Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

生産性を高める 1on1

2,062 views

Published on

https://forkwell.connpass.com/event/67104/

Productivity Engineering Vol.3 − チームで生産性アップ

での発表内容です

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

生産性を高める 1on1

  1. 1. 生産性を高める 1on1 2017/10/14 Productivity Engineering Vol.3 アイリッジ 吉永聰志
  2. 2. 今日する話 - 1on1ミーティングを通じて得た知見 - 技術ではなく人がテーマ - 1on1とは - 上司と部下の二人で行うミーティング - 毎週、30分
  3. 3. 背景
  4. 4. 会社 - アイリッジ - O2O(ソリューション+アプリ開発)& FinTech - 創業から9年 - 正社員70名+業務委託、エンジニアは28名
  5. 5. わたし - O2Oアプリ開発のエンジニアチームのマネージャー - サーバ、iOS、Android混在、合計12人のチーム - 入社して8年、マネージャー始めて1年 - マネジメントってどうすれば・・?
  6. 6. マネージャーの役割 - 関係する組織と円滑に業務を遂行する - 自組織のメンバーの生産性を最大化する
  7. 7. 経緯
  8. 8. 1on1を始めたきっかけ - 退職した人のコメント - 「期待されていたこと、わからなかったです」 - そんな中、あるメンバーの相談から、成り行きで1on1開始 - コミュニケーションの量が全く足りないことを実感 - →チームメンバー全員との1on1を開始 - 最初はぎこちなかった
  9. 9. 進め方
  10. 10. 1on1の進め方 - 「部下のための時間」ということを伝える - 上司は聞き役 - 部下から話し始めてもらう - 「今日は何話しましょうか」と聞く - 事前にアジェンダを用意してもらう
  11. 11. 1on1で話す内容 - 話してくれる内容は人それぞれ - 今、不満に思っていること - 業務で発生している問題 - 個人の目標について - どういうスキルを伸ばせば良いか - 休みの日の釣りの結果
  12. 12. 結果
  13. 13. 継続した結果 - 気兼ねなく話し合える関係性の構築 - 心理的安全性は生産性の高さにつながる - お互いの考え、価値観の理解 - 強みを活かした業務アサイン
  14. 14. 継続した結果 - タイムリーな情報共有 - 問題が大きくなる前に対処 - 必要に応じて他チームとの調整 - パフォーマンスに対するフィードバック - 良いことも悪いことも
  15. 15. 継続した結果 - MBO(目標管理制度)の活用 - 半期に1度、個人目標を立てる - 目標達成できそうか、1on1でモニタリング - チーム全体の雰囲気がよくなる(気がする) - 一人一人が自分の役割にフォーカスできる
  16. 16. 気づき
  17. 17. 気づき - コミュニケーションは頻度が超大事 - 心理的安全性を保つための維持コスト - 頻度を落とすと、関係を戻すのに労力が要る - 週1はやったほうがいい、隔週だと不安
  18. 18. 気づき - 「必ず確保された時間」のありがたさ - 話し始めることが大変 - 自分にとって心理的負担が大きい - ちょっとしたことでも、お互いに話す機会が生まれる
  19. 19. テクニック
  20. 20. 気をつけていること - 傾聴することに徹する - 話の腰を折らない - 話の途中で自分の解釈を話し始めるのはダメ - 相手の意見を聞く姿勢が大事 - メール、チャットツールは閉じよう
  21. 21. 気をつけていること - スキップではなく、リスケジュール - 開催できない場合、その週のうちにリスケ - 「翌週やるからいいや」と安易にスキップしない - 部下のための時間を大事に扱うこと - 月曜日は避けたほうがいい(祝日が多い)
  22. 22. フィードバック
  23. 23. フィードバック - ティーチング = 教える - コーチング = 気がついてもらう - フィードバック = 修正してもらう - 耳の痛いことでも伝え、立て直してもらう
  24. 24. フィードバック - 言いにくい - 信頼関係が構築された状態が必須 - 大事なことは何度でも伝える - コンピテンシー - 謙虚・尊敬・信頼
  25. 25. フィードバック - SBI情報収集を怠らない - Situation(どんな状況で) - Behavior(どんな振る舞いが) - Impact(どんな影響をもたらしたか) - 必要に応じて三点観測 - 客観的かつ正確に事実を伝える
  26. 26. フィードバック - 長くなることも覚悟 - 後の予定がない、就業時間の最後の方に実施 - 嫌われることも覚悟 - 人からは好かれたい、という欲求に負けない - 放置すると負のスパイラルに陥る - 必要に応じてリアルタイムでのフィードバックも
  27. 27. フィードバック - フィードバックした後が大事 - フォローアップ、モニタリングを忘れずに
  28. 28. おまけ - セルフケアが大事 - 家族との時間を大事に - 銭湯でリフレッシュ - マネージャー同士で相談
  29. 29. まとめ - マネージャーの役割はメンバーに生産的に活躍してもらうこと - こまめなコミュニケーション➡心理的安全性➡ 生産性 - 1on1ミーティングを活用しよう
  30. 30. 参考文献 - Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るの か - ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技 法 - フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直 す技術 (PHPビジネス新書) - 新1分間マネジャー――部下を成長させる3つの秘訣
  31. 31. Thanks!

×