Oracle Solaris 11デベロッパーが押さえておきたい機能

5,007 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,007
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
303
Actions
Shares
0
Downloads
58
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Oracle Solaris 11デベロッパーが押さえておきたい機能

  1. 1. Oracle Solaris 11デベロッパーが押さえておきたい機能 システム事業統括 ソリューション統括本部 プロダクトマネジメント本部1 佐藤 和幸 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  2. 2. 2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  3. 3. Russia 17–18 April 2012 India 3–4 May 20123 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  4. 4. San Francisco September 30–October 4, 20124 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  5. 5. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  6. 6. Program Agenda • IPSと基本的な開発環境の整備 • Solaris 11の仮想化機能 • Oracle Solaris Zones • VirtualBox in Solaris 11 Zones • Appendix – Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  7. 7. IPSと基本的な開発環境の整備7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  8. 8. IPSと基本的な開発環境の整備 新しいソフトウェア管理手法を実装 • ネットワークベースの新しいソフトウェア管理手法を提供 • コマンド管理ツールの刷新 リポジトリ Solaris 11 • ZFSの機能と連携した Solaris 11 ダウンタイムの最小化を実現 • パケージ依存関係の自動解決 C, B, Solaris 11 Solaris 11 snapshot A clone promote# pkg update # pkg install A BE : solaris BE : solaris-18 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  9. 9. IPSと基本的な開発環境の整備 Oracle Solaris 11 最初の儀式 • インストール直後は最小限のパケージ構成 – 利用したメディア(LiveCD, AI, Text)により構成に差異がある • 必要なパッケージは個別にリポジトリからインストール – 関連するパッケージをまとめた group package を活用 • 最初は、pkg list コマンド、packagemanager で概要を把握 root@solaris:~# pkg list NAME (PUBLISHER) VERSION IFO archiver/gnu-tar 1.26-0.175.0.0.0.2.537 i-- archiver/unrar 3.8.5-0.175.0.0.0.2.537 i-- audio/audio-utilities 0.5.11-0.175.0.0.0.2.1 i-- benchmark/filebench 0.5.11-0.175.0.0.0.2.1 i-- codec/flac 1.2.1-0.175.0.0.0.0.0 i-- codec/libtheora 1.1.1-0.175.0.0.0.0.0 i-- $ packagemanager $ pkg list pkg repository (web)9 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  10. 10. IPSと基本的な開発環境の整備 Oracle Solaris 11 最初の儀式 • 最初にインストールしておくべきパッケージ – Group Packages • develoer-gnu # pkg install developer-gnu ¥ • solaris-large-server solaris-large-server ¥ • solaris-desktop solaris-desktop ¥ storage-server ¥ • storage-nas (or storage-server) amp • amp (Apache, MySQL, PHP) – 合計 680 パケージ 約 1GB … • ネットワーク経由でのインストールが難しい場合は・・・10 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  11. 11. IPSと基本的な開発環境の整備 そこで local Repository の作成方法 • ファイルシステム上に IPS リポジトリを構築する方法 • Oracle Solaris 11 パッケージリポジトリのコピーおよび作成 http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25800/index.html • Oracle Solaris 11 11/11 Repository Image を入手 http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/downloads/index.html # cat sol-11-1111-repo-full.iso-a sol-11-1111-repo-full.iso-b > sol-11-1111-repo-full.iso # mount -F hsfs -o ro `pwd`/sol-11-1111-repo-full.iso /mnt # zfs create rpool/ips # cd /mnt; gtar cf - repo | (cd /rpool/ips; gtar xf -) # pkgrepo -s /rpool/ips/repo refresh • publisher を local repository に設定するには、下記を実行# pkg set-publisher -G * -g /rpool/ips/repo solarisroot@solaris-mbp:/rpool/ips# pkg publisher発行元 タイプ 状態 URIsolaris 起点 オンライン file:///rpool/ips/repo/11 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  12. 12. IPSと基本的な開発環境の整備 Oracle Solaris Studio https://pkg-register.oracle.com • Oracle Solaris Studio 12.3 – Solaris と Linux 向け開発環境 • C, C++, Fotran, 各種 Analyzer • Solaris 自身のビルドにも利用 – IPS パッケージの提供を開始 • 鍵と証明書ファイルを利用した アクセス手法を提供 • My Oracle Account の取得 • Solaris Studio 12.3 は無償で利用可能 のみで利用可能 • サポートサービスは有償 (パッチ含む) # pkg install solarisstudio-12312 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  13. 