Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

NDS56_(1)わたしがみんなにオススメする_仕事に役立つEXCELの機能

24 views

Published on

2018年7月7日(土)NDS発表資料

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

NDS56_(1)わたしがみんなにオススメする_仕事に役立つEXCELの機能

  1. 1. わたしがみんなにオススメする 仕事に役立つEXCELの機能 #NDS56 #スーツネタ担当 #長岡市内某SIer勤務 #なんちゃって役員 #PM #娘LOVE #次はスーツ以外で 16 PAGES (2018/07/07)作成 石橋 宏之
  2. 2. 今日の内容 1. 作成する資料はEXCELが多め 2. みんな大好きショートカットキー 3. クイック アクセス ツール バーを使おう 4. SUMPRODUCT 5. PIVOTテーブル 6. 条件付き書式 7. まとめ 2 PMは必要だけど無駄なコスト / 効率よく対策を打って楽をする⇒コスト低減⇒ウハウハ
  3. 3. 作成する文書はEXCELファイルが圧倒的に多い 3 実際の案件で共有フォルダのファイル拡張子をカウントした結果 / 思ったより多かった 拡張子 個数 / ファイルPath xlsx 2209 xls 546 txt 297 xlsm 239 docx 15 pptx 5 docm 3 ppt 1 総計 3315 EXCEL一族で91%
  4. 4. みんな大好きショートカットキー 4 マウスなんて飾りです/他にも「Alt+s,E」「f2」「Alt+w,f」「Alt+d,f,f」「Ctrl+p」… 操作 効果 Ctrl + f / Ctrl + h 検索 / 置換 Ctrl + ; 今日の日付 Ctrl + d 1行上のセルをコピー(範囲指定で連続コピー) Ctrl + r 1行左のセルをコピー(〃) Shift + space 行全体を選択(IMEはオフ) Ctrl + space 列全体を選択 Shift + f2 コメントの挿入 f4 直前の操作を繰り返す(redo) Ctrl + 5 字消し Ctrl + 1 セル書式 Alt + = 合計 Σ Shift + Alt + → グループ化 Ctrl + g, Alt + s, Alt + b , Enter ジャンプ – オブジェクト全選択
  5. 5. 5 ファイル – オプション で指定 ※マウスのほうが楽なこともある よく使う機能は「クイック アクセス ツール バー」へ 深い階層の機能がツールバーへ表示される ⇒ 便利!
  6. 6. SUMPRODUCT = Sum(合計) + Product(積)  構文:SUMPRODUCT(配列 1, [配列 2], [配列 3], ...)  指定した配列の積 を 合計 6 PRODUCT関数:範囲内の積 PRODUCT(B2:D2) = B2×C2×D2 単価×数量の合計 各行で掛けて合計することと同じ
  7. 7. SUMPRODUCT 応用 条件式 「条件」+「*」+「合計範囲」⇒条件に合致した場合のみ合計 7 True=1, False=0の仕様を利用して条件に合致した場合のみ値を算出します 国籍=アメリカのスポーツ選手の年収 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E9%81%B8%E6%89%8B%E9%95%B7%E8%80%85%E7%95%AA%E4%BB%98
  8. 8. SUMPRODUCT 応用 複数の条件式 「*」でつなげた複数の条件がすべてTrueの場合のみ合計 8 SUMIF/SUMIFSでも同じことはできる 国籍=アメリカ & スポーツ=ゴルフのスポーツ選手の年収
  9. 9. SUMPRODUCT 応用 条件式でバーンダウンチャート 9 コツ:範囲に名前をつけ配列に使って間違い防止 ∵配列の要素数は一致してないとエラー ①開始済み ①&②&③の場合 日数ポイントを掛ける 名前定義 終了日が②4/6~③4/12 ガントチャートへ入力した予定・ 実績から対象期間のポイント集計 バーンダウンチャート 週ごとのポイント (予定・実績)タスク消化状況を把握して テコ入れの要否が分かる!
  10. 10. PIVOTテーブル 10 Pivot:旋回する ※バスケ:片足を軸足としてフロアに固定し もう一方の足を動かすこと 思いついた観点で集計・カウント
  11. 11. PIVOTテーブルの作り方 11 手元の表から作ってみよう 1. 挿入 – ピボットテーブル 2. 範囲指定 → OK 3. フィールドを指定
  12. 12. PIVOTテーブルで要因分析(仮説検証) 12 ✕ 多い ⇒ 能力が低い ○ 多い ⇒ 要対策 ∵ 担当した作業のボリューム・難易度を考慮 バグの偏りを確認:担当者・週ごとのバグ数を検証 品質を向上させるための有効な対策が打てる!
  13. 13. 条件付き書式(Alt → o → d) 13 よく使う条件付き書式は「書式コピー」で使用するためにまとめておくと便利 指定した条件の時に有効となる書式設定 1つ上のセルと値が 同じ時 ・文字を薄い灰色 ・上罫線は無し 正規化した表でも 見やすくなる
  14. 14. 条件付き書式 アイコンセット 14 Excel2007から使える / ウォーターフォールなんて机上です 進捗率=実績/予定 消化率=実績/対象 複数サブシステム・工程を同時進行しても状況を把握
  15. 15. 条件付き書式 アイコンセットの指定 15 しきい値は個人の見解です シグナルや4分割チャートで分かりやすく! ●:85%~ ●:60~84% ●:~59% 4/4:90%~ 3/4:65~89% 2/4:38~64% 1/4:13~37% 0/4:~12% 見やすい表で調整が必要な箇所が分かる!対策の有効性を確認できる!
  16. 16. まとめ「エクセルすげぇ」⇒ もっと使おう 16 Office2019は2018年後半にリリース / 次期ExcelはPython搭載?! オ レ は よ う や く の ぼ り は じ め た ば か り だ か ら な こ の は て し な く 遠 い エ ク セ ル 坂 を よ ・・・ 未 完

×