Successfully reported this slideshow.

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Linux#4

  1. 1. MariaDBサーバーソフトウェア mariadb-server のインストール dnf list vsftpd 「利用可能なパッケージ」として表示されることを確認します。 dnf install vsftpd MariaDBをインストールするために必要な依存パッケージも同時にインストールされます 。 「完了しました!」と表示されたらインストール完了です。 DBサーバーのインストール1 利用可能なパッケージ mariadb-server.x86_64 3:10.3.17-1.module_el8.1.0+257+48736ea6 AppStream perl-Unicode-Normalize-1.25-396.el8.x86_64 perl-constant-1.33-396.el8.noarch perl-interpreter-4:5.26.3-416.el8.x86_64 perl-libnet-3.11-3.el8.noarch perl-libs-4:5.26.3-416.el8.x86_64 perl-macros-4:5.26.3-416.el8.x86_64 perl-parent-1:0.237-1.el8.noarch perl-podlators-4.11-1.el8.noarch perl-threads-1:2.21-2.el8.x86_64 perl-threads-shared-1.58-2.el8.x86_64 psmisc-23.1-4.el8.x86_64 完了しました! 手順1 [root@suzukto ~]# dnf␣list␣mariadb-server 手順2 [root@suzukto ~]# dnf␣install␣mariadb-server [root@localhost ~]# dnf install mariadb-server pid 1743 のプロセスが終了するのを待ちます。 ^CKeyboardInterrupt: 終了しました。 [root@localhost ~]# kill 1743
  2. 2. 関連ソフトウェアのインストール MariaDB用PHPソフトウェア php-mysqlnd のインストール dnf list 「利用可能なパッケージ」として表示されることを確認します。 dnf install 「完了しました!」と表示されたらインストール完了です。 2 利用可能なパッケージ php-mysqlnd.x86_64 7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66 AppStream php-common-7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66.x86_64 php-mysqlnd-7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66.x86_64 php-pdo-7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66.x86_64 完了しました! 手順3 [root@suzukto ~]# dnf␣list␣php-mysqlnd 手順4 [root@suzukto ~]# dnf␣install␣php-mysqlnd
  3. 3. DBサーバーの初期設定(1) MariaDBのインストール確認 --version MariaDBの起動 systemctl start MariaDBの起動確認 Systemctl status 自動起動設定もあわせて設定します。 Systemctl enable 3 手順6 [root@suzukto ~]# systemctl␣start␣mariadb ● mariadb.service - MariaDB 10.3 database server Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; disabled; vendor preset: disabled) Active: active (running) since Wed 2020-12-30 05:50:28 JST; 2s ago Docs: man:mysqld(8) 手順5 [root@suzukto ~]# mysql␣--version mysql Ver 15.1 Distrib 10.3.17-MariaDB, for Linux (x86_64) using readline 5.1 手順8 [root@suzukto ~]# systemctl␣enable␣mariadb Created symlink /etc/systemd/system/mysql.service → /usr/lib/systemd/system/mariadb.service. Created symlink /etc/systemd/system/mysqld.service → /usr/lib/systemd/system/mariadb.service. Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mariadb.service → /usr/lib/systemd/system/mariadb.service. 手順7 [root@suzukto ~]# systemctl␣status␣mariadb
  4. 4. DBサーバーの初期設定(2) MariaDBの自動起動確認 --version 4 手順9 [root@suzukto ~]# systemctl␣status␣mariadb ● mariadb.service - MariaDB 10.3 database server Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; enabled; vendor preset: disabled) Active: active (running) since Wed 2020-12-30 05:50:28 JST; 15min ago Docs: man:mysqld(8)
  5. 5. DBサーバーの初期設定(3) MariaDBの初期化 環境によって設定の差異が出ないように初期化します。 mysql_secure_installation Enter current password for root (enter for none): Enterを押します。rootの初期パスワードは空です。 Set root password? [Y/n] 「y」で応答し、rootユーザーのパスワードを設定します。 Remove anonymous users? [Y/n] 「y」で応答し、匿名ユーザーを削除します。 5 手順10 [root@suzukto ~]#mysql_secure_installation Set root password? [Y/n] Y New password: ←P@ssw0rdを入力します。(表示はされません) Re-enter new password: ←確認のためもう一度入力します。 Password updated successfully! ←成功しました。 Reloading privilege tables.. ... Success! ... Success! Set root password? [Y/n] Y Remove anonymous users? [Y/n] Y Enter current password for root (enter for none):
  6. 6. DBサーバーの初期設定(4) Disallow root login remotely? [Y/n] 「y」で応答し、rootユーザーのリモートログインを無効化します。 Remove test database and access to it? [Y/n] 「y」で応答し、デフォルトで作成されているテストデータベースを削除します。 Reload privilege tables now? [Y/n] 「y」で応答し、権限テーブルを再読み込みします 「Cleaning up...」と表示されたら初期化成功です。 6 Disallow root login remotely? [Y/n] Y ... Success! Remove test database and access to it? [Y/n] Y Reload privilege tables now? [Y/n] Y - Dropping test database... ... Success! - Removing privileges on test database... ... Success! ... Success!