13. IPSと基本的な開発環境の整備 まとめ • 基本的な開発環境は、IPSパッケージで整備 – 「Oracle Solaris 11 開発者環境の紹介」で提供されるパッケージを確認 • http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25907/index.html – Solaris 11 にて提供される OSS のツリーは下記で参照可能 • http://src.opensolaris.org/source/xref/userland/src/ • Solais 11 で動作させるための patch なども多数あり参考に – SPARC/x86 どちらでも同様の手順で構成可能 • 品揃えは今後も拡充13 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  14. 14. Program Agenda • IPSと基本的な開発環境の整備 • Solaris 11の仮想化機能 • Oracle Solaris Zones • VirtualBox in Solaris 11 Zones • Appendix – Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較14 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  15. 15. Solaris 11の仮想化機能15 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  16. 16. Oracle Solaris 11: 完全な仮想化を実現したOS 仮想化によりサービスの機動性向上を実現 Web Tier Application Tier Finance HR Sales Database Tier Zone Zone Zoneサーバー仮想化 ネットワーク仮想化 Finance HR Sales Dataset Dataset Dataset ストレージ仮想化16 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  17. 17. システムの仮想化 “Solaris Zones” 組み込まれた仮想化機能 • 単一システム上に複数の隔離されたランタイム環境(Solaris インスタンス ) を提供する機能 • 特別なハードやソフトを必要としない zone01 zone02 zone03 • CPUやI/Oへのオーバーヘッドは 0 net0:1 net0:2 zcons zcons zcons /data /data /data net1 /usr /usr /usr • Solaris の基本機能として利用可能 Platfor Virtual m • Solaris 11 では更なる機能追加を実施 zoneadmd zoneadmd zoneadmd ゾーン管理 (zonecfg, zoneadm, zlogin, etc) C C C C17 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  18. 18. システムの仮想化 “Solaris Zones” Oracle Solaris 11 Zones• Oracle Solaris Zones がより進化 – IPS の柔軟性を利用したソフトウェア管理 – NFS サーバ機能をサポート – 特定のユーザへ管理権限を委譲可能 – 排他的 IP ゾーンがデフォルトに • crossbow との連携 – Oracle スタックをフルサポート • ライセンスは、ハードウェアパーティション扱い – Oracle Solaris 10 Zones をサポート• アプリケーションを動作させる標準環 境としての実績は十分 18 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  19. 19. ネットワークの仮想化 “Crossbow” ネットワークの仮想化機能 • クラウドのために設計されたネットワーク機能 – 仮想化によるネットワーク基盤の統合 • NIC, スイッチの仮想化 – 費用の削減をソフトウェアで実現 – 容易にネットワークのテスト環境を構築可能 • テストを繰り返すことで同時にクオリティも得られる • 様々なネットワーク機能の統合 – ファイアーウォール(ipfilter) – ルーター冗長化機能 (VRRP) – 負荷分散機能(Integrated Load Balancer) – ブリッジング機能(RBridge) – IPMP機能の実装を刷新, etc…19 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  20. 20. ネットワークの仮想化 “Crossbow” さらにネットワークのリソース管理も提供• ネットワーク資源管理の導入 – 帯域管理 – フロー管理• 大きなネットワークパイプの分割• アプリケーションのネットワーク・トラフィ ックを保証可能に• 意図しない帯域の占有からサービスを 保護• 目的に沿ったサービスレベルを提供可 能に 20 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  21. 21. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” マルチ・プロトコルSCSIターゲット機能 • ホストをSCSIターゲットデバイスに – FibreChannel, Ethernet, InfiniBand を 利用してストレージ機能を提供可能に – iSCSI, iSER, FCoE, SRP など 多数のストレージ・プロトコルをサポート • Ethernet を利用した iSCSI Target を 構成するならば、追加コストなし • ターゲットとして公開される領域にはZFSを利用 (zvol)21 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  22. 22. Oracle ZFS Storage Appliance Oracle Solaris 11の技術を応用した製品• Oracle ZFS Storage Appliance では、Solaris 11の技術が 多数利用されている – Solaris 11 そのものが動作しているわけではない • Sun Storage ZFS Appliance 7120 ことに注意が必要 – Sun Fire X4270 M2 • Sun Storage ZFS Appliance 7320 – Sun Fire X4170 M2 • Sun Storage ZFS Appliance 7420全ての ZFSSA モデルで提供される基本機能:全てのデータプロトコル: FC, iSCSI, IB, NFS, CIFS, WebDAV, etc. – Sun Fire X4470 M2高度なデータサービス: snapshot, dedup., compression, replication, etc. 22 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  23. 23. Program Agenda • IPSと基本的な開発環境の整備 • Solaris 11の仮想化機能 • Oracle Solaris Zones • VirtualBox in Solaris 11 Zones • Appendix – Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較23 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  24. 24. Oracle Solaris Zones24 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  25. 