Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【Unityインターハイ2019】「Casting shadows」 プレゼン資料

13 views

Published on

Unityインターハイ2019プレゼン発表会本選で使われたプレゼン資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【Unityインターハイ2019】「Casting shadows」 プレゼン資料

  1. 1. 〜CASTING SHADOWS〜 神奈川総合産業高等学校:チーム「LiSA校エレ部Unity班」 油井太一郎
  2. 2. ⽬次 ゲーム概要 レベル デザイン 簡単なゲームの説明 ゲームを作るにあたって気を付けたこ とについて
  3. 3. ゲーム概要
  4. 4. ゲーム概要 謎の施設に囚われた主⼈公が、⾃⾝がいつの間にか持っていた 不思議な⼒を⽤いて施設から脱出を試みるパズルゲーム。 ここは…どこなの…?
  5. 5. ⼒を⽤いることでしばらくの間影となる! 影の状態で⾒ると通路になっていて、通れ るように︕ 不思議な⼒のおかげで… 普通の視点だとただの⾏き⽌ まりのようだが…
  6. 6. レベルデザイン
  7. 7. 初⼼者にも上級者にも快適さを (例えば)最初のステージにおいて… いきなり⾊々な ギミックが︕ 初⼼者はどうすれば いいのか分からない ゲーム得意な⼈で あってもわかりづらい
  8. 8. 新しいギミックを出すときには 必ずそのギミックだけでステージを⼀つ作るように 新ギミック 登場 ギミックを使い ステージ攻略 次回以降で 他のギミックと ⼀緒に登場 ひとつずつ覚えさせる作り
  9. 9. ⼀回解いてもまた遊べるように パズルゲームだと⼀回解いたら終わりになってしまう タイムアタック要素でタイムを競うことでも遊べるように︕
  10. 10. デザイン 今回のゲームでは、グラフィックの「⾃作」を⽬指した︕ ステージに使うためのマップチップ ギミック キャラクター (アニメーション⽤にたくさん)
  11. 11. ステージ作成の最適化 ⼀つのプログラムでギミックを様々な状況で使えるように改良。 ↑「TS_FN」というBoolをつくり、これで表や影の対応を楽に。 TileMapを活⽤して、ステージを作成。 →ステージの作成がしやすくなり、修正も容易なので 難易度調節に使える時間を増やせた。
  12. 12. まとめ ①誰でも徐々に進めることができるように意識したステージ。 ➁ギミックは⼀つずつ楽しんでもらえるように意識。 ③タイムアタック要素でクリア後も楽しめるように。

×