Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

[POStudy]大きなSIerの中で「アジャイルな開発で飯を食う」までの歩み

2,487 views

Published on

[POStudy]大きなSIerの中で「アジャイルな開発で飯を食う」までの歩み より

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

[POStudy]大きなSIerの中で「アジャイルな開発で飯を食う」までの歩み

  1. 1. POStudy ナイトセミナー @グロースエクスパートナーズ株式会社 G's LounGe 大きなSIerの中で 「アジャイルな開発で飯を食う」までの歩み 2017年10月18日 株式会社野村総合研究所 森 實 繁 樹
  2. 2. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 1 目次 自己紹介 本日の位置づけ もう少しだけ僕を知ってください アジャイルな開発で飯を食うまで アジャイルな開発で飯を食うということ まとめ
  3. 3. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 2 目次 自己紹介 本日の位置づけ もう少しだけ僕を知ってください アジャイルな開発で飯を食うまで アジャイルな開発で飯を食うということ まとめ
  4. 4. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 3 自己紹介 ■社内活動(仕事)について 2003年:某メーカー系SIerに就職 所属: 共通技術本部 LMC開発推進室 ○開発メンバー 2006年:野村総合研究所に転職 所属: 保険システム二部(ダイレクト損保) ○アプリリーダー ↓ ○インフラリーダー 保険システム五部(ダイレクト損保) ○プロジェクトマネージャ ↓ ○営業的なこと 保険システム一部(メガ損保) ○人材育成的なこと ■社外活動(コミュニティ活動等)について 2005年~:XPJUGのスタッフ(最近はちょっと幽霊気味) イマココ
  5. 5. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 4 自己紹介 ■座右の銘 一.常善を尽くせ 一.雨の日こそ笑え 一. 明日できることは明日やれ 一.Social change starts with you 一. 最高の仕事をしよう
  6. 6. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 5 自己紹介 ■座右の銘 一.常善を尽くせ 一.雨の日こそ笑え 一. 明日できることは明日やれ 一.Social change starts with you 一. 最高の仕事をしよう
  7. 7. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 6 自己紹介 ■持論 研修で外部(社外)から得た知見は内部(社内)に還元しないといかん 内部に還元した知見がどう変化するか観察しないといかん 変化した知見、新たな発見について外部に還元しないといかん
  8. 8. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 7 自己紹介 ■持論 研修で外部(社外)から得た知見は内部(社内)に還元しないといかん 内部に還元した知見がどう変化するか観察しないといかん 変化した知見、新たな発見について外部に還元しないといかん 社会(会社もコミュニティも)の発展
  9. 9. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 8 目次 自己紹介 本日の位置づけ プロジェクトマネージメントのありかたの変化 これからのプロジェクトマネージャに求められるもの SIerの限界 まとめ
  10. 10. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 9 本日の位置づけ ■壮大な三部作 SIerにおける自律した組織のツクリカタとプロダクトオーナーシップについて DevOps時代のプロジェクトマネジメントを考えよう 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み 7/24 POStudy 9/16 XP祭り 9/22 DevLOVE関西 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み(東京再演) 10/18 POStudy
  11. 11. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 10 本日の位置づけ ■壮大な三部作 SIerにおける自律した組織のツクリカタとプロダクトオーナーシップについて DevOps時代のプロジェクトマネジメントを考えよう 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み 7/24 POStudy 9/16 XP祭り 9/22 DevLOVE関西 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み(東京再演) 10/18 POStudy
  12. 12. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 11 おことわり 今回はエピソード1、および2のような話とは違い、 ものすごく主観で話をします。
  13. 13. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 12 目次 自己紹介 本日の位置づけ もう少しだけ僕を知ってください アジャイルな開発で飯を食うまで アジャイルな開発で飯を食うということ まとめ
  14. 14. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 13 僕の遍歴(仕事) もう少しだけ僕を知ってください
  15. 15. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 14 僕の遍歴(仕事) 2003年 富士通株式会社入社 → 技術系の事業本部に所属 もう少しだけ僕を知ってください
  16. 16. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 15 僕の遍歴(仕事) 2003年 富士通株式会社入社 → 技術系の事業本部に所属 2006年 富士通株式会社退職 もう少しだけ僕を知ってください
  17. 17. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 16 僕の遍歴(仕事) 2003年 富士通株式会社入社 → 技術系の事業本部に所属 2006年 富士通株式会社退職 株式会社野村総合研究所入社 → 保険系の事業本部に所属 2006年~ 某ダイレクト損保プロジェクト Webアプリチーム担当 2009年 2009年~ 某ダイレクト損保プロジェクト インフラ(運用)・共通チーム担当 2012年 2012年~ 某ダイレクト損保プロジェクト プロジェクトマネージャ(新規2年、保守2年) 2015年 もう少しだけ僕を知ってください
  18. 18. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 17 僕の遍歴(仕事) 2016年~ 某メガ損保プロジェクト プロジェクトマネージャ(新規2年目) もう少しだけ僕を知ってください
  19. 19. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 18 僕の遍歴(仕事) 2016年~ 某メガ損保プロジェクト プロジェクトマネージャ(新規2年目) もう少しだけ僕を知ってください
  20. 20. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 19 僕の遍歴(コミュニティ) もう少しだけ僕を知ってください
  21. 21. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 20 僕の遍歴(コミュニティ) 2004年?~ オブラブ(旧オブジェクト倶楽部)のイベントに参加 ・この頃現アジャイルジャパン実行委員長の和田さんにあう 2005年?~ XPJUG(日本XPユーザグループ)にスタッフとして参画 ・この頃から壇上に立つ側に(LTとかショートセッションとか) 2003年~ PFP関東 2017年 すくすくスクラム DevLOVE etc… もう少しだけ僕を知ってください 僕の遍歴(コミュニティ)
