Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2)港湾・物流施設・店舗

233 views

Published on

東日本大震災時の港湾・物流施設・店舗の被害と復旧状況

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2)港湾・物流施設・店舗

  1. 1. 釜石港(貨物船と物流センター) 2011年4月 港側から見たグレーンセンターの被害 ・施設に甚大な被害 ・2011年6月に荷役再開 ・ベルトコンベアの復旧は2012年2月 グレーンセンターの被害と復旧 2011年4月 釜石港での貨物船の被害 2011年4月 (災害時は家畜の命の問題も)
  2. 2. 2 石巻港(貨物船・水産加工施設) ・大型船は着岸か?離岸か? ・津波の高さは?到達時間は? 2011年4月 石巻港(外港側の貨物船被害) 石巻漁港の被害 2011年3月26日
  3. 3. 3 自動車ヤード(仙台港北側) ・仙台塩釜港(仙台地区)は3月16日に災害対策用利用開始 ・3月18日に一般利用開始 ・4月16日に完成自動車の輸送を開始(フジトランスコーポレーション) 仙台港 2011年4月 完成車自動車の輸送 周辺の状況 対岸の状況 2011年4月 2011年4月
  4. 4. ・東日本大震災で仙台の物流センターが津波で被災 ※ただし死傷者なし ・客先の要望に応え、出荷拠点を変更(関東)して物流機能を維持 ※運送経費増は自社負担 ・8月に物流センターを内陸側に移転・稼働し物流機能が完全復旧 外食産業向け流通事業の被害と対応 内陸側に移転した新たな物流センター(概観)津波で被災した旧・物流センターの内部 株式会社トーカン(本社:名古屋市)
  5. 5. 5(SBSホールディングス・広報資料より転載) SBSフレック岩沼センター(岩沼臨空工業団地) ・津波により建物、冷凍冷蔵設備、車両に被害 ・大量の瓦礫が漂着 ・運送を担う子会社で死者・行方不明が3名 倉庫面積 ドライ 100坪 チルド 800坪 フローズン 200坪 ・建物の洗浄・修復 ・冷蔵冷凍設備、マテハン機器の一新 ・3温度帯対応車の一新 ・7月1日より業務再開 物流センターの被害と復旧
  6. 6. 自動倉庫の復旧と店舗の対応(角田市他) アイリスオーヤマ・角田工場 停電:現場社員が発電機を調達 断水:スポーツ棟のプールの水を活用 出荷や通勤が困難 ・大阪でタンクローリー1台を調達 ・1台5人が相乗りで通勤 自動倉庫(26,000パレット)が停止 ・社員十数人で「決死隊」を結成 ・命綱を付け、懐中電灯を頼りに修復 被災者に生活必需品を届ける 停電、店内散乱、電話が通じない中で 各店舗が独自に判断 ・店頭で聞取り店内から探して販売 ・現金のない顧客人にはノートに記入 ・一部は灯油を無料で配布(1人10ℓ) グループ企業・ダイシン 教訓 ・マニュアルはあっても本当の非常事態には役立たない ・書類をめくる余裕はなく、起こることはたいてい想定外 ・肝心なのはその企業の哲学が社員の体に入っているかどうか ・指示を待つ社員も対応が遅れる 2016年3月2日日本経済新聞・私の履歴書(アイリスオーヤマ・大山社長)
  7. 7. 7 2012年4月 2012年4月 市役所 MAIYA 奇跡の一本松¥ ・大勢の犠牲者を出した陸前高田市役所や市民会館に隣接 ・従業員・お客は一斉に走って高台避難し、全員無事 徒歩約10分の距離、大きな揺れに対するとっさの判断 ・店内確認を行った幹部および消防団員、近隣住民の13名が屋上に避難 ・津波襲来後、3階天井骨組みにしがみついていた市職員を救出 店舗の被害と対応(陸前高田市)
  8. 8. 店舗の被害と対応(石巻市) ・津波被害なし、被災者約2,500名を収容、収容期間は約2週間継続 ・従業員は4班(食料、防寒、トイレ、救護(薬剤師が24時間体制))で対応 ・地域の避難所へ飲食料を提供 ・3月23日から生活必需品(パン、衣料、乾電池など)を臨時販売 ・3月31日に営業再開 イオン石巻ショッピングセンター (イオン(株)公表資料より) ショッピングセンター内部 救護活動
  9. 9. 店舗の被害(仙台港付近) ファミリーマート サークルKサンクス コンビニエンスストア 2011.3.16 2011.3.16
  10. 10. ・グリンピア三陸宮古の敷地内に仮設住宅400世帯を建設 ・2011年5月15日に入居開始、同時にテントの仮設店舗を開設 ・プレハブの仮設店舗24店は2011年9月25日に営業を開始 2012年4月 2011年4月 仮設店舗(宮古市田老 たろちゃんハウス)
  11. 11. 仮設店舗(大槌町 福幸きらり商店街ほか) ・39店舗 ・2011年12月17日にオープン 遠野まごころネットの支援で開業準備中の「まごころべんとう」 2013年4月 2013年4月

×