Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2020 HAPPY ANALYTICS基本方針とKPI

1,217 views

Published on

HAPPY ANALYTICSの3年間の振り返り、2020年の方針・目標・KPIについての説明など

Published in: Internet
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2020 HAPPY ANALYTICS基本方針とKPI

  1. 1. 1 HAPPY ANALYTICS 2017-2019振り返りと 2020方針&目標数値
  2. 2. 2 HAPPY ANALYTICSは 本日で丸3年を迎え 4年目に入ります
  3. 3. 3 まずは3年間お付き合い いただきありがとうございます 無事に3年間 生き延びることができました
  4. 4. 4 2017年~2019年を行った 取り組みと数値を振り返り 2020年の基本方針と 目標数値をお伝えします
  5. 5. 2017年
  6. 6. 6HAPPY ANALYTICS始動 2017.1.4
  7. 7. 7 HAPPY ANALYTICSとしての 体制を整える1年目でした
  8. 8. 8主な出来事 ・UNCOVER TRUTH / Faber Companyの案件がまだメイン ・Team Ogawa 立ち上げ(2017年4月) ・2017年8月 ソーテックから本の発売 ・ベースとなるコンサル案件は9社 ・主な分析企業案件 JBPress・TOYOTA・CANON・athome・富士フィルム・ガリバー・ Cookpad・千趣会・マイナビ賃貸・dShopping・ナイル ・Slack・Trelloなどの各種管理ツール導入 ・仮ウェブサイト立ち上げ
  9. 9. 9主な出来事 ・UNCOVER TRUTH / Faber Companyの案件がまだメイン ・Team Ogawa 立ち上げ(2017年4月) ・2017年8月 ソーテックから本の発売 ・ベースとなるコンサル案件は9社 ・主な分析やコンサル企業案件 JBPress・TOYOTA・CANON・athome・富士フィルム・ガリバー・ Cookpad・千趣会・マイナビ賃貸・ナイル ・Slack・Trelloなどの各種管理ツール導入 ・仮ウェブサイト立ち上げ
  10. 10. 10 70点 法人立ち上げが無事に終了 まだ自社案件は比較的少なめ 稼働時間は多め
  11. 11. 2018年
  12. 12. 12HAPPY ANALYTICS独自色の強化 ウェブアナリスト育成講座の開始
  13. 13. 13 事業を成長させるための 1年間でした
  14. 14. 14主な出来事 ・Adobe Summit参加⇒報告会 ・2018年5月にウェブアナリスト育成講座開始 ・「現場のプロが優しく書いた~」改訂版の書籍発売 ・Mautic活用・ferretOne・経理回り整理・退職金積みたて ・主な分析やコンサル企業案件 愛媛トヨペット・東京オリンピック2020 IDサイト・ログリー・ベーリン ガーインゲルハイム・パーソル・dShopping・トラストバンク・電通デジ タル(radiko)・Jscore・ベネッセiキャリア・シューキャクマン
  15. 15. 15 90点 売上大幅に増加 育成講座の開始 稼働時間の削減を実現
  16. 16. 2019年
  17. 17. 17HAPPY ANALYTICSの体制と仕組み強化 Salesforce・Pardotの導入
  18. 18. 18 体制と仕組みを整え 固める1年でした
  19. 19. 19主な出来事 ・Salesforce/Pardot導入 ・内閣官房講演 ・工藤さんと「いちばんやさしい~」書籍発売 ・オンライン育成講座販売開始・オフライン育成講座も4期目に ・ウェブサイトのリニューアル ・ニフティライフスタイル社外取締役 ・スタッフ募集 ・主な分析やコンサル企業案件 広島県庁・富士通FOM・ニフティ占い・カレコ・BeBit・エフェクチュア ル・MS&コンサルティング・ショーケース・スターマイカ・ニフティライ フスタイル・プレイド・養命酒
  20. 20. 20 75点 売上は微増 インフラやスタッフ体制は整った スピード感は足りていなかった
  21. 21. 数値で振り返る3年間
