Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Play framework 2.0のちょっとした紹介

4,284 views

Published on

Play! Framework 2.0の非常に簡単な紹介。
ルーティングとコントローラとビューをほんの少しだけ記載。

Published in: Technology
  • Dating direct: ❤❤❤ http://bit.ly/2Q98JRS ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Sex in your area is here: ♥♥♥ http://bit.ly/2Q98JRS ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Play framework 2.0のちょっとした紹介

  1. 1. Play! Framework 2.0の ちょっとした紹介
  2. 2. Play Framework 2.0とは?● Scala/JavaのWeb Application Framework – フルスタック。 – Ruby on Railsのような高い生産性 ● 「ソース修正・保存→ブラウザreload」で コンパイルが走り処理実行。(サーバ再起 動不要) – VIEWにおいても静的型付けで安全(Scalaに 限る)● 今時の技術を盛り込み済み – JSON、非同期処理、WebService連携、自動 テストサポート● ※Java EEのお作法に非準拠。
  3. 3. Scala● JavaVM上で動く静的型付けの関数型/オブジェ クト指向言語 – 全て(関数も)がオブジェクト – 型推論により、冗長な型記述を削減。 – パターンマッチで条件分岐がすごいことに。 – Option型によるnullのラッピング – Javaのライブラリを呼び出すことができる。 – IDEのサポートが充実してきている。 – Twitter、Foursquare、Linkedin、英紙 guardianでも使われている。 – Javaよりもコンパイルの時間がかかる。
  4. 4. 動作環境、ラインセンス● Scala – JRE 1.5以降 – Scala License(BSDライク)● Play! Framework 2.0 – JDK 6以降 – Apache License, Version 2.0
  5. 5. 環境構築-1● JDK 6のインストール – 省略● Scalaのインストール – http://www.scala-lang.org/downloads (※2.9以降を推奨。)● Eclipseのインストール – 省略● Scala IDEのインストール – http://scala- ide.org/download/current.html 参照
  6. 6. 環境構築-2● Play! 2.0 インストール – http://www.playframework.org/documen tation/2.0/Installing – Zipファイルをダウンロード – 解凍 – PATHを通す。 – 以上!
  7. 7. 新しいアプリケーションを作成-1 myappという名前で 新しいアプリケーションを作成 ENTER
  8. 8. 新しいアプリケーションを作成-2 テンプレートを選択。 ScalaとJavaが選べる。 ここではScalaを選択。
  9. 9. 新しいアプリケーションを作成-3 テンプレートに基づいて アプリケーションが作られる。
  10. 10. playコンソールを起動 作られたアプリケーション フォルダへ移動。 playコンソールを起動
  11. 11. サーバを起動サーバを起動。 localhost:9000で起動
  12. 12. ブラウザで確認
  13. 13. Eclipseのプロジェクトに変換● Playコンソールで – eclipsify – と入力すると、 ● .classpath ● .project – が出力されるので、Eclipseにインポート。
  14. 14. Play!の基本:ルーティング● /conf/routesファイル – HTTPメソッド、URIパターン、Action ジェネ レータを記述● 例:GET /hello/:name controllers.Hello.hi(name: String) – HTTPメソッドがGETで、 – /hello/:nameというURIの場合、 – controllers.Hello.hi(name: String) を呼び出す ● :nameは動的に変わる値。 ● /hello/John というURIの場合、 controllers.Hello.hi(John) を実行
  15. 15. Play!の基本:Action● play.api.mvc.Action – play.api.mvc.Requestをplay.api.mvc.Resultに変 換する関数。 – リクエストを受け取って、処理結果をクライアント に返す。 – 普通のWebの仕組みですね。
  16. 16. Play!の基本:Controller● ControllerはActionジェネレータ – Requestを受け取ってResultを返す関数を書く。 – Controllerの例(controllers/Hello.scala): hi関数: String型のnameという引数を受け取る。 “Hello! :”という文字列に、 引数を追加した値を返す。 Okは、HTTPステータスコード「200 OK」、 text/plainであるレスポンスボディを返す。
  17. 17. 実行結果 /hello/:namehi関数から返された結果
  18. 18. Play!の基本:view(テンプレート)● View(テンプレート)はコンパイルされるとScalaの 関数になる – コンパイル時点で型エラーのチェックなどが可能。
  19. 19. Play!の基本:view(テンプレート)の例● view/greeteings.scala.html テンプレートの引数 @以降は Scalaステートメントと判断される。
  20. 20. Play!の基本:view(テンプレート)呼び出し hi関数をtemplateを使うように 書き換え。 Play!の規約で、views/greeting.scala.htmlは view.shtml.greeting関数にコンパイルされる。 Controllerからすると、普通のScala関数の呼び出し。
  21. 21. Play!の基本:view(テンプレート)呼び出し
  22. 22. Play!の基本:テンプレートは関数● view/greeteings.scala.html でおかしな記述をすると 存在しない値を参照
  23. 23. コンパイルエラーになる
  24. 24. Play!を更に学ぶには?● Play 2.0 documentation – http://www.playframework.org/documentati on/2.0/Home● サンプルアプリケーション – バイナリパッケージに同梱● メーリングリスト – https://groups.google.com/forum/? hl=en&fromgroups#!forum/play-framework

×