Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Notes ongcp operation

502 views

Published on

GCP運用時によくある疑問、運用時の注意点を解説いたします。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Notes ongcp operation

  1. 1. インフラ運用会社が考える Google Cloud Platform 活用のすゝめ 株式会社アールワークス Nov 28 2018 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved.
  2. 2. 目次 1 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. ・アールワークスのご紹介 ・GCPを活用する際の監視について ・当社GCP活用(予定)例
  3. 3. 自己紹介 竹川 晃(たけかわ あきら) 株式会社アールワークス 営業部所属 神奈川生まれ、神奈川育ち 趣味:野球、スノーボード プチ自慢:少年時代、 巨人の菅野投手からホームラン を放った実績を持つ男!! 2 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved.
  4. 4. 会社紹介 商号:株式会社アールワークス (阪急阪神東宝グループ) 所在地:東京都新宿区揚場町1-18飯田橋ビル6F 設立:2000年10月(1985年3月 アステック) 資本金:4億2,540万円 従業員数:62名(2018年4月現在) 事業内容:マネージドサービス事業 主要株主:アイテック阪急阪神株式会社 URL: https://www.rworks.jp/ 3 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved.
  5. 5. アールワークスは、クラウドエースのソリューションパートナーです。 アールワークスって何をする会社? 4 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. ✔ 6000ノード以上のサーバやネットワーク機器 (インスタンス)を運用 ✔ オンプレミス、クラウド、ハイブリッド構成の システム構築・運用が得意 ✔ インフラ運用に必要なツールの開発、 オープンソースコミュニティへも貢献 システム運用サービスを20年にわたり ご提供してきたMSPです。
  6. 6. ミッション 5 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. お客様システムの正常稼働を支える パートナーであること
  7. 7. ご提供しているサービス 6 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. システム運用代行 クラウド構築 監視ツール提供  OS・ミドルウェアの 24時間365日監視  各種アップデート などの運用代行  GCPをはじめとした 各種クラウド構築  VPNなどの回線周り の構築も行います  Pandora FMSの ライセンス、サポート提供  コミッターによる OSSコミュニティへの フィードバック
  8. 8. GCP のサービスを 利用してるんだけど監視って何を すればいいんですか? 7 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. GCP運用時によくある疑問
  9. 9. 8 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. GCP上のシステム運用の注意点 GCPはOS・ミドルウェアを管理する サービスが多いため、監視は重要ではない。 「アプリケーションが正常に動作していること」 は、サービス提供者側が保証する必要がある。
  10. 10. Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. 9 アプリケーション動作の監視 ログイン動作の監視 実際のユーザーが操作する挙動を定義して、 正常に動作するか監視しなければいけません。 ショッピングカートの動作を監視 商品ページを開く 商品数を選択する カートに入れるボタンを選択 カートページを開く 所定の商品がカート内に 存在するか? 商品をカートから 削除できるか? チケット予約機能の監視 顧客毎ページの監視 例えば・・ 他にも・・
  11. 11. Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. 10 どのように監視を行うのか 各ブラウザを実行する環境を用意して、 テストケースを実行しないといけない ブラウザによって JavaScriptの実装が異なる ブラウザによって レンダリングエンジンが異なる 各ブラウザは頻繁に アップデートされる ブラウザをエミュレートした 監視では、表示の違いを 検知できない 人的に監視を行う場合、実行する端末などの環境の整備や 人の配置を行わなければいけないため、現実的ではない!
  12. 12. 11 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. アプリケーション動作を、楽に監視する アールワークスは、 アプリケーション動作の正常性を自動監視する 「Webシナリオ監視サービス」 をご提供しています。 https://www.rworks.jp/saas/s-scenario-monitoring/
  13. 13. Webシナリオ監視 サービス基盤でのGCPの活用 12
  14. 14. Webシナリオ監視の運用上の課題 1: ブラウザ実行用のEC2インスタンスを多く抱えている 2: コンテナのメンテナンスや基盤障害への対応が必要 3: 旧世代のGrid Nodeインスタンスが残存している 多重化・ブラウザのバリエーションへの対応のため、多数のマシンを常時起動する構 成になっており、ピーク時に合わせて台数を揃えており、コスト面での効率が悪い。 メンテナンスが発生した際にサービスに影響が出ないよう、人力での保守を行ってい るため、保守工数が当初想定よりも膨らんでいる。 サービスリリース当初の名残で、古いGrid Nodeインスタンスが残存しており、 定期的な棚卸が必要な状態になっている。 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. 13 AWS上で稼働している当サービス。その課題は・・
  15. 15. 現状の構成図 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. 14 小山内さんの構成図
  16. 16. そこで・・ Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. 15 現状の課題を解決するため、 GCPへサービス基盤を移行します! (予定)
  17. 17. なぜGCPへ移行するのか? 1: 基盤維持コストの削減できる 2: 運用コストを削減できる 3: 各サービスがシンプルなため、設計・運用がしやすい Grid Nodeの実行環境を「使うときだけ起動する」構成にすることが可能なため、 インフラコストの削減を見込める 「使うときだけ起動する」ことで常時稼働のサーバー台数を減らし、セキュリティ パッチ対応などの人的対応コスト削減、定期的な棚卸が不要になる GCPのサービスは、それぞれのサービスがシンプルなため各機能を分離させる構成に しやすく、設計・運用が楽になる Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. 16
  18. 18. 移行後の構成図 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. 17
  19. 19. GCPとAWSの性能比較 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. 18 性能比較は、クラウドエース様の比較資料を ぜひダウンロードしてください https://www.cloud-ace.jp/download_chart/
  20. 20. 常時稼働のサーバーを減らすことによる基盤コストの低減 PaaSサービスを活用することで、保守対応を減らすことができるため TCOの削減可能です。 GCP活用のすゝめ Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. 19 1つ1つのサービスの機能がシンプルなため、利用する際の学習コストが 少なく、最小コストでサービスをスタートしたい方におすすめです。 それぞれのサービスが単機能なため、マイクロサービス化しやすい 機能拡張などをよりスピード感をもって運用したい方におすすめです。 スモールスタートで始めたい! マイクロサービスアーキテクチャ化したい! 既存システムよりもコストを下げたい! このような 方へ!
  21. 21. 当社サービスお問合せ先 Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. 20 株式会社アールワークス 営業部 Email : rw-sales@rworks.jp Tel : 03-5946-8405 GCP導入から貴社サービスの監視まで フルサポートいたします。 下記までお気軽にお問合せください!
  22. 22. Copyright © Rworks, Inc. All Rights Reserved. ご清聴ありがとうございました

×