Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
3年目で分かったこと              会長@riskrisk 2012/8/30                        112年8月31日金曜日                           1
どなたか!              • 『その鼻メガネなんなんですか?                      ふざけてるんですか?』              • って聞いてください。                       212年...
自己紹介              • それは、私が              • 日本鼻メガネの会 会長 だからです。              • twitter - @riskrisk                           ...
日本鼻メガネの会              • 隔月開催。              • 今はただの飲み会です。              • いろんな人が来るので、                『いろんな人と話したいな!』という      ...
よし、オレの仕事は                終わった。              • あとは、好きに話すことにしよう。                       512年8月31日金曜日                        5
本編の前に              • この内容は、僕の経験の話しであり、                僕の頭の中身です。              • そんなこんなで、何かを保証するもん                ではありません。  ...
話は概要と三部構成              • 簡単な僕の歴史              • 初期 → 出会い              • 中期 → 調子にのった              • 後期 → 現在(あとで説明します)      ...
僕とは?              • 僕は、俗にいう『二番煎じ』です              • かおるんがツールを何処かから持って                きたので、それに乗っかる形で仕事を               し、興味を膨...
僕とは?              • 『第一人者』ではなく、影響を受けた                側の人間であり              • 新しい技術を適用した側で はなく、                適用された側の感想や気づい...
簡単な僕の紹介              • 2000年 最初の会社に入社              • 2001年 かおるんと同僚になる              • 2004年 今の会社に入社              • 主に、組み込み系...
第一部 初期              • 2000年ごろから2008年頃まで。              • 若かりしかおるんと出会い、その時点                では彼の先輩であり。              • 同じプロジェク...
この頃の状況              • - 日々重ねられるデスマ              • - バグの再発              • - お客さんに「20010808new2.zip」で                  再現できま...
一番の問題              • さっき上げたことを自体を              • 『問題を解決しようとしてないこと』              • 悪いと思ってないわけじゃない、                『仕方ない』と思っ...
問題を解決しようと                 してない              • 要するに、死亡フラグ。              • そのしわ寄せは、              •     いつかやってくるはず。          ...
新しいツールの                  出会い              • 僕が、とある職場にて・・・              • 『BTS』と『VCS』に出会う              • ちなみにこの頃は、こんな呼び方しら ...
この時の僕の気持ち              • やることの必要性は理解していたが、              • 『このツールすげーんだよ!』              • と思っていた。              • その会社が『大手で最先...
なぜそう思った?              • 『バグとかタスクとか、                   管理しているということが凄い』              • 『ソースコードが                  こんな風に管理できるな...
そんなこんなで              • そんな感じで、BTSとVCSに出会った                衝撃は大きく、それこそソフトウェア               開発はこうでなくちゃ!と。              • でも、...
第二部 調子にのった              • この頃は・・・ 2009年頃の話              • 初めての勉強会へ参戦することに。                       1912年8月31日金曜日            ...
勉強会への参戦              • 僕が勉強会というものに興味を持った                のは、かおるんが楽しそうに               ブログを書いたり、やったことを楽し               く話している...
Shibuya.trac              • ここで、とても大きな衝撃をうける。              • なんか『凄そうな人たち』が                『出来る人達』が、集まっとる。              • 名...
Trac.Lightningに心酔              • 僕が、出来ないと思っていたことが、                OpenSourceSoftwareで出来る!              • このツールがアレば、       ...
ちなみに、               Trac.Lightningとは?              • Trac.Lightningは、BTS、VCS、CIなどの                ツールをひとまとめにして、インス        ...
いろんな勉強会              • この頃から、勉強会に出るようになる              • - Shibuya.trac                - AgileDay                - TDD Boot...
さらなる一歩              • この時期に、とある有名人と一緒に                仕事をする機会を得る。              • かおるんがどこからか連れてきたw              • 初めて Scrum...
ちなみに結果は              • 僕はこけました。              • どんな風にかというと、チームが崩壊                して、その道のすごい人が全部作っ               て、収める感じ    ...
良かったこと              • 少しのあいだだったけど、一緒に仕事                することで、新しい知識がバンバン               入ってくる              • 常にはぐれメタルを倒し続けるよ...
よくなかったこと              • 新しい知識がバンバン入り過ぎる。              • キャラのレベルだけ上がっても、本人                がついていけなければ「頭でっかち」               に...
方法論だけで                  出来るの?              • 方法を知ってるだけでは出来ない。              • 方法を適用するから何かが解決する?                       2912年...
