Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Sre wi2 20180517

52 views

Published on

SRE Team of Wire and wireless Co.,Ltd

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Sre wi2 20180517

  1. 1. 1Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved SRE取り組み 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス 技術運⽤本部 加藤 孝司
  2. 2. 2Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved Wi2のサービス ① 公衆Wi-Fiサービス 「Wi2 300」 カフェなどの飲⾷店、公共交通機関などを中⼼に、国内最⼤規模のエリアを展開。ベーシックエリア で約6万、オプション(プレミアム)エリアを含めると20万以上のWi-Fiスポットが利⽤可能。 国内最⼤級のエリア展開 ⽉額362円(税別)でベーシックエリアが使い放題の「 Wi2 300 ⽉額定額プラン」の他、オプション エリアも含め利⽤可能なワンタイムプラン(6時間〜1週間)など、多彩なプランをご⽤意。 ユーザーの利⽤シーンに合わせて選択が可能。 多彩な料⾦プラン スマートフォン、タブレット、PCなどWi-Fi搭載端末であればほぼすべてのデバイスで利⽤可能。 デバイスフリー、キャリアフリー
  3. 3. 3Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved Wi2のサービス ② オリジナルWi-Fi 企業・⾃治体等のお客様が指定するWi-Fiアクセスポイントにおいて、独⾃のSSIDを設定することに より、ニーズ・ご要望に応じてカスタマイズしたWi-Fiサービスの提供を⾏うソリューション。 Wi-Fiアクセスポイントのインフラ構築からサービス構築、運⽤までワンストップで提供致します。 来店者、来訪者の利便性UP! スターバックスコーヒージャパン様 京都市様 ドン・キホーテ様
  4. 4. 4Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved Wi2のサービス ③ 訪⽇外国⼈向け Wi-Fi Wi2が提供する全国最⼤20万か所以上の Wi-Fiスポットへの無償⾃動接続機能と、 観光情報や施設情報等の配信機能を備えた 訪⽇外国⼈向けスマートフォン・アプリ 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」を核とした インバウンド関連ビジネスを提供します。 スマートフォン・アプリを 媒体とした⾰新的なエコシステム 提供開始1年で 累計100万DL突破!
  5. 5. 5Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 技術運⽤本部 n ⼈員 n ネットワーク 10名 n アプリ・インフラ 40名 n 開発 n 検証 n 基盤構築・運⽤ 8名 n SRE 2名?
  6. 6. 6Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 業務役割 AWS cloud
  7. 7. 7Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 〜SREとして始動するまで〜
  8. 8. 8Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 2013末年オンプレからクラウドへ移⾏開始 クラウドになったら・・・ ・負荷に合わせてインスタンスが自動的に増減♪ ・インスタンスの構築も簡単♪ ・異常が起きたらインスタンス再起動で復旧♪ ・コストも削減♪
  9. 9. 9Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 概要図 Ccnsumer-A MQ Consumer-B corporate data center Availability Zone B Ccnsumer-A MQ Consumer-B Availability Zone C Amazon ElastiCache
  10. 10. 10Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 2014年秋 〜 ⼀部 AWS へ移⾏開始 通勤時間の負荷に耐え切れず 毎日手動で再起動・・・ (おうとすけーりんぐってなに・・・)
  11. 11. 11Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 2014年秋 〜 ⼀部 AWS へ移⾏開始 とりあえず増やせ!数の力でなんと かするんだ! (こすとさくげんってなに・・・)
  12. 12. 12Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 概要図 MQ corporate data center Availability Zone B Availability Zone C Amazon ElastiCache MQ MQ MQ MQ MQ
  13. 13. 13Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 2014年秋 〜 ⼀部 AWS へ移⾏開始 あれ・・・?クラウドの利点って何だっ け・・・?
  14. 14. 14Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 2014年冬 〜 訪⽇外国⼈向けアプリリリース
  15. 15. 15Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 2015年夏 〜訪⽇外国⼈向けアプリv2リリース キャンペーンを打つたびに、負荷で ダウン! (おうとすけー・・・数の力で勝負!) コスト(笑)
  16. 16. 16Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 2015年夏 〜 ⼤型案件を AWS へ移⾏ 負荷試験を本番環境と同等以上で 試験を実施しスムーズな移行へ! (数の力で乗り越える!コスト(笑))
  17. 17. 17Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 2016 〜 現在 ・変わらず問題は山積みですが、少しずつ安定・・・ ・痛みを伴いましたが、 AWS の知識も少しずつ蓄積・・・ ・デプロイツールの導入 ansible ・タスク管理ツール Redmine ・構成管理ツール導入 Gitlab ・アプリTとインフラTの合併
  18. 18. 18Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 技術運⽤本部 n ⼈員 n ネットワーク 10名 n アプリ・インフラ 40名 n 開発 n 検証 n 基盤構築・運⽤ 8名 n SRE 2名?
  19. 19. 19Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 概要図 認証システム Amazon ElastiCache Amazon RDS Amazon S3 Elastic Load Balancing Amazon Route 53 instances corporate data center Amazon CloudWatch
  20. 20. 20Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 概要図 TJW corporate data center Amazon ElastiCache Amazon RDS Amazon API Gateway TJW Amazon DynamoDB Amazon S3 Elastic Load Balancing Amazon Route 53 AWS Lambda instances Amazon CloudWatch Amazon SQS
  21. 21. 21Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved チーム業務 n サーバプロビジョニング・デプロイ環境整備 n 監視設計、運⽤ n 開発環境整備 n ログ収集・分析基盤の構築・運⽤
