Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

1)製造業

362 views

Published on

東日本大震災時の製造業の被害と復旧状況

Published in: Education
  • Did u try to use external powers for studying? Like ⇒ www.HelpWriting.net ⇐ ? They helped me a lot once.
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

1)製造業

  1. 1. 製造業の被害と対応(大船渡) 2011年4月 2012年4月 太平洋セメント 湾口側から見た市街地と工場 対岸から見た操業(がれき処理) ・工場内の人的被害なし ・浸水深約10m、2ラインの内、1ラインの設備被害大 ・2011年5月にガレキ処理の受け入れ開始 ・2011年11月に工場一部再開、2012年6月にセメント生産を完全再開 太平洋セメントの被害と対応
  2. 2. 製造業の被害と対応(石巻) ○地震発生後の対応 ・近隣高台(日和山)に全従業員1300名が無事に避難。在宅者数名が被災。 ○工場内の被害 ・工場外壁および1階の設備に大きな被害 ・がれき、汚泥、コンテナ、車両等が流れ込んできた(敷地内にご遺体41名)。 〇被災社員支援 ・飲食料、生活物資→地域へも提供 ・1人10万円の現金(※四川のトヨタ成都工場も同様) ・全社あげて石巻工場を復旧させることを社長表明(3月26日) 〇目標復旧時間 ・工場長が半年に設定(根拠なし・・半年を超えれば市場が見捨てるとの判断) ・各工程を逆算で設定し、全国から支援 日本製紙石巻工場(2011.4) (紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている/佐々涼子/早川書房) 日和山
  3. 3. 3 ○地震発生後の対応 ・全域停電 ・建物屋上へ津波避難(近隣住民の津波避難ビル) 従業員(業務委託先を含む) 392名 訪問者、近隣住民 129名 ※近隣住民の津波避難ビルとして訓練を行っていた。 ○工場内の被害 ・死傷者なし ・貯蔵タンクが倒壊 ・電気設備、生産設備、排水処理設備など被害甚大 ○復旧 ・4月7日に社長が記者会見で再建を表明(9月目標) ・手作業での片付け(約3ヵ月間) ・7月 電力復旧に4ヶ月 ・8月下旬 排水処理施設が復旧 ・9月末 仕込み再開 ・11月2日 出荷開始 ・11月3日 工場見学、レストランを再開 キリンビール(仙台港西側) 製造業の被害と対応(仙台塩釜港)
  4. 4. ○地震発生後の対応 ・工場建屋歩路等に530名が避難 ・出勤者の死者・行方不明者 社員 1名 協力会社員 14名 ・外勤者が会社に戻る途中で被災。 ・社員および家族の安否確認に苦労 避難所へのポスター掲示など ○工場内の被害 ・工場外壁や設備に被害 ・がれき、コンテナ、車両等が流れ込んできた ○復旧 ・7月 電力復旧 ・9月末 全工場復旧。 グループ各社や関西・関東の製造所が支援 ※隣接のグループ会社・東北スチールは復旧断念 JFE条鋼(仙台港南側) 製造業の被害と対応(仙台塩釜港) 正門前・高圧鉄塔の倒壊 2011年4月
  5. 5. 5 ○工場内の被害 ・強烈な揺れ、工場内は猛烈な粉塵。 ・熔解炉の自家発が作動せず。炉は全て固まった。 ・100tの砂タンクが建物の壁を打ち破って倒壊 ・操作盤や治具棚が転倒、金型棚がつぶれた。 ・人的被害はなし。 ○地震発生後の対応 ・扉は開かない、空いていた扉から屋外避難。 ・点呼は座って(余震で立っていられない) ・不明者1名(クレーン操作室、停電でクレーンが停止) ・余震の中で再捜索 ・近隣に井戸水を提供 ○復旧活動 ・支援者(日野自動車)用宿泊準備 ・目標復旧時間を1カ月に設定(根拠なし) ・・これが大切(実際は4月11日に復旧) 福島製鋼(津波被害なし) 製造業の被害と対応(福島)
  6. 6. 大内新興化学工業(原町工場) ・ゴムへの添加剤で国内タイヤ大手向けでシェア40% ・津波被害は軽微(配水施設と出荷倉庫:標高22m) ・原発から19.9km、操業停止 ・操業再開したが稼働は震災前の半分以下 ・タイヤ主体からスポーツ用品向け添加剤など、多品種少量生産の 新たな事業モデルへ挑戦 製造業の被害と対応(南相馬)
  7. 7. 製造業の被害と対応(田村) デンソー福島(当時は操業開始前) 原発避難者2,000名が一時避難(特養(サンライト大熊)を含む)
  8. 8. 【被害】 ・製造設備や立体倉庫が被災 ・甲状腺機能低下症の患者の生命にかかわる治療薬(国内シェアは 98%)の製造が停止(流通在庫は1ヶ月) 【対応】 ・長期処方の自粛(患者同士の助け合い) 原則1ヶ月以内の期間の処方により譲り合う(8月まで継続) ・海外からの緊急輸入などの超法規的措置 【復旧】 ・4月に緊急輸入を開始 ・8月にあすか製薬の完全稼働により長期処方自粛解除 あすか製薬・いわき工場 小名浜港 (津波の浸水範囲外) 製造業の被害と対応(いわき) あすか製薬(津波による直接被害なし)

×