Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2009/10/10 名古屋Ruby会議01


プログラマと
プログラマでない人のための
課題管理ツール『Redmine』
            名古屋アジャイル勉強会
              北村 亮(id:RKTM)
自己紹介
● 北村 亮(id:RKTM)
● 三重から名古屋へ通うプログラマ


● 文学部心理学専攻出身の文系脳。


● 最近のお気に入り

    ●
        登山
        –   日本最高の勉強会(標高的な意味で)
  ...
自己紹介(2/3)
●   名古屋アジャイル勉強会スタッフ
    ●   10月30日テーマ
        『なぜ仕事は定時に終わらないのか?』
        –   アジャイルのタイムボックスの考え方で
            仕事の取...
自己紹介(3/3)
●   名古屋Scala勉強会(new!)
    ●   名古屋アジャイル勉強会の方と共同創設。
    ●   第1回は10/23金曜日
        –   一人だとくじけるので
            勉強会を立ち...
本日お話すること
●   Redmine良いよ!
    ●
        プログラマでない人でも、課題管理ツール
        や情報共有の場として。
    ●   プログラマな人には、チケット駆動開発の
        土台として。
Redmineって?
●   Webベースのプロジェクト管理ツール。
    ●   Ruby on Rails製。
    ●   複数プロジェクト対応。
    ●
        ロールベースの柔軟なアクセス制御。
    ●   柔軟な...
いまここ
●   Redmine良いよ!
    ●
        プログラマでない人でも、課題管理ツール
        や情報共有の場として。
    ●   プログラマな人には、チケット駆動開発の
        土台として。
課題管理ツールとして
●   課題(、リスク、Todo)を管理
        ※厳密には3者は違うけど。
    ●   やらなければならないこと。
    ●
        いつまでに?
    ●   そのステータスは?
    ●  ...
Redmineの課題管理はこんな感じ
●   チケット登録
    ●   『チケット』という単位で課題を登録。
● チケット一覧
● ガントチャート


● 変更の記録


● タイムライン
画面:チケット登録
   トラッカー:チケットのカテゴリ


     優先度を決めたり
     担当者割りしたり
     対象のバージョンを決めたり。


          開始日・期限日。
          予定工数も入れられる。
画面:チケット一覧
    フィルタリングの条件も
    色々と指定できる
画面:ガントチャート


    あれ、遅れすぎてない?




           マウスオーバーで
           概要表示
画面:チケット変更の記録



      誰がどんな変更を加えたか
      残る。
画面:タイムライン



活動のタイムライン。
ここが活発なのはメンバーが
動けている印。




                RSSリーダーに登録。
Redmineの良い点(1/2)
●   Webブラウザがあれば良い。
    ●   Linuxな人でも課題を登録・編集できるよ。
●   情報のリアルタイム性
    ●   RSS
    ●
        メール送信
●   ワークフ...
Redmineの良い点(2/2)
●   課題管理とは直接関係ないけど、非常
    に便利な機能
    ●   情報共有の機能。
        –   wiki、news、forum。
            (メール連絡では後から入った...
いまここ
●   Redmine良いよ!
    ●
        プログラマでない人でも、課題管理ツール
        や情報共有の場として。
    ●   プログラマな人には、チケット駆動開発の
        土台として。
第13回名古屋アジャイル勉強会



『チケット駆動開発入門』
     2009/06/26
『チケット駆動開発』とは?
●   チケット駆動開発
    (ticket-driven development; TiDD)
    ●   プログラム開発手法の一種。
    ●   作業をタスクに分割しITSのチケットに割り
     ...
『チケット駆動開発』の何が良いの?
●   作業のINPUTとOUTPUTが紐づく。
    ●
        その作業をしたのはなぜ?を説明し易くな
        る。
    ●   このINPUTからどんなOUTPUTが出てき
   ...
チケット『駆動』? その1
●   「はじめにチケットありき。」
    ●   「チケットなしの作業禁止。」
        –   チケットがない作業は闇作業。
    ●   「チケットなしのコミット禁止。」
        –   チケ...
チケット『駆動』? その2
●   プロジェクトの流れ。
    ●   リーダーは、作業をチケットとして登録。
    ●   メンバーは、チケットをサインアップ。
    ●
        メンバーは、作業が完了したらチケットのス
   ...
ふつう仕事はこんな流れ。
● INPUTを受け取り、
● PROCESSして、


● OUTPUTを出す。




    INPUT   PROCESS   OUTPUT
もう少し補足すると

            作業説明             完了報告



人   リーダー           メンバー              リーダー    レビュー




情   INPUT          P...
バージョン管理ツールとチケットの連携
●   チケット駆動開発では、OUTPUT(コミッ
    ト)とINPUT(チケット)が紐付く。
    ●   コミットログに特定のキーワードを入れるこ
        とにより、チケットと紐付けが可能...
画面:チケットからリビジョン参照