25. Oracle Solaris Zones 組み込まれた仮想化機能 • 単一システム上に複数の 隔離されたランタイム環境(Solaris インスタンス )を提供する機能 • ゾーンは大きく 2 種類に区分 zone01 zone02 zone03  大域ゾーン (global zone) net0:1 net0:2 zcons zcons • オペレーティングシステムの実体 zcons /data /data /data net1 /usr /usr /usr Platfor Virtual m  非大域ゾーン (non-global zone) zoneadmd zoneadmd zoneadmd • 大域ゾーン上で動作するアプリケーション ゾーン管理 (zonecfg, zoneadm, zlogin, etc) 実行環境 • 大域ゾーンとカーネルを共有 • 非大域ゾーン間は完全に隔離 C C C C • 最大 8192 個 (大域ゾーン含む) 作成可能25 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  26. 26. Oracle Solaris Zones Solaris 11で利用可能な非大域ゾーン種別 • Solaris 11でサポートされる非大域ゾーン Solaris 10 Solaris 10 – solaris (SPARC/x86 で利用可能) • Solaris 11 環境を提供 – solaris10 (SPARC/x86, 追加ライセンスは必要なし) • Solaris 10 環境を提供 • すでに動作している Solaris 10 実環境からの P2V s10z s10z • プロセッサアーキテクチャの壁は越えられないが、 同一アーキテクチャであればハードウェアの壁は 突破可能26 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  27. 27. Oracle Solaris Zones Oracle Solaris 11からサポートされる新機能 • Solaris Zonesの更なる機能拡張 – 非大域ゾーンにディスクを割り当て、パーティションの作成や管理が可能に – 仮想ネットワークインターフェースの自動生成をサポート • ネットワーク仮想化機能(Crossbow)を有効に活用 • 専用のNetwork Stack を持つことが可能な Exclusive IP ゾーンがデフォルトに! – 非大域ゾーンにて NFS サーバ機能をサポート • 大域ゾーンには依存せず、独自にNFSサービスを構成可能 – Solaris 10 Zones をサポート • Solaris 11上の非大域ゾーンとしてSolaris 10が動作27 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  28. 28. Oracle Solaris Zones 開発環境を Oracle Solaris Zones へ global zone testzone01 • Solaris 11 Zones の構成例 Solaris 11 – シンプルな作成手順 仮想 NIC • 仮想NICの生成まで含まれた最小の構成手順 Solaris 11 # zonecfg -z testzone01 testzone01: No such zone configured Use create to begin configuring a new zone. net0 zonecfg:testzone01> create create: Using system default template SYSdefault zonecfg:testzone01> set zonepath=/rpool/zones/testzone01 zonecfg:testzone01> set autoboot=true zonecfg:testzone01> commit zonecfg:testzone01> exit – シンプルな OS デプロイ # zoneadm -z testzone01 install # zoneadm -z testzone01 boot ; zlogin -C testzone01 [Connected to zone testzone01 console] [NOTICE: Zone booting up] SunOS Release 5.11 Version 11.0 64-bit Copyright (c) 1983, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights OSの設定画面へ28 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  29. 29. Oracle Solaris Zones 開発環境を Oracle Solaris Zones へ • Solaris 10 Zonesについて global zone testzone01 s10zones – 既設の Solaris 10 環境をゾーンへ Solaris 11 Solaris 10 移行できる機能 仮想 NIC 仮想 NIC – 移行を補助する zonep2vchk Solaris 11 ユーティリティーの提供 net0 • 留意事項 – 新規にSolaris 10をインストールすることはできない • 既設環境からのファイル移行のみ – Solaris 10 上で稼働しているゾーンを含めた移行はできない • 先にゾーンを移行させる必要がある29 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  30. 30. Oracle Solaris Zones 開発環境を Oracle Solaris Zones へ • 移行方法 – 稼働している Solaris 10 システム上で アーカイブを取得する Solaris 10 Solaris 10 – サポートする形式: flar, cpio, pax xustar, ufsdump, directory • 移行元となる Solaris 10 上での flash archive 取得例 # flarcreate -S -n s10u8-zone -L cpio /net/target/export/s10u8-global.flar Determining which filesystems will be included in the archive... Creating the archive... cpio: File size of "etc/mnttab" has increased by 435 -S ディスクスペース等の事前チェックを省略 2068650 blocks -n フラッシュアーカイブ名(任意の名前) 1 error(s) -L アーカイブ形式 s10z s10z Archive creation complete. /net/target/…. アーカイブファイル名 • ZFS上に構成されている場合の注意点 • アーカイブ形式として、cpioかpaxを使用する.その他の形式では正常にインストールできない • 指定がない場合はZFS datastream としてアーカイブされる為30 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  31. 31. Oracle Solaris Zones Solars Zonesの移行 • 2つの移行方法を提供 – P2V (Physical-to-Virtual) • 例: zoneadm install –d /archive/file/name – V2V (Virtual-to-Virtual) • 例: zoneadm detach/attach • P2V には、zonep2vchk コマンドとの組み合わせ – 移行時に問題となる事項を診断および報告 – zonep2vchk –c にてゾーン構成ファイルを自動生成 – Solaris 10 へは、zonep2vchk ファイルをコピーすることで実行可能31 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  32. 