Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Unity お・と・な のLT大会 2015
束田 大介
Unity × ミニ四駆 Pert2
さて野郎ども、
ポロリの時間だ。
今年のミニ四駆
やばかった
ジャパンカップ
サーキット紹介
ハイパーダッシュサーキット2015
メビウスチェンジャー
何故か新橋のコースに登場
ぶっ壊れっからやめろの声も、
平気だからと強行
注意書きいるよねーといいな
がらダセーからやめろとの声
ミニ四駆ジャパンカップ2015
東京大会3
会場は全日本模型ホビーショーが開催されている東京
ビッグサイトの屋外展示場。
朝方、雨の降る時間もありましたがその後天候は回復。
参加選手は合計4,051名を記録しました。
コロコロアニキ2号より
ハイパーダッシュ四駆郎
連載スタート!!
武井宏之 (シャーマンキング)
シャーマンキングの作者、武井宏之先
生が描く、ハイパーダッシュ四駆郎の
連載がスタート
なんと武井先生は、ダッシュ3号シュー
ティングスターの原案者(当時中学生)
時を超えて、新たなるシューティング
スターをデザ...
…そのシューティングスターとは?
シューティング・プラウド・スター
シューティング・プラウド・スター
シューティングスターの象徴とされる、大きなエア
インテークをシェイプアップ
流線型の車体をさらに鋭くし、空気抵抗をカット
シャーシは駆動効率を重視したMAシャーシ
シューティング・プラウド・スター
ジャパンカップ2015のシンボルマシンにもなった
コロコロアニキにはゴールドメッキのシューティン
グスターが付属
リアルアバンテ
実写サイズのアバンテが登場!
リアルアバンテ
実際のバギーのシャーシを流用して骨組みを作成
ガチで走る
もちろん公道はアウト
リアルアバンテ
ローラーが必要なのかとかいう野暮なツッコミやめろ
そのバンパーでガードレール云々的な野暮なツッコミやめろ
スポンジタイヤはつくのかとか野暮なツッコミやめろ
その車高でリアウイングいるのかって野暮なツッコミやめろ
軽量化が(ry
年々盛り上がりを見せるミニ四駆!
来年もさらなるテンションアップを期待したい!
ん?なんだこの違和感…
あぁ。今日はUnityの日か。
嘘乙。
ちゃんと準備しておりやすw
Unity × ミニ四駆
前回までのTWENTY (ry
構想一年やっと具現化
元々ミニ四駆の走行データをシミュレーションした
かったのが事の経緯
マイコン積んでラジコンとかはダセぇ
センサーを集めてみたら事の他データの規模が大き
かった(加速度センサーに関しては平均7G)
ミニ四駆のデータベースを
あのサイズ、コースに含まれるデータの価値
スイッチを入れ、手を離してからの予測値の計算
グレードアップパーツの効果
最終的にはシミュレーター
蓄積されたデータを元に走行シミュレーションがで
きるように
各パーツの性能も記録を取ってみたい
コンディションによるセッティングの改善も
今年の成果
ミニ四駆クライアントサイド
無線化する部分に大きく工数をとられ、チップ選定
に大幅に時間を使った
センサーチップに関してはその間進化しており、様々
なセンシング可能な小型チップが多数販売
やはりというか回転数を取るためのセンサーは難易
度高し
データレシーブサイド
mbedを使って直接インターネットにデータを送る
ケースも評価
完全Iotもいいが、状態のデバックが難しいため、一
旦検討の余地あり
マイコンチップが別途必要になるが、トワイライト・
トコスティックによるシリアル通信が有効
ここまで:Unity出番なし
まぁ待て。
ミニ四駆とは?
ミニ四駆とは
毎度の愚痴だが、ミニ四駆をコントロールしような
んて邪道
こちとら、もう20年以上前にラジコンのサーボのっ
けてやってんだYO!
それを無線でやろうとかちょっとアレ
ミニ四駆とは?