  7. 7. DBサーバーへの接続とDB/ユーザー作成(1) MariaDBへ接続 mysql mysql #mysql –u root –p プロンプトが変化していればログイン成功です。 7 手順11[root@suzukto ~]#mysql□-u␣root␣-p Enter password: ←パスワードを入力します。 Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or ¥g. Your MariaDB connection id is 21 Server version: 10.3.17-MariaDB MariaDB Server Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others. Type 'help;' or '¥h' for help. Type '¥c' to clear the current input statement. MariaDB [(none)]>
  8. 8. DBサーバーへの接続とDB/ユーザー作成(2) データベース作成 データ入力などで使用するためのデータベースを作成します create database webdb default character set = utf8; データベースが追加されているか確認します show database; 8 手順12 MariaDB [(none)]> create␣database␣webdb␣default␣character␣set␣=␣utf8; Query OK, 1 row affected (0.001 sec) MariaDB [(none)]> create database webdb default character set = utf8 -> (セミコロン忘れ) 手順13 MariaDB [(none)]> show␣databases; +--------------------+ | Database | +--------------------+ | information_schema | | mysql | | performance_schema | | webdb | +--------------------+ 4 rows in set (0.001 sec)
  9. 9. DBサーバーへの接続とDB/ユーザー作成(3) ユーザーの作成 データ入力などで使用するためのユーザー/パスワードを作成します create user webuser@’%’ identified by ‘{パスワード}’ 先ほど作成したデータベースに対して全ての権限を与えます grant all on webdb.* to webuser@’%’; 権限が付与されているか確認します show grants for webuser@’%’; 9 手順14 MariaDB [(none)]> create␣user␣webuser@’%'␣identified␣by␣'P@ssw0rd'; Query OK, 1 row affected (0.001 sec) 手順15 MariaDB [(none)]> grant␣all␣on␣webdb.*␣to␣webuser@’%'; Query OK, 1 row affected (0.001 sec) 手順16 MariaDB [(none)]> show␣grants␣for␣webuser@’%'; +--------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | Grants for webuser@% | +--------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | GRANT USAGE ON *.* TO 'webuser'@'%' IDENTIFIED BY PASSWORD '*8232A1298A49F710DBEE0B330C42EEC825D4190A' | | GRANT ALL PRIVILEGES ON `webdb`.* TO 'webuser'@'%' | +--------------------------------------------------------------------------------------------------------+ 2 rows in set (0.000 sec) もし権限がなかったら flush privileges;
  10. 10. DBへのデータ入力、検索(1) WebuserでMariaDBへ接続 MariaDBから抜けます exit 使用するDBを選択してMariaDBへ接続 mysql –uwebuser –p webdb データを格納するためのテーブルを作成 create table test_table ( 10 手順17 MariaDB [(none)]> exit Bye 手順18 [root@suzukto ~]# mysql␣–u␣webuser␣–p␣webdb 手順19 MariaDB [webdb]> create table test_table ( -> col1 int primary key, -> col2 varchar(32) not null -> ); Query OK, 0 rows affected (0.011 sec) Enter password: ←パスワードを入力します。
  11. 11. DBへのデータ入力、検索(2) テーブルにデータ入力 insert into test_table (col1, col2) values (1, ‘test row 1’); データ内容は各自自由に設定してください。 入力したデータを検索します。 select * from test_table; 11 手順20 MariaDB [webdb]> insert␣into␣test_table␣values (1, ‘Pikachu’); MariaDB [webdb]> insert␣into␣test_table␣values (2, ‘yamada’); 手順21 MariaDB [webdb]> select␣*␣from␣test_table; +------+---------+ | col1 | col2 | +------+---------+ | 1 | Pikachu | | 2 | yamada | +------+---------+ 2 rows in set (0.000 sec) Query OK, 1 row affected (0.002 sec) MariaDB [(none)]> exit
  12. 12. PHPとMariaDBの連携(1) PHPから相方サーバーのMariaDBへ接続し、データを取得してみます。 次の内容のファイルを/var/www/html/selectdb.phpとして作成してください。 Vi /var/www/html/selectdb.php 作成したPHPファイルをWebブラウザから確認します。 http://192.168.210.XXX/selectdb.php 12 <?php $db=mysqli_connect('localhost','webuser','P@ssw0rd','webdb'); $res=mysqli_query($db,'select * from test_table'); while($row=mysqli_fetch_array($res)){ printf("%s %s<br/>¥n",$row[0],$row[1]); } ?> 手順22 [root@suzukto ~]# vi␣/var/www/html/selectdb.php 手順23 ↑第4オクテッドは自分のサーバで
  13. 13. PHPとMariaDBの連携(2) 作成したPHPファイルをWebブラウザから確認します。 おしまい 13

×