32. Oracle Solaris Zones Oracle Solaris Zones でスムースな移行を • 容易かつスムースな移行が可能に • OVM for SPARC もしくは OVM for x86 環境と組み合わせることで移 行することでライブマイグレーションも可能に p2v Solaris 10 S10 Zone S10 Zone S11 Zone S10 Zone S10 Zone S11 Zone v2v Solaris 10 Solaris 11 Solaris 11 Oracle VM Oracle VM Live Migrate32 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  33. 33. Oracle Solaris Zones Solaris Zones を使ったオペレーティング環境の構築 • 将来のハードウェア更改を見据える p2v – サービス提供環境を Solaris Zones に! S10 Zone S11Zone – 開発環境を Solaris Zones に! Solaris 11 • ハードウェアからの解放! – Solaris Zones を利用可能な Solaris 11 システムがハードウェアを吸収 – その上に Zones 単位で移行可能 • ただし、ハードウェアに密接に関わる開発・サービス環境等では考慮する必要あり – まずは、ソフトウェアレベルでサービスを提供するアプリケーション 実行環境をターゲットに33 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  34. 34. Program Agenda • IPSと基本的な開発環境の整備 • Solaris 11の仮想化機能 • Oracle Solaris Zones • VirtualBox in Solaris 11 Zones • Appendix – Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較34 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  35. 35. VirtualBox in Solaris 11 Zones35 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  36. 36. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones Solaris Zones に構成可能な Oracle VM VirtualBox • Oracle VM VirtualBox – 強力なクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェア – Oracle Solaris 11 をホストOSとしてサポート • Solais 11上に Solaris, Windows や Linux 環境を構築可能 • Oracle Solaris Zones Ready – Solaris Zones 上での動作をサポート – Solaris 11 では Crossbow の仮想NICと連携可能 – COMSTAR iSCSI target も利用可能 https://www.virtualbox.org/ • ストレージを iSCSI にすることでゾーンをコンパクトに運用することも可能 • VirtualBoxにiSCSI Initiator機能を搭載36 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  37. 37. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones 開発環境としての仮想環境 vbox-zone02 • VirtualBox がサポートする OS を Solaris vbox-zone01 ホストに集約 Solaris 11 VirtualBox – Solaris では提供できないサービス Solaris 11 (他OSに特化した)の提供など Windows • Windows, Linux などの開発環境として VirtualBox 利用可能 Windows • Solaris Zones 単位で VirtualBox を 動作させることで可搬性の向上を狙う global zone – VBox の HDD に iSCSI LUN を割り当てるなど e1000g0 • Solaris 使いとしては、これを ZFS data stream 化できることに喜びを感じる iSCSI LUN37 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  38. 38. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones 開発環境としての仮想環境 vbox-zone02 • サンプル環境の作成方法 vbox-zone01 – 右図の赤い線に囲われている環境を作成 Solaris 11 VirtualBox • 大域ゾーンへ VirtualBox をインストール Solaris 11 Windows – カーネル・モジュールが提供する機能を利用する 必要がある為 VirtualBox # pkgadd –d VirtualBox-4.1.12-SunOS-r77218.pkg Windows • 続いて、非大域ゾーンを作成 global zone – 非大域ゾーンを作成し、こちらにも VirtualBox を インストールする e1000g0 iSCSI LUN38 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  39. 39. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones ゾーンの構成と VirtualBox のインストール • 非大域ゾーンの構成 (下記は構成例) ゾーンの構成開始 # /usr/sbin/zonecfg -z VBox_Windows_7 zonecfg:VBox_Windows_7> create zonecfg:VBox_Windows_7> set autoboot=true zonecfg:VBox_Windows_7> set zonepath=/rpool/zones/VBox_Windows7 zonecfg:VBox_Windows_7> add device zonecfg:VBox_Windows_7:device> set match=/dev/vboxdrv add device は、大域ゾーンの device file zonecfg:VBox_Windows_7:device> end を非大域ゾーンでも利用するために指定 zonecfg:VBox_Windows_7> add device zonecfg:VBox_Windows_7:device> set match=/dev/vboxusbmon (必須) zonecfg:VBox_Windows_7:device> end zonecfg:VBox_Windows_7> commit zonecfg:VBox_Windows_7> exit ゾーンのデプロイ # zoneadm –z VBox_Windows_7 install # zoneadm –z VBox_Windows_7 boot ゾーンの起動 # zlogin –C VBox_Windows_7 ゾーンへのログイン – ネットワークは、anet リソースを使用した仮想 NIC自動生成機能にて対応 • anet リソース設定は、 すでに設定されている(create より自動生成) • VirtualBox は、この仮想NICをブリッジアダプタとしても利用可能 – NAT ,内部ネットワークなども利用可能39 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  40. 40. