人以上。 ここ半年でウェブ解析に興味を持ちだし、会社の理解が得られなかったため自腹で初級ウェブ解析士受講し合格するも、上級はまだ。 18
  20. 20. 分析対象ユーザーのコンセプトダイアグラム 受 講 意 欲 スキルアップ意欲 リニューアルプロジェクトに 向けてウェブ分析の 知識を身に着けたい ウェブ解析士という 資格があるらしい いろいろ資格や講座が あってちょっとわかりにくい けど、初級よさそうだ。 合格した!ほかの人にもぜひ オススメしたい資格だ。 この勢いで以前からチェック していた上級も受けるか よし、初級からまずは 受けるぞ! どの講師から受けようかな? いつ受けようかな? この講師よさそう。 でも、日程合わない。 困ったなぁ。 会社からお金出せないと言わ れた。自腹かぁ。いつか会社 を見返してやる! 講師、探しにくいなぁ。 何が違うのだろう? 評判とか見てみるか。 何度かチェックしているけど スケジュールあわないなぁ。 講師の範囲広げてみるか。 それでもあわないなぁ。 その間に しっかり情報収集 しておくか。 うーん、全然合わないし会社の理解も 得られていないし、企業研修も 難しいし、諦めようかな。 課題1 課題2 課題3 課題4 課題5 課題6 課題7 高 高低 低 詳しく見てみるか どうやってスキル 身に着けようかな? よし、決めた! 課長に申請しよう 自腹だし、一発で 受からないと! よしよし! このままいこうぜ! 誰がいいかなー? 探すの大変。 これいいのかな? 仕方ない、 勉強しておくか! もう1か月たつけ ど日程決まらない。 他に方法ないかな。 困ったなぁ。 八方ふさがりだ。 ポジティブな感情 ネガティブな感情 課題ポイント 19
  21. 21. 施策の提案 ミクロ分析 及び ペルソナの分析に基づく施策の提案 20
  22. 22. 【施策3】優先度:中 更新情報のメール案内機能を用意、 チェックのストレスを軽減かつ定期的なりマインドが可能に。 機会損失を防ぐ。 施策一覧 課題・施策・コスト 課題 対策方針 課題1:動画を見なくてもわ かりやすく初級・上級の違い を説明出来ないか。 課題2:講座の種類が多く、 改定も発生しており、混乱し やすい。整理が出来ないか。 課題3:よりわかりやすい認 定者の探し方が出来ないだろ うか? 課題4:毎回サイトに来てス ケジュールをチェックする手 間を減らせないだろうか? 課題5:初級合格者が他の人 に対して気軽にオススメでき るような方法は作れないか? 課題6:企業研修は会社で複 数名の参加が必要だが、担当 が少ない会社では実現しにく い。 課題7:情報収集だけで終 わってしまい、興味があった 時のアクションに繋がりにく いのでは。 【施策1】優先度:高 それぞれの講座の違いや、改定がすぐ にわかるようなページを1つ作成する。わかりやすい比較表や インフォグラフィックなどを用意し、理解の促進+社内での説 得が行いやすいようなアウトプットを提供。 【施策2】優先度:中 認定者一覧の検索機能を充実させて、 探す手間を削減し、ストレスを軽減する。より的確でスピー ディーなマッチングを実現させる。 【施策4】優先度:中 初級合格者は、他の初級受講者希望者 を紹介できる制度を用意する(紹介キャンペーンの実施)。 【施策5】優先度:高 上級受講希望者が、希望日を登録でき る掲示板を用意。ある程度人数集まったら、マスター講師の立 候補が出来るマッチングシステムを用意。 【施策6】優先度:低 ニュース関連の記事は、必ず該当する 講座や今後の講座スケジュールページへのリンクや誘導を行い、 申し込みを図り上級誘導に繋げる。 コスト 21
  23. 23. 施策4:初級受講希望者への紹介システム 施策イメージ 課題 根拠となる行動 対策方針 課題5:初級合格者が他の人 に対して気軽にオススメでき るような方法は作れないか? 初級合格後に初級のスケジュール・コンテンツ・書籍 などを見る機会があるが、そこからアクションに繋 がっていない。 【施策4】初級合格者は、他の初級受講者希望者を紹介できる 制度を用意する(紹介キャンペーンの実施)。 残り3人まで紹介可能です 紹介した人が専用コードを入力して申し込むと、 【受講者】 初級テキストをプレゼント 【●●さん】 1人:上級講座5,000円割引 2人:上級講座10,000円割引 3人:級講座15,000円割引 コード付きのメールを送る コード付きの申込表を印刷する 受講希望者も合格者も、 どちらにとってもメリットがあり モチベーションが上がる内容を インセンティブとする 簡単に案内が可能 マイページ画面 22
  24. 24. 施策5:希望日登録掲示板+マスター立候補制度 施策イメージ 課題 根拠となる行動 対策方針 課題6:企業研修は会社で複 数名の参加が必要だが、担当 が少ない会社では実現しにく い。 今回の対象者はウェブサイトの担当が少なく、受講者 も1名であることが想定される。しかし企業研修のコ ンテンツを複数社しっかりみている。 【施策5】上級受講希望者が、希望日を登録できる掲示板を用 意。ある程度人数集まったら、マスター講師の立候補が出来る マッチングシステムを用意。 講座の種類 希望日 希望開催都道府県 送信 ▼ ▼ ▼ 1)受講希望者が条件を入力 2)カレンダーで人数が公開 日にち 種類 場所 人数 3/12 初級 東京 2 3/17 上級 静岡 3 3/20 上級 大阪 1 3/22 初級 兵庫 2 3/22 上級 福岡 4 3)マスターが開催判断・立候補 日にち 種類 場所 人数 3/12 初級 東京 2 3/17 上級 静岡 3 3/20 上級 大阪 1 3/22 初級 兵庫 2 3/22 上級 福岡 4 23

×