Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

FOSS4G 2018 Hokkaido

83 views

Published on

『オープンデータを活かす地図の新しい表現方法』
OpenStreetMapから取得できる道路ネットワーク情報をベースに作った、今まで整備されているよりも小さい単位の区画データ「Marble block」。地図の新しい表現方法を使ってビジネスの現場でのオープンデータ活用推進の取り組みをご紹介します

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

FOSS4G 2018 Hokkaido

  1. 1. オープンデータを活かす地図の新しい表現⽅法 15:55 - 16:10 代表取締役 佐合 純 2018.06.23 @ FOSS4G Hokkaido
  2. 2. About iC! Inc. 「FileMakerの可能性を広げるような地図サービスを作りたい」 と2017年にiC株式会社を設⽴し、2018年にはIT'S MMC社と 共にGeo Connection APIサービス「marble+」をリリース 今夏はアメリカで開催されるDeveloper Conferenceにも出展 iC FileMaker
  3. 3. FileMakerって何?・・・
  4. 4. 『カード型のデータベースね』 ←20年前から更新されていない知識です 『Accessみたいなやつね』 •Appleの100%⼦会社 •今年で33年⽬ •⾼速アプリケーション開発ツール(Rapid Application Development) •データベースエンジンもUIも⼀つの環境で構築 •他⾔語や他サービスとの連携が可能 •Windows / Mac / iOS / Webで動くシステムを作れる •近年はほぼ年1回のペースで新機能がリリースされている
  5. 5. FileMakerの製品構成 •FileMaker Pro 17 •FileMaker Pro 17 Advanced •FileMaker Go 17 •FileMaker Server 17 クライアント 開発⽤クライアント iOSクライアント(iPhone/iPad) サーバ(Web公開にも)
  6. 6. FileMaker Server 17 FileMaker Pro 17 FileMaker Pro 17 AdvancedFileMaker Pro 17FileMaker Go 17ブラウザ FileMakerの製品構成
  7. 7. AWS Marketplaceを通じて提供され、AWSクラウド上で稼働します
  8. 8. ユーザー⾃⾝でもメンテナンスできる それがFileMakerの魅⼒
  9. 9. あ、あとちなみに。 FileMaker Pro Advanced は、SQL データソースにライブ接続できます
  10. 10. 本題へ
  11. 11. 地図の新しい表現⽅法
  12. 12. 株式会社イッツ・エムエムシーが開発した 新しい地図の区画表現 = marble
  13. 13. 現在整備されている区画領域
  14. 14. 「marble block」はより⼩さい区画を整備
  15. 15. OpenStreetMapから取得した 道路ネットワーク情報をベースに区画データを細分化
  16. 16. で、何がどうなるの?
  17. 17. ① 地図を汚さない
  18. 18. こんなやつ
  19. 19. 指定避難場所とか 学校の場所とか 病院の場所とか いっぱい情報重ねたらごちゃごちゃして分からない
  20. 20. ビジネスで使う時 ⾃分たちが管理しているコンテンツ情報 なんでもない事かもしれないけれど、これ結構重要 を⽬⽴たせたい
  21. 21. オープンデータを重ねてより価値ある情報を⾒よう! に⾃分たちが管理しているコンテンツ情報
  22. 22. ② 区画単位のジオフェンス
  23. 23. 割愛
  24. 24. ③ より細かい商圏分析
  25. 25. これも割愛
  26. 26. ④ ⾃由に歩けるナビ
  27. 27. !function() { // ピン(マーカー)のデータ var myMarkers = [ { position: [60.142568, 24.989571], title: ‘dammy spotA' }, { position: [60.145866, 24.989367], title: ‘dammy spotB’ } ]; function initialize() { var myLatlng = new google.maps.LatLng(60.1500745,24.978537); // Map Options var mapOptions = { center: myLatlng, zoom: 14 }; // Map var map = new google.maps.Map(document.getElementById('map-canvas'), mapOptions); // Add markers for(var i=0, l=myMarkers.length; i<l; i+=1) { var markerData = myMarkers[i], marker = new google.maps.Marker({ position: new google.maps.LatLng( markerData.position[0], markerData.position[1] ), title: markerData.title, map: map }); // addListener google.maps.event.addListener(marker, 'click', function() { showInfoWindow(this); }); } } } } google.maps.event.addDomListener(window, 'load', initialize); }(); こんなJavaScriptを頑張って書けば 複数PINを⽴てたり アイコンを変えたり 吹き出しをカスタマイズしたり 緯度経度を取得したり 地図のデザインを変更したり 仕事で地図を使う事はできます
  28. 28. ユーザー⾃⾝でもメンテナンスできる それがFileMakerの魅⼒
  29. 29. 少なくとも私は出会わなかった JavaScriptの書ける事務員に
  30. 30. marble+[マーブル プラス] Powered By ITS' MMC MARBLE™
  31. 31. ・FileMakerの顧客情報を地図上にマッピングする ・地図をクリックしたら新しい情報が登録できる
  32. 32. ・ポップアップにHTMLを設定できる = FileMakerのスクリプトを動かせる
  33. 33. = 外部サービスとも連携ができる ・ポップアップにHTMLを設定できる
  34. 34. ベースの地図をOpenStreetMapにすることも可能 (というかスタートはそこだった)
  35. 35. 地図の情報が⾜りない…と⾔う企業さんには マッピングパーティーを推奨しています☻

×