第三部               方法論から問題へ              • 2010年頃 かおるんが会社を辞める              • ちなみに、話せる上司も辞め、今の会                社では、新しい技術とかにつ...
会社に影響              • あんまりない。              • 結局、布教活動しても『必要だ!』と                いう意識がなければ、仕事の仕方は変               わらない。        ...
僕への影響              • 自分の速度へ              • 自分で適用することの重要性                         3212年8月31日金曜日                     32
自分の速度に              • 長いかおるんとの仕事の付き合いが終                わり、自分のペースへ戻る              • 頭でっかちになってることに気が付き                始めるきっか...
『自分で』適用する                ことの重要性              • 自分で適用するということは、              • 自分で問題点を見つけて、                そこに必要なことを適用していく  ...
僕の今の状況              • 相変わらずの Trac.Lightning              • ただし、必要な機能だけを使う感じ。              • 部分的にTDDを適用、急ぎの部分は適当           ...
以前              • ツールがあるから、使う必要がある              • ツールを使うと、何かが解決する              • ツールは素晴らしいものだ              • 時代の波は待ってくれない ...
今は         • 問題を解決する必要がある         • 解決するには、『何か』をやる必要がる。         • それがツールであったり、手法である。         • 時代の波?知ってる必要はあると思う。         ...
3年分の結論              • ツールを使うこと と 問題解決 は                イコールじゃない。              • ツールを使う意義は見失ってはダメ              • ペースを超える適用は...
さて、結論も                  でたので              • 僕がなぜTFSUGでしゃべることになった                のかを少し追ってみます。              • 今回の話の元ネタは、ながなが...
ことの発端              • 僕がBlogに書いたこと・・・              • 『TFSを使う人が、SCRUMという概念を                理解して使う必要があるのか?』                  ...
オレのターン              • VisualStudioやTFSが完成されすぎてい                て、『VisualStudio』という一つの               開発プロセスに見える。           ...
かおるんのターン              • VisualStudio自体をうまく使えることに、                SCRUMのプロセスの理解が加わることで               よりSCRUMを実践しやすいような、バッ  ...
確かに。              • TFSは、SCRUMをするためのツールではな                く、SCRUMというプロセスが必要であれ               ば、それを協力にバックアップしてく            ...
おれのターン2              • さっきの僕がイメージするような、                『TFSというプラクティス』なイメージ               を持ってる人が、『これはSCRUMだ!』             ...
かおるんのターン              • 『気が付かなくてもいい』というか、                意識してやらないと、意味が無い気が               した。              • ツール主導じゃうまくいくもの...
確かに。              • ツールを使うには意図があるはず              • VisualStudioやTFSはツールである以上              • 問題を理解し、使う意味を理解してこ             ...
ちなみに         • ながさわさんにもらったメンション         • 『ツールとかしょうもないところに、           労力使ってほしくないだけなんです。』                   4712年8月31日金曜日  ...
なるほど。              • 『しょうもないところ』              • ツールはあくまで方法。              • TFSは『人がやると面倒くさいところ』                をサポートしてくれたり、...
ツール と 労力              • ツールを使うには、コストがかかる              • 導入前のコスト > 導入後のコスト              • この不等式が FALSE になるなら               ...
使うコストもあるよ              • 右辺の部分は              • 導入後のコスト + 『使うコスト』              • であることを忘れちゃいけない。                         50...
問題解決のコスト              • 解決のコスト は 問題を理解していな                いと、低く感じてしまう。              • 正しく問題を理解してれば、ツールを                『使う...
不等式が崩れると              • ツールを使わなくなる。              • 一言で『めんどくさくなる』              • ツールを使う意義が                   わからなくなるということ。 ...
全体のまとめ              • 問題点があり、それをいかに解決する                かが主目的である。              • ツールやプロセスは、                解決方法の一つに過ぎない。   ...
最後に              • この街を支配している、              •      魔物をたおしにいこう!              • まずは、村人から情報収集だ。                       5412年8月...
村人A              • やつは、氷の魔物、氷の攻撃は                一切通用しないんだ!              • だけど、火の攻撃はよく効くはずだよ                       5512年8月...
武器屋              • どの武器にするかい?              • - とっても強い『氷の剣』14へ行け!                              300G              • - 普通の『炎の...
