Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
伊能社中の震災対応
学生主体の地図支援プロジェクト
レジリナイト vol.1
NPO法人伊能社中 山内啓之, 氏田洵悠(大分大・院)
2016.5.17
〜熊本震災とクライシスマッピング〜
社会科がかわれば、社会がかわる
Our Team
学校は、防災に関心がある
Our Project
すごい災害訓練 DECO OpenTextMap 地理教育トーク
夢中になれる授業 夢中になれる教材 夢中にできる先生
すごい災害訓練 DECO
震災時に活躍できる人材を育成する
究極のアクティブラーニング
町歩きをしながら、
様々なミッションをこなしていく、
シミュレーション型災害訓練
ふくちやまモデル
避難所到達圏マップ
校内防災マップ
ふくちやま水害アーカイブ
伊能社中の目指しているところ
社会科を学んでよかったと思ってほしい!
・ 実感のもてる学び
・ 学ぶ意欲を掻き立てる教材
・ すごい人たちとの連携
ITを駆使して、世の中に影響力を与える先生を育成するべく、大学生にスキルと現場を提供
そのために、地図講習会を実施
伊能社中の震災対応
クラシスマッピング
WEB地図を用いたリアルタイムかつリモートによる情
報の整理と集約、地図による災害支援活動
1. 支援マッピング講習会
2. 熊本県道路交通規制情報の可視化
アフガニスタン地震のタスク
あなたは、どこへ支援にいきますか?
手元には、詳細な地図はありません!
アフガニスタン地震の際のタスクの結果
集落のある場所が可視化できる
OSMによる支援活動
OpenStreetMapは、編集やデータの利用が自由にできる地図です!
http://www.openstreetmap.org/
http://tasks.hotosm.org/project/1830
Hot Tasking Manager
Crisis Mappers Japanが主
導する形で、ボランティア
により、建物、道路、土地
利用、土石流などがマッピ
ングさ...
被災前の益城町のOSM
被災後の益城町のOSM
OSMで地図化された土砂災害発生地域
クライシスマッピングの講習会の実施
理事の田村を中心に、Crisis Mappers Japanと連携し、講習会を実施
首都大、奈良大、大分大、茨城大などの学生にレクチャーした
学生発信の地図支援プロジェクト(大分大・氏田)
学生が主導し、被災地域の交通規制情報マップの作成を開始
大分大と茨城大の学生が連携し、地図を公開しデータを管理
(4月20日に作成し、21日に公開した)
熊本県交通規制情報地図
熊本県防災情報ホームページより引用
http://cyber.pref.kumamoto.jp/bousai/Content/as
p/topics/topics_detail.asp?PageID=14&ID=1177...
① GIS(地理情報システム)を用いて、紙地図をベースにポイントデータを作成
② 交通情報の表からテーブルデータを作成
③ ①と②をテーブル結合し、可視化のためのデータを作成
④ Googleマイマップでインポート
⑤ GitHubにHTMLを...
学生たちは、自らTwitterやFacebookなどを使い、マップの拡散を行った
→ さらに、自由度が高く、ビジュアライズに特化した地図で公開したい!
GoogleMapsから、CartoDBにデータを移行した
CartoDBを利用して、
災害情報に関する
様々なマップを検討中
災害時に防災情報が活用出来
る人材の育成したい!
とくに、先生!
今後のとりくみ
GISを扱える学生や社会人を育成する
→災害時に活躍できる先生=実感できる社会科
なので、講習会やワークショップやります。
ただ、限界がある….。
ということで、教科書(教材)をつくってます!
誰もが、自由に、簡単に、無償で使え...
3分の動画を見ながら、一緒に手を動かしてGISを学ぶ!
防災に関する教材も用意します(防災マップのレッスンを予定)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

伊能社中の震災対応ー学生主体の地図支援プロジェクトー

1,627 views

Published on

この資料は、5月17日に行われたレジリナイトvol.1で発表したものです。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