  22. 22. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 21 僕の遍歴(コミュニティ) 2004年?~ オブラブ(旧オブジェクト倶楽部)のイベントに参加 ・この頃現アジャイルジャパン実行委員長の和田さんにあう 2005年?~ XPJUG(日本XPユーザグループ)にスタッフとして参画 ・この頃から壇上に立つ側に(LTとかショートセッションとか) 2003年~ PFP関東 2017年 すくすくスクラム DevLOVE etc… もう少しだけ僕を知ってください 僕の遍歴(コミュニティ)
  23. 23. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 22 僕の遍歴(資格) もう少しだけ僕を知ってください
  24. 24. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 23 僕の遍歴(資格) 情報処理技術者 プロジェクトマネージャ アプリケーションエンジニア ITストラテジスト 高度情報処理技術者(セキュリティ) ITサービスマネージャ システム監査技術者 もう少しだけ僕を知ってください
  25. 25. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 24 僕の遍歴(資格) 情報処理技術者 プロジェクトマネージャ アプリケーションエンジニア ITストラテジスト 高度情報処理技術者(セキュリティ) ITサービスマネージャ システム監査技術者 もう少しだけ僕を知ってください テクニカル系 SJC-P LPIC UML認定技術者 Interstage Master Developer Systemwalker Master DevOps Development on AWS
  26. 26. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 25 僕の遍歴(資格) 情報処理技術者 プロジェクトマネージャ アプリケーションエンジニア ITストラテジスト 高度情報処理技術者(セキュリティ) ITサービスマネージャ システム監査技術者 もう少しだけ僕を知ってください Scrum Alliance 認定スクラムマスター 認定スクラムプロダクトオーナー 認定スクラムプロフェッショナル テクニカル系 SJC-P LPIC UML認定技術者 Interstage Master Developer Systemwalker Master DevOps Development on AWS
  27. 27. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 26 僕の遍歴(資格) 情報処理技術者 プロジェクトマネージャ アプリケーションエンジニア ITストラテジスト 高度情報処理技術者(セキュリティ) ITサービスマネージャ システム監査技術者 もう少しだけ僕を知ってください Scrum Alliance 認定スクラムマスター 認定スクラムプロダクトオーナー 認定スクラムプロフェッショナル その他 販売士 簿記 秘書検定 ビジネス実務法務 アマチュア無線技師 テクニカル系 SJC-P LPIC UML認定技術者 Interstage Master Developer Systemwalker Master DevOps Development on AWS
  28. 28. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 27 僕の遍歴(活動) ■侍塊s 2005年~ 音楽・芸人活動(ショートセッション・LT)などなど もう少しだけ僕を知ってください
  29. 29. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 28 僕の遍歴(活動) ■侍塊s 2005年~ 音楽・芸人活動(ショートセッション・LT)などなど Dear XP Live in Agile2008 from Youtube もう少しだけ僕を知ってください
  30. 30. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 29 僕の遍歴(活動) ■侍塊s 2005年~ 音楽・芸人活動(ショートセッション・LT)などなど ■森實繁樹 2016年 9月 XP祭り2016 11月 プロダクトオーナー祭り2016 2017年 4月 Agile Japan 2017 4月 DevOpsDays Tokyo 2017(飛び込み) 5月 Comeback Japan 2017 7月 POStudyナイト夏のLT大祭り2017 9月 XP祭り2017 9月 DevLOVE関西 もう少しだけ僕を知ってください
  31. 31. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 30 僕の遍歴(活動) ■侍塊s 2005年~ 音楽・芸人活動(ショートセッション・LT)などなど ■森實繁樹 2016年 9月 XP祭り2016 11月 プロダクトオーナー祭り2016 2017年 4月 Agile Japan 2017 4月 DevOpsDays Tokyo 2017(飛び込み) 5月 Comeback Japan 2017 7月 POStudyナイト夏のLT大祭り2017 9月 XP祭り2017 9月 DevLOVE関西 もう少しだけ僕を知ってください
  32. 32. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 31 目次 自己紹介 本日の位置づけ もう少しだけ僕を知ってください アジャイルな開発で飯を食うまで アジャイルな開発で飯を食うということ まとめ
  33. 33. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 32 アジャイルで飯を食う 2017年、苦節10年超の活動の末、 社内で予算がもらえるようになりました。 アジャイルな開発で飯を食うまで
  34. 34. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 33 アジャイルで飯を食う アジャイルな開発で飯を食うまで 2017年、苦節10年超の活動の末、 社内で予算がもらえるようになりました。 ・契約に紐づく(社外) or ・R&D的な活動(社内)
  35. 35. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 34 アジャイルで飯を食う アジャイルな開発で飯を食うまで 2017年、苦節10年超の活動の末、 社内で予算がもらえるようになりました。 ・契約に紐づく(社外) or ・R&D的な活動(社内)
  36. 36. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 35 ふりかえり アジャイルな開発で飯を食うまで まずは時代の潮流からふりかえろう
  37. 37. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 36 時代の潮流 ■大構築時代の終焉 アジャイルな開発で飯を食うまで WATERFALL エピソード2より再掲
  38. 38. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 37 時代の潮流 ■大構築時代の終焉 しっかり決めて しっかり作る 時代 アジャイルな開発で飯を食うまで WATERFALL エピソード2より再掲
  39. 39. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 38 時代の潮流 ■DevOps時代の勃興 アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  40. 40. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 39 時代の潮流 ■DevOps時代の勃興 小さく作って 素早く価値提供する 時代 アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  41. 41. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 40 PMBOKをふりかえる アジャイルな開発で飯を食うまで WATERFALL エピソード2より再掲
  42. 42. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 41 PMBOKをふりかえる ■プロジェクト活動のプロセスとは アジャイルな開発で飯を食うまで WATERFALL 立ち上げ 計画 実行 管理・監視 終結 エピソード2より再掲
