Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Web qa meeting panel3 2018_06_08

156 views

Published on

in Web QA Meeting Panel discussion 3.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Web qa meeting panel3 2018_06_08

  1. 1. freee 株式会社 パネル3: テストの生産性ってどう見てるの? WebQA Meeting on 2018.06.08
  2. 2. Naoki Nakano 中野 直樹 株式会社LIFULL Koyaman / @koyaman2 小山 竜治 freee株式会社 テストするおっさんです。モダンなWeb歴半年のオールドルーキー。 中野さんとタメなのが自分でも信じられない。 組み込みからWebまで15年くらいテストしてます。 JSTQBの講師したりテスト自動化エンジニアのスキル標準作ったり。 犬が好き。 エンタープライズシステムの開発者、プロジェクトマネージャなどの 経験後、テスト技術者へ転向。 ネット証券のシステム開発部門のテストチームのリーダーなどを経て、 現在のLIFULLでソフトウェアテスト技術の展開に従事。 シシャモが好きです。 2
  3. 3. Fumiharu Sugawara 菅原 史晴 株式会社 メルカリ Ken Kakizaki 柿崎 憲 株式会社 サイバード ゲーム機やWebサービス等のQAテスターを経た後、 2008年に株式会社ミクシィに入社。 品質管理部マネージャーとして、 様々なサービスのQAテスト組織の編成・マネジメントを行う。 2016年同社を退社しサイバードに入社。 現在はQAテストの力が会社業績の向上に 強くインパクトすることを証明しちゃったような気がします。 (詳しくは報道を御覧ください) QA/Test歴 11年ほど。 内製のクライアント/WebアプリケーションのQA/Testをこれまで行ってきました。 QA/Test領域に限らず、プロジェクト開発をより良くすることを日々考えてます。興 味はプロジェクト開発プロセス。 3
  4. 4. 本パネルのテーマ テストの生産性って どう見てるの? JaSST’18 TokyoのWebセッションで質問としてあげたのですが書きこみするのが遅くて 取り上げていただけず、良いテーマなんだけどなーとおっさんは勝手に思っていた。ら。 イケメン中野さんから「コヤマンさん。JaSSTの質問の件、WebQAで聞いてみませんか?」と お声がけいただきました。マジイケメン。
  5. 5. 5 「テストの生産性ってどう見てるの?」の意図 Web系(DevOpsとか)の特徴として皆さんご存知「スピード」が求められます。 が、「テストうまくやってんの?」を説明できないとテストイラネになりやすい。 でも「生産性測ろうぜ!」「テストの質・価値を測ろうぜ!」と言い始めるとー やること増える あれもこれもやらないと価 値の証 明ができない からあれもこれもやろう!工数も取るしバグの分 類もするしミーティングでコンセンs プロセス重くなる テストをするにあたって 必 要 なプロセスとして 〇〇を追 加しよう!準 備 前に〇〇プロセスやっ てテスト後に〇〇プロセスやって、、 メンドクサスw やらないといけないのわかってるけど今だって手 一杯なんだからそんな時間無ェッス! (メンドクサスwwww) となりがち。そこでWeb系テストの経験豊富なパネリストのみなさまは どうやってそのあたりを見ているのか。どのような指標をなぜ使っているのか。 そしてどうスピードを落とさずに見るように工夫しているのか。そもそもやってないよーとか。 Web系テスト歴半年の新人おっさんはそこを知りたいのであります! ※このあたりが「スピード感のあるWeb系独自」のポイントなのかなーと(勝手に)思ってます。
  6. 6. 6 Let’s discuss! 中野:バグ件数、リリース件数、要件カバレッジと自動テストの可用性  ・その理由:腹落ちできた。昨年対比でみている。  〇金額とか工数に換算してます?:一時やっていたがやめた。腹落ちしない。   金額換算すると儲かるプロダクトに関わればよくなってしまう。 柿崎:売上、不具合数、リスクカバレッジ、Unitテストのカバレッジ、メンテに入るまでの時間  ・その理由:ゲームなので、いくら使われているのか、どれだけインパクトあるのかを測る   売上が下がる=ぽしゃったりした。変化を見る。  〇ゲーム面白いからって言われそうですが割合とかってどうします?:   リリース後に即メンテに入るとかそういった状況が止まった。   信頼度成長曲線とかを使って説明したりしている。  〇それはリスク高いものを優先的に除去するようにしていた?:そう。 菅原:使ってない。  ・その理由   計測するとかそういう手間自体が生産性を落としている。   マネージャーのための仕事はしない!アサインすら無駄  〇自分たちが正義ってこと?どうやって対外的に説明している?:考えたことがない
  7. 7. まとめ Summary ディスカッションのまとめ ※このまとめはモデレータが個人的にざっとまとめたことになります
  8. 8. 8 まとめ 概要: スピードを落とさずにシンプルな指標を取る。腹落ちしたものを取る。 変化を見るのも効果的 ポイント: ● 1:ビジネスに貢献するためのシンプルな指標を考える ● 2:顧客価値に貢献するためのシンプルな指標を取る ● 3:金の話はプロダクトによる、腹落ちできればいい。 ● 4:マネージャーのための仕事はしねぇ! ● 5:変化を見ると何か起こった、がわかる
  9. 9. スモールビジネスに携わる すべての人が「創造的な活動」に フォーカスできるよう

×