Citation Count: 4


“Improving Performance by
Branch Reordering”
(Yung et al.)
    PLDIr #2 (PLDI’98) 2009-09-30

    酒井 政裕
概要

条件分岐は重い
 パイプラインの長さの増加などにより、相対的なコスト
 はさらに大きくなってきている
条件分岐を並び替える手法の提案
 並び替えることで、実行される条件分岐を減らすこと
 が出来、しばしば大幅な性能向上に繋がる
流れ
 ...
流れ
結果

switch命令の既存のヒューリスティクス3種類と
比べて、
実行命令数で平均7.91% ~ 12.72% 減
条件分岐の実行数で平均13.37% ~ 20.75%
減
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Improving Performance by Branch Reordering の紹介@PLDIr#2

1,341 views

Published on

PLDIr#2 (2009-09-30) での紹介。
元ネタはPLDI'98。

Published in: Technology, Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,341
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
85
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Improving Performance by Branch Reordering の紹介@PLDIr#2

  1. 1. Citation Count: 4 “Improving Performance by Branch Reordering” (Yung et al.) PLDIr #2 (PLDI’98) 2009-09-30 酒井 政裕
  2. 2. 概要 条件分岐は重い パイプラインの長さの増加などにより、相対的なコスト はさらに大きくなってきている 条件分岐を並び替える手法の提案 並び替えることで、実行される条件分岐を減らすこと が出来、しばしば大幅な性能向上に繋がる 流れ 分岐確率を取得するようプログラムに細工して実行 条件分岐のコストと合わせて、最適な並びを決定
  3. 3. 流れ
  4. 4. 結果 switch命令の既存のヒューリスティクス3種類と 比べて、 実行命令数で平均7.91% ~ 12.72% 減 条件分岐の実行数で平均13.37% ~ 20.75% 減

×