プラスチックのシャーシに単三電池2本をぶっこん
で、マブチ130モーターを限界までぶん回して、決
まったレーンを一直線に走りきる、大枚叩いたマシ
ンがコースアウトでぶっ壊れるかもしれないドM事案
そう。電池です。
視覚化できる充電器を作ろう
Unityで。
Unityで充電器を作る
概要
通常の充電器
基本2セルセットでの充電
性能がいいやつだと放電器
も付いている
ちょっとギークな充電器
ものものしい
ソフトウェアが古め
もちろん対応OSも古め
ミニ四駆における電池
一定の電圧をニカド電池、リチュウムイオン電池に
流し込み、電気を貯める
電池には性能があり、ミニ四駆界には「電池の育成」
なるものが存在する
もちろん同じ電池でも放電時の性能、蓄電時の性能
など個体差が出る
電池の育成
具体的な方法は様々だが、普通2売っている充電器で
はできそうもない
通常の充電器でできるのは、満充電後に使用し、空
になったらまた充電などといった使い方
過度の電流、電圧は、電池の寿命も縮める
パルス充電
パルス充電
一定の電流、電圧を断続的に流しながら行う充電方式
マイコンではPWMと呼ばれる方式
アナログアウトなどはこのPWMによるアウトプット
パルス充電
充電と休憩を繰り返すため、電池への負担が軽い
もちろんパルスの間隔で充電のパフォーマンスは変わる
Arduino側の実装
Arduino
テスト時はベーシックな
ArduinoUnoでおk
今回は、バッテリーの計測
と、充電を繰り返す仕様
アナログINと、デジタル
OUTの2chを使う
Arduinoのパルス放電
アナログアウトのPWM出力を使って、パルス充電を行う
今回使用するArduinoは5Vの信号をアウトプット
このアナログアウトのPWMを、計測した充電中の電池の
電圧に応じてコントロールしようという実装
Firmata
Arduinoのサンプルスケッチにある、Firmataというラ
イブラリをインストールするだけでおk
なので、Arduino側の実装が不要!←ここ重要
あとはGND(マイナス)と、それぞれアナログイン、ア
ナログアウトのチャンネ...
充電用のピン
5Vの電圧をかけることになるので、ここを調整
正確には電流を調整するために、抵抗を挟む
過充電を防ぐために380Ωの固定抵抗をつけます
Unity側の実装
使用Asset
Uniduino
言わずと知れたUnity × Arduinoの連動アセット
とにかく勝手がよくI2Cにも対応
幾つかサンプルがあるがマイコン側の実装が必要な
いのでとても楽
GraphMaker
簡単にグラフが使えるアセッ
ト
いろいろな種類のグラフが
使用でき、設定内容も豊富
なんとuGUI対応!Canvas
直下に配置することでラク
ラクセットアップ
G2U
GoogleDocにデータを保管し
てくれくれる便利アセット
データベースを準備できない
ので、結果をスプレッドシー
トに保管
まだ使えてなく順次テスト
Make!
Uniduinoテスト
Firmataをインストールした
Arduinoをつなぐ
UniduinoTestPanel.unityを開き
実行
実行時に→のウインドウが出
るので、サポートパッチをイ
ンストール
Uniduinoテスト
シーンを開くと何も出てい
ないが、正しくデバイスが
接続されていれば、自動で
右のような画面が出る
ポートは勝手にスキャンし
てくれるのでまずは黙って
起動
Uniduinoトラップ
テストシーンで、Arduino
クラスがアクティブになっ
ていない
チェクが付いていないと
Firmataのバージョンを
チェックせぇと、エラー
でなくメッセージが返っ
てくる
実装シーン
AnalogRead.unity
このシーンで使わててい
るAnalogRead.csを改変し
て使用
読み取った値(電圧)で、充
電するかを判断させる
ニカド電池は基本1.2Vな
ので、それ以上充電はし
ないように条件分岐
初期化などはそのまま流用
基本アップデート内で処理を書く
今回はパルスの周波数を決め、電圧をかける時間をコ
ルーチンで設定
デモ機
多大なる忘れ物と自身のやったはず詐欺により、本
日は無しよ
去年に比べてだいぶ うもの ったので、来年はい
ろいろ実機デモしたい
ご静聴ありがとうございます。
みなさま、今年もお世話になりました!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20151206 お・と・なのlt大会

38 views

Published on

2015年12月6日
Unityお・と・なのLT大会資料になります。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20151206 お・と・なのlt大会

  1. 1. Unity お・と・な のLT大会 2015 束田 大介
  2. 2. Unity × ミニ四駆 Pert2
  3. 3. さて野郎ども、 ポロリの時間だ。
  4. 4. 今年のミニ四駆
  5. 5. やばかった
  6. 6. ジャパンカップ
  7. 7. サーキット紹介 ハイパーダッシュサーキット2015
  8. 8. メビウスチェンジャー 何故か新橋のコースに登場 ぶっ壊れっからやめろの声も、 平気だからと強行 注意書きいるよねーといいな がらダセーからやめろとの声
  9. 9. ミニ四駆ジャパンカップ2015 東京大会3 会場は全日本模型ホビーショーが開催されている東京 ビッグサイトの屋外展示場。 朝方、雨の降る時間もありましたがその後天候は回復。 参加選手は合計4,051名を記録しました。
  10. 10. コロコロアニキ2号より ハイパーダッシュ四駆郎 連載スタート!!
