Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

絶望と最後の希望

7,692 views

Published on

楽天テクノロジーカンファレンス2014前夜祭のLT大会でのプレゼン資料

Published in: Engineering
  • Login to see the comments

絶望と最後の希望

  1. 1. 絶望 と最後の希望 Oct/23/2013 Tatsuya Sato Rakuten, Inc. http://www.rakuten.co.jp/
  2. 2. 2 お前、誰よ? さとうたつや@sato_ryu • 2009年新卒入社 • 誕生石がRubyのRubyist
  3. 3. 3 お仕事 • スクラムして、Rubyで、ごはんたべてます。 – 社員向けITサービスの提供 – Rakuten Web Service Ruby SDK – 社内勉強会とかコミュニティとか
  4. 4. 4 元ネタはブログに書いてあります。 http://diary-satoryu.rhcloud.com/20140403.html
  5. 5. 5 で、何の話? 社内勉強会を 続けるコツ
  6. 6. 6 楽天テックトーク
  7. 7. 7 モットー 楽天社員の 楽天社員による 楽天社員のための勉強会
  8. 8. 8 お昼休みにウキウキウォッチング 不定期水曜昼12時
  9. 9. 9 たまに言われること 「大きい会社だと、 社内勉強会も大きくてい いですね!」
  10. 10. 10 けっこう気苦労してますから。 2011年10月から、 およそ3年間
  11. 11. 11 何度も途中で辞めたいと思った。 そんなに美味しい話は無いよ。
  12. 12. 12 むしろ、つらい
  13. 13. 13 例 さとう「来週、ハッカソンやろうぜ!」 「いいね!」「やろう!」
  14. 14. 14 ぼっち
  15. 15. 15 はい、つらい
  16. 16. 16 LTの基本: 大事なことは初めに 最後の希望
  17. 17. 17 LTの基本: 大事なことは初めに 新しい人との出会い
  18. 18. 18 LTの基本: 大事なことは初めに 同じ想いを持つ仲間 を見つける。
  19. 19. 19 でも、運営の目の前にあるのは、
  20. 20. 20 サクサク行こう その1
  21. 21. 21 絶望その1 「今、はやりの◯◯をテーマに!」 「意識高い人が釣れる!」
  22. 22. 22 直前まで テンション MAX
  23. 23. 23 現実の参加者
  24. 24. 24 現実の参加者 数名
  25. 25. 25 くくく、誰も来ないのは、絶望のうち最弱…
  26. 26. 26 まだあるよ その2
  27. 27. 27 絶望その2 「今、はやりの◯◯をテーマに!」 「仕事捗る!夢広がる!」
  28. 28. 28 直前まで テンション MAX
  29. 29. 29 ある時、えらいひとから
  30. 30. 30 ある時、えらいひとから “君のやってる勉強会に出ると、何か仕事の役に立つわけ?”
  31. 31. 31 ある時、えらいひとから _人人人人人人人人人人人人人_ > 何か仕事の役に立つわけ<  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
  32. 32. 32 頭の中を駆け巡る想い 単に勉強会に参加して、ただ座って帰ったら、たかだか1時間あたりで何か劇的にスキ ルが変わるとか、生産性があがるとか、そんなことがあるんだったら、それは業務として 取り組むべき課題なのかどうか、いまいちど見直ししたほうがいいんじゃないだろうか。 そのような発想がどういった経験から来るのかいまだに全然理解できないし、理解したく もないし、理解できたとしても、それこそ何の役に立つのか全く分けが分からない。勉強 という言葉を少し見くびってはいないだろうか。そんな簡単に技術やスキルが上がるのは 少年漫画雑誌とかの主人公じゃないんだから、現実としてはありえないのは、火を見る よりも明らかであって、そんなことが想像もつかないようでは、そもそも技術者としての経 験が浅いのか、それができないからマネージメント業に回された残念な人なんじゃないだ ろうかと、とても不安になるので、そんなこと言うのはやめていただきたい。ここで言う勉 強というのは、高学歴な方々がそれまでに積んできた受験的なお勉強や、座学などでは 得られるようなことができない、実践経験に基づく知見の共有であって、そんな俄なもの ではありませんし、そこまで簡単に適用できるものではないのです。なので、現場の人間 が考えるためのネタを仕入れる、実際の事例を目の当たりにする、そして、それを経験し た人に会う、というところを重視していただかないと、大きな会社の中で、組織構造という 名の大きな穴の底で、隣が何をやっているのかもわからないまま月日が経っていくような 状況で、同じような問題に直面しつつも、少しも仲間もいないんじゃないだろうかという不 安に駆られる状況を無くせるというところで役立てて下さい。少なくとも、そんなことを言っ ているあなたの下にいる人達が少しでもモチベーションが上がれば、それはそれで万々 歳じゃないのだろうか。
  33. 33. 33 カジュアルに絶望はやってくる。
  34. 34. 34 The last of 絶望s その3
  35. 35. 35 それは突然やってくる A「運営やりますよ!」 B「何か言ってくれれば手伝います!」
  36. 36. 36 直前まで 仲間Get!
  37. 37. 37 お願いしてみる さとう「じゃあ、これこれお願いします!」 A「すみません、仕事ありますので…」
  38. 38. 38 お願いしてみる さとう「じゃあ、これこれお願いします!」 B「すみません、仕事ありますので…」
  39. 39. 39 カジュアルにぼっち
  40. 40. 40 でも、仕方がない 業務>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> 勉強会
  41. 41. 41 でも、仕方がない 業務>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> 勉強会
  42. 42. 絶望 42 きっとまだまだあるはず 絶望 絶望 絶望 絶望絶望 絶望 絶望
  43. 43. 43 絶望の 簡単な乗り越え方
  44. 44. 44 何においても 期待しない
  45. 45. 45 絶望その1 数名
  46. 46. 46 期待値が0なら 人が数来名た!
  47. 47. 47 絶望その2 _人人人人人人人人人人人人人_ > 何か仕事の役に立つわけ<  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
  48. 48. 48 絶望その2 _新人> し人人い人人こ人と人知人人れ人人人人_ 何か仕事の役に立つわるけ! <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
  49. 49. 49 絶望その3
  50. 50. 50 絶望その3 ひとりで出来るもん!
  51. 51. 51 最初に言ったけど、重要なのでもう一度 最後の希望
  52. 52. 52 やっぱり人だよね。 新しい人との出会い
  53. 53. 53 仲間、重要 同じ想いを持つ仲間 を見つける。
  54. 54. 54 これでお終い?
  55. 55. 55 他にもある 勉強会エフェクト
  56. 56. シンポジウムで受賞しちゃう人が生まれたり 56 意識高まっちゃった人を輩出とかね http://kokotatata.hatenablog.com/entry/2014/10/14/154435
  57. 57. 57 同じ想いの人が新しいこと始めたり 影響されて勉強会始めちゃったって 運営の2人が紹介された瞬間
  58. 58. 58 同じ想いの人が新しいこと始めたり#2 かつてのインターン生が真似してくれた。 http://gretzky.postach.io/mian-qiang-hui-fa-zu-miteingu
  59. 59. 59 最後に好きな言葉を紹介 魔法があるから絶望しないんじゃない、 絶望しないから魔法が使えるんだ。 仮面ライダーウィザードより
  60. 60. 60 本当に最後 _人人人人人人人人人人人人人人人人_ > ご静聴ありがとうございました<  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

×