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones ゾーンの構成と VirtualBox のインストール • zlogin コマンドで非大域ゾーンへログイン – ネットワーク設定などを実施後、ssh で大域ゾーン等からログイン可能 • 非大域ゾーンに IPS からパケージを追加 大域ゾーンからIPSリポジトリへアクセス 可能であれば、組み込まれた Proxy に – VirtualBox を動作させるためのパッケージをインストール より、非大域ゾーンからもアクセス可能 # pkg install X-all – 非大域ゾーンは、大域ゾーンの IPS情報を利用するため設定不要 • 非大域ゾーンにも VirtualBox をインストール 大域ゾーンと非大域ゾーンには 必ず同一バージョンの VirtualBox – VirtualBox を、非大域ゾーンで動作させるため をインストールすること zones # pkgadd –d VirtualBox-4.1.10-SunOS-r76795.pkg40 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  41. 41. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones 非大域ゾーンのネットワーク構成例 • 物理NIC(net0)から仮想NICが生成され割り当てられる – 非大域ゾーンの OS は物理 NICとして認識 – VirtualBox は、このNICをブリッジインターフェース global zone vbox-zone として利用可能 – 構成例では、それぞれ同一ネットワークに接続して VirtualBox いることになる Solaris 11 Solaris 11 Windows • 外部からみた場合は、完全に独立した net0 net0 (vnic) 環境を構成可能 • リソースが許せば複数のVBox環境を動作可能 • VBoxのストレージは iSCSI LUN に外出し可能 同一ネットワークへの接続 – VBox 自身が iSCSI Initiator の機能を持つ41 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  42. 42. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones COMSTARとの連携 - iSCSI Target の作成 • ゲストVMで利用するストレージを iSCSI LUNとして外出しする例 • COMSTARを利用した、40GBのiSCSI LUN 作成例 # pkg install storage-server # svcadm enable stmf # zfs create -p -V 40g rpool/zvol/testVolume ZFS 上に 40GB の zvol を作成 # stmfadm create-lu /dev/zvol/rdsk/rpool/zvol/testVolume Logical unit created: 600144F0080027E5D1964EE09C570001 testVolume を LU として登録 # stmfadm add-view 600144F0080027E5D1964EE09C570001 target と結びつけるため view に追加 • iSCSI Targetの作成 # svcadm enable –r svc:/network/iscsi/target:default (初回のみ) # itadm create-target iSCSI target を作成 Target iqn.1986-03.com.sun:02:1ff9b930-7298-c82e-be3b-ad392d9d674f successfully created iqn が生成される • iSCSI Initiator からの接続 (Solaris iSCSI Initiator の場合) target 探索用 IP address をセット # iscsiadm add discovery-address 10.0.2.2 # iscsiadm modify discovery –t enable target の探索開始!42 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  43. 43. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones COMSTARとの連携 - iSCSI LUNの利用 • VirtualBox に iSCSI LUN を登録 – VirtualBox 自身が iSCSI Initiator の機能を持つ – VirtualBox 4.x では CUI でのみ iSCSI LUN を登録可能 – VM: dummy を登録し、これをベースに iSCSI LUN を登録 (登録後は削除する) – Virtual Media Manager に登録される為、以降の VM作成時にストレージとして指定可能 – 起動ディスクにすることで、ゾーンで抱えるデータを最小限にすることが可能 $ /opt/VirtualBox/VBoxManage createvm -name dummy --register $ VBoxManage storagectl dummy --name "SATA Controller" --add sata --controller IntelAHCI ※192.168.10.254 – iSCSI Target $ /opt/VirtualBox/VBoxManage storageattach dummy ¥ --storagectl "SATA Controller" --port 0 --device 0 --type hdd --medium iscsi ¥ --server 192.168.10.254 --target iqn.1986-03.com.sun:02:1ff9b930-7298-c82e-be3b-ad392d9d674f43 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  44. 44. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones Solarisの仮想化機能をフルに活用した一例 • 利用されるSolarisの仮想化機能 – Solaris Zones (隔離された実行環境) – Crossbow (仮想ネットワーク) – COMSTAR (仮想ストレージ) – ZFS (データ管理)44 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  45. 45. Oracle Solaris 11 の仮想化機能 ゾーンから始めましょう Automated Install• Solaris 11 の仮想化機能により、サービスや リソース管理に変革をもたらす Networking Security• ゾーンへの集約を前提にサービスを設計 – 他の仮想化機能と組み合わせることで、 物理サーバへの依存を最小に – CPU, メモリ, ネットワークのリソース管理 • フローによるサービスレベルのリソース管理 – 容易なマイグレーションが可能• Enterprise Manager Ops Center 12c Packaging ZFS では、これらの仮想化機能を管理可能に Zones 45 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  46. 46. Oracle Solaris 11の仮想化機能 仮想化機能比較 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 Solaris Zones (Native)   △ Solaris Legacy Containers  Oracle VM for SPARCを利用し Solaris 10 ゲストにて利用可能システムの仮想化 Solaris 10 Zones ‐  Solaris 10 専用のブランドゾーンを提供 Oracle VM for SPARC   Solaris 10 ゲストのみサポート Solaris 10, Solaris 11ゲストをサポートネットワークの仮想化 Crossbow ‐  New!