S20

1,856 views

Published on

Web 2.0 Expo Tokyo http://www.cmptech.jp/web2expo/

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

S20

  1. 1. オープンソースソフトウェア と ウェブアーキテクチャ の 過去/現在/未来 グリー株式会社 藤本 真樹 <fujimoto@gree.co.jp> Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  2. 2. 自己紹介 名前 藤本 真樹 肩書 グリー株式会社 取締役 最高技術責任者(2005〜) 28歳(1979/02/17生まれ) 年齢 fujimoto@gree.co.jp メールアドレス 1999年より株式会社アイアイジェイテクノロジーにて、ア プライアンスサーバシステムの構築に従事。 2001年に上 智大学文学部卒業後、株式会社アストラザスタジオを経 て、2003年2月有限会社テューンビズに入社。 PHP等の 職歴 オープンソースプロジェクトに参画しており、 楽天株式会 社を始めとしたオープンソースソフトウェアシステムのコン サルティング等を担当。 2005年6月グリー株式会社 取締 役 最高技術責任者に就任。 日々の仕事 サーバオペレーションからマネージメントまでなんでも Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  3. 3. 対象となる方々 • Webを上手に活用した、企業や製品の効果的なPRの手法を 探している • 今まさに成功しているビジネスの最先端の事例を知りたい • Web2.0でどう変わる?これからのマーケティングの方向性を 知りたい • 「ウケる」Web2.0のトレンドと最先端のデザイン・構築技法を学 びたい • 「Web2.0化」によって何が必要になる?有効かつ最新のテクノ ロジーを知りたい 出典: http://www.cmptech.jp/web2expo/ Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  4. 4. 前段 -cheap revolution- • == 技術障壁の低下 – ナレッジ共有の拡大(publish/filtering) – テクノロジーの一般化 – オープンソースソフトウェア – 安価なPCサーバ(c.f. ムーアの法則) – …によるスパイラル(進行中) • エントリー障壁の低下 • (広義の)スケーラビリティの上昇 – e.g. GREE • Web 2.0は大変 – データ量の増大(なるべく多くのデータを囲いたい) – 演算量の増大(増加するデータに対する、さらに多種多様なビュー) – 信頼性(不安定なサイトのAPIを使う気にはなれません) 参考: http://www.semiconductorportal.com/SiliconValley/?docid=23150 Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  5. 5. オープンソースソフトウェア@2005-2007 • Linux • FreeBSD • OpenSolaris • gcc(and libraries) • Perl/Python/PHP/Ruby, and Java • Ruby on Rails and other frameworks • lvs(ipvs/keepalived) • drbd • Apache • Lighttpd • Tux • Nginx Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  6. 6. オープンソースソフトウェア@2005-2007 • MySQL • PostgreSQL • Senna • Hyper Estraier • Sedue • Lucene • Memcached • Ehcache • Nagios • Hinemos • Puppet • Xen Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  7. 7. オープンソースソフトウェア@2005-2007 • ffmpeg • Imagemagick • GD • swftools • Firefox • Eclipse • Seleinum, and other test tools • prototype.js and other js libraries • vi • zsh • Wiki Engines • + Open Standards(RSS, Atom, OpenID, etc…) Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  8. 8. ウェブアーキテクチャ@2005-2007 • 負荷分散/冗長化アーキテクチャの浸透 – e.g. ipvs + keepalivedによるL2ロードバランシング – e.g. drbdによるネットワークストレージの冗長化/データベースサーバの冗長化 • ウェブアプリケーションスケーラビリティアーキテクチャの浸透 – リバースプロキシ(mod_proxy_balancer, etc)等によるウェブサーバのスケーラビリティの 確保 – データパーティショニングによるデータベースサーバ/ストレージサーバのスケーラビリティ の確保 • あるいは各種商用プロダクトの利用:) • その他、各種ノウハウの浸透 – ウェブアプリケーションに於ける非同期処理等 • ウェブアプリケーションフレームワークの浸透 Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  9. 9. EXAMPLES@GREE • failure – レガシーコード • 3年以上開発され続けているコードベース • 初期の手抜き/ミスコードの修正が規模の増大とともに大きなコストへ – レガシーデータ • EUC-JP • success – アプリケーションフレームワーク – サーバフレームワーク, etc… • challenge – アーキテクチャの多様性 – 透過的なスケーラビリティの確保 Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  10. 10. EXAMPLES@GREE -challenge- • アーキテクチャの多様性 – 多少の二律背反 – 1アーキテクチャ依存によるメリットとデメリットの精査 Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  11. 11. オープンソースソフトウェア@2008-2010 • コアテクノロジーを提供するオープンソースプロダクトの普及 – e.g. 各種画像認識 • 負荷分散/冗長化/クラスタリングソフトウェアの発展 – e.g. MySQL Cluster – e.g. Yet Another DBM • アプリケーションプラットフォームの浸透 – フレームワークからプラットフォームへ – RIAのより容易な実装 – RESTful等のアーキテクチャの普及 • アプリケーションプロダクトの普及 – e.g. phpAds Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  12. 12. ウェブアーキテクチャ@2008-2010 • 既存テクノロジー(負荷分散/冗長化/スケーラビリティ/その他各種技術)の一 般化 • データマネージメント技術の発展 – e.g. 協調フィルタリング等の一般化 • ウェブアプリケーションプラットフォームの浸透 • ウェブサービスの各種規格の一般化 – e.g. APIs – e.g. RESTful – e.g. OpenID • PC/モバイル/各種デバイスの障壁低下 Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.
  13. 13. And Then • 技術障壁の継続的な低下 • 先行者優位の確保(「情報」の価値の継続的な上昇) • 「データ」による競争力の確保(Web 2.0的:) • 上位レイヤにおける競争力の確保 – テクノロジーからサービスへの「翻訳」 • 独自技術/実装での競争力の確保 Copyright © 2004-2007 GREE,Inc. All Rights Reserved.

×