  43. 43. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 42 PMBOKをふりかえる ■プロジェクトとは 「プロジェクトとは、独自のプロダクト、サービス、 所産を創造するために実施する有期性のある業務」 アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  44. 44. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 43 PMBOKをふりかえる ■プロジェクトとは 「プロジェクトとは、独自のプロダクト、サービス、 所産を創造するために実施する有期性のある業務」 『創造』のための活動 アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  45. 45. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 44 プロジェクトマネージメントはプロジェクトマネージャのため プロジェクトマネージャは創造のための活動を行う PMBOKをふりかえる アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  46. 46. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 45 大構築時代は アジャイルな開発で飯を食うまで 要件決めがすべて (良い意味で)計画偏重 長期化傾向 エピソード2より再掲
  47. 47. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 46 DevOps時代は アジャイルな開発で飯を食うまで 価値(利益)がすべて 投資対効果重視 短期化傾向 エピソード2より再掲
  48. 48. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 47 DevOps時代は アジャイルな開発で飯を食うまで 価値(利益)がすべて 投資対効果重視 短期化傾向 従来には みていない 従来の スコープにない エピソード2より再掲
  49. 49. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 48 すなわち 従来型のプロジェクトマネージメントだけでは通用しない ≒ 従来型のプロジェクトマネージャでは通用しない アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  50. 50. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 49 大構築時代 DevOps時代 Q バグ0件 障害密度、ケース密度重視 X00人に同じ品質を要求 価値を妨げない範囲までは妥協可能 原則全自動テスト実施 少数精鋭で高品質を目指す C 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る 一律最低限の開発端末でガンバる 環境は下位環境ほど劣悪になる 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る クラウドやシンクライアントを利用して開発環境 や実行環境を十分に用意する D 顧客と合意した日付にリリースする(年度あるい は中期経営計画に従う) 動くものはUATまでにできていればよい 顧客と合意した日付にリリースする(素早く価値 提供できるタイミングを目指す) 素早く作り、速やかに確認してもらう S システム化計画で定めたシステム全体の機能を 余すことなく実装する 価値を提供できる最小の単位で実装する プロジェクトの特性 アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  51. 51. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 50 大構築時代 DevOps時代 Q バグ0件 障害密度、ケース密度重視 X00人に同じ品質を要求 価値を妨げない範囲までは妥協可能 原則全自動テスト実施 少数精鋭で高品質を目指す C 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る 一律最低限の開発端末でガンバる 環境は下位環境ほど劣悪になる 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る クラウドやシンクライアントを利用して開発環境 や実行環境を十分に用意する D 顧客と合意した日付にリリースする(年度あるい は中期経営計画に従う) 動くものはUATまでにできていればよい 顧客と合意した日付にリリースする(素早く価値 提供できるタイミングを目指す) 素早く作り、速やかに確認してもらう S システム化計画で定めたシステム全体の機能を 余すことなく実装する 価値を提供できる最小の単位で実装する プロジェクトの特性 アジャイルな開発で飯を食うまで 大構築時代より下げていいとは だれもいっていない エピソード2より再掲
  52. 52. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 51 大構築時代 DevOps時代 Q バグ0件 障害密度、ケース密度重視 X00人に同じ品質を要求 価値を妨げない範囲までは妥協可能 原則全自動テスト実施 少数精鋭で高品質を目指す C 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る 一律最低限の開発端末でガンバる 環境は下位環境ほど劣悪になる 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る クラウドやシンクライアントを利用して開発環境 や実行環境を十分に用意する D 顧客と合意した日付にリリースする(年度あるい は中期経営計画に従う) 動くものはUATまでにできていればよい 顧客と合意した日付にリリースする(素早く価値 提供できるタイミングを目指す) 素早く作り、速やかに確認してもらう S システム化計画で定めたシステム全体の機能を 余すことなく実装する 価値を提供できる最小の単位で実装する プロジェクトの特性 アジャイルな開発で飯を食うまで 大構築時代より下げていいとは だれもいっていない フラストレーションやリスクを軽減すること は心理的安全性の一つ エピソード2より再掲
  53. 53. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 52 大構築時代 DevOps時代 Q バグ0件 障害密度、ケース密度重視 X00人に同じ品質を要求 価値を妨げない範囲までは妥協可能 原則全自動テスト実施 少数精鋭で高品質を目指す C 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る 一律最低限の開発端末でガンバる 環境は下位環境ほど劣悪になる 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る クラウドやシンクライアントを利用して開発環境 や実行環境を十分に用意する D 顧客と合意した日付にリリースする(年度あるい は中期経営計画に従う) 動くものはUATまでにできていればよい 顧客と合意した日付にリリースする(素早く価値 提供できるタイミングを目指す) 素早く作り、速やかに確認してもらう S システム化計画で定めたシステム全体の機能を 余すことなく実装する 価値を提供できる最小の単位で実装する プロジェクトの特性 アジャイルな開発で飯を食うまで 大構築時代より下げていいとは だれもいっていない フラストレーションやリスクを軽減すること は心理的安全性の一つ 素早くつくる→アジャイルな開発 素早い価値提供→DevOps エピソード2より再掲
  54. 54. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 53 大構築時代 DevOps時代 Q バグ0件 障害密度、ケース密度重視 X00人に同じ品質を要求 価値を妨げない範囲までは妥協可能 原則全自動テスト実施 少数精鋭で高品質を目指す C 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る 一律最低限の開発端末でガンバる 環境は下位環境ほど劣悪になる 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る クラウドやシンクライアントを利用して開発環境 や実行環境を十分に用意する D 顧客と合意した日付にリリースする(年度あるい は中期経営計画に従う) 動くものはUATまでにできていればよい 顧客と合意した日付にリリースする(素早く価値 提供できるタイミングを目指す) 素早く作り、速やかに確認してもらう S システム化計画で定めたシステム全体の機能を 余すことなく実装する 価値を提供できる最小の単位で実装する プロジェクトの特性 アジャイルな開発で飯を食うまで 大構築時代より下げていいとは だれもいっていない フラストレーションやリスクを軽減すること は心理的安全性の一つ 素早くつくる→アジャイルな開発 素早い価値提供→DevOps 1リリースあたりのスコープは小さくなる ため、組織は継続的な活動としてトータ ルのスコープを確保する必要がある エピソード2より再掲
