日本協会への提案書ラグビーファミリー1メンバーからの”一考察”Authorized R
マネージメントテーマ 「一貫性」▪ web戦略の一貫性▪ 公式サイト 公式Facebook 公式twitter(stuffによるものも含む) etc の発信⽅法の⾒直しと改良▪ ENGLISHバージョンの充実と開発言語の統一▪ モバイル版の充実...
web戦略の一貫性バラバラに発信されている情報をコーディングしなおすことでサイトを⾒やすくしてモバイルにも準拠する
I. webデザインコーディングの提案▪ サイト訪問者の差別化によりweb解析が安易になる▪ サイト開発をHTML5+CSS3に統一することでモバイル版も同時に更新が可能(iOS,Android,FireFoxOSも閲覧可能に)▪ 別途ログイン...
II. グッズ開発の提案▪ グッズ開発チームを設ける▪ 専用webSHOPを開設し、売上・利益を確保した上で強化費の増強による分配増が可能(公益財団法人の特性を活かせる)▪ 人員確保による協会の雇用の増大▪ 各ラグビー用品⼩売り店舗からの発送に...
グッズ開発による売上げ推移希望(※文具進出した場合の感覚で数値の根拠はありません)¥0¥10,000,000¥20,000,000¥30,000,000¥40,000,000¥50,000,000¥60,000,000¥70,000,00020...
大会スケジュールの一貫性イベント乱⽴による入場者の分散を避け、球技場への観戦者数を確保
全国のスケジュールの一括管理▪ 大会の一括管理により地⽅での球技場への来場者数を確保しチケット売上増▪ ラグビースクール、クラブの練習やイベントを調整することで彼らも球技場へ足を運べるようにする▪ ⾦曜の夜、⼟曜の夜のトップリーグ開催やイベント...
組織の一貫性情報を一本化
実現可能と思われる組織体系▪ 日本協会は各スケジュールを各支部で閲覧可能に▪ 試合・大会日程の調整は地⽅支部が管理し情報発信▪ 三大支部は、集客の為の宣伝を地⽅の球技場、企業と⾏う▪ 日本協会は対海外などの情報発信を⾏い、地⽅⾃治体との連携で外...
あとがきこれらの提案はすぐにできるものでもないでしょうし、妄想に近いものでしょう。机上の空論と揶揄されるやもしれません。また、公益財団法⼈という企業形態ゆえに実現が難しいことも多くあるとは思いますが、できない理由をいくら並べるだけなら前進はしま...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

日本協会への提案書

359 views

Published on

ヲタクの立場から考えてみました。妄想の域を出ないかもしれませんが、一石を投じられればと思います。他のメンバーの方々ご意見を参考にして、正確さよりも「考え」を急いで整理してアップロードしましたので見にくい点はご勘弁ください・・・

Published in: Sports
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
359
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

