Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

僕が「中の人」になったワケ

1,197 views

Published on

四国出身者が支える、ニッポンのクラウド
http://udcp.connpass.com/event/17381/

Published in: Internet

僕が「中の人」になったワケ

  1. 1. ⾼高⽯石 諒諒 / @r_takaishi 2015-07-23 四国出身者が支える、ニッポンのクラウド
  2. 2. で、誰? • 高石 諒 / たかいし りょう • @r_takaishi
  3. 3. で、誰? • 1988年 香川生まれ • 香川大学工学部 & 大学院 • ∼2015年3月 :Ariel Networks – グループウェアを作ってました • 2015年4月∼:NTT Communications – 新しいクラウド基盤の、ベアメタルクラウドを作ってます
  4. 4. ベアメタルクラウド? • 一般的な話です & 技術の話は少ないです • ここではクラウド = IaaS(Infrastructure as a Service) – サーバやネットワークをサービスとして提供 – Webブラウザ等から任意のメモリやCPU、HDDを選択できる – すぐサーバが利用可能になる
  5. 5. ベアメタルクラウド • 物理マシンをクラウドのリソースとして扱う – クラウドで使うのはたいていVM(仮想マシン) – 仮想マシンと同じようにCPUやメモリを選択可能 • 専用サーバとクラウドのいい所どり – そんな美味しい話あるの?
  6. 6. ベアメタル? • Bare Metal = むきだしの金属 • OS未セットアップ状態のコンピュータ • ↑をクラウドで提供するので「ベアメタル クラウド」
  7. 7. ベアメタルクラウド? • 一般的な話です • 物理マシンをクラウドのリソースとして扱う – クラウドで使うのはたいていVM(仮想マシン) – 仮想マシンと同じようにCPUやメモリを選択可能 • 専用サーバとクラウドのいい所どり – そんな美味しい話あるの?
  8. 8. 物理理マシンをクラウドで扱う 物理マシン物理マシン物理マシンホスト 仮想 マシン 仮想 マシン 仮想 マシン ホスト 仮想 マシン 仮想 マシン 仮想 マシン ベアメタルクラウド一般的なクラウド(IaaS)
  9. 9. ベアメタルクラウド? • 一般的な話です • 物理マシンをクラウドのリソースとして扱う – クラウドで使うのはたいていVM(仮想マシン) – 仮想マシンと同じようにCPUやメモリを選択可能 • 専用サーバとクラウドのいい所どり – そんな美味しい話あるの?
  10. 10. いい所どり オンデマンド 計測可能 パフォーマンス高い 仮想化のオーバヘッド 無し 占有できる スケーラビリティ 仮想化のオーバヘッド 占有できない 期間で契約 スケーラビリティ無し オンデマンド 計測可能 スケーラビリティ パフォーマンス高い 仮想化のオーバヘッド 無し 占有できる クラウド 専用サーバベアメタル
  11. 11. 「中の人」になったワケ • 端的に言うと…… • 「おもしろそう」 • 「ちょうどよいタイミング」 • 「違う環境への興味」
  12. 12. おもしろそう • もともと、自動化やインフラ寄りの技術に関心があった – Chef – Docker • 前職ではスカンクワーク的に自社製品の自動構築の仕組 みを作ったり…… • ➡ これはやるしかない!
  13. 13. タイミング大事 • 転職について考え始めていた頃だった – ネガディブな理由ではないよ! – ただ、具体的な行動には移していなかった • これを逃すとクラウドサービスの開発に関わる機会はないか も…… – グローバルなインフラを持っている会社ってそんなにない • ➡ これはやるしかない!
  14. 14. チャンスを見逃さない • よく見ると目の前に落ちているかも? – 不便な所を見つけて、カイゼンする • 突然目の前に飛んでくるかも? • チャンスを見逃がさない • チャンスを見極める
  15. 15. 異なる環境への興味 • 組織規模 – 100人 ➡ 10,000人 • 勤務体系 – フレックス ➡ 定時出社・定時退社 • 会社の歴史 – 約15年 ➡ 何十年
  16. 16. 異なる環境への興味 • 環境によって常識も変わる • 環境の変化は慣れる
  17. 17. 苦労すること • 上から下まで、必要な技術要素が多い – 前:フロントエンド、バックエンド、DB – 今:上に加えてインフラ、監視、ログ収集・解析、クラウドの 基盤ソフト(OpenStack)、SDN(SoftwareDefinedNetwork)、 etc、etc… – 知識不足 ➡ 日々勉強!!!
  18. 18. 楽しさ • 自分が興味を持っている分野のプロダクトを作れる – やりたいことを仕事にする • 様々な技術を組み合せて動いた時の爽快感 – 当然、動くように検証・設計はする
  19. 19. やりたいことを仕事にする • 何を仕事にするのか • 最初の会社は文化で選んだ – 技術、品質を重視 • やりたいことを仕事にする? – 今はこの考え • 得意なことを仕事にする? – いろいろな仕事を経験してみないと何が得意かは分からない
  20. 20. やりたいことを仕事にする • 人によって答えは違うと思う – スタンスを明確にしておく • 5年後には考え方が変わっているかも

×