  55. 55. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 54 価値創造活動の継続 アジャイルな開発で飯を食うまで マーケットニーズ V字モデル プロジェクト 計画書 ここが俺のプロジェクトだ!! エピソード2より再掲
  56. 56. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 55 価値創造活動の継続 アジャイルな開発で飯を食うまで マーケットニーズ V字モデル プロジェクト 計画書 ここが俺のプロジェクトだ!! エピソード2より再掲
  57. 57. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 56 価値創造活動の継続 アジャイルな開発で飯を食うまで ビジネスに精通する人材 プロダクトマネージャの領域への突入 生産性に対する意識改革 エピソード2より再掲
  58. 58. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 57 ■生産性とは 価値 ------ コスト 生産性に対する意識改革 アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  59. 59. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 58 ■大構築時代 価値 ・・・一定(計画通り) ------ コスト↓・・・唯一寄与 単価下げるとか… 生産性に対する意識改革 アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  60. 60. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 59 ■DevOps時代 価値 ↑・・・『価値』を高める ------ コスト↓ 生産性に対する意識改革 アジャイルな開発で飯を食うまで そのためには ・市場動向認知 ・仮説の定義 ・効果検証の手法 エピソード2より再掲
  61. 61. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 60 プロジェクトマネージメントはチームのためのものになり プロジェクトマネージャは価値創造のための活動が行える これがすべてできた結果 アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  62. 62. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 61 限界を感じるところ (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード2より再掲
  63. 63. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 62 限界を感じるところ (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による アジャイルな開発で飯を食うまで DevOps型 DevOps型 大構築型 大構築型 顧客 自社 SIer エピソード2より再掲
  64. 64. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 63 限界を感じるところ (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による アジャイルな開発で飯を食うまで DevOps型 DevOps型 大構築型 大構築型 顧客 自社 SIer エピソード2より再掲
  65. 65. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 64 限界を感じるところ (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による アジャイルな開発で飯を食うまで DevOps型 DevOps型 大構築型 大構築型 顧客 自社 SIer 自社の変革と 顧客の協力が重要 エピソード2より再掲
  66. 66. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 65 限界を感じるところ (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による アジャイルな開発で飯を食うまで DevOps型 DevOps型 大構築型 大構築型 顧客 自社 SIer 自社の変革と 顧客の協力が重要 ステークホルダー マネジメントの重要性 = エピソード2より再掲
  67. 67. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 66 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで
  68. 68. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 67 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで 我が社もこれからは アジャイルだ!!! 自社経営陣
  69. 69. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 68 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで 我が社もこれからは アジャイルだ!!! (意訳) コストを下げるぞ! 利益を上げるぞ! 自社経営陣
  70. 70. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 69 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで 我が社もこれからは アジャイルだ!!! 顧客経営陣
  71. 71. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 70 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで 我が社もこれからは アジャイルだ!!! (意訳) 毎週リリースするぞ! 要件変更対応OK!顧客経営陣
  72. 72. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 71 アジャイル開発ってなに? アジャイルは銀の弾丸ではない 今までのやり方は間違っていない アジャイルな開発で飯を食うまで
  73. 73. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 72 アジャイル開発ってなに? アジャイルは銀の弾丸ではない 今までのやり方は間違っていない WF is NOT bad. アジャイルな開発で飯を食うまで
  74. 74. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 73 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで Don't just do agile. Be agile.
  75. 75. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 74 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで Don't just do agile. Be agile. 『アジャイル』は僕たちのものだ! (現場)
  76. 76. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 75 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで 現場
  77. 77. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 76 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで 技術 コミュニケーション 現場
  78. 78. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 77 技術 コミュニケーション アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで 現場 http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html
