Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

企業のオープンソース戦略 (2014)

719 views

Published on

企業のオープンソース戦略とライセンス適用についての資料です。
2014 年に作成していたものです。

Published in: Software
  • Be the first to comment

企業のオープンソース戦略 (2014)

  1. 1. 企業のオープンソース戦略 (2014) 坂本 啓法 (Keiho Sakapon)
  2. 2. もくじ • オープンソース戦略 – 対象となる成果 – 投資の回収 – 宣伝効果 – 人材の価値向上 • オープンソース ライセンス – 分類・種類 – 適用ガイド
  3. 3. オープンソース戦略
  4. 4. 従来のよくある問題点 • 複数のプロジェクトで共通に役立つソースコードが 共有されていない – 特許・製品のレベルではないライブラリなど – ソースコードに限らず、Tips や作業手順も • ソースコードの保守が難しい – 共有されたとしても、リリース後は個別管理 – 作者に個別に問合せ • 社内の過去の実験的なプロジェクトを発見できない – 管理されておらず、検索できない • 産業全体に貢献していない – 社外の情報を参照するが、逆に情報を提供していない
  5. 5. 戦略的視点 • 特許・製品のレベルではないソースコードを どう戦略的に活用するか – 値段を付けて直接売ることができないため – 開発コストはかかるが、単独では価値がない
  6. 6. オープン化の対象となる成果 • 公開すると世間にとって有益なもの – かつ、公開しても自社の不利益にならないもの – 特許・製品でなく、顧客にも依存しないもの – 再利用性が高いもの • 事実上、「ソースコード」だけではない – ブログなどによる技術解説 – イベントでの発表資料 – 実際の動作を記録した動画・・・など • コンセプトを示すためのもの – 品質よりもスピードに価値が置かれる場合
  7. 7. 投資の回収 • サービスのレベルで、ユーザーから見える価値 で勝負する – 作業時間に対価を要求しない – 下位の機能に対価を要求しない – ソースコード自体の価値は低下している • サービスは部品の集合体 – 再利用可能な部品に分割される – 全体が揃って、ようやく価値を生む
  8. 8. 宣伝効果 • 従来の広報・営業とは異なるチャネル • 潜在的ニーズへのリーチ – 自分たちがニーズを決めるのではなく、 使いたい人に名乗り出てもらう • 企業のプレゼンス向上 – 産業への貢献
  9. 9. 人材の価値向上 • 実績の公開・アピール – ポートフォリオ・名刺代わり – 「共創」の時代に有効になる • 外部の人材とのパートナーシップ – 情報共有・切磋琢磨 • 優秀な人材の獲得につながる – 技術者から認められる会社に
  10. 10. さまざまな価値に変える オープンソース戦略 お金直接お金になる成果 • 製品 • 案件 直接お金にならない成果 • ライブラリ • Tips、参考資料 • コンセプト動画 お金以外の価値 • チャネル • 信頼 • プレゼンス その他の戦略 販売
  11. 11. オープンソース ライセンス
  12. 12. オープンソースとライセンス • オープンソースの定義 – The Open Source Definition (OSD) • ライセンスに基づく公開 – 誤解「インターネット上で公開されているから自由に使える」 – 誤解「著作権表示があるから使えない」 – 誤解「著作権表示がないから使える」 • 著作権 (Copyright) – 著作権者は誰か • ライセンス、使用許諾 (License) – 著作権者以外の人がどのように使えるか
  13. 13. ライセンスの分類 • 二次的著作物も 同じライセンス • 二次的著作物を 公開しなければならない – GNU GPL • 二次的著作物の ライセンスを制限しない • 二次的著作物を 公開しなくてもよい – BSD License – Apache License – MIT License BSD スタイルコピーレフト エンドユーザーにとって自由 二次的著作者にとって自由
  14. 14. ライセンスの種類 GitHub でライセンスを選択するときの画面 太字で表示されている 3 つが事実上標準 「ライセンスがない (None)」=「他の人は使用できない」
  15. 15. ライセンスの適用ガイド • GitHub によるライセンスの選択ガイド – Choose an open source license – The Legal Side of Open Source • MIT License X11 – 主に個人、コミュニティ • Apache License 2.0 – 主に企業、注力する技術領域 • GNU General Public License v3.0 – コピーレフト
  16. 16. 参考資料 • オープンソースの参考資料 • オープンソース開発についての基礎知識および 方針

×