Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話

1,899 views

Published on

2017-03-11開催の「激突! Aiming x CloverLab」登壇資料です

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話

  1. 1. ゲーム会社で
 ゲーム以外のことを 開発してる話 Aiming vs Cloverlab Aiming 開発グループ 富⽥ 理央
  2. 2. ⾃⼰紹介 • 富⽥ 理央 とみた りおう • 2014年8⽉⼊社 • 関⻄ゲーム勉強会、
 GGLT の運営スタッフ • Rails、Ansible、
 BigQuery
  3. 3. アジェンダ • ゲーム会社で何しているの? • 開発の進め⽅ • 問題や課題 • 解決の取り組み • まとめ
  4. 4. 何しているの?
  5. 5. 何しているの? • 「管理ツール」開発 • Ruby on Rails • 国内版・台湾版 • KPI集計
 売上、新規ユーザー数 • ユーザーサポート⽤ツール
 ログイン履歴、アイテム操作履歴
  6. 6. 何しているの? • BigQueryの保守 • ログをアップロードするスクリプト • テーブルの確認 • テーブル追加・不要テーブルの削除 • 各種の集計
 施策の効果
 運営イベント
  7. 7. 開発の進め⽅
  8. 8. 開発の進め⽅ • アジャイル型開発
 1スプリント2週間 • スクラム・XPに独⾃エッセンス
  9. 9. 開発の進め⽅ • 朝会(10分)
 今⽇の作業予定
 今⽇のリリース予定 • ⼣会(10分)
 今⽇やった作業
 気になったこと
 明⽇のリリース予定
  10. 10. 開発の進め⽅ • ⾒積会(10〜20分)
 朝会後にカンバン前で⾏う
 担当者がタスクの説明
 相対⾒積(じゃんけん)
  11. 11. 開発の進め⽅ • スプリントレビュー(60分)
 2週間に1回
 コミットメントの確認
 完了・進⾏中のタスクの確認

  12. 12. 開発の進め⽅ • 実装相談会(60分)
 スプリントレビュー後に⾏う
 コミットメントの振り返り
 タスクの技術的相談

  13. 13. 管理ツール開発の問題・課題
  14. 14. 管理ツール開発の問題・課題 • 新機能のキャッチアップ • 過去の変更/修正の把握 • 隠されたニーズ
  15. 15. 新機能のキャッチアップ 管理ツール開発の問題・課題
  16. 16. 新機能のキャッチアップ • ゲームは常に新規機能を追加 • わざわざ仕様を説明してくれない • いつリリースされるのか?
  17. 17. 新機能のキャッチアップ • 管理ツールは関係しそうか? • 新規画⾯は必要か? • ログの追加は必要か? • 集計タスクは発⽣しそう?
  18. 18. 新機能のキャッチアップ • 新規画⾯
 ⾔われてから⽤意すると遅い • ログの追加
 後付で仕込むのは困難 • ログやDBに無い集計は出来ない
  19. 19. 過去の変更/修正の把握 管理ツール開発の問題・課題
  20. 20. 過去の変更/修正の把握 • 課⾦商品の値段が1時間だけ間違ってた • ◯⽉△⽇ のログが⽋損してる
  21. 21. 過去の変更/修正の把握 • 課⾦系の過去のトラブル
 KPIに影響することも • ログの⽋損
 BigQueryで⻑期間の集計が出来ない
  22. 22. 隠されたニーズ 管理ツール開発の問題・課題
  23. 23. 隠されたニーズ • ex◯elで集計を頑張ってる • 我慢して使っている
 例)
  ギフト送信が遅い
  画⾯に項⽬が⾜りていない
  24. 24. 隠されたニーズ • エンジニアが解決出来る場合が多い • 管理ツールへの実装を検討
 ⼯数はかかっても幸せになればいい
  25. 25. 解決の取り組み
  26. 26. 解決の取り組み • ランチ会 • スプリントレビューで関係者同席 • ゲーム側の変更を監視 • 情報のドキュメント化
  27. 27. ランチ会 解決の取り組み
  28. 28. ランチ会 • ⽉に1回 運営チームとランチ会 • ニーズのヒアリング
 「何か困ってないですか?」 • コミュニケーションの円滑化
  29. 29. スプリントレビューで関係者同席 解決の取り組み
  30. 30. スプリントレビューで関係者同席 • 運営リーダー・制作リーダー
 スプリントレビューに出席 • タスクの優先度確認
 レビュー内で摺り合わせ • 近⽇中の施策の把握
 制作リーダーから説明してもらう
  31. 31. ゲーム側の変更を監視 解決の取り組み
  32. 32. ゲーム側の変更を監視 • Jenkinsでgitレポジトリを監視
 差分があればslackで通知
  テーブル定義
  ログ関連のソースコード

  33. 33. ゲーム側の変更を監視 • ゲームエンジニアのKPT・⼣会に参加
 各エンジニアのタスク状況・問題を知る • 制作のMTGに参加
 施策を把握しておく

  34. 34. ゲーム側の変更を監視 • 発⽣しそうなタスクは事前に確認 • 台湾版の状況も把握しておく • 運営側で欲しい情報は取得出来る?
 ユーザーから問い合わせが来そう
 施策的に集計したい
  35. 35. 情報のドキュメント化 解決の取り組み
  36. 36. 情報のドキュメント化 • 共有知化 • slackでコピペ
 気になったやりとり等
 

  37. 37. 情報のドキュメント化 • ドキュメント化
 Redmine wiki
 pivotal tracker
 dmemo(クックパッド)
  DBテーブルのメモ
  BQテーブルのメモ(魔改造)
   http://techlife.cookpad.com/entry/2016/08/08/103906
  38. 38. まとめ・課題
  39. 39. まとめ • ⾃発的な情報収集
 何事も「事前準備」
 コミュニケーションは重要 • ドキュメント化で共有知
 ⾃動化もね

  40. 40. 課題 • データの分析が出来ていない • ゲーム開発外からの俯瞰的視点を活かす
  41. 41. おわり

×