  79. 79. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 78 ライトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで
  80. 80. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 79 ■アジャイルな開発 基幹系のシステムを作っていることもあり、パートナー企業のスタンスも、TDDとかCIとかが まったく馴染まない(取り組もうとしてくれない)…。 が、負けずにSE派遣のお兄さんと二人で、既存のソースに自動テスト実行できる仕組みを 構築。 CVSサーバ Mavenサーバ ソースコード テストコード テストケース 開発端末 取得 実行 レポート テストコードは1行のみ テストケースCSVの行数分実行し、 テストケースには入力値と期待値を記載 ライトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで XP祭り2016より再掲
  81. 81. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 80 ■アジャイルな開発 基幹系のシステムを作っていることもあり、パートナー企業のスタンスも、TDDとかCIとかが まったく馴染まない(取り組もうとしてくれない)…。 が、負けずにSE派遣のお兄さんと二人で、既存のソースに自動テスト実行できる仕組みを 構築。 CVSサーバ Mavenサーバ ソースコード テストコード テストケース 開発端末 取得 実行 レポート テストコードは1行のみ テストケースCSVの行数分実行し、 テストケースには入力値と期待値を記載 ライトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで XP祭り2016より再掲
  82. 82. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 81 レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで
  83. 83. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 82 ■体制 ピラミッド型組織 レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  84. 84. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 83 ■情報 ピラミッド型組織 多い・細かい 少ない・粗い レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  85. 85. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 84 ■仕事の流れ ピラミッド型組織 よろしく レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  86. 86. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 85 ■仕事の流れ ピラミッド型組織 よろしく レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  87. 87. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 86 ■仕事の流れ ピラミッド型組織 しっかり考えて レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  88. 88. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 87 ■仕事の流れ ピラミッド型組織 しっかり考えて しっかりこなす レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  89. 89. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 88 なぜならば レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  90. 90. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 89 ■プロジェクトとは ピラミッド型組織 プロジェクト 計画書 この人が考えて書いた プロジェクト計画書に従って 有期的なプロジェクトを運営し 完遂するのだ レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  91. 91. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 90 ■体制(過渡期) 循環型組織 横断的な最下層にもマネージャを配置(兼務) レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  92. 92. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 91 横断的な最下層にもマネージャを配置(兼務) ■仕事の流れ 循環型組織 よろしく レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  93. 93. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 92 ■仕事の流れ 循環型組織 よろしく 横断的な最下層にもマネージャを配置(兼務) レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  94. 94. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 93 球拾いとしての役割→安心して「しっかりこなせる」 ■仕事の流れ 循環型組織 あ… レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  95. 95. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 94 ■体制(最終形) 環状型組織 ワンチーム 注意! マネージャが現場にいるのと現場に降りるのは全然違う! レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  96. 96. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 95 ■情報 環状型組織 みんなが同じ 情報の量 情報の質をもつ ワンチーム レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  97. 97. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 96 ■仕事の流れ 環状型組織 さぁどうしようか 場に仕事を入れて みんなで考えて みんなでこなす レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  98. 98. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 97 ■文化を変える(前) ピラミッド型組織 明確な指示 アウトプット 明確な指示に対するアウトプット が評価の対象となる結果、 指示されたことをやることが重要 レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  99. 99. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 98 ■文化を変える(前) ピラミッド型組織 明確な指示 アウトプット 明確な指示に対するアウトプット が評価の対象となる結果、 指示されたことをやることが重要 人は考えることをやめる… レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  100. 100. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 99 ■文化を変える(後) 環状型組織 ボールをゴールに いれよう! 明確な目標 WHATやHOWを与えずに みんなで考えてみんなで決めて みんなでこなすことが重要 レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  101. 101. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 100 ■文化を変える(後) 環状型組織 ボールをゴールに いれよう! 