Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

配列

168 views

Published on

C++講習会

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

配列

  1. 1. C++講習会 配列
  2. 2. int a; int b; int c; int d; int e; int f; … たくさんの変数を使いたいとき…… たとえば100個の変数を 作りたいとき、 変数を1つずつ宣言する のは大変
  3. 3. これでint型の変数を 100個宣言したことになる。 同じ型の変数の集まりを配列と呼ぶ。 (上の例ではaという名前の配列を宣言した) まとめて宣言 int a[100]; イメージはつながった箱!!
  4. 4. 連続した箱にひとつずつ数を入れる ことができる … 「配列aの0番目の要素は5である」 箱の中に入れるものを 要素という
  5. 5. まとめて宣言 int A[100]; A[0] = 45; A[1] = 89; .. A[99] = 1002; ※A[100]は存在しないので、A[100]に代 入するとエラーやバグが起こる。 注意!! [ ] の中の数字(添字)は 先頭からいくつ後ろの 要素かを表す整数 要素(箱)が100個である 配列を宣言したら 使える添字は0から99まで
  6. 6. まとめて代入 int A[100] = {48, 89, 100}; cout << A[1] << endl; 出力 89 配列を宣言するときに 配列の要素を初期化する こともできる
  7. 7. for文と一緒に使う int A[100] = {48, 1, 2, 3, 22, 31}; for(int i = 1; i < 4; i++){ cout <<A[i] << endl; } 出力 1 2 3
  8. 8. 配列の良いところ int main(){ int a = 5; int b = 10; int c = 15; int d = 20; cout << a << endl; cout << b << endl; cout << c << endl; cout << d << endl; } int main(){ int a[4] = {5, 10, 15, 20}; int i; for( i=0 ; i<4 ; i++ ){ cout << a[i] << endl; } } 添字の数を変えるだけで別の数を操作 できるのでプログラムが短くなる!!
  9. 9. string stringは文字列を入れる型 実は配列 string s; s = "Ritsumeikan"; s[0] s[1] s[2] s[3] s[4] s[5] s[6] s[7] s[8] s[9] s[10] R i t s u m e i k a n 実はs[11]には「文字列 がここで終わりです よ!」というのを示す NULL文字('¥0')が入って います

×