全日本学生ゲーム開発者連合
(全ゲ連)の宣伝とこれまでの歩み

  全ゲ連 運営 藤枝 崇史
全日本学生ゲーム開発者連合とは
• 学生発のゲーム作りに関心のある人の集まり
 – ノウハウの共有や技術を勉強したい人
 – 制作者と交流したい人


• 定期的に交流会を行っている
 – 学生・社会人問わず、ゲーム作りに興味のある人ならだれで...
交流会の特徴
• 講演希望の有志が講演する、いわゆる
  野良勉強会的な形式
• ゲームに関係がある講演ならなんでもOK
• 気軽に参加できるよう、参加費は無料の方針
 – 学生はお金が絡むと来なくなるので・・・

• 講演以外に、参加者が自身...
過去の講演(体験談・ケーススタディ等)
• 30分で完成させるゲーム製作

• たのしいゲーム画面 ~(プレーヤーが)よくわ
  かるUIデザイン~

• とある遊戯の製作手引

• Neetなサークル運営
過去の講演(技術講演)
•   OpenALの紹介
•   Luaの紹介
•   Squirrelで幸せに
•   Xtalでみるスクリプトの利点
•   IronPythonによる柔軟なゲーム開発
•   SWIGどうでしょう?
•   HL...
過去の講演(技術講演)
•   2D当たり判定超入門
•   Wiiリモコンを使用したゲーム制作
•   SDLでゲーム開発
•   ゲームにおけるマルチスレッド化手法概略
•   仮想テクスチャ(メガテクスチャ)導入
•   PIX, Per...
過去の講演(プログラム以外)
• プログラマの俺がReasonで効果音を作ってみた

• 今日から始めるゲームグラフィック(2D)

• 自作音源説明および実演
交流会の写真
交流会の写真
交流会の写真
交流会の写真
これまでの流れ
• 大学のサークルが集まり「全日本学生ゲーム
  開発サークル連合」として開始
 – ちゃんとゲームを作っている大学サークルは少ない
 – 内部で満足しており、なかなか外に出てこない

• 第3回より「全日本学生ゲーム開発者連合...
参加者の種別
• 大学生・大学院生が最も多い
 – 半数以上は大学生
 – 大学生の講演は、技術的な講演が中心


• 中高生も結構多い
 – 前回は10人も参加
 – 中学生なのに大学生顔負けの講演をする人も
参加者の種別
• 社会人の方も多い
 – 実は2割は社会人の方
 – 自身の開発経験やノウハウを講演して下さる方
 – これからゲームを開発しようと思っている方
 – 同人ゲームに興味のある方

• 専門学校生があまりいない
 – ゲーム専門学...
参加者の開発ジャンル割合
• 開発している/これから開発したいゲーム
 – 全体的に動的ゲーム寄り
 – 最も多いのは2Dアクション
 – 次点がシューティング
 – 3Dアクションやパズルもちらほら

• プラットフォームはほとんどWindo...
現在の問題点
• 「全日本」とは言っているが、交流会は東京で
  行っているため関東圏外の人が参加しづらい
• 区の施設を会場にしており、駅から若干遠い
• 講演がプログラム話に偏り気味
 – ぜひどなたかサウンド・グラフィックの講演を!

•...
最後に
• 参加費無料ですので、気軽にご参加下さい
• 講演して下さる方も随時募集中

• こんな企画・イベントをやってみたいという提
  案なども

• 次回開催は 5/22(土)を予定
連絡先
• Twitter アカウント
    @zengeren
• Webサイトは、全ゲ連で検索すれば出ます
  – 告知サイト
     • http://d.hatena.ne.jp/zengeren/
  – 資料置き場
     •...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

全日本学生ゲーム開発者連合 (全ゲ連) 活動紹介

1,462 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,462
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