明確な目標 WHATやHOWを与えずに みんなで考えてみんなで決めて みんなでこなすことが重要 人は自分のために考え チームのために考え 行動変革を起こす レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  102. 102. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 101 ■文化を変える(後) 環状型組織 ボールをゴールに いれよう! 明確な目標 WHATやHOWを与えずに みんなで考えてみんなで決めて みんなでこなすことが重要 人は自分のために考え チームのために考え 行動変革を起こす 学習する組織 自律した組織 になる レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  103. 103. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 102 ■僕のチームの場合 ・・・PM、唯一のNRI社員 ・・・BP、ビジネスリーダーというロール ・・・BP、テクニカルリーダーというロール 環状型組織 レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  104. 104. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 103 ■僕のチームの場合 ・・・PM、唯一のNRI社員 ・・・BP、ビジネスリーダーというロール ・・・BP、テクニカルリーダーというロール QCD(S)に責任を持つ ヒト、モノ、カネに責任を持つ ビジネスの理解者 テクニカル技術者 ビジネスリーダーのロールもでき る テクニカルリーダーのロールもで きる POみたいな人 レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  105. 105. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 104 ■僕のチームの場合 ・・・PM、唯一のNRI社員 ・・・BP、ビジネスリーダーというロール ・・・BP、テクニカルリーダーというロール PMとすべての打ち合わせに同行 打ち合わせ資料を基本すべて作成 ステークホルダーとの関係性やポ イントをおさえる POプロキシみたいな人としてチー ム一のビジネスの理解者 レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  106. 106. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 105 ■僕のチームの場合 ・・・PM、唯一のNRI社員 ・・・BP、ビジネスリーダーというロール ・・・BP、テクニカルリーダーというロール チームに技術支援を行いながらテ クニカル面でリードする QA的な観点、テスト実行支援など の面でチームをサポートする チームのレポート作成を行う スクラムマスターみたいな人 レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  107. 107. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 106 ■チームでこころがけていること 環状型組織 レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  108. 108. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 107 ■チームでこころがけていること 環状型組織 一.決まっていないことはやら ない(着手しない) 一.一人一人がそれぞれの作業 プロセスを理解する 一.レビューは全員同席 一.週に一度は全員と顔を合わ せる 一.情報はすべて共有 一.現場に正義はある レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  109. 109. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 108 ■チームがどうなるか 環状型組織 PMやステークホルダーが何を考えているか 何を大事にしているかを理解できるようになる 自分たちの考えたやり方で設計、開発すること ができるためストレスフリーになる 日々やり方、アウトプットが進化する 時間が守れないとか品質が悪いということが ほとんどない レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  110. 110. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 109 ■チームがどうなるか 環状型組織 PMやステークホルダーが何を考えているか 何を大事にしているかを理解できるようになる 自分たちの考えたやり方で設計、開発すること ができるためストレスフリーになる 日々やり方、アウトプットが進化する 時間が守れないとか品質が悪いということが ほとんどない レフトウイングのトライ アジャイルな開発で飯を食うまで エピソード1より再掲
  111. 111. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 110 飯を食うには何かが足りない アジャイルな開発で飯を食うまで
  112. 112. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 111 技術 コミュニケーション 現場 飯を食うには何かが足りない アジャイルな開発で飯を食うまで
  113. 113. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 112 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで 技術 コミュニケーション 現場 顧客
  114. 114. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 113 アジャイル開発ってなに? アジャイルな開発で飯を食うまで 技術 コミュニケーション 現場 顧客 ビジネス
  115. 115. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 114 顧客が変わることを手伝う アジャイルな開発で飯を食うまで
  116. 116. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 115 顧客が変わることを手伝う アジャイルな開発で飯を食うまで 変われないのではなく、変わり方を知らないことが圧倒的
  117. 117. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 116 顧客が変わることを手伝う アジャイルな開発で飯を食うまで
  118. 118. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 117 顧客が変わることを手伝う アジャイルな開発で飯を食うまで マーケティング UX スタートアップ デザイン思考 etc…
  119. 119. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 118 顧客が変わることを手伝う アジャイルな開発で飯を食うまで 奇しくもこの資料を作っている9/20、当時のお客さんから離任のご挨拶が届きました。
  120. 120. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 119 顧客が変わることを手伝う アジャイルな開発で飯を食うまで 奇しくもこの資料を作っている9/20、当時のお客さんから離任のご挨拶が届きました。
  121. 121. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 120 まだ何かが足りない アジャイルな開発で飯を食うまで
  122. 122. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 121 まだ何かが足りない アジャイルな開発で飯を食うまで 技術 コミュニケーション 現場 顧客 ビジネス
  123. 123. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 122 まだ何かが足りない アジャイルな開発で飯を食うまで 技術 コミュニケーション 現場 顧客 ビジネス
  124. 124. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 123 まだ何かが足りない アジャイルな開発で飯を食うまで これが社内にも社外にも必要!