コミットメッセージにキーワードと
チケットナンバーを書くと、
Redmineが自動でチケットと紐付けてくれる。
さらに、チケットのステータスまで変えてくれる。
画面:リポジトリブラウザ
画面:リビジョンからチケット参照



        リビジョンから関連するチケットが
        紐づく。
高トレーサビリティを簡単に実現
●   「簡単」に
    ●   例:1件の不具合対応のため、1つの設計
        書と2つのソースファイルと、2つのテスト
        コードに変更が加わった、とかが幾つも発
        生する...
その他




『Redmine』にまつわる
    色々なこと。
Redmine導入の注意点
●   人重要!
    ●   ツールを入れれば解決するものでもない。
    ●   チケットを放置しないように日々確認&行
        動する。朝会・夕会で確認すると良い。
    ●
        その...
以上




ご清聴ありがとう
 ございました。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20091010名古屋Ruby会議01 プログラマとプログラマでない人のための課題管理ツール『Redmine』

2,687 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

20091010名古屋Ruby会議01 プログラマとプログラマでない人のための課題管理ツール『Redmine』

  1. 1. 2009/10/10 名古屋Ruby会議01 プログラマと プログラマでない人のための 課題管理ツール『Redmine』 名古屋アジャイル勉強会 北村 亮(id:RKTM)
  2. 2. 自己紹介 ● 北村 亮(id:RKTM) ● 三重から名古屋へ通うプログラマ ● 文学部心理学専攻出身の文系脳。 ● 最近のお気に入り ● 登山 – 日本最高の勉強会(標高的な意味で) – 鈴鹿山脈登ったり、南アルプス登ったり。 – IBS石井スポーツが経営継続とか! ● Scala勉強中。
  3. 3. 自己紹介(2/3) ● 名古屋アジャイル勉強会スタッフ ● 10月30日テーマ 『なぜ仕事は定時に終わらないのか?』 – アジャイルのタイムボックスの考え方で 仕事の取り組み方を変えてみる。 – よく知らないから 勉強会主担当として 学んでみるメソッド。 ● 続きは近日中にWebで! – http://blogs.yahoo.co.jp/nagoya_agile_study_group
  4. 4. 自己紹介(3/3) ● 名古屋Scala勉強会(new!) ● 名古屋アジャイル勉強会の方と共同創設。 ● 第1回は10/23金曜日 – 一人だとくじけるので 勉強会を立ち上げるメソッド。 – まずはScala本を読む。 ● 続きはGoogle Groupで! – http://groups.google.co.jp/group/NagoyaScala
  5. 5. 本日お話すること ● Redmine良いよ! ● プログラマでない人でも、課題管理ツール や情報共有の場として。 ● プログラマな人には、チケット駆動開発の 土台として。
  6. 6. Redmineって? ● Webベースのプロジェクト管理ツール。 ● Ruby on Rails製。 ● 複数プロジェクト対応。 ● ロールベースの柔軟なアクセス制御。 ● 柔軟なIssue Tracking System。 ● バージョン管理ツールと連携。 ● 情報共有の場(ニュース、フォーラム、wiki)
  7. 7. いまここ ● Redmine良いよ! ● プログラマでない人でも、課題管理ツール や情報共有の場として。 ● プログラマな人には、チケット駆動開発の 土台として。
  8. 8. 課題管理ツールとして ● 課題(、リスク、Todo)を管理 ※厳密には3者は違うけど。 ● やらなければならないこと。 ● いつまでに? ● そのステータスは? ● 誰が承認?そしてその記録は?
  9. 9. Redmineの課題管理はこんな感じ ● チケット登録 ● 『チケット』という単位で課題を登録。 ● チケット一覧 ● ガントチャート ● 変更の記録 ● タイムライン
  10. 10. 画面:チケット登録 トラッカー:チケットのカテゴリ 優先度を決めたり 担当者割りしたり 対象のバージョンを決めたり。 開始日・期限日。 予定工数も入れられる。
  11. 11. 画面:チケット一覧 フィルタリングの条件も 色々と指定できる
  12. 12. 画面:ガントチャート あれ、遅れすぎてない? マウスオーバーで 概要表示
  13. 13. 画面:チケット変更の記録 誰がどんな変更を加えたか 残る。
  14. 14. 画面:タイムライン 活動のタイムライン。 ここが活発なのはメンバーが 動けている印。 RSSリーダーに登録。