僕たち              • さぁ、魔物を倒しに行こうか!              •             (True end?)                       5712年8月31日金曜日              ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

3年目で分かったことtfsug

1,792 views

Published on

2012/8/30 に tfsug でしゃべってきました。

  • Be the first to comment

3年目で分かったことtfsug

  1. 1. 3年目で分かったこと 会長@riskrisk 2012/8/30 112年8月31日金曜日 1
  2. 2. どなたか! • 『その鼻メガネなんなんですか? ふざけてるんですか?』 • って聞いてください。 212年8月31日金曜日 2
  3. 3. 自己紹介 • それは、私が • 日本鼻メガネの会 会長 だからです。 • twitter - @riskrisk 312年8月31日金曜日 3
  4. 4. 日本鼻メガネの会 • 隔月開催。 • 今はただの飲み会です。 • いろんな人が来るので、 『いろんな人と話したいな!』という 感じの人は、来てみてくださいね。 • 開催告知はTwitterにて。 412年8月31日金曜日 4
  5. 5. よし、オレの仕事は 終わった。 • あとは、好きに話すことにしよう。 512年8月31日金曜日 5
  6. 6. 本編の前に • この内容は、僕の経験の話しであり、 僕の頭の中身です。 • そんなこんなで、何かを保証するもん ではありません。 612年8月31日金曜日 6
  7. 7. 話は概要と三部構成 • 簡単な僕の歴史 • 初期 → 出会い • 中期 → 調子にのった • 後期 → 現在(あとで説明します) 712年8月31日金曜日 7
  8. 8. 僕とは? • 僕は、俗にいう『二番煎じ』です • かおるんがツールを何処かから持って きたので、それに乗っかる形で仕事を し、興味を膨らませてきました。 812年8月31日金曜日 8
  9. 9. 僕とは? • 『第一人者』ではなく、影響を受けた 側の人間であり • 新しい技術を適用した側で はなく、 適用された側の感想や気づいたことを 伝えようと思います。 912年8月31日金曜日 9
  10. 10. 簡単な僕の紹介 • 2000年 最初の会社に入社 • 2001年 かおるんと同僚になる • 2004年 今の会社に入社 • 主に、組み込み系開発を行い、環境的 には閉じられた環境で仕事をしてきま した。 • (かおるんをいじるネタは、別途) 1012年8月31日金曜日 10
  11. 11. 第一部 初期 • 2000年ごろから2008年頃まで。 • 若かりしかおるんと出会い、その時点 では彼の先輩であり。 • 同じプロジェクトにいたこともある • 2004年頃の、別に会社にほぼ同時に移 籍してワイワイやってた頃の話。 1112年8月31日金曜日 11
  12. 12. この頃の状況 • - 日々重ねられるデスマ • - バグの再発 • - お客さんに「20010808new2.zip」で   再現できますか? • - あ、すいません、oldの方でお願いしま す • んで、『一番の問題』は・・・ 1212年8月31日金曜日 12
  13. 13. 一番の問題 • さっき上げたことを自体を • 『問題を解決しようとしてないこと』 • 悪いと思ってないわけじゃない、 『仕方ない』と思っていた 1312年8月31日金曜日 13
  14. 14. 問題を解決しようと してない • 要するに、死亡フラグ。 • そのしわ寄せは、 •     いつかやってくるはず。 1412年8月31日金曜日 14
  15. 15. 新しいツールの 出会い • 僕が、とある職場にて・・・ • 『BTS』と『VCS』に出会う • ちなみにこの頃は、こんな呼び方しら なくて、「バグが登録されてて便利な んですよ!」とか騒いでました 1512年8月31日金曜日 15
  16. 16. この時の僕の気持ち • やることの必要性は理解していたが、 • 『このツールすげーんだよ!』 • と思っていた。 • その会社が『大手で最先端』というこ ともあったので、特別だと思い込む 1612年8月31日金曜日 16
  17. 17. なぜそう思った? • 『バグとかタスクとか、 管理しているということが凄い』 • 『ソースコードが   こんな風に管理できるなんて!』 1712年8月31日金曜日 17
  18. 18. そんなこんなで • そんな感じで、BTSとVCSに出会った 衝撃は大きく、それこそソフトウェア 開発はこうでなくちゃ!と。 • でも、こんなことは大手だからできる ことであり、 『とても素晴らしいツール』 あってこそだと思いこんでいた。 1812年8月31日金曜日 18