  125. 125. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 124 相手に合わせた知識レベルの習得 アジャイルな開発で飯を食うまで
  126. 126. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 125 相手に合わせた知識レベルの習得 アジャイルな開発で飯を食うまで 対CEO 簿記や財務がわからないのはあり得ない
  127. 127. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 126 相手に合わせた知識レベルの習得 アジャイルな開発で飯を食うまで 対CEO 対CIO 簿記や財務がわからないのはあり得ない 技術や法律がわからないのはあり得ない
  128. 128. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 127 相手に合わせた知識レベルの習得 アジャイルな開発で飯を食うまで 対CEO 対CIO 対顧客の現場 簿記や財務がわからないのはあり得ない 技術や法律がわからないのはあり得ない 市場・ドメイン知識がないのはあり得ない
  129. 129. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 128 相手に合わせた知識レベルの習得 アジャイルな開発で飯を食うまで 対CEO 対CIO 対顧客の現場 対パートナー社 簿記や財務がわからないのはあり得ない 技術や法律がわからないのはあり得ない 市場・ドメイン知識がないのはあり得ない 技術力がないのはあり得ない
  130. 130. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 129 相手に合わせた知識レベルの習得 アジャイルな開発で飯を食うまで 対CEO 対CIO 対顧客の現場 対パートナー社 対社内 簿記や財務がわからないのはあり得ない 技術や法律がわからないのはあり得ない 市場・ドメイン知識がないのはあり得ない 技術力がないのはあり得ない 新しいことの知識がないのはあり得ない
  131. 131. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 130 相手に合わせた知識レベルの習得 アジャイルな開発で飯を食うまで 対CEO 対CIO 対顧客の現場 対パートナー社 対社内 簿記や財務がわからないのはあり得ない 技術や法律がわからないのはあり得ない 市場・ドメイン知識がないのはあり得ない 技術力がないのはあり得ない 新しいことの知識がないのはあり得ない
  132. 132. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 131 相手に合わせた知識レベルの習得 アジャイルな開発で飯を食うまで 対CEO 対CIO 対顧客の現場 対パートナー社 対社内 簿記や財務がわからないのはあり得ない 技術や法律がわからないのはあり得ない 市場・ドメイン知識がないのはあり得ない 技術力がないのはあり得ない 新しいことの知識がないのはあり得ない
  133. 133. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 132 情報処理技術者 プロジェクトマネージャ アプリケーションエンジニア ITストラテジスト 高度情報処理技術者(セキュリティ) ITサービスマネージャ システム監査技術者 Scrum Alliance 認定スクラムマスター 認定スクラムプロダクトオーナー 認定スクラムプロフェッショナル その他 販売士 簿記 秘書検定 ビジネス実務法務 アマチュア無線技師 相手に合わせた知識レベルの習得 アジャイルな開発で飯を食うまで テクニカル系 SJC-P LPIC UML認定技術者 Interstage Master Developer Systemwalker Master DevOps Development on AWS
  134. 134. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 133 社外の人による権威付け アジャイルな開発で飯を食うまで
  135. 135. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 134 Microsoftの牛尾さんが弊社社員の質問に対し、 「まずは森實さんに会いに行け」っていってくれた。 社外の人による権威付け アジャイルな開発で飯を食うまで
  136. 136. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 135 Microsoftの牛尾さんが弊社社員の質問に対し、 「まずは森實さんに会いに行け」っていってくれた。 R&D的な活動(社内)の予算がついた 社外の人による権威付け アジャイルな開発で飯を食うまで
  137. 137. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 136 Microsoftの牛尾さんが弊社社員の質問に対し、 「まずは森實さんに会いに行け」っていってくれた。 R&D的な活動(社内)の予算がついた 社内のすべてはここから動き出した! 社外の人による権威付け アジャイルな開発で飯を食うまで
  138. 138. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 137 グループ会社における活動がもとで、 親会社の活動の時に呼ばれることになった 社外の人による権威付け アジャイルな開発で飯を食うまで
  139. 139. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 138 グループ会社における活動がもとで、 親会社の活動の時に呼ばれることになった 契約に紐付く(社外)予算がついた 社外の人による権威付け アジャイルな開発で飯を食うまで
  140. 140. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 139 グループ会社における活動がもとで、 親会社の活動の時に呼ばれることになった 契約に紐付く(社外)予算がついた 社外のすべてはここから動き出した! 社外の人による権威付け アジャイルな開発で飯を食うまで