ストレージの仮想化 COMSTAR ‐  New!46 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  47. 47. 5 Year Trajectory Cores 4x Oracle Solaris ロードマップ Threads Memory Capacity 32x 16x Database TPM 40x Java Ops Per Second 10x Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Solaris 11 Express Update Update UpdateSolaris 10 Solaris 10 Solaris 10 Solaris 10 10/09 9/10 8/11 Update 2010 2011 2012 2013 2014 2015 T-Series M-Series T-Series テスト中 Mシリーズ SPARC 1-4 Socket 1-64 Socket 1-4 Sockets Mシリーズ 16-64 ソケット 1-64 ソケット + 2x Throughput + 20% +1x Throughput 16-64 ソケット +2x スループット +2x スループット +5x Single Strand +6x スループット >1x Single Strand +1.5x Single Strand +1.5x Single Strand テスト中 Tシリーズ Tシリーズ 1-8 ソケット 1-8 ソケット +20% +2.5x スループット >1x Single Strand Nehalem Exalogic, Westmere Exadata 最新版x86プロセッサーに最適化 x86 47 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  48. 48. ユーザーがSolarisを選択した9つの理由1. 高い堅牢性: これまでの多くの実績に証明された堅牢性2. 高いパフォーマンス: 各種企業アプリのベンチマークで世界記録3. 高い拡張性: 次世代の環境変化にも対応できるシステム4. 高い安全性: コア部分で実装される統合セキュリティ機能5. 高度な仮想化技術: リソース使用率の最大化。突発的な変化への対応6. Engineered for Oracle: Oracle製品群と最高のパフォーマンスを実現7. SPARCとx86に対応: 業界標準の環境をサポート8. 互換性: 互換性の維持で既存資産を有効活用9. 1社で提供: 1社でH/WからS/Wまで一貫した価値を提供 48 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  49. 49. 参考情報 • Oracle Solaris 11 Downloads – http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/downloads/index.html • Evaluating Oracle Solaris 11 – http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/overview/evaluate-1530234.html • Oracle Solaris 11 開発者環境の紹介 – http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25907/index.html • Oracle Solaris のシステム管理 (Oracle Solaris ゾーン、Oracle Solaris 10 ゾーン、およびリソース管理) – http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25829/gcgnc.html#scrolltoc49 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  50. 50. 参考情報 Oracle Solaris 11 をすぐに試せる VM テンプレート • Oracle Solaris 11 VM Downloads http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/downloads/virtual- machines-1355605.html – Oracle Solaris 11 VM for Oracle VM VirtualBox • VirtualBox にインポートするだけで Oracle Solaris 11 を試用可能 – Oracle VM Template for Oracle Solaris 10 Zones for SPARC/x86 • Oracle Solaris 10 Zones の構成情報テンプレート • Oracle Solaris 11 VM for Oracle VM VirtualBox と組み合わせることで、 VirtulBox 上で Solaris 11 と Solaris 10 Zones の試用環境を構築可能 • Solaris 11が動作する環境にて利用可能50 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  51. 51. 参考情報 • 製品情報とダウンロード – oracle.co.jp/solaris • Oracle Technology Network – http://www.oracle.com/technetwork/jp/server- storage/solaris11/overview/index.html • System administrators community – oracle.com/technetwork/systems • @ORCL_Solaris • facebook.com/SolarisJP51 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  52. 52. Oracle OpenWorld Tokyoのご案内 Oracle Develop@アカデミーヒルズ49セッション 日時 タイトル 発表者番号D3-03 4/6(金) Oracle Solaris 11デベロッパーが押さえておきたい機能 日本オラクル株式会社 13:00-13:45 シニアセールスコンサルタント 佐藤 和幸D3-04 4/6(金) Oracle Solarisの性能を引き出せ!「チューニング・コン 日本オラクル株式会社 13:00-14:30 テスト」 シニアセールスコンサルタント 野崎 宏明D3-13 4/6(金) SPARC Server、Oracle Solarisでの高性能かつ高セキ Oracle Strategic Applications Engineering 14:00-14:45 ュリティなデータベース構築ノウハウ Senior Director ブラッド・カーライルD3-34 4/6(金) クラウド時代に最適なパッケージング・システム-IPSパッ 日本オラクル株式会社 16:00-17:30 ケージ作成 シニアセールスコンサルタント 黒田 俊介D3-43 4/6(金) Oracle Database Applianceで始めるシンプル・データ 日本オラクル株式会社 17:00-17:45 ベース シニアセールスコンサルタント 高瀬 純平52 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  53. 