  19. 19. 第二部 調子にのった • この頃は・・・ 2009年頃の話 • 初めての勉強会へ参戦することに。 1912年8月31日金曜日 19
  20. 20. 勉強会への参戦 • 僕が勉強会というものに興味を持った のは、かおるんが楽しそうに ブログを書いたり、やったことを楽し く話しているところを見たから。 • さらに、もう一つ重要なこと • 『一緒に仕事する仲間に、置いて行か れるのが怖い』ということ。 2012年8月31日金曜日 20
  21. 21. Shibuya.trac • ここで、とても大きな衝撃をうける。 • なんか『凄そうな人たち』が 『出来る人達』が、集まっとる。 • 名刺交換して、さらに衝撃をうける 2112年8月31日金曜日 21
  22. 22. Trac.Lightningに心酔 • 僕が、出来ないと思っていたことが、 OpenSourceSoftwareで出来る! • このツールがアレば、 世界がとれるような錯覚。 2212年8月31日金曜日 22
  23. 23. ちなみに、 Trac.Lightningとは? • Trac.Lightningは、BTS、VCS、CIなどの ツールをひとまとめにして、インス トールできる素敵なツール。 • しかも、インストール自体は簡易で、 インストーラで一発インストール。 • 閉じた環境にサーバー立てるには、 とっても便利なツールだよ! 2312年8月31日金曜日 23
  24. 24. いろんな勉強会 • この頃から、勉強会に出るようになる • - Shibuya.trac - AgileDay - TDD Boot Camp • さらに、いろんな技術に出会う アンテナを広げることを覚える • TDD, Agile, Scrum, Boost, TFS ・・・ • 2412年8月31日金曜日 24
  25. 25. さらなる一歩 • この時期に、とある有名人と一緒に 仕事をする機会を得る。 • かおるんがどこからか連れてきたw • 初めて Scrum や TDD のプロジェクトへ 適用する経験をする。 2512年8月31日金曜日 25
  26. 26. ちなみに結果は • 僕はこけました。 • どんな風にかというと、チームが崩壊 して、その道のすごい人が全部作っ て、収める感じ • 凄い人の力を実感する結果に。 2612年8月31日金曜日 26
  27. 27. 良かったこと • 少しのあいだだったけど、一緒に仕事 することで、新しい知識がバンバン 入ってくる • 常にはぐれメタルを倒し続けるような 状態。 2712年8月31日金曜日 27
  28. 28. よくなかったこと • 新しい知識がバンバン入り過ぎる。 • キャラのレベルだけ上がっても、本人 がついていけなければ「頭でっかち」 になる。 • つまるところ、知識だけで自分が出来 るようになったと思い込んだ。 2812年8月31日金曜日 28
  29. 29. 方法論だけで 出来るの? • 方法を知ってるだけでは出来ない。 • 方法を適用するから何かが解決する? 2912年8月31日金曜日 29
  30. 30. 第三部 方法論から問題へ • 2010年頃 かおるんが会社を辞める • ちなみに、話せる上司も辞め、今の会 社では、新しい技術とかについて話す ことは、ほぼなくなりました。 • それこそ、僕の10年前を地で行くような 会社に戻って行きました。 3012年8月31日金曜日 30
  31. 31. 会社に影響 • あんまりない。 • 結局、布教活動しても『必要だ!』と いう意識がなければ、仕事の仕方は変 わらない。 • 『BTS? 使えたらいいね。』 • 『Subversion? あぁ便利だよね。』 • そんなもんである。 3112年8月31日金曜日 31
  32. 32. 僕への影響 • 自分の速度へ • 自分で適用することの重要性 3212年8月31日金曜日 32
  33. 33. 自分の速度に • 長いかおるんとの仕事の付き合いが終 わり、自分のペースへ戻る • 頭でっかちになってることに気が付き 始めるきっかけになる • 出来る人のペースについていくのはと ても大変。どこかで自分のペースに戻 すべきだったことに気づく。 3312年8月31日金曜日 33
  34. 34. 『自分で』適用する ことの重要性 • 自分で適用するということは、 • 自分で問題点を見つけて、 そこに必要なことを適用していく • 目的に対して、必要なツールを選ぶ 3412年8月31日金曜日 34
  35. 35. 僕の今の状況 • 相変わらずの Trac.Lightning • ただし、必要な機能だけを使う感じ。 • 部分的にTDDを適用、急ぎの部分は適当 な動作テストプログラムだけとか • 以前と違うのは・・・ 3512年8月31日金曜日 35
  36. 36. 以前 • ツールがあるから、使う必要がある • ツールを使うと、何かが解決する • ツールは素晴らしいものだ • 時代の波は待ってくれない 3612年8月31日金曜日 36