  15. 15. Redmineの良い点(1/2) ● Webブラウザがあれば良い。 ● Linuxな人でも課題を登録・編集できるよ。 ● 情報のリアルタイム性 ● RSS ● メール送信 ● ワークフロー。 ● 完了できるのはマネージャのみ、とか。 ● 誰が承認したか記録に残る。
  16. 16. Redmineの良い点(2/2) ● 課題管理とは直接関係ないけど、非常 に便利な機能 ● 情報共有の機能。 – wiki、news、forum。 (メール連絡では後から入った人に伝わらない) ● 横断的に検索できる。 – チケット、wiki、news、コミットログ、etc
  17. 17. いまここ ● Redmine良いよ! ● プログラマでない人でも、課題管理ツール や情報共有の場として。 ● プログラマな人には、チケット駆動開発の 土台として。
  18. 18. 第13回名古屋アジャイル勉強会 『チケット駆動開発入門』 2009/06/26
  19. 19. 『チケット駆動開発』とは? ● チケット駆動開発 (ticket-driven development; TiDD) ● プログラム開発手法の一種。 ● 作業をタスクに分割しITSのチケットに割り 当てて管理を行う開発スタイル。 – 参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/チケット駆動開発
  20. 20. 『チケット駆動開発』の何が良いの? ● 作業のINPUTとOUTPUTが紐づく。 ● その作業をしたのはなぜ?を説明し易くな る。 ● このINPUTからどんなOUTPUTが出てき たのか?が簡単にわかる。 ● 誰がどんなことしたのか?もよくわかる。 →自然とトレーサビリティが上がる。
  21. 21. チケット『駆動』? その1 ● 「はじめにチケットありき。」 ● 「チケットなしの作業禁止。」 – チケットがない作業は闇作業。 ● 「チケットなしのコミット禁止。」 – チケットがないコミットは闇コミット。 ● チケットにより作業のインプット≒原因≒ 「なぜ」を明確にする。 ● 作業説明のお供にチケットを。 ● 作業の過程で確認したこともチケットに 記録していく。
  22. 22. チケット『駆動』? その2 ● プロジェクトの流れ。 ● リーダーは、作業をチケットとして登録。 ● メンバーは、チケットをサインアップ。 ● メンバーは、作業が完了したらチケットのス テータスを「解決」に変更。 ● リーダーは、メンバーの成果物を確認し、 – Okならチケットのステータスを完了にして終了。 – Ngならまたメンバーに差し戻し。OKが出るまで繰り 返す。
  23. 23. ふつう仕事はこんな流れ。 ● INPUTを受け取り、 ● PROCESSして、 ● OUTPUTを出す。 INPUT PROCESS OUTPUT
  24. 24. もう少し補足すると 作業説明 完了報告 人 リーダー メンバー リーダー レビュー 情 INPUT PROCESS 報 OUTPUT チケット コミット
  25. 25. バージョン管理ツールとチケットの連携 ● チケット駆動開発では、OUTPUT(コミッ ト)とINPUT(チケット)が紐付く。 ● コミットログに特定のキーワードを入れるこ とにより、チケットと紐付けが可能。 ● 明確に、かつ、記録として残る。 ● チケット(INPUT)に対して、何を行ったか (コミット)。 ● この変更(コミット)は、なぜ行ったのか(チ ケット) ● 高いトレーサビリティを簡単に実現。
  26. 26. 画面:チケットからリビジョン参照 コミットメッセージにキーワードと チケットナンバーを書くと、 Redmineが自動でチケットと紐付けてくれる。 さらに、チケットのステータスまで変えてくれる。
  27. 27. 画面:リポジトリブラウザ
  28. 28. 画面:リビジョンからチケット参照 リビジョンから関連するチケットが 紐づく。
  29. 29. 高トレーサビリティを簡単に実現 ● 「簡単」に ● 例:1件の不具合対応のため、1つの設計 書と2つのソースファイルと、2つのテスト コードに変更が加わった、とかが幾つも発 生すると大変。 ● 不具合を記録したチケットから、関係するリ ビジョンのリンクをクリックすれば修正した ファイルがどれとどれかすぐに分かる。
  30. 30. その他 『Redmine』にまつわる 色々なこと。
  31. 31. Redmine導入の注意点 ● 人重要! ● ツールを入れれば解決するものでもない。 ● チケットを放置しないように日々確認&行 動する。朝会・夕会で確認すると良い。 ● そのようなチーム作りが重要。 ● 最初はゲリラ活動で! ● 最初は「チーム用の情報共有の場」兼 「自分用タスク管理ツール」として始める。 そしてだんだんと周りの人に広げていく。
  32. 32. 以上 ご清聴ありがとう ございました。

×