全日本学生ゲーム開発者連合 (全ゲ連) 活動紹介

  1. 1. 全日本学生ゲーム開発者連合 (全ゲ連)の宣伝とこれまでの歩み 全ゲ連 運営 藤枝 崇史
  2. 2. 全日本学生ゲーム開発者連合とは • 学生発のゲーム作りに関心のある人の集まり – ノウハウの共有や技術を勉強したい人 – 制作者と交流したい人 • 定期的に交流会を行っている – 学生・社会人問わず、ゲーム作りに興味のある人ならだれで も参加できる会 – 現在、だいたい3ヶ月に一回のペースで開催
  3. 3. 交流会の特徴 • 講演希望の有志が講演する、いわゆる 野良勉強会的な形式 • ゲームに関係がある講演ならなんでもOK • 気軽に参加できるよう、参加費は無料の方針 – 学生はお金が絡むと来なくなるので・・・ • 講演以外に、参加者が自身のゲームを持ち 込む、ゲーム交流会を行っている
  4. 4. 過去の講演(体験談・ケーススタディ等) • 30分で完成させるゲーム製作 • たのしいゲーム画面 ~(プレーヤーが)よくわ かるUIデザイン~ • とある遊戯の製作手引 • Neetなサークル運営
  5. 5. 過去の講演(技術講演) • OpenALの紹介 • Luaの紹介 • Squirrelで幸せに • Xtalでみるスクリプトの利点 • IronPythonによる柔軟なゲーム開発 • SWIGどうでしょう? • HLSLの紹介
  6. 6. 過去の講演(技術講演) • 2D当たり判定超入門 • Wiiリモコンを使用したゲーム制作 • SDLでゲーム開発 • ゲームにおけるマルチスレッド化手法概略 • 仮想テクスチャ(メガテクスチャ)導入 • PIX, PerfKit 等を用いたチューニング
  7. 7. 過去の講演(プログラム以外) • プログラマの俺がReasonで効果音を作ってみた • 今日から始めるゲームグラフィック(2D) • 自作音源説明および実演
  8. 8. 交流会の写真
  9. 9. 交流会の写真
  10. 10. 交流会の写真
  11. 11. 交流会の写真
  12. 12. これまでの流れ • 大学のサークルが集まり「全日本学生ゲーム 開発サークル連合」として開始 – ちゃんとゲームを作っている大学サークルは少ない – 内部で満足しており、なかなか外に出てこない • 第3回より「全日本学生ゲーム開発者連合」に 名称変更 – Webサイト, Twitterを利用し告知を行う – 個人のゲーム開発者が多数参加するように
  13. 13. 参加者の種別 • 大学生・大学院生が最も多い – 半数以上は大学生 – 大学生の講演は、技術的な講演が中心 • 中高生も結構多い – 前回は10人も参加 – 中学生なのに大学生顔負けの講演をする人も
  14. 14. 参加者の種別 • 社会人の方も多い – 実は2割は社会人の方 – 自身の開発経験やノウハウを講演して下さる方 – これからゲームを開発しようと思っている方 – 同人ゲームに興味のある方 • 専門学校生があまりいない – ゲーム専門学校はあれだけあるのだから、開発 者も多いはず。ぜひ来て欲しい
  15. 15. 参加者の開発ジャンル割合 • 開発している/これから開発したいゲーム – 全体的に動的ゲーム寄り – 最も多いのは2Dアクション – 次点がシューティング – 3Dアクションやパズルもちらほら • プラットフォームはほとんどWindows/DirectX – スマートフォンやFlashゲームなどはあまり見かけない – コミケ等の即売会で頒布している人もそこまで多くない
  16. 16. 現在の問題点 • 「全日本」とは言っているが、交流会は東京で 行っているため関東圏外の人が参加しづらい • 区の施設を会場にしており、駅から若干遠い • 講演がプログラム話に偏り気味 – ぜひどなたかサウンド・グラフィックの講演を! • 同ソ系男子しか居ない • 参加者増による、全体で交流することの難しさ • 運営メンバーの少なさ(実質2, 3人)
  17. 17. 最後に • 参加費無料ですので、気軽にご参加下さい • 講演して下さる方も随時募集中 • こんな企画・イベントをやってみたいという提 案なども • 次回開催は 5/22(土)を予定
  18. 18. 連絡先 • Twitter アカウント @zengeren • Webサイトは、全ゲ連で検索すれば出ます – 告知サイト • http://d.hatena.ne.jp/zengeren/ – 資料置き場 • http://zengeren.wiki.fc2.com/ • E-Mail – zengeren@gmail.com

×