伊能社中の震災対応ー学生主体の地図支援プロジェクトー

  1. 1. 伊能社中の震災対応 学生主体の地図支援プロジェクト レジリナイト vol.1 NPO法人伊能社中 山内啓之, 氏田洵悠(大分大・院) 2016.5.17 〜熊本震災とクライシスマッピング〜
  2. 2. 社会科がかわれば、社会がかわる
  3. 3. Our Team
  4. 4. 学校は、防災に関心がある Our Project すごい災害訓練 DECO OpenTextMap 地理教育トーク 夢中になれる授業 夢中になれる教材 夢中にできる先生
  5. 5. すごい災害訓練 DECO 震災時に活躍できる人材を育成する 究極のアクティブラーニング 町歩きをしながら、 様々なミッションをこなしていく、 シミュレーション型災害訓練
  6. 6. ふくちやまモデル 避難所到達圏マップ 校内防災マップ ふくちやま水害アーカイブ
  7. 7. 伊能社中の目指しているところ 社会科を学んでよかったと思ってほしい! ・ 実感のもてる学び ・ 学ぶ意欲を掻き立てる教材 ・ すごい人たちとの連携 ITを駆使して、世の中に影響力を与える先生を育成するべく、大学生にスキルと現場を提供
  8. 8. そのために、地図講習会を実施
  9. 9. 伊能社中の震災対応 クラシスマッピング WEB地図を用いたリアルタイムかつリモートによる情 報の整理と集約、地図による災害支援活動 1. 支援マッピング講習会 2. 熊本県道路交通規制情報の可視化
  10. 10. アフガニスタン地震のタスク あなたは、どこへ支援にいきますか? 手元には、詳細な地図はありません!
  11. 11. アフガニスタン地震の際のタスクの結果 集落のある場所が可視化できる
  12. 12. OSMによる支援活動 OpenStreetMapは、編集やデータの利用が自由にできる地図です! http://www.openstreetmap.org/
  13. 13. http://tasks.hotosm.org/project/1830 Hot Tasking Manager Crisis Mappers Japanが主 導する形で、ボランティア により、建物、道路、土地 利用、土石流などがマッピ ングされた。 世界中の支援者が地図でボランティアを行うためのツール ※ OSMのみでの支援もある
  14. 14. 被災前の益城町のOSM
  15. 15. 被災後の益城町のOSM
  16. 16. OSMで地図化された土砂災害発生地域
  17. 17. クライシスマッピングの講習会の実施 理事の田村を中心に、Crisis Mappers Japanと連携し、講習会を実施 首都大、奈良大、大分大、茨城大などの学生にレクチャーした
  18. 18. 学生発信の地図支援プロジェクト(大分大・氏田) 学生が主導し、被災地域の交通規制情報マップの作成を開始 大分大と茨城大の学生が連携し、地図を公開しデータを管理 (4月20日に作成し、21日に公開した)
  19. 19. 熊本県交通規制情報地図 熊本県防災情報ホームページより引用 http://cyber.pref.kumamoto.jp/bousai/Content/as p/topics/topics_detail.asp?PageID=14&ID=1177&t ype=1 もっと利用しやすいマップへ
  20. 20. ① GIS(地理情報システム)を用いて、紙地図をベースにポイントデータを作成 ② 交通情報の表からテーブルデータを作成 ③ ①と②をテーブル結合し、可視化のためのデータを作成 ④ Googleマイマップでインポート ⑤ GitHubにHTMLをアップロードし、 Googleマイマップを埋め込む 【 作業フロー 】 4月20日に作成を開始し、21日に公開した http://iknowshachu.github.io/Kyushu/home/index.html
  21. 21. 学生たちは、自らTwitterやFacebookなどを使い、マップの拡散を行った → さらに、自由度が高く、ビジュアライズに特化した地図で公開したい! GoogleMapsから、CartoDBにデータを移行した
  22. 22. CartoDBを利用して、 災害情報に関する 様々なマップを検討中 災害時に防災情報が活用出来 る人材の育成したい! とくに、先生!
  23. 23. 今後のとりくみ GISを扱える学生や社会人を育成する →災害時に活躍できる先生=実感できる社会科 なので、講習会やワークショップやります。 ただ、限界がある….。 ということで、教科書(教材)をつくってます! 誰もが、自由に、簡単に、無償で使えるGISの教材サイト 「Mapup」 をリリースします!
  24. 24. 3分の動画を見ながら、一緒に手を動かしてGISを学ぶ! 防災に関する教材も用意します(防災マップのレッスンを予定)

×