Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2

Share

クリエイターのための「はじめての確定申告」 先生:山内 真理

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

クリエイターのための「はじめての確定申告」 先生:山内 真理

  1. 1.   クリエイターのための          「はじめての確定申告」
  2. 2.      (クリエイターの確定申告の特徴)     ・ クリエイターの方の収入には源泉徴収されるものが多い。     源泉徴収された税金は確定申告を行うことではじめて還付 ・            控除が可能になる。      ・クリエイターの方は組織に勤務しながらも個人案件を受託し、     所得を得ているケースも多い。確定申告が必要な場合もある     ので要注意。
   
  3. 3.    今日お話しすること。         ・ 確定申告の概要         ・ 所得税計算の仕組み         ・ 青色申告と白色申告         ・ 必要経費の考え方         ・ ツールを活用して記帳・申告を効率化。
  4. 4.         【質問】           確定申告を行う方で、         今年はじめての方はいらっしゃいますか?
   
  5. 5.         【質問】      「確定申告」って、どんなことをするかイメージできますか?
   
  6. 6. (所得税の確定申告の概要 )
 
 個人の所得税を計算、申告・納付する手続
 
 ・ 平成25年分の申告書受付:H26.2/17~3/17 納期限:3/17
 ただし還付申告はH26.1/1~H30.12/31まで可能。
 
 ・ 申告期限超過にはペナルティがある!      ―  無申告加算税、延滞税、青色申告特別控除枠の減額、
      青色申告承認取消など
 
 ・ 復興特別所得税は所得税の2.1%で計算される。
  7. 7. ( 所得税計算の仕組み 1/2 )
 
  〇 所得10種類に分類される。
     
    利子所得/配当所得/不動産所得                    事業所得/給与所得/退職所得                    山林所得/譲渡所得/一時所得/雑所得  
 
 
 → 各種の所得金額を合計して総所得を決定(例外有)。

  8. 8. ( 所得税計算の仕組み 2/2)
 
  〇 総所得から「所得控除」を差し引いたに残額に税率をかけて
     所得税額が決定。
 
 雑損控除/医療費控除/社会保険料控除/小規模企業共済等掛金控除
 生命保険料控除/地震保険料控除/寄附金控除/障害者控除
 寡婦(寡夫)控除/勤労学生控除/配偶者控除/配偶者特別控除
 扶養控除/基礎控除
  
  〇 復興特別所得税の額は所得税の額の2.1%で計算。
 
  → 納付すべき税額・還付される税額は確定した税額から源泉
    徴収された税額などを差し引いて計算。
  9. 9. 
 (青色申告と白色申告)   
 ・青色申告の主なメリット
 
     >青色申告特別控除 
     > 純損失の繰越し・繰戻し 
     > 青色申告専従者給与
 
 ・青色申告適用の条件
 
     >簿記ルールに従った帳簿の作成・保管、証拠書類の保管。
     >青色申告決算書(貸借対照表・損益計算書)の提出。
     >期日までに青色申告承認申請書を所轄税務署長に提出。

  10. 10. 
 (必要経費の基本的な考え方1/2)     ・ 所得税法上の必要経費の定義     (1)総収入金額に対応する売上原価その他その総収入金額を      得るために直接要した費用の額   (2) その年に生じた販売費、一般管理費その他業務上の費用の額          ・ 必要経費計上のポイント     →  事業との関連性を説明できること。   →  事業における客観的(社会通念上の)必要性を説明できること。   →  取引の実在性を説明できること。    
  11. 11. (必要経費の基本的な考え方2/2)     家事関連費   :一つの支出が家事上と業務上の両方にかかわりがある費用      (自宅兼事務所の家賃、水道光熱費、通信費など)     → 主たる部分が業務の遂行上必要であり、かつ、業務に必要で              ある部分を明らかに区分することができる場合のその区分              できる金額 、は必要経費に算入できる。  
  12. 12. (ツールの活用等で記帳・申告を効率化)        ・銀行の口座記録の同期が可能なクラウドツールの活用。      ・ レシート・領収書などのデータ化支援ツールの活用。      ・青色申告ソフトの導入。          →→ 記帳を効率化!        ・国税庁HPの確定申告書等作成コーナーの活用。      ・「電子申告e-­‐tax」の活用。             → → 申告を効率化!
  13. 13.  【まとめ】      ・確定申告は一年の活動を振り返る良い機会である。      ・節税の第一歩は必要経費の範囲の理解と青色申告へ     の挑戦から。      ・ ツールを賢く活用し、記帳・申告を効率化しよう。     
   
  14. 14.                 終わり    
   
  15. 15.            【質疑応答】                何でも質問してください。   
   
  16. 16.         【課題】           次にどんな授業をやってもらいたいですか?   
   
  • uron8

    Feb. 2, 2014
  • syuichitsuji

    Feb. 2, 2014

Views

Total views

1,567

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

460

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

2

×