53. Oracle Solaris Specialization お客さまが最適なパートナー企業を見つけだすためのグローバルな制度 製品・技術ごとに、「案件実績」「お客様満足度」「技術力」を持つパートナー様を ご選択頂けます!Specialization 取得パートナー様 (五十音順) ※印は Advanced Specialization 取得パートナー伊藤忠テクノソリューションズ(株)*/エヌ・ティ・ティ・データ先端技術(株)/新日鉄ソリューションズ(株)/東芝ソリューション(株)/日本電気(株)/(株)日立システムズ/(株)日立ソリューションズ/(株)富士通北陸システムズ/NECフィールディング(株)/キヤノンITソリューションズ(株)/(株)コーソル/(株)ティ・アイ・ディ/日本NCR(株)/(株)日本オープンシステムズ/日本ユニシス(株)/富士ソフト(株)/ユニアデックス(株)/菱洋エレクトロ(株)53 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  54. 54. Program Agenda • IPSと基本的な開発環境の整備 • Solaris 11の仮想化機能 • Oracle Solaris Zones • VirtualBox in Solaris 11 Zones • Appendix – Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較54 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  55. 55. Appendix55 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  56. 56. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 インストールについて 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 インストール (グラフィカ DVD または CD 上のグラフィカルインストールプログラ Live CD (x86 のみ) ル) ム インストール (対話式テキ 対話式テキストインストールと対話式テキストインストー テキストインストーラ (スタンドアロンおよびネットワークインストー スト) ラ ル) インストール (自動) Oracle Solaris の JumpStart 機能 自動インストーラ (Automated Installer、AI) インストール (システムの 上記インストール方法の全てでシェルの起動をサポート 回復、ブート、およびプラッ  遠隔システムでのルートプールスナップショットアーカイブから トフォームの変更) の復元 Oracle Solaris フラッシュアーカイブインストール  ルートプールの再作成および bootfs プロパティーの設定  以前アーカイブしたルートプールスナップショットからの復元 フラッシュアーカイブ機能はサポートされない • x86 プラットフォームのサポートは 64 ビットのみ • SPARC M シリーズハードウェアを除く、sun4u アーキテクチャーサポートの削除 • SPARC および x86 プラットフォームでの高速リブートのサポート56 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  57. 57. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ブートおよびアップグレードについて 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 ルートデバイスからのブート UFS , ZFS または Solaris ボリュームマネージャー Oracle Solaris ZFS ルートファイルシステムのみサポート (SVM) ルートデバイス ネットワークからのブート SPARC の ok PROM プロンプトから: boot net[:dhcp] または boot net[:rarp] SPARC: boot net:dhcp x86: ネットワークからの PXE (Preboot eXecution x86: Oracle Solaris 10 以降、変更はありません。 Environment) ブート ブート (復旧) SPARC: ok PROM プロンプトで boot -F failsafe と入 フェイルセーフモードは提供されていません。エラー状況に応じて、 力することにより、フェイルセーフモードでブート シングルユーザーモードでブートするか、またはシステムの復旧 x86: ブート時に GRUB メニューでフェイルセーフエント 手順を実行します。 リを選択することにより、フェイルセーフモードでブート システムアップグレードとブ IPS と連係した pkg コマンド、パッケージマネージャー、更新マネ ート環境の管理 lu (Live Upgrade) および SVR4 パッケージコマンド ージャーを利用。 beadm ユーティリティー (ブート環境の管理用)の提供 • Oracle Solaris 11では、ZFS Root のみサポート • ブート環境を管理する beadm ユーティリティの提供 • ソフトウェアの管理は、IPS (Image Packaging System)にて一新 – SVR4パケージの管理コマンドも一部サポート57 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  58. 58. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 ネットワーク設定について 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 ネットワーク構成 (手動お ifconfig コマンド 手動モード: dladm および ipadm よび自動) /etc/hostname.* の編集 自動モード: netcfg ndd コマンド(プロトコルの構成の場合) ネットワーク構成 (DHCP) Oracle Solaris DHCP およびその他のネームサービス ISC DHCP および Oracle Solaris DHCP ネットワーク構成 (ワイヤ 手動: dladm および ipadm wificonfig レス) 自動: netcfg • Oracle Solaris 11 では、プロファイルベースのネットワーク構成に • インストール時に選択したネットワーク構成モードに従う – 「手動」を選択した場合は、DefaultFixed NCP が有効 – 「自動」を選択した場合は、Automatic NCP が有効 – DefaultFixed NCP が有効な場合のみ、ネットワークは dladm および ipadm コマンドによる手動構成が可能 • ネットワークの仮想化機能(Crossbow)を利用する場合は、DefaultFixed NCP を選択 • /etc/hostname.<if>、/etc/dhcp.<if>、および /etc/hostname.ip*.tun* ファイルについて – これらのファイルの編集によるネットワーク構成の代わりに、ipadm および dladm コマンドが使用されるようにな りました58 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  59. 59. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 システム構成について 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 システムの構成と再構成 sysconfig コマンド、対話式システム構成 (SCI) ツール、SC プロ sysidtool. sys-unconfig、sysidconfig 、および sysidcfg ファイル システム構成 (ネームサー /etc および /var 内のファイルで構成される サービス管理機能 (SMF) によって管理される ビス構成) システムの構成 (ノード名) svccfg -s で、SMF サービス svc:system/identity:node の /etc/nodename を編集します config/nodename プロパティーを任意の名前に設定します。 プロパティーを設定したあとにサービスを更新します。 