  22. 22. 22Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved ⼯程・ツール ⼯程 対象 アウトプット ツール ソースコード バージョン管理 ビルド デプロイ インフラ構築/設定 ソースコード(テストコード含む) デプロイテンプレート 環境パラメータ、コンフィグ コンパイル テスト(単体/結合) パッケージング ユニットテスト OS/ミドルウェア設定 アプリケーション NW機器 EC2、ECS、ELB、RDS、 ElastiCache その他AWSサービス リポジトリ アーティファクト テスト結果 デプロイ結果 テスト結果 スタック インスタンス GitLab Maven / Gradle、Jenkins JUnit, Selenium Ansible CodeDeploy CloudFormation Ansible CloudFormation
  23. 23. 23Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 問題その1 障害対応
  24. 24. 24Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 監視設計、運⽤ n 障害発⽣ n Zabbix 連携 n ⼀時切り分け対応開始 n エスカレーション n 対象サーバにSSHログイン n ⼿順書による作業
  25. 25. 25Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved ⾃動運⽤保守 n 障害発⽣ n Zabbix 連携 n デプロイツールによるプロセ ス⾃動再起動開始
  26. 26. 26Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 運⽤保守・課題 • リソース監視はできている • プロセス状態も監視できている • ユーザの体感速度はどうなのか
  27. 27. 27Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 運⽤保守・課題 • AppDynamics の導⼊
  28. 28. 28Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 運⽤保守・課題 n Rate n Errors n Latency n Saturation
  29. 29. 29Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 運⽤・監視
  30. 30. 30Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 問題その2 開発環境の動作不良
  31. 31. 31Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 開発環境整備 before ・AWS CLI/Shell Script/Ansibleなどで運用し て環境をプロビジョニン グ ・誰もが好きに触れる環 境で あり動作が不安定、設定 に 差分が発生しやすい
  32. 32. 32Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 開発環境整備 after ・Jenkins,CloudFromation を用いたオーケストレーショ ンツールで Infrastructure as codeの導入 ・一面しかなかった環境を 複数作れるような仕組みに 改修
  33. 33. 33Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 今更ですが、SREとは何か
  34. 34. 34Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved SREチームとは n 可⽤性の確保 n レイテンシの低減 n パフォーマンスの管理 n 作業の効率化 n 変更管理 n モニタリング n 障害対応 n キャパシティ管理 n ソフトウェア開発の能⼒
  35. 35. 35Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved SREチームとは n プログラミングができる n コードが書ける n フルスタックの能⼒が求められる n 何でもやりたい n 新しいことに挑戦したい n 変化を怖がらない n 決して無鉄砲なわけではなく、リスクを抑えた上で攻められ る、ある程度の失敗経験も必要
  36. 36. 36Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved Wi2 が求める SRE チームとは
  37. 37. 37Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved なんでも屋♪
  38. 38. 38Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved Wi2 SREチーム n アグレッシブ n 新サービスへの挑戦 n トイル撲滅 n SLO(Service Level Objectives)の策定
  39. 39. 39Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 1 動画閲覧を中心に 大容量トラフィックユーザが増大 急拡大する国内格安スマホ(M VNO)市場 0.0 100.0 200.0 300.0 400.0 500.0 600.0 700.0 800.0 900.0 1,000.0 2014年3月末 14年9月末 15年3月末 15年9月末 16年3月末 16年9月末 17年3月末 17年9月末 *引用:MM総研国内MVNO市場規模の推移(2017年9月末) [百万回線] 1 ,0 0 0 万回線突破目前 [IoT利用回線除く] でも、通信料金はセーブしたい 速度制限を回避したい、 というニーズも拡大 このニーズに対応する新たなスマホアプリを3 月1 日リリース! * Go o g lePlay 先行(Ap p Sto reは近日予定) (ネットニュースよりタイトル抜粋) Ø10代~20代の女性6割が「ギガ死」経験 Øギガが足りない! 中高生の30% 弱が2~3か月に1回は通信速度制限 Ø動画視聴、10代の85.8%はスマホ使用…内92 .2%はYouTub eアプリ保有 ・・・など、若年層を中心に「スマホによる動画視聴」「ギガ不足」の傾向 「ギガぞう」サービスの開発
  40. 40. 40Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 『ギガぞうアプリ』 サービスの特徴 「ギガぞう」は“W i-Fi”と“LTE”双方の通信を、「安全」「便利」「お得」にご利用いただけるよう、サポートするサービスです。 1 .W i-Fi通信を安全、便利に W i-Fiを安心してご利用いただくために、W i2が提供する飲食チェーン店にて 『ギガぞう専用』に新たに整備した 高セキュリティ(W PA2エンタープライズ)W i-Fiへの自動接続だけでなく、 暗号化なしのW i-Fi接続には、VPNを活用したセキュリティ機能搭載。Free W i-Fiへも安心してつなぐことができます。 2 . LTE通信の最適化 LTE通信の際、動画視聴時に余分な通信を増やす再送の抑止やキャッシュによる通信量の節約、静止画やテキスト データの通信におけるデータの圧縮など、品質を落とさずにデータ通信量を適切にコントロールします。 これにより、通常のLTE通信時よりも、最大約20%*1の通信量の圧縮が可能となり、データ容量の節約効果を発揮します。 < アプリホーム画面イメージ> 現在のアプリの状態を 表示します 通信量の節約効果を 表示します *1 動画視聴テストにおける当社調べ 「ギガぞう」サービスの開発
  41. 41. 41Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved 概要図 ギガぞう corporate data center Amazon ElastiCache Amazon RDS Amazon API Gateway ギガぞう Amazon S3 Amazon Route 53 AWS Lambda instances Amazon CloudWatch AWS Batch Application Load Balancer Amazon ECS
  42. 42. 42Copyright© Wire and Wireless All Right Reserved ご清聴ありがとうございました

×