  22. 22. 22四半期別売上・コスト ・四半期別売上とコスト 年 Q 売上 コスト 利益額 利益率 備考 2017 1Q ¥7,950,394 ¥-3,731,598 ¥4,218,796 53% 2Q ¥7,171,953 ¥-4,440,373 ¥2,731,580 38% 3Q ¥8,739,184 ¥-8,882,221 ¥-143,037 -2% 税金 4Q ¥7,102,983 ¥-4,724,440 ¥2,378,543 33% 2018 1Q ¥9,619,776 ¥-6,498,103 ¥3,121,673 32% 2Q ¥16,921,436 ¥-5,272,379 ¥11,649,057 69% 3Q ¥14,820,726 ¥-13,795,038 ¥1,025,688 7% 税金 4Q ¥11,414,808 ¥-6,789,627 ¥4,625,181 41% 2019 1Q ¥10,695,231 ¥-10,933,415 ¥-238,184 -2% ソニー生命 300万 2Q ¥12,033,589 ¥-10,404,718 ¥1,628,871 14% 税金 3Q ¥11,462,043 ¥-9,888,738 ¥1,573,305 14% 税金 4Q ¥18,984,617 ¥-6,973,960 ¥12,010,657 63% 2017 ¥30,964,514 ¥-21,778,632 ¥9,185,882 30% 2018 ¥52,776,746 ¥-32,355,147 ¥20,421,599 39% 2019 ¥53,175,480 ¥-38,200,831 ¥14,974,649 28% 3年間 ¥136,916,740 ¥-92,334,610 ¥44,582,130 33% (ありとあらゆるコストを引いた)利益率は30%前後。利益額XXXX万が口座残高 税金の増加及びツール購入等により2018⇒2019はコスト増加
  23. 23. 23四半期別売上・コスト ・四半期別売上とコスト 四半期単位で見るとばらつきが大きい。利益が(比較的)出やすいのは2Qと4Q
  24. 24. 24四半期別稼働時間 ・稼働時間 ¥0 ¥10,000 ¥20,000 ¥30,000 ¥40,000 ¥50,000 ¥60,000 0 50 100 150 200 250 300 Jan-17 Feb-17 Mar-17 Apr-17 May-17 Jun-17 Jul-17 Aug-17 Sep-17 Oct-17 Nov-17 Dec-17 Jan-18 Feb-18 Mar-18 Apr-18 May-18 Jun-18 Jul-18 Aug-18 Sep-18 Oct-18 Nov-18 Dec-18 Jan-19 Feb-19 Mar-19 Apr-19 May-19 Jun-19 Jul-19 Aug-19 Sep-19 Oct-19 Nov-19 Dec-19 業務時間と単価 業務時間 年 合計 月平均 単価 2017年 2,112 176 ¥14,661 2018年 1,873 156 ¥28,178 2019年 1,740 145 ¥30,569 業務時間を少しずつ抑えつつ、単価は上昇 業務時間のこれ以上の減少は現実的ではないので、後は単価Upを
  25. 25. 25四半期別稼働時間 ・案件種別単価 2017 2018 2019 総合計 役員コンサル ¥17,991 ¥26,408 ¥34,914 ¥23,985 個人コンサル ¥18,239 ¥32,507 ¥37,829 ¥30,102 セミナー ¥12,689 ¥10,094 ¥9,762 ¥10,752 執筆 HA ¥0 ¥95,455 ¥25,941 ¥29,647 総合計 ¥14,661 ¥28,178 ¥30,569 ¥23,917 役員コンサルよりは個人コンサルの方が単価が高い 伸ばしどころはHA(特にオンライン講座)
  26. 26. 26四半期別案件種別売り上げ ・案件種別売り上げ ¥0 ¥2,000,000 ¥4,000,000 ¥6,000,000 ¥8,000,000 ¥10,000,000 ¥12,000,000 ¥14,000,000 ¥16,000,000 2017 1Q 2017 2Q 2017 3Q 2017 4Q 2018 1Q 2018 2Q 2018 3Q 2018 4Q 2019 1Q 2019 2Q 2019 3Q 2019 4Q 業務内容別売上 役員コンサル 個人コンサル セミナー 執筆 HA ¥11,352,612 ¥10,193,334 ¥9,095,000 ¥10,058,977 ¥25,973,315 ¥22,621,574 ¥5,018,430 ¥5,430,556 ¥4,060,965 ¥0 ¥6,300,000 ¥8,820,000 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 2017 2018 2019 業務内容別売上シェア 役員コンサル 個人コンサル セミナー 執筆 HA コンサルが売り上げのベースを作っているが、執筆(印税入っていない)+セミナーは他 への貢献に繋がる。HA独自の売上が出始めた(自主開催講座をここに追加)
  27. 27. 2020年の取組方針と 目標設定