  11. 11. 武井宏之 (シャーマンキング) シャーマンキングの作者、武井宏之先 生が描く、ハイパーダッシュ四駆郎の 連載がスタート なんと武井先生は、ダッシュ3号シュー ティングスターの原案者(当時中学生) 時を超えて、新たなるシューティング スターをデザイン
  12. 12. …そのシューティングスターとは?
  13. 13. シューティング・プラウド・スター
  14. 14. シューティング・プラウド・スター シューティングスターの象徴とされる、大きなエア インテークをシェイプアップ 流線型の車体をさらに鋭くし、空気抵抗をカット シャーシは駆動効率を重視したMAシャーシ
  15. 15. シューティング・プラウド・スター ジャパンカップ2015のシンボルマシンにもなった コロコロアニキにはゴールドメッキのシューティン グスターが付属
  16. 16. リアルアバンテ
  17. 17. 実写サイズのアバンテが登場!
  18. 18. リアルアバンテ 実際のバギーのシャーシを流用して骨組みを作成 ガチで走る もちろん公道はアウト
  19. 19. リアルアバンテ ローラーが必要なのかとかいう野暮なツッコミやめろ そのバンパーでガードレール云々的な野暮なツッコミやめろ スポンジタイヤはつくのかとか野暮なツッコミやめろ その車高でリアウイングいるのかって野暮なツッコミやめろ 軽量化が(ry
  20. 20. 年々盛り上がりを見せるミニ四駆! 来年もさらなるテンションアップを期待したい!
  21. 21. ん?なんだこの違和感…
  22. 22. あぁ。今日はUnityの日か。
  23. 23. 嘘乙。
  24. 24. ちゃんと準備しておりやすw
  25. 25. Unity × ミニ四駆
  26. 26. 前回までのTWENTY (ry
  27. 27. 構想一年やっと具現化 元々ミニ四駆の走行データをシミュレーションした かったのが事の経緯 マイコン積んでラジコンとかはダセぇ センサーを集めてみたら事の他データの規模が大き かった(加速度センサーに関しては平均7G)
  28. 28. ミニ四駆のデータベースを あのサイズ、コースに含まれるデータの価値 スイッチを入れ、手を離してからの予測値の計算 グレードアップパーツの効果
  29. 29. 最終的にはシミュレーター 蓄積されたデータを元に走行シミュレーションがで きるように 各パーツの性能も記録を取ってみたい コンディションによるセッティングの改善も
  30. 30. 今年の成果
  31. 31. ミニ四駆クライアントサイド 無線化する部分に大きく工数をとられ、チップ選定 に大幅に時間を使った センサーチップに関してはその間進化しており、様々 なセンシング可能な小型チップが多数販売 やはりというか回転数を取るためのセンサーは難易 度高し
  32. 32. データレシーブサイド mbedを使って直接インターネットにデータを送る ケースも評価 完全Iotもいいが、状態のデバックが難しいため、一 旦検討の余地あり マイコンチップが別途必要になるが、トワイライト・ トコスティックによるシリアル通信が有効
  33. 33. ここまで:Unity出番なし
  34. 34. まぁ待て。
  35. 35. ミニ四駆とは?