  37. 37. 今は • 問題を解決する必要がある • 解決するには、『何か』をやる必要がる。 • それがツールであったり、手法である。 • 時代の波?知ってる必要はあると思う。 3712年8月31日金曜日 37
  38. 38. 3年分の結論 • ツールを使うこと と 問題解決 は イコールじゃない。 • ツールを使う意義は見失ってはダメ • ペースを超える適用は、ツールを捨て ることや、間違えた解釈を招く。 3812年8月31日金曜日 38
  39. 39. さて、結論も でたので • 僕がなぜTFSUGでしゃべることになった のかを少し追ってみます。 • 今回の話の元ネタは、ながながとやっ たけど、コレが原因だった。 3912年8月31日金曜日 39
  40. 40. ことの発端 • 僕がBlogに書いたこと・・・ • 『TFSを使う人が、SCRUMという概念を 理解して使う必要があるのか?』 4012年8月31日金曜日 40
  41. 41. オレのターン • VisualStudioやTFSが完成されすぎてい て、『VisualStudio』という一つの 開発プロセスに見える。 • 僕にとって、VisualStudioは 独自プロセスに見える 4112年8月31日金曜日 41
  42. 42. かおるんのターン • VisualStudio自体をうまく使えることに、 SCRUMのプロセスの理解が加わることで よりSCRUMを実践しやすいような、バッ クグラウンドになるのではないかな 4212年8月31日金曜日 42
  43. 43. 確かに。 • TFSは、SCRUMをするためのツールではな く、SCRUMというプロセスが必要であれ ば、それを協力にバックアップしてく れるツールである 4312年8月31日金曜日 43
  44. 44. おれのターン2 • さっきの僕がイメージするような、 『TFSというプラクティス』なイメージ を持ってる人が、『これはSCRUMだ!』 と気がつく人は、どれぐらいいるだろ うか? • 流れにのることで、SCRUMをやってると いう意識は必要なのか? 4412年8月31日金曜日 44
  45. 45. かおるんのターン • 『気が付かなくてもいい』というか、 意識してやらないと、意味が無い気が した。 • ツール主導じゃうまくいくものもいか ないし。 4512年8月31日金曜日 45
  46. 46. 確かに。 • ツールを使うには意図があるはず • VisualStudioやTFSはツールである以上 • 問題を理解し、使う意味を理解してこ そ、真の力を発揮するもんだ。 4612年8月31日金曜日 46
  47. 47. ちなみに • ながさわさんにもらったメンション • 『ツールとかしょうもないところに、 労力使ってほしくないだけなんです。』 4712年8月31日金曜日 47
  48. 48. なるほど。 • 『しょうもないところ』 • ツールはあくまで方法。 • TFSは『人がやると面倒くさいところ』 をサポートしてくれたり、 『矛盾や間違い』を教えてくれるツー ルってところだろうか。 4812年8月31日金曜日 48
  49. 49. ツール と 労力 • ツールを使うには、コストがかかる • 導入前のコスト > 導入後のコスト • この不等式が FALSE になるなら やらない方がいい。ただし 4912年8月31日金曜日 49
  50. 50. 使うコストもあるよ • 右辺の部分は • 導入後のコスト + 『使うコスト』 • であることを忘れちゃいけない。 5012年8月31日金曜日 50
  51. 51. 問題解決のコスト • 解決のコスト は 問題を理解していな いと、低く感じてしまう。 • 正しく問題を理解してれば、ツールを 『使う』のか『使わないのか』を 正しく判断できる。 5112年8月31日金曜日 51
  52. 52. 不等式が崩れると • ツールを使わなくなる。 • 一言で『めんどくさくなる』 • ツールを使う意義が    わからなくなるということ。 5212年8月31日金曜日 52
  53. 53. 全体のまとめ • 問題点があり、それをいかに解決する かが主目的である。 • ツールやプロセスは、 解決方法の一つに過ぎない。 • 個人が感じるコストは、     意識次第で大きく変わる 5312年8月31日金曜日 53
  54. 54. 最後に • この街を支配している、 • 魔物をたおしにいこう! • まずは、村人から情報収集だ。 5412年8月31日金曜日 54
  55. 55. 村人A • やつは、氷の魔物、氷の攻撃は 一切通用しないんだ! • だけど、火の攻撃はよく効くはずだよ 5512年8月31日金曜日 55
  56. 56. 武器屋 • どの武器にするかい? • - とっても強い『氷の剣』14へ行け! 300G • - 普通の『炎の剣』 150G 5612年8月31日金曜日 56
  57. 57. 僕たち • さぁ、魔物を倒しに行こうか! • (True end?) 5712年8月31日金曜日 57

×