システムの登録 自動登録 Oracle Configuration Manager • Oracle Solaris 11 では、いくつかのシステム、ネットワーク、およびネームサービス構成 など、システム構成の特定の側面が変更されている • システム構成情報は、サービス管理機能(SMF)へ集約 – 構成ツールを使用していた設定の多くをSMFサービスとして提供59 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  60. 60. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 SVR4 パッケージおよびパッチコマンドと IPS コマンドの比較 機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11 パッケージ処理 (ソフトウェ Image Packaging System (IPS) の pkg(1) コマンド、パッケージ SVR4 パッケージおよびパッチコマンド ア管理) マネージャーと更新マネージャーの GUI パッケージの追加 pkgadd pkg install パッチおよびアップデートの patchadd pkg update 適用 パッケージの削除 pkgrm pkg uninstall パッケージ証明書の管理 pkg set-publisher -k、-c、--approve-ca-cert、--revoke-ca-cert、 pkgadm addcert、pkgadm removecert unset-ca-cert パッケージ情報の取得 pkginfo、pkgchk -l pkg info、pkg list、pkg contents、pkg search パッケージ整合性のチェック pkgchk pkg verify、pkg fix、pkg revert • 従来のSUNW 接頭辞は使用されなくなり、すべてのソフトウェアパッケージ名が変更 • 主要なパッケージインストールおよび更新インタフェースは pkg(5) コマンドセットに集約 • パッチという概念はなくなり、ソフトウェアのアップデートによりシステムを更新 – 更新はサポートリポジトリ更新 (SRU) として入手 – SRU は、Oracle Solaris 10 リリースで使用できる保守更新またはパッチバンドルに代わるもの60 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  61. 61. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 その他機能 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 11ユーザーアカウントの管理 Solaris Management Console の GUI および関連するコ useradd、groupadd、および roleadd (CUI ツールのみの提供) マンド行ツールユーザー環境の管理 デフォルトシェル: ksh93 Korn シェル (ksh) デフォルトの kshパス: /usr/bin/ksh となり /bin/sh も ksh93 です MANPATH 変数が必要です デフォルトの対話式シェル: bash。デフォルトの bash パス: /usr/bin/bash MANPATH 変数は必要なくなりましたセキュリティー管理 root をユーザーアカウントとする root を役割とする印刷サービス (デフォルト)、プ LP 印刷サービス、lp 印刷コマンド、Solaris 印刷マネージャ LP印刷サービスの廃止。CUPS (Common UNIX Print System)、CUPSリンタの構成および管理 ー コマンド行ツール、CUPS 印刷マネージャーデスクトップ環境 共通デスクトップ環境 (CDE), GNOME Oracle Solaris デスクトップ (GNOME 2.30) • Sun Management Console などの GUI 管理ツールは提供されない • SVR4由来のコマンドは、/usr/sunos へ集約 • root ユーザは、Roleとして実装 – コンソールから root ユーザでログインすることはできない – 一般ユーザにも root の役割を割り当てる必要がある (例: # usermod –R root kazus ) 61 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  62. 62. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 Oracle Solaris 11 への移行ツールおよび機能機能 概要 JumpStart マイグレーションユーティリティ Oracle Solaris 10 JumpStart のルールとプロファイルを、AI マニフェストのエントリと互換性 ー (js2ai) のある形式に変換するために使用されます。ZFS シャドウマイグレーション機能 NFSを利用し、データを既存のファイルシステムから新しいファイルシステムに移行することが 可能Oracle Solaris 10 ゾーンのサポート Oracle Solaris 10 のアプリケーション環境を Oracle Solaris 11 システムに移行可能NFS ファイル共有およびプールの移行 Oracle Solaris 11 システムで Oracle Solaris 10 システムの共有ファイルにアクセス可能 Oracle Solaris 11 システムで Oracle Solaris 10 システムの ZFS ストレージプールをインポ ート可能 • Oracle Solaris 10 から Oracle Solaris 11 への移行に使用できるアップグレード方法は 提供されない – 新規インストールを実行する必要あり – Oracle Solaris 10 OS のインスタンスまたはゾーンおよびデータを Oracle Solaris 11 システムに移行することは可能 • JumpStart は自動インストーラ (AI) に置き換え • ufsdumpにて取得したデータは、ufsrestore コマンドにてZFS ファイルシステム上に復元可能62 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  63. 63. Oracle Solaris 10 と Oracle Solaris 11 の比較 Oracle Solaris 11 への移行ツールおよび機能 • Oracle Solaris 11へ可能なシステム – Oracle Solaris 11 Express – Oracle Solaris 11 Early Adopter • 移行手順について Oracle Solaris 10 から Oracle Solaris 11 への移行 >以前の Oracle Solaris 11 リリースを実行しているシステムのアップグレード http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25934/upgrade-1.html#scrolltoc63 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  64. 64. ご質問・ご相談はOpenWorld終了後もお受けしております あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct 0120-155-096 (平日9:00-12:00 / 13:00-18:00) http://www.oracle.com/jp/direct/index.html Oracle Direct 検索 各種無償支援サービスもございます。64 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  65. 65. 65 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  66. 66. 66 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

×