Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Web2.0 時代の情報のアウトプット <ul><li>うさんくさいタイトルにしてみましたが、 </li></ul><ul><li>要はこんなことを書くつもりです。 </li></ul><ul><li>情報を出す手間がかからない </li></...
情報を出す手間がかからない <ul><li>昔 : </li></ul><ul><li>直接伝えるか、書面によって伝える </li></ul><ul><li>現在 : </li></ul><ul><li>Web,  メールにより一人に伝えるコス...
情報を受け取る手間もかからない <ul><li>昔 : </li></ul><ul><li>物理的に必要な情報を手に入れづらかったため、情報そのものの価値が高かった </li></ul><ul><li>現在 : </li></ul><ul><l...
出す情報に価値がなくても構わない <ul><li>前述の理由で考えるべきことがシンプルに </li></ul><ul><li>出してはいけない情報を出さない </li></ul><ul><li>誰に届けるか?を考えるコストは使わない </li>...
価値は受け取る側が見出す <ul><li>アウトプットが増えれば届く情報も増える </li></ul><ul><li>必要な情報はこれまで通り利用する </li></ul><ul><li>不要な情報は流量が極端でない限り無視するだけのコストで済...
情報共有システムのすすんだ例 <ul><li>blog </li></ul><ul><li>Google ウェブ履歴 </li></ul><ul><li>Gmail </li></ul><ul><li>del.icio.us </li></ul...
問題点 <ul><li>大量の情報をさばくスキルが追いついていない </li></ul><ul><li>出してはいけないことの判断ミスによる情報の流出 </li></ul><ul><li>システムがすすみすぎることによる本人の意図しない情報の流...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Web2.0時代の情報のアウトプット

652 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Web2.0時代の情報のアウトプット

  1. 1. Web2.0 時代の情報のアウトプット <ul><li>うさんくさいタイトルにしてみましたが、 </li></ul><ul><li>要はこんなことを書くつもりです。 </li></ul><ul><li>情報を出す手間がかからない </li></ul><ul><li>情報を受け取る手間もかからない </li></ul><ul><li>出す情報に価値がなくても構わない </li></ul><ul><li>価値は受け取る側が見出す </li></ul>
  2. 2. 情報を出す手間がかからない <ul><li>昔 : </li></ul><ul><li>直接伝えるか、書面によって伝える </li></ul><ul><li>現在 : </li></ul><ul><li>Web, メールにより一人に伝えるコストと世界に伝えるコストが変わらない </li></ul><ul><li>システムにより、伝える意思すらなく伝えることが出来るようになってきている </li></ul>
  3. 3. 情報を受け取る手間もかからない <ul><li>昔 : </li></ul><ul><li>物理的に必要な情報を手に入れづらかったため、情報そのものの価値が高かった </li></ul><ul><li>現在 : </li></ul><ul><li>検索だけで膨大な情報が手に入る </li></ul><ul><li>コストが低いので不要な情報も含めてどんどん届く </li></ul>
  4. 4. 出す情報に価値がなくても構わない <ul><li>前述の理由で考えるべきことがシンプルに </li></ul><ul><li>出してはいけない情報を出さない </li></ul><ul><li>誰に届けるか?を考えるコストは使わない </li></ul><ul><li>この情報に価値があるか?を考えるコストは使わない </li></ul><ul><li>情報を出すときは一番多数に届く方法を何も考えずに使う </li></ul>
  5. 5. 価値は受け取る側が見出す <ul><li>アウトプットが増えれば届く情報も増える </li></ul><ul><li>必要な情報はこれまで通り利用する </li></ul><ul><li>不要な情報は流量が極端でない限り無視するだけのコストで済む </li></ul><ul><li>自分で必要だと意識した情報以外でも届いてみれば必要になることもある </li></ul>
  6. 6. 情報共有システムのすすんだ例 <ul><li>blog </li></ul><ul><li>Google ウェブ履歴 </li></ul><ul><li>Gmail </li></ul><ul><li>del.icio.us </li></ul><ul><li>ustream </li></ul><ul><li>etc… </li></ul>
  7. 7. 問題点 <ul><li>大量の情報をさばくスキルが追いついていない </li></ul><ul><li>出してはいけないことの判断ミスによる情報の流出 </li></ul><ul><li>システムがすすみすぎることによる本人の意図しない情報の流出 </li></ul><ul><li>旧来の情報を出すことを怖れる人 ( そこに理由がある場合とない場合とある ) とそうでない人との断絶 </li></ul>

×