  36. 36. ミニ四駆とは 毎度の愚痴だが、ミニ四駆をコントロールしような んて邪道 こちとら、もう20年以上前にラジコンのサーボのっ けてやってんだYO! それを無線でやろうとかちょっとアレ
  37. 37. ミニ四駆とは? プラスチックのシャーシに単三電池2本をぶっこん で、マブチ130モーターを限界までぶん回して、決 まったレーンを一直線に走りきる、大枚叩いたマシ ンがコースアウトでぶっ壊れるかもしれないドM事案
  38. 38. そう。電池です。
  39. 39. 視覚化できる充電器を作ろう
  40. 40. Unityで。
  41. 41. Unityで充電器を作る
  42. 42. 概要
  43. 43. 通常の充電器 基本2セルセットでの充電 性能がいいやつだと放電器 も付いている
  44. 44. ちょっとギークな充電器 ものものしい ソフトウェアが古め もちろん対応OSも古め
  45. 45. ミニ四駆における電池 一定の電圧をニカド電池、リチュウムイオン電池に 流し込み、電気を貯める 電池には性能があり、ミニ四駆界には「電池の育成」 なるものが存在する もちろん同じ電池でも放電時の性能、蓄電時の性能 など個体差が出る
  46. 46. 電池の育成 具体的な方法は様々だが、普通2売っている充電器で はできそうもない 通常の充電器でできるのは、満充電後に使用し、空 になったらまた充電などといった使い方 過度の電流、電圧は、電池の寿命も縮める
  47. 47. パルス充電
  48. 48. パルス充電 一定の電流、電圧を断続的に流しながら行う充電方式 マイコンではPWMと呼ばれる方式 アナログアウトなどはこのPWMによるアウトプット
  49. 49. パルス充電 充電と休憩を繰り返すため、電池への負担が軽い もちろんパルスの間隔で充電のパフォーマンスは変わる
  50. 50. Arduino側の実装
  51. 51. Arduino テスト時はベーシックな ArduinoUnoでおk 今回は、バッテリーの計測 と、充電を繰り返す仕様 アナログINと、デジタル OUTの2chを使う
  52. 52. Arduinoのパルス放電 アナログアウトのPWM出力を使って、パルス充電を行う 今回使用するArduinoは5Vの信号をアウトプット このアナログアウトのPWMを、計測した充電中の電池の 電圧に応じてコントロールしようという実装
  53. 53. Firmata Arduinoのサンプルスケッチにある、Firmataというラ イブラリをインストールするだけでおk なので、Arduino側の実装が不要!←ここ重要 あとはGND(マイナス)と、それぞれアナログイン、ア ナログアウトのチャンネルに、電池のポジティブ(プ ラス)をつなぐだけ
  54. 54. 充電用のピン 5Vの電圧をかけることになるので、ここを調整 正確には電流を調整するために、抵抗を挟む 過充電を防ぐために380Ωの固定抵抗をつけます
  55. 55. Unity側の実装
  56. 56. 使用Asset
  57. 57. Uniduino 言わずと知れたUnity × Arduinoの連動アセット とにかく勝手がよくI2Cにも対応 幾つかサンプルがあるがマイコン側の実装が必要な いのでとても楽
  58. 58. GraphMaker 簡単にグラフが使えるアセッ ト いろいろな種類のグラフが 使用でき、設定内容も豊富 なんとuGUI対応!Canvas 直下に配置することでラク ラクセットアップ
  59. 59. G2U GoogleDocにデータを保管し てくれくれる便利アセット データベースを準備できない ので、結果をスプレッドシー トに保管 まだ使えてなく順次テスト
  60. 60. Make!
  61. 61. Uniduinoテスト Firmataをインストールした Arduinoをつなぐ UniduinoTestPanel.unityを開き 実行 実行時に→のウインドウが出 るので、サポートパッチをイ ンストール
  62. 62. Uniduinoテスト シーンを開くと何も出てい ないが、正しくデバイスが 接続されていれば、自動で 右のような画面が出る ポートは勝手にスキャンし てくれるのでまずは黙って 起動
  63. 63. Uniduinoトラップ テストシーンで、Arduino クラスがアクティブになっ ていない チェクが付いていないと Firmataのバージョンを チェックせぇと、エラー でなくメッセージが返っ てくる
  64. 64. 実装シーン
  65. 65. AnalogRead.unity このシーンで使わててい るAnalogRead.csを改変し て使用 読み取った値(電圧)で、充 電するかを判断させる ニカド電池は基本1.2Vな ので、それ以上充電はし ないように条件分岐
  66. 66. 初期化などはそのまま流用 基本アップデート内で処理を書く 今回はパルスの周波数を決め、電圧をかける時間をコ ルーチンで設定
  67. 67. デモ機 多大なる忘れ物と自身のやったはず詐欺により、本 日は無しよ 去年に比べてだいぶ うもの ったので、来年はい ろいろ実機デモしたい
  68. 68. ご静聴ありがとうございます。 みなさま、今年もお世話になりました!

×