日本協会への提案書

  1. 1. 日本協会への提案書ラグビーファミリー1メンバーからの”一考察”Authorized R
  2. 2. マネージメントテーマ 「一貫性」▪ web戦略の一貫性▪ 公式サイト 公式Facebook 公式twitter(stuffによるものも含む) etc の発信⽅法の⾒直しと改良▪ ENGLISHバージョンの充実と開発言語の統一▪ モバイル版の充実▪ グッズ開発とwebshopの充実による売上増▪ 大会スケジュールの一貫性▪ 関東・関⻄・九州ラグビフットボール協会、⼥⼦ラグビーフットボール連盟との双⽅向性による大会開催スケジュールのすり合わせと把握▪ 観客動員⾒込みと集客⼒アップによるチケット収益増▪ 組織の一貫性▪ 協会ヒエラルキーの整理▪ 地⽅協会の設⽴▪ プレーヤー(スクール・クラブを含む)とファンへの情報発信を差別化することにより情報の整理と解析を簡素化
  3. 3. web戦略の一貫性バラバラに発信されている情報をコーディングしなおすことでサイトを⾒やすくしてモバイルにも準拠する
  4. 4. I. webデザインコーディングの提案▪ サイト訪問者の差別化によりweb解析が安易になる▪ サイト開発をHTML5+CSS3に統一することでモバイル版も同時に更新が可能(iOS,Android,FireFoxOSも閲覧可能に)▪ 別途ログインすることでサイト訪問者に「私は一般と違う」という上層の意識が芽生える▪ エンターテインメント性は動画多用により“うごいている感”を出す一般向けプレーヤー向け(※ログイン必須)公式サイトエンターテインメント性を前面に出しほしい情報がすぐ確認できるようにする全国の大会の詳細情報を閲覧可能にし、一般と差別化公式facebook「いいね」したファンにだけ速報とグッズ特典をつけ一般とファンを差別化トレーナー詳細情報講習会情報スクール向け情報公式twitter試合・チケット・グッズ情報
  5. 5. II. グッズ開発の提案▪ グッズ開発チームを設ける▪ 専用webSHOPを開設し、売上・利益を確保した上で強化費の増強による分配増が可能(公益財団法人の特性を活かせる)▪ 人員確保による協会の雇用の増大▪ 各ラグビー用品⼩売り店舗からの発送にすれば、⼩売店舗では実物の展⽰により集客率をアップできる。さらには試合会場でのアンテナショップ開設時に公式グッズ取扱いによるブランディングが可能▪ 文具の開発により⼩学生へのラグビー啓蒙が可能(楕円球の消しゴムなど)▪ グッズ開発時に他企業をラグビー業界へのスポンサードの引き入れの敷居が低くなる▪ コミック、映画などとコラボが容易になる
  6. 6. グッズ開発による売上げ推移希望(※文具進出した場合の感覚で数値の根拠はありません)¥0¥10,000,000¥20,000,000¥30,000,000¥40,000,000¥50,000,000¥60,000,000¥70,000,0002013年 2015年 2017年 2019年売上
  7. 7. 大会スケジュールの一貫性イベント乱⽴による入場者の分散を避け、球技場への観戦者数を確保
  8. 8. 全国のスケジュールの一括管理▪ 大会の一括管理により地⽅での球技場への来場者数を確保しチケット売上増▪ ラグビースクール、クラブの練習やイベントを調整することで彼らも球技場へ足を運べるようにする▪ ⾦曜の夜、⼟曜の夜のトップリーグ開催やイベントを⾏い、球技場の飲⾷の売上単価増▪ スクールの遠征+試合観戦のスケジュールが組みやすい大会日程に▪ 近隣県のスクールが遠征をした場合、試合のみで帰るのはもったいないので、そのあと試合観戦まで残り観戦者増へ▪ 日本協会が全国の大会とスクールのスケジュールを重ねるだけで可能▪ 協会はスクールの実体把握が可能に▪ 地⽅協会を置く優先順位を数値でつけやすいので(予算)計画性が上がる
  9. 9. 組織の一貫性情報を一本化
  10. 10. 実現可能と思われる組織体系▪ 日本協会は各スケジュールを各支部で閲覧可能に▪ 試合・大会日程の調整は地⽅支部が管理し情報発信▪ 三大支部は、集客の為の宣伝を地⽅の球技場、企業と⾏う▪ 日本協会は対海外などの情報発信を⾏い、地⽅⾃治体との連携で外国人旅⾏者を取り入れる活動も併せて⾏う(旅⾏会社・宿泊施設との提携により宿泊料⾦設定、観戦チケット付宿泊の提案)日本協会関東RFU北海道RFU東北RFU北関東RFU北陸RFU関⻄RFU東海RFU四国RFU中国RFU九州RFU北九州RFU南九州RFU沖縄RFU
  11. 11. あとがきこれらの提案はすぐにできるものでもないでしょうし、妄想に近いものでしょう。机上の空論と揶揄されるやもしれません。また、公益財団法⼈という企業形態ゆえに実現が難しいことも多くあるとは思いますが、できない理由をいくら並べるだけなら前進はしません。ラグビーファミリーのメンバーからの過去ログからインスパイアを受け、このような提案とさせていただきましたがどれも「前へ」進もうと知恵をしぼった意⾒が随所に⾒受けられると思います。とにかく⽇本協会をトップとして組織をまわす為にも、⽇常の業務に追われてしまう環境を一度リセットできれば、必ずや突破⼝は⾒つかると思います。ファン、関係者は裾野で⽇夜頑張っていますが、その頑張りが報われる⽇が来ることだけを信じて活動をしていることは重ねてお伝えしたいです。今回、この提案の出来、不出来ではなく、少しでも皆さんの⼼に⽕をつけられたらという思いだけのものですが、ご⾼覧ありがとうございました。最後に、公式サイトや公式facebookの随所に⾒受けられる「財団法⼈」の⽂字は早急に「公益財団法⼈」へと訂正されることを望みます

×