  28. 28. 28 Make People Happy Through Analytics! 解析を通じて 人を幸せにする HAPPY ANALYTICSとは
  29. 29. 29 ・自分(会社) ・一緒に仕事をしている人 ・仕事発注者とそのユーザー ・解析に興味がある人 誰を幸せにするのか?
  30. 30. 30 成長 × 成果 幸せとはどのような状態を指す?
  31. 31. 31HAPPY ANALYTICSの成長と成果方針 対象者 成長とは 成果とは 会社として 目指すゴール 自分 (会社) ・幸せにする方法を増やす ・幸せにする人数を増やす ・好奇心のための知識習得 ・会社の成長 ・成長の実感 ・感謝されること ・幸せにできた人数 ・売上 協働者 ・新たな知識の習得 ・HA以外の案件の広がり ・該当者の収益拡大 ・成長の実感 ・協働件数 ・外注合計額 ・外注継続率 発注者 (クライア ント) ・本人のスキル成長 ・自社での意識変化 ・アクション量の増加 ・KGI改善 ・キャリアアップ ・サイトのユーザー 満足度 ・案件数 ・改善数/率 ・影響ユーザー数 解析の 興味関心者 ・新たなスキルの習得 ・実行意欲の増大 ・同上 ・リーチ人数 ・実行人数
  32. 32. 32HAPPYANALYTICSのスファネル構造 弱リーチ 人数 強リーチ 人数 有効 コンタクト 人数 売上 (案件数) 外注費 商談数 利益 その他コスト 2020年のKPIは以下3つを増やす 1)「有効コンタクト人数」 2)「案件数」 3)「外注費」 達成のためにファネルの上部にも注力 結果としての売上や利益の増加を目指す
  33. 33. 33KPI定義(月次+年間or年度累計で) 用語 定義 備考 弱リーチ人数 ブログ訪問者 プロフィールサイト訪問者 Twitterフォロワー数 Facebookフォロワー数 単純足し上げで見る 強リーチ人数 HAサイト訪問者 メルマガ読者数 特定ページ見た等の制限は設けない 有効コン タクト人数 メールが届く人数 毎月メールを配信しその数値で判断 サイト経由以外も含む ※主に資料ダウンロード・問い合わせ・名刺交換等 商談数 売上が発生する案件数 (月次の場合は毎月で計上する) 金額は問わない 売上 該当月の法人口座への入金金額 結果指標として見る 外注費用 案件をお願いした件数及び金額 (工藤さん・飯村君支払い含む) (当面は)人数は問わない その他コスト 外注費用以外の全てのコスト 利益 売上 ー コスト 結果指標として見る
  34. 34. 34 2017年1H 2017年2H 2018年1H 2018年2H 2019年1H 2019年2H 2020年1H 2020年2H 弱リーチ ブログ プロフィールサイト FB TW 弱リーチ(半年ユニーク) ブログは寄稿記事+記事増により達成。FB/プロフィールサイトは微増 Twitterは発言量+RT増加で達成を目指す(スタッフつけるかも)
  35. 35. 35強リーチ・弱⇒強の割合(半年ユニーク) 0.0% 1.0% 2.0% 3.0% 4.0% 5.0% 6.0% 7.0% 8.0% 9.0% 0 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 2017年1H 2017年2H 2018年1H 2018年2H 2019年1H 2019年2H 2020年1H 2020年2H 強リーチ・弱⇒強 HA 弱÷強 訪問者数は順調に推移。弱からの誘導+セミナー資料DL+メルマガでの HAサイト誘導強化により遷移率の改善を目指す
  36. 36. 36具体的な数値と年間目標 用語 2017年 1H 2017年 2H 2018年 1H 2018年 2H 2019年 1H 2019年 2H 2020年 1H 2020年 2H 弱リーチ 人数 42,745 41,652 40,016 38,727 36,580 47,242 55,900 68,000 強リーチ 人数 251 1,056 1,340 1,823 2,501 3,045 4,000 6,000 有効コン タクト人 数 1,720 2,250 3,300 商談数 97 86 117 106 94 125 140 180 売上(円) 1500万 1600万 2600万 2600万 2300万 3000万 3300万 4000万 外注件数 金額 15件 (130万円) 40件 (200万円) 60件 (350万円) 利益(円) 700万 220万 1480万 570万 139万 1350万 2000万 最重要指標は「有効コンタクト人数」「商談数」「外注件数」
  37. 37. 37 少しでも多くの人に HAPPYを届ける! (まずはコンタクト人数を2倍に) 2020年 HAPPY ANALYTICSの基本方針
  38. 38. 2020年も よろしくお願いいたします!

×