Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Gceハンズオン20150411イン福岡

913 views

Published on

GCPUG in Fukuoka!のハンズオン資料です
http://gcpugfukuoka.connpass.com/event/13204/

GCEハンズオンワークショップ 吉積情報 吉積礼敏氏

Published in: Internet
  • Login to see the comments

Gceハンズオン20150411イン福岡

  1. 1. http://gcpug.jp GCEハンズオン ~まぁとにかく触って見よう!~
  2. 2. http://gcpug.jp 2 自己紹介 吉積礼敏 FB:ayatoshi.yoshidumi Ingress:青LV9  AG:yoshidumi
  3. 3. http://gcpug.jp Googleのクラウドサービスを利用したシステム開発・運用 Google Apps 導入支援サービス Google App Engine / Android 開発 ITインフラ提供・運用コンサルティングサービス Google Apps 正規販売代理店 Google Enterprise Partner 主要サービス 会社概要 パートナーシップ …その他多数 所在地 東京都中央区新富1丁目12番7号 新富HJビル4階 代表取締役 吉積礼敏 設立 2005年9月6日 資本金 1,000万円(平成26年7月末現在) 売上 12,400万円 (平成26年度3月期) 従業員数 18名(平成27年4月現在) 取引銀行 三菱東京UFJ銀行 大久保支店 阿波銀行東京支店 連絡先 TEL : 03-6280-5940 FAX : 03-5843-6588 主要取引先 アクセンチュア株式会社 グーグル株式会社 京セラコミュニケーションシステム株式会社 ソフトバンクテレコム株式会社 株式会社電算システム 株式会社東急ハンズ 3 まずは、吉積情報株式会社のご紹介
  4. 4. http://gcpug.jp 2005 2008 2009 2010 2011 2012 2013 20142006 2007 2005年9月 吉積情報株式会社 設立 4 吉積情報株式会社のクラウドへの取り組み
  5. 5. http://gcpug.jp 2005 2008 2009 2010 2011 2012 2013 20142006 2007 2008年12月 東急ハンズ様の Google Apps 導入時にSSOを構築 Google と Google Enterprise Partner 契約を締結 5 吉積情報株式会社のクラウドへの取り組み
  6. 6. http://gcpug.jp 2005 2008 2009 2010 2011 2012 2013 20142006 2007 2009年7月 Google と Google Apps 販売代理店契約を締結 6 吉積情報株式会社のクラウドへの取り組み
  7. 7. http://gcpug.jp 2005 2008 2009 2010 2011 2012 2013 20142006 2007 2010年9月 GAE 版繋吉(つなよし)セキュアログインパックをリリース 7 吉積情報株式会社のクラウドへの取り組み
  8. 8. http://gcpug.jp 2005 2008 2009 2010 2011 2012 2013 20142006 2007 2011年11月 Google App Engine プレミアカウントを取得 (日本第一号) cf. 2011年11月 Google App Engine プレミアアカウント提供開始 8 吉積情報株式会社のクラウドへの取り組み
  9. 9. http://gcpug.jp 2005 2008 2009 2010 2011 2012 2013 20142006 2007 2012年1月 Google Apps Certified Deployment Specialist 取得 (アジアパシフィックエリアの第一号) cf. 2011年2月 Google Apps Certified Deployment Specialist 認定試験提供開始 9 吉積情報株式会社のクラウドへの取り組み
  10. 10. http://gcpug.jp 2005 2008 2009 2010 2011 2012 2013 20142006 2007 2014年3月 Google Cloud Platform の Qualified Developer 5種制覇 (アジアパシフィックエリアの第一号) 10 吉積情報株式会社のクラウドへの取り組み
  11. 11. http://gcpug.jp 2005 2008 2009 2010 2011 2012 2013 20142006 2007 2014年6月 Cloud Ace サービス提供開始 cf. 2013年12月 Google Compute Engine を General Available で提供開始 11 吉積情報株式会社のクラウドへの取り組み
  12. 12. http://gcpug.jp 2005 2008 2009 2010 2011 2012 2013 20142006 2007 2014年7月 Cloud Platform 部門の Partner Award を受賞 12 吉積情報株式会社のクラウドへの取り組み
  13. 13. http://gcpug.jp 2015年7月31日 より 絶賛発売中 13 書籍のご紹介
  14. 14. http://gcpug.jp 日本から唯一GCP部門のFinalistsに選ばれました! 14 2015年2月末のTeamWork2015にて
  15. 15. http://gcpug.jp 15 ハンズオン ○ハンズオン資料(Google標準) http://goo.gl/ua5fQw ○ハンズオン資料(Wordpress) https://github.com/gcpug/gcp-demos ○コンソールURL https://console.developers.google.com/
  16. 16. http://gcpug.jp 16 TBS様におけるBooBoクラウド(InterBEEにて発表)
  17. 17. http://gcpug.jp 1. Google Drive for Workを活用 -認証・権限管理(APIによる自動設定) -無制限容量のドライブ 2. GAEによる柔軟なフロントエンド 3. エンコード処理をGCE+外部サービスにて実現 →将来的にはその他画像処理・チェック機能等も 4. 一次アップロード先としてGCSを利用 17 TBS様におけるBooBoクラウド(ポイント)
  18. 18. http://gcpug.jp 18 TBS様におけるBooBoクラウド(利用シーン)
  19. 19. http://gcpug.jp 19 TBS様におけるBooBoクラウド(基本機能)
  20. 20. http://gcpug.jp 20 TBS様におけるBooBoクラウド(システム構成)
  21. 21. http://gcpug.jp 21 参考情報 ○AWSとの性能比較や技術系の検証等 http://www.apps-gcp.com/ ○事例(続々追加中!) http://www.cloud-ace.jp/case/
  22. 22. http://gcpug.jp 22 リージョンを跨いだLBデモ(時間あればやる) 一つのIPアドレス配下にリージョンを跨いだデータセンタを紐付可能となり、 さらには出来る限り近くのリージョンを利用する、という動作を行います。 Google ロードバランサ 107.178.240.20 日本からのアクセス USからのアクセス (注)実際は台北のデータセンタ アジアリージョンDC US側リージョンDC
  23. 23. http://gcpug.jp 23 リージョンを跨いだLBデモ(時間あればやる) 当然、アジア側のデータセンタがダウンした場合はUS側のデータセンタに自動的に切り 替わります。 Google ロードバランサ 107.178.240.20 日本からのアクセス USからのアクセス (注)実際は台北のデータセンタ アジアリージョンDC US側リージョンDC
  24. 24. http://gcpug.jp 24 リージョンを跨いだLBデモ(時間あればやる) アジアとUSに2台づつサーバを起動し、 1つのIPアドレスでアクセスするように設定。 アジア-USを跨いだロードバランサの動作を確認します。 1. curlコマンドで固定IPに対してアジアからとUSのAWSのリージョンからリクエストを繰り返す(当初失敗します) 2. www-1、www-2をアジアで、www-3、ww-4をUSリージョンで起動します。 →数十秒で起動し、1,2からリクエストが返るのを確認、US側のみその後3,4から返るように 3. www-1のサービスを停止 →www-2からのみリクエストが返るのを確認(アジア側は) 4. www-2のサービスを停止 →www-3,4(US側)からリクエストが返るのを確認(アジア側、US側ともに) 5. www-2を起動 →再びwww-2からリクエストが返るのを確認(アジア側)

×