2005年9月10日合同策定委員会発表スライド

540 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2005年9月10日合同策定委員会発表スライド

  1. 1. 日米小児科医師数 Pediatrician Workforce Data 病院小児科医の将来需要について (医師の需給に関する検討会提出資料) :日本小児科学会 Ethan Alexander Jewett, MA Senior Health Policy Analyst August 2005 : Division of Graduate Medical Education     and Pediatric Workforce   American Academy of Pediatrics
  2. 2. Number of Pediatric Residency Programs and Residents (end June 30, 2006) Source: Accreditation Council for Graduate Medical Education, 2005. 2 10,529 859 Total 181 51 Pediatric Gastroenterology 51 26 Developmental-Behavioral Pediatrics 191 67 Pediatric Endocrinology 12 8 Pediatric Sports Medicine 238 45 Pediatric Emergency Medicine 49 25 Pediatric Rheumatology 300 60 Pediatric Critical Care Medicine 118 46 Pediatric Pulmonology 276 48 Pediatric Cardiology 95 35 Pediatric Nephrology 525 97 Neonatal-Perinatal Medicine 165 62 Pediatric Infectious Diseases 72 25 Adolescent Medicine 320 60 Pediatric Hematology-Oncology 7936 204 General Pediatrics # of Matched Residents # of Accredited Programs Specialty/ Subspecialty # of Matched Residents # of Accredited Programs Specialty/ Subspecialty
  3. 3. Average Number of Hours per Week in Professional Activity (excluding residents) 34.5 4.6 2.9 2.0 1.9 Total hours per week = 45.8 Source: AAP Division of Health Services Research, Periodic Survey of Fellows #57 through #60, 2004. 4
  4. 4. 一ヶ月の休日日数   (回答: 55 大学の小児科医      859 名:桃井) 小児科勤務医の   労働時間(週) (病院小児科・医師現状調査) 若手医師の   長時間労働 N
  5. 5. Percent of Pediatricians by Primary Employment Setting (excluding residents) Source: AAP Division of Health Services Research, Periodic Survey of Fellows #57 through #60, 2004. 4
  6. 6. 日本小児科学会・認定医 / 専門医数                               2005 年 1 月現在 認定医数 男 女  診療所  医育機関 病院  その他 12,759 8,883 3,876   3,457     2,835 5,548   868
  7. 7. Percent of Pediatricians by Practice Location (excluding residents) Source: AAP Division of Health Services Research, Periodic Survey of Fellows #57 through #60, 2004. 4
  8. 8. Average Physician Compensation in 5 Major Specialties Source: American Medical Group Management Association, 2003 6
  9. 9. Pediatrician-to-Population Ratios (# of children <18 years per post-GME clinical general pediatrician) n Source: Mapping Health Care Delivery for America’s Children Project (US Census 2000, AMA/AOA Masterfiles, 2000) 7 3,077 Wyoming 1,895 North Carolina 3.300 Kansas 2,100 Wisconsin 1,068 New York 3,004 Iowa 2,068 West Virginia 2,158 New Mexico 2,714 Indiana 2,055 Washington 1,125 New Jersey 1,770 Illinois 1,590 Virginia 1,577 New Hampshire 4,280 Idaho 1,236 Vermont 3,054 Nevada 1,242 Hawaii 2,551 Utah 2,608 Nebraska 1,914 Georgia 2,421 Texas 2,759 Montana 1,605 Florida 1,930 Tennessee 1,868 Missouri 484 DC 3,641 South Dakota 2,833 Mississippi 1,289 Delaware 2,220 South Carolina 2,234 Minnesota 1,220 Connecticut 1,227 Rhode Island 2,018 Michigan 1,966 Colorado 1,623 Pennsylvania 1,040 Massachusetts 1,828 California 2,049 Oregon 1,143 Maryland 2,797 Arkansas 2,680 Oklahoma 1,717 Maine 2,193 Arizona 1,815 Ohio 1,994 Louisiana 2,292 Alaska 2,755 North Dakota 2,514 Kentucky 2,229 Alabama
  10. 10. 会員当たり小児人口は比較的均等であり、西高東低の傾向がある。
  11. 11. 医師数の年次推移 医師・歯科医師・薬剤師調査 主たる標榜科別
  12. 12. 医師数の年次推移 病院 診療所
  13. 14. 1)     病院小児科勤務医の長時間労働は、良質な医療の提供・医療の安全性等の観点からも、早急に是正される必要がある。 2)     女性小児科勤務医師の割合は急増して 20 代では 40 %に達した。子育ての時期は休職又は労働時間半減が一般的である。 3)     一部の大学小児科では急速な小児科志望者数の減少が認められる。 4)     一般病院小児科の医師空席について、充足困難な状況が常態化しつつある。 5)     病院小児医療環境を改善して若手医師の志望者誘導を図らなければ、いっそうの労働条件の悪化による医師確保困難の悪循環がさらに進行するおそれがある。 6)     小児医療提供体制の構造改革が焦眉の課題である。その基本方針は病院小児科の集約化である。それによって必要最小限の医師数増加で、提供できる医療内容の向上、医師労働条件の改善を図ることが期待できる。 小児科医の将来需要の観点からみた医療改革の必要性
  14. 15.   7 )病院小児科を中心とする小児医療提供体制の改革は、三次医療圏における病院小児科ネットワーク・広域小児救急システム・新生児医療システム・医師の供給・各段階の教育 - 研修 - 研究等を含む。その企画立案・実施・評価の全過程において、地方自治体・関係諸団体と共に、日本小児科学会・同地方会及び医療・労働を提供する主体である大学・病院小児科医の参画が不可欠である。   8 )改革と 平 行して着実な病院勤務の小児科医の増加が必要である。少なくとも 1000 名の純増が必要で、退職を考慮すると、毎年各大学小児科に 3 割増の志望者(従来 440 名、 3 割は 132 名)が 10 年続く必要がある。現在の志望者が各大学で 5 名平均とすれば、 2 名の純増で 7 名の志望者が必要である。
  15. 17. 会員当たり小児人口は比較的均等であり、西高東低の傾向がある。 東京、大阪は少ないのは人口密度が大きいからであろう。では鳥取は? 人口密度と会員当たり小児人口の関係は?
  16. 18. 31 鳥取、 26 京都、 40 福岡は、小児人口密度が小さいが会員当たり人口は 13 東京、 27 大阪、 14 神奈川並み 会員当たり小児人口と地域小児科センター病院数に関連があるか?
  17. 20. 小児人口密度と地域小児科センター数には正の相関を認める 11 埼玉、 23 愛知、 12 千葉、 40 福岡

×