  141. 141. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 140 そして アジャイルな開発で飯を食うまで そしてようやくアジャイルで 飯が食えるようになったのです
  142. 142. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 141 目次 自己紹介 本日の位置づけ もう少しだけ僕を知ってください アジャイルな開発で飯を食うまで アジャイルな開発で飯を食うということ まとめ
  143. 143. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 142 それでも敵は多い アジャイルな開発で飯を食うということ
  144. 144. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 143 それでも敵は多い アジャイルな開発で飯を食うということ パートナー社の文化 社内のしきたりの尊重 顧客予算の小ささ(まとまりとして)
  145. 145. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 144 逆境は最大のチャンス! それでも敵は多い アジャイルな開発で飯を食うということ
  146. 146. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 145 逆境は最大のチャンス! 僕は負けることが許されない戦いの道を挑んでいる だが、たとえ負けたとしても… XP祭り2017には弊社メンバーが4人もきてくれた パートナー社は初めての自動テスト環境を成功させた みんなに一歩でも先に進むお手伝いはできたのでは… それでも敵は多い アジャイルな開発で飯を食うということ
  147. 147. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 146 逆境は最大のチャンス! 僕は負けることが許されない戦いの道を挑んでいる だが、たとえ負けたとしても… XP祭り2017には弊社メンバーが4人もきてくれた パートナー社は初めての自動テスト環境を成功させた みんなに一歩でも先に進むお手伝いはできたのでは… それでも敵は多い アジャイルな開発で飯を食うということ
  148. 148. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 147 とはいえ危惧している現実 アジャイルな開発で飯を食うということ
  149. 149. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 148 ①設計力の欠如 - プログラムを分解する能力 - 要件をシステムに落とし込む能力 とはいえ危惧している現実 アジャイルな開発で飯を食うということ ちゃんとやったこと がないからわから ないんだと思う
  150. 150. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 149 ①設計力の欠如 - プログラムを分解する能力 - 要件をシステムに落とし込む能力 ②マネジメント能力の欠如 - 計画をしない(あるいは雑な)マネジメント - 管理だけし、責任をおしつけるマネジメント とはいえ危惧している現実 アジャイルな開発で飯を食うということ テストでバグを出 す、ケツから線を 引く戦術スタイル
  151. 151. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 150 ①設計力の欠如 - プログラムを分解する能力 - 要件をシステムに落とし込む能力 ②マネジメント能力の欠如 - 計画をしない(あるいは雑な)マネジメント - 管理だけし、責任をおしつけるマネジメント とはいえ危惧している現実 アジャイルな開発で飯を食うということ 技術力がなく、戦略をたてられない SIer(のプロパー)の下では『アジャイル』にはなれない
  152. 152. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 151 目次 自己紹介 本日の位置づけ もう少しだけ僕を知ってください アジャイルな開発で飯を食うまで アジャイルな開発で飯を食うということ まとめ
  153. 153. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 152 SIerで「アジャイル」になるには まとめ
  154. 154. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 153 SIerで「アジャイル」になるには まとめ 敵を知り敵を制す
  155. 155. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 154 SIerで「アジャイル」になるには まとめ 敵を知り敵を制す 己を知り己を律する
  156. 156. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 155 SIerで「アジャイル」になるには まとめ 敵を知り敵を制す 己を知り己を律する 己の無知を知”かも”にする
  157. 157. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 156 SIerで「アジャイル」になるには まとめ 敵を知り敵を制す 己を知り己を律する 己の無知を知”かも”にする 超重要
  158. 158. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 157 大事なことはもう一度 Don't just do agile. Be agile. 『アジャイル』は僕たちのものだ! (現場) まとめ
  159. 159. Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 158 完結 まとめ ■壮大な三部作 SIerにおける自律した組織のツクリカタとプロダクトオーナーシップについて DevOps時代のプロジェクトマネジメントを考えよう 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み 7/24 POStudy 9/16 XP祭り 9/22 DevLOVE関西 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